たけのこゆで方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

たけのこゆで方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

たけのこの旬は3月から4月頃と言われていますが、この時期になると八百屋さんの店頭や食品を取り扱うお店の店頭に登場します。
これは生の状態のものであり、灰汁がとても強いので灰汁抜きが必要になります。因みに、竹には70種類ほどが在ると言われているのですが、食用とされるのは一般的には孟宗竹、淡竹、真竹の3種類の新芽と言う事になります。但し、たけのこは竹の新芽であり、柔らかいものであればどれでも食べる事は可能で、お店で販売されているものは、収穫量が多いとされる3つの種類が出回ると言う事なのです。尚、掘ったばかりのたけのこと言うのは、灰汁も無いのでそのまま食べる事も出来ますし、アルミホイルなどに包んで焼いて食べる事も出来るなどのメリットも在ります。所で、たけのこと言うのは数多くある根菜の中でも栄養価はそれほど高い食材ではありません。しかし、100グラムあたりの食物繊維の量は2.8グラムと言われており、便秘の症状の改善や血糖値の上昇を抑えてくれるのでコレステロールの排出などにも役立てることが出来るのです。また、食物繊維は胃および腸の中で水分を吸収する事で膨らむため満腹感を得られるなどのメリットも在ります。

たけのこゆで方を作ることの楽しさ

生の状態のたけのこはえぐみが強いため灰汁抜きが必要ですが、3月から4月にかけてが旬となりますので、春を感じさせてくれる食材でもあり、長い冬が終わったと言う実感をする事も出来るのです。 尚、採りたてのたてのこはお店で購入するものとは異なり灰汁が無いのでそのまま食べることが出来ます。 自宅の庭などで栽培をしていれば、朝採ったものをそのまま刺し身で食べたり、アルミホイルで包んで皮ごと焼いてあげればホクホクの状態のたけのこ料理を作ることが出来るなどのメリットも在るわけです。 しかし、スーパーなどのお店で販売しているたけのこも、しっかりと灰汁抜きをしてあげれば食感を持つ料理を作ることが出来ますし、たけのこの食材を使ったレシピは多種多彩ですので、1本購入すれば旬のたけのこご飯、味噌汁、若芽とたけのこの煮物、フキとたけのこの炊き合わせ、天ぷらなど色々なレシピで利用することが出来ます。 また、若芽やフキなども同時期が旬となりますので、春をより感じさせてくれる料理を味わえるなどのメリットが有ります。 更に、灰汁抜きが終われば、手作り方法も簡単に行えるなどのメリットも在りますので、お店でたけのこを見つけた時は購入してみるのがお勧めです。

たけのこゆで方を作るのに用意する物

たけのこは、アクがあるためアク抜きのために下ゆでする必要があります。掘りたてをすぐに食べるのではない限り、しっかり下ゆでしましょう。ゆで方は簡単で、ただ時間をかけるだけです。 用意するのは、大き目の鍋と、たけのこ2~3本に対して米ぬか1カップ、唐辛子1~2本です。米ぬかがない場合には、米のとぎ汁でも代用できます。 たけのこは、新鮮なものを選びましょう。皮が薄茶色でツヤがあるもの、穂先の色が薄いものを選びます。穂先が黄色っぽいものや黒いものは、日にあたって、えぐみが出ていることがあります。鮮度が落ちると根元の斑点の赤色が黒ずんできますので、斑点の色も薄いものを選びます。切り口は白いものが鮮度がよく、古いものは色が濁っています。 たけのこの切り口に見られる白い粉は「チロシン」で、アミノ酸の一種です。うまみ成分であるとともに、新陳代謝を活発にして、ホルモンバランスを整える働きもあります。脳に送られると、ドーパミンやノルアドレナリンを作り、脳を活性化する作用もあります。 たけのこには、豊富なタンパク質とビタミンB1・B2、ミネラルが含まれます。掘り出されてからは、時間の経過とともに「えぐみ」が出るので、なるべく早く下ゆですることが大切です。

たけのこゆで方の作り方の手順

たけのこのゆで方は、次の手順で行います。 1.外皮を2~3枚はがして、根元の固い部分を削り落とします。 2.先端を斜めに切り落とし、切り取った部分から垂直に深く、中身が切れない程度に切れ目を入れます。  火の通りをよくして、皮をむきやすくするための作業です。 3.鍋にたけのこを入れ、米ぬかと唐辛子を入れたら、たっぷりの水を入れて火をつけます。 4.最初は強火、沸騰したら中~弱火にして、鍋肌がグツグツしている状態を保ちます。  たけのこが浮かないように、お皿などで落としぶたをしておき、水が減ったら足します。  ゆで時間は、沸騰してから1時間から1時間半、大きめのものや収穫から時間が経っているものなら、長めにゆでます。 5.太い部分に竹串を刺してみて、柔らかくなっていれば火を止めます。 6.湯に入れたまま冷まし、十分冷めてから切れ目を開くように皮をむきます。 このように、たけのこのゆで方は簡単ですが、時間がかかりますので、買ってきてすぐに食べることはできません。ゆでてからは、水を張ったボールに入れ、毎日水をかえれば冷蔵庫で5日程度保存できます。 先端の白く柔らかい姫皮、穂先、根元と3つの部位に用途分けでき、おいしく食べられます。市販のゆでたけのこでは売っていない姫皮を使った料理の手作り方法は、薄く輪切りにしたり、縦に千切りにし、お吸い物や和え物にします。

たけのこゆで方の作り方のまとめ

購入して来た竹の子は、大きめの鍋にたっぷりと水を入れて米ぬかをいれて行うのが一般的なゆで方です。 他にも、米のとぎ汁を利用するゆで方、重曹を使ったゆで方などが在りますので、何れかのゆで方で灰汁抜きが出来ます。 例えば、米のとぎ汁を使う場合は、白米4合分のとぎ汁を用意しておきます。 たけのこご飯を作りたい時などは最初にお米をといでおけば、茹でた後に直ぐに作れるので便利です。 たけのこに付いている泥を綺麗に洗い流してから、根元のかたい部分を切り落とし、穂先を斜めに切り落とし、周りに付いている皮を3枚から4枚程剥いて、穂先から中心まで縦方向に切り込みを入れておきます。 後は鍋に入れて茹でるだけになるのですが、この時とぎ汁以外にも、お米を一掴みほど入れてあげると灰汁抜きが簡単に行えます。 また、茹でている時は吹きこぼれる事もあるので注意が必要です。 尚、鍋の中に入れると浮いてくるので、落し蓋をして抑えてあげます。 お湯が沸騰したら弱火にして、1時間ほど煮込めば灰汁抜きは完了となります。 残りの皮を全て剥いてあげれば旬のたけのこが姿を現すのです。 尚、1時間ほど茹でたら、根元の部分に竹串を刺してみて、茹で加減を確かめておきます。

y001-0401

梅酒ゼリーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅酒ゼリーは梅酒をもとに作られたゼリーの事です。梅酒が原液となっているのでアルコールが入っています。作る目的としては暑い...

y001-0177

きゃらぶきの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

きゃらぶきは、一番的な家庭で食卓に出てくることもたまにありますが、若い人が多い家庭ではあまり食べるきっかけはなく、手作り...

y001-0417

納豆の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

納豆というのは、大豆を納豆菌によって発酵させた日本の伝統的な食品です。高栄養な発酵食品であり、たんぱく質や繊維、ミネラル...

y001-0663

紙飛行機の折り方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

紙飛行機の折り方を学ぶ事は、子供にも大人にも創作を通じた成長を促します。紙飛行機を作るには、まず、どのような飛び方をする...

y001-0504

浅漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

食卓に出されると嬉しいメニューの一つが「浅漬け」です。素材そのものの味や食感がしっかり残っているこの漬け物は、毎日の食事...

y001-1055

バザー手作りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

バザーには色々なアイテムが出品されるもので、販売で得た利益が寄付されることを考えると、思い切って高価な物を出してみようと...

テントの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「テント」は、木や金属の骨組みに、布製のシートを被せて居住空間を作る道具です。テントの歴史はとても古く、旧約聖書の「出(...

y001-0193

マシュマロの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

コラーゲンがたっぷりはいっているマシュマロはお肌をぷりぷりにするにはとってもよいおやつです。肌を綺麗にする為に、一日に必...

y001-0407

梅びしおの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏バテ防止には、梅びしおを作ると良いです。江戸時代から作られていたという記録がある食べ物で、その頃は裏ごしした梅に昆布を...

y001-0383

飛び出すカードの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お誕生日や結婚のお祝いにプレゼントなどを贈る時、ちょっと気に効いたメッセージカードを添えたいものです。また、知らせを聞い...

y001-1513

DIY椅子の簡単な手...

DIYは近年、大型ホームセンターの人気や雑誌に特集が組ま...

y001-0506

千羽鶴折り方の簡単な...

千羽鶴は病気がよくなったり長寿になれるという願い事を叶え...

アームカバーの簡単な...

アームカバーは日焼け止めや掃除の時に長袖が汚れないように...

y001-1155

テリーヌの簡単な手作...

テリーヌを簡単に手作りすることで、大勢を招いたパーティー...