温泉卵の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

温泉卵の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

卵はタンパク質やビタミン類が豊富に含まれていて、必須アミノ酸のバランスがとれている優秀な食材です。その栄養価の高さから完全栄養食品とも言われています。必須アミノ酸の一つであるメチオニンには、体内の老廃物や毒を排出する作用があり、ビタミンAやビタミンB6、ビタミンEなどのビタミン群には活性酸素の発生を抑えたり、除去する働きがあります。活性酸素は生活習慣病や老化の原因であると言われています。食べ方には生食をはじめとして、焼く、茹でる、煮る、揚げる、蒸す、漬けるなどの豊富な調理法があり、衣をつける際やハンバーグなどのつなぎとしても利用されています。卵黄の凝固温度は約70℃、卵白の凝固温度は約80℃となっており、この性質を利用して作られる卵は温泉卵と呼ばれています。温泉卵は卵白が卵黄よりも柔らかく、半凝固状態になっているのが特徴です。65℃から68℃程度のお湯に30分ほど浸けておくだけで作れるため、湯温がこの範囲に近い温泉地の旅館などでは、温泉卵が食卓に並ぶ機会が多くみられます。出汁醤油でそのまま食べることは勿論、牛丼やシーザーサラダのトッピングとしても用いられます。市販もされていますが自分で作ることも可能です。

温泉卵を作ることの楽しさ

温泉卵を自宅で作る際のメリットは、スーパーなどで購入するよりも安価で調理できること、いつでも食べたいときに作れるということです。 スーパーで購入すると、通常の卵よりも値段が高くなりますし、必ずしも必要な個数が手に入るとは限りません。ほとんどのものは2~4個入りで販売されていて、販売数は通常の卵よりも少ないため、大量に使用したい場合には品切れの可能性があります。この場合は特に、自分で作る方が楽に入手できると考えられるでしょう。 調理法は、鍋を使うオーソドックスな方法、レンジを使用して加熱する方法、炊飯器を利用する方法、コーヒーメーカーを使う方法、温泉卵調理機を使う方法などの様々な選択肢が存在します。そのため他の料理を作る合間に調理することができ、もう一品欲しい時などには重宝します。基本的に温泉卵は放置しておけばいいだけなので、簡単に作ることができます。 また、温泉卵調理機には、個性的なデザインや可愛いイラストが描かれたものも多く存在し、見た目にも楽しい商品がたくさんあります。お湯を注ぐだけのものや電気式のものがあり、温泉卵だけではなく、固ゆでたまごや半熟たまごも作れるものもあるため、非常に便利なアイテムであると言えます。

温泉卵を作るのに用意する物

温泉卵は、意外と簡単な様で上手く行かないと悩む方も多いと思います。簡単に失敗無い、温泉卵手作り方法をここではご紹介して行こうと思います。作る際に用意する物は、とても簡単です。まずは、普通の鍋、水、卵、大きめのボール、お玉と箸それだけです。特別な物は一切不要です、一般のお宅なら必ず有る物と材料の卵だけで簡単美味しい温泉卵を自宅で作る事が出来ます。ボールとお玉と箸ですが、必要な理由は出来上がった温泉卵を鍋から引き上げる為のお玉と箸。なにぶん柔らかいですから、落としたり割ったりしがちなので、慎重に取り出すのに必要です。ボールは、これ以上火が通らない様にボールに水を張った中に卵を入れる作業があり必要です。ここで1つだけ注意しておきたいのは、最近よくあるステンレスなどの多層、多機能鍋はお湯が冷めにくい性質が有ります。その鍋によって、性質が違いますので一概には言えませんが一般的なお湯の冷め方では無い場合がります。もし、ステンレス多層鍋しか無い場合はまずは基本レシピで試してみてください。温泉卵にならなかったという失敗が出る場合は、ほとんどは固まりすぎてしまったという失敗です。それだけ、保温性が高いということで少しずつゆで時間を減らしていく事で解消される場合があります。



温泉卵の作り方の手順

では、簡単ですから作っていきたいと思います。まずは、普通の鍋に水をいれたらひたひたに浸る程度のお水を入れ沸かしていきます。ここでは、まだ卵は入れません。ひたひたとは、ちょうど卵を入れると卵の上の面が水の水面になる程度の事です。あまり、厳密に悩まなくても大丈夫です。少し卵を入れるとお湯が多くなりますが、茹でるお湯の量は厳密に計る必要はありませんので心配せずに適量の水を沸かしていきます。沸騰した所で、必ず火を止めます。これを忘れると、ゆで卵になってしまうので最重要ポイントになります。ゆっくりと、卵を割らない様に、お玉に卵を乗せてお湯の中に入れていきます。ここで、殻を割ってしまうと失敗に繋がるのでできるだけ慎重に入れてください。入れ終えたら、絶対に卵を動かさない、触らない、そしてポイントとしては鍋の蓋はしません。蓋をした場合、これまたゆで卵になってしまいますので注意をしてください。待つ事、12~15分で温泉卵のできあがりです。お玉と箸を使い取りだし、ボールに水を張っておいた中に入れてください。これで、余熱で固まるのを防げます。ゆで時間の3分の違いは、同じ鍋でも大きな鍋に2つ程度の卵を入れた場合と、沢山卵を入れた場合でお湯の温度の下がり具合が違ってくるからです。この辺りは、微妙なラインですので何度か試して我が家のベストを探してみてください。以上、温泉卵の作り方でした。

温泉卵の作り方のまとめ

温泉卵の手作り方法には選択肢が多く存在し、どの作り方でも手間なく調理することが出来ます。 一番オーソドックスな方法は鍋を使った方法で、まずは鍋に水を入れて、しっかりと沸騰させます。沸騰したら火を止めて卵を入れ、夏場なら8分から10分、冬場なら10分から12分放置するだけで完成です。ガスレンジなどの加熱器具を使用できる状態であれば、一番手軽な方法であると言えます。 電子レンジで作る方法は、まずは卵を耐熱性のココット皿などに割り入れ、破裂防止のために、つまようじなどを利用して黄身に小さな穴をあけておきます。卵にかぶるくらいの量の水を入れ、電子レンジで1分加熱したら出来上がりです。この方法であれば短時間で作ることが可能ですが、大量の温泉卵を作りたい場合には不向きです。 炊飯器で作る場合、作りたい個数の卵を炊飯器に入れて熱湯を注ぎ、7分から8分保温すれば完成です。非常に簡単な方法ですが、ご飯時に使用すると米を炊くことが出来ないため、丼物などに温泉卵を使用する場合には、前もって調理しておくと良いでしょう。 温泉卵は時間さえ守れば失敗することも少なく簡単に調理できるので、自炊をする習慣がある場合は手作りすることをおすすめします。



y001-0939

ぽち袋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ぽち袋は主に少額のご祝儀やお年玉を入れる袋です。年末年始になるとスーパーやコンビニなどでも販売していますがわざわざ手作り...

y001-1084

作れるおもちゃの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供が生まれると、色々な機会におもちゃ屋さんへ行きたいとせがまれる事も多くなるもので、買わないつもりで居ても、ついつい何...

y001-0850

レジンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

レジンというのは英語で樹脂のことを指します。最近ではこのレジンを使ったレジンクラフトというものが流行しており、自分でオリ...

ティッシュケースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ティッシュケースは自宅の部屋で使うものと小さなポケットティッシュのものとがあり、最近は簡単にハンドメイドで手作りできます...

y001-0680

子供カチューシャの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

女性の場合、おしゃれに敏感な人が大勢いますが、おしゃれに外見を決めると、華やかな印象を人に与えることができます。他人から...

y001-0904

メガネケースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

メガネケースを手作りする理由とは何なのでしょうか。そもそこれは眼鏡を使っている人にとって必要不可欠なものです。眼鏡を使わ...

y001-0630

手作りスマホカバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

いわゆるガラケータイプではないスマートフォンタイプの携帯電話を選ぶ方が多くなっている中、他とは違うオリジナルのスマホカバ...

y001-1179

チジミの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チジミは韓国風お好み焼きとも言われる食べ物であり、その独特の風味に夢中になる人も少なくありません。お好み焼きと同じく具材...

y001-0655

自由研究6年生の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

小学生にとって、夏休みの最大の宿題と言えば「自由研究」ではないでしょうか。研究したいことが見つかっていると取り組みやすい...

フライドポテトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

フライドポテトはファーストフード店やファミレスなどのサイドメニューとして定着していて、子供も大人も大好きなメニューです。...

ポストイットアートの...

毎日の仕事や、生活の中であると便利に使えるのが、ポストイ...

y001-0384

肥後ずいきの簡単な手...

肥後ずいきは、ハスイモの茎の部分を干したものです。ハスイ...

y001-0977

フランスパンの簡単な...

フランスパンは、フランスのパリ発祥のパンの総称で、小麦粉...

y001-0141

木造車庫の簡単な手作...

木造車庫を作る理由としては車庫に屋根をつけることがありま...