釜戸の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

釜戸の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏になるとキャンプを楽しむ人が増えます。キャンプは、春から晩秋の頃がシーズンであり、一般的にキャンプは管理施設などを利用して行う事で、施設内の設備を利用する事が出来るので便利です。また、キャンプの管理施設の中でも自然をそのまま生かしたキャンプ場などの場合、焚き付けに利用する薪や木炭などを予め用意をしておかないと火を燃やせない所も在ります。釜戸なども無いため自分達で作らないといけませんが、このような場所には大小様々な石が転がっていますので石を使って釜戸を作る事が出来ます。尚、手作り方法を知っておけばキャンプ以外にも役立つ時も有りますので経験してみる事が大切です。自宅の庭などでも河原などで拾って来た石を使って釜戸を作れば手作り感が出てくるため、ガーデニングの一つとしても最適ですし、レンガブロックなどを使えば、お洒落な釜戸を作れます。釜戸を手作りしておけば、自宅の庭で好きなときにバーベキューを楽しむ事が出来るなどのメリットが在ります。手作りでの釜戸はキャンプ終了時は取り壊す事、拾って来た石は元の場所に戻す事、燃えカスはそのままにしないで土を掘って埋める事、土に戻らない人工物は全て持ち帰るなどがマナーです。

釜戸を作ることの楽しさ

自宅の庭で釜戸を作る場合、ホームセンターなどに行けばレンガブロックやその他の石材を使ったブロックを購入する事が出来ますので、手作り方法を覚えておけばハンドメイドが可能です。 尚、火を使うため耐火性が高い材料を選ぶ事がポイントであり、天然の石などの場合、火力などにより割れてしまうものも在ります。 キャンプ場で釜戸を利用する場合などは、それほど長く使うわけではありませんので、割れてしまっても良いのですが、自宅の庭で利用する場合には、割れにくい物を選ぶ事が大切で、レンガブロックは火によって割れにくいなどの性質が在るのでお勧めです。 また、レンガブロックは耐久性が高い反面、加工がし易いと言ったメリットも有ります。 最近は色々なサイズのレンガブロックが在るので便利なのですが、3分の1のサイズにしたい時などは、レンガに切り込みを入れた後に、ノミなどの工具を使って軽く叩いてあげると、綺麗に割る事も出来ると言います。 比較的簡単に加工が出来るのでレンガブロックは釜戸づくりのお勧め材料の一つです。 手作り方法を覚える事で、色々な事にも挑戦する事が出来ますし、ハンドメイドでの釜戸は庭のインテリアとしても魅力が在るのです。

釜戸を作るのに用意する物

釜戸は、穀物や食料を加熱調理する際に火を囲うための設備です。日本では、5世紀頃の遺跡から初期の状態を窺わせるものが発掘されています。釜戸が発達することにより高温で調理することが可能となるので、効率化が実現されるとともに多様な方法が行えるようになりバリエーションも豊富になっています。 これは、現代にも通じることであり、釜戸があれば様々な料理にプラスへと作用します。これは、素材全体に対して熱を加えられるからです。特に、昔ながらの料理を楽しみたいという人にはおすすめであり、現代的なキッチンとは違う魅力を備えています。 釜戸が広く普及したのは、簡単な材料で作ることが可能で、使用の耐久も長く修理も比較的容易であるということが理由となっています。つまり、必要と感じたのであれなすぐに作ることが出来るということです。高度なテクニックや専門的な知識などは一切不要であり、ものづくりの経験がない人でも完成することが出来ます。 かまどを作る際に用意するものは、粘土、わら、土、竹、水などの材料と、まんのう、鍬、オイル缶、ノコギリ、金づちなどの道具類です。なお、土台を作る際にはブロックやレンガの準備も必要で、木枠を作る場合は釘が要ります。

釜戸の作り方の手順

釜戸の手作り方法は、まずはひび割れしにくい粘土を作ることからスタートとなります。粘土とは、粘性の強い土という意味ですが、粘性が強すぎると割れやすくなってしまうからです。そこで、粘性を弱くしなくてはならないので、土やわらを入れます。 粘土と土、わらに水を加えて練り込む時には、最初はまんのうを使用します。そして、ある程度混ざってきたら次は鍬を使って、押したり引いたりして粘土をこねます。これにより、割れにくい粘土が出来ることになります。 粘土作りの次は、枠作りとなります。燃焼室の位置を決めてオイル缶を置き、焚口の位置を決めて枠を置きます。焚口の枠と燃焼室用の枠の隙間は、新聞紙などを入れて粘土が入らないように工夫しなければなりません。 釜戸を作ることは、粘土を枠に入れて棒で突くという作業がほとんどです。これにより、粘土中の空気が抜けるので割れにくい頑丈なものが出来ます。なお、粘土の代わりに石を入れることにより、使う粘土量が少なくなり強度も増すことになります。そして、最後にオイル缶を抜き木枠を外すと釜戸が出てきて完成となります。この様に、釜戸の作り方は、それほど高度な技術を必要とするわけではありませんが、根気を込めて丁寧に行わなくてはなりません。

釜戸の作り方のまとめ

自宅の庭に釜戸を作る場合は、最初に何処に作るのかを決める必要が在ります。 また、大きさ等に付いても考えておかないと、レンガブロックが足りなくなると言った事態を招いてしまいます。 尚、釜戸は1方向が空いていて、他の3面は閉じている形になりますが、空いている部分と言うのは薪や木炭などを入れる場所であり、作業性が良い方向に向ける必要が在ります。 配置や大きさなどを決めた後は、実際の釜戸の設計図を作成して、材料をホームセンターで購入して来て、作れば良いわけです。 一方、キャンプ場などで使う釜戸と言うのは、材料は自然に物を使う形になります。 大きめの石を多数集めて来る作業が中心となりますが、石を組み上げる時は大きなものを下に置いて、その上に重ねて壁を作ります。 キャンプ場の場合も庭で作る時と同じく、作業性が良い方向に薪や木炭を入れる場所を作るのがポイントです。 また、一番上には鉄板を置いたり、鍋を置くための網などを設置する必要が在りますので、壁の上部はなるべく平坦にするのがコツで、3面の高さを調節する場合は小石などを使ってあげる事で高さを一定に保つ事が出来ます。 尚、釜戸を作る場所と言うのはなるべく平坦な場所を選ぶ事が大切です。

工作の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

店頭では靴箱や本棚、ペン立て等非常に多くの商品が販売されています。それらの商品は同じモデルでも複数の種類があり、メーカー...

y001-0030

生ハムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

生ハムは、そのまま食べても良し、ピザの具財やサンドウィッチに挟んでも大変美味しいです。多くの人が愛してやまない食品である...

y001-1114

一般常識テストの簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

一般常識テストを作る目的は様々あります。友達同士で出題し合う場合もありますし、学校の先生が進学や就職試験のために学生に出...

y001-0344

物置小屋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

一戸建て住宅にお住まいの方の場合では、庭などの敷地を持っていることも多く、各種道具類の収納用として物置小屋を敷地内に設置...

y001-0984

ぶどうの棚の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

寒い冬が終わると、植物はそれぞれ葉を出して光合成を行いながら成長をし始めます。落葉樹は秋が終わると全ての葉を落とす植物で...

y001-1037

パネルシアターの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「パネルシアター」は、布を貼った舞台となるパネルに、絵や文字をくっ付けたり外したりすることで、お話を展開していったり、歌...

y001-0886

ヤマモモジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もともとは野生の植物として知られているヤマモモは、街路樹として植えられている地域や庭木として栽培する家庭も増えて、都市部...

y001-0018

味噌の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

名古屋に生まれたこともあり、味噌は身近が食材で、小さい頃は母親や祖母が作った手作り味噌の料理を食べて育ちました。独立して...

y001-1082

足が速くなる方法の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

社会人になると運動会や体育祭という行事がなくなるので足が速くなくても特に問題ありませんが、学生、特に小学校や中学校では徒...

y001-0096

ブランコの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子どもが外で遊ぶ機会は昔に比べて少なくなっていると言われています。幼い頃から習い事に追われて遊ぶ時間が無いという子どもも...

y001-0492

帯でバッグの簡単な手...

様々な手作りDIYアイテムがありますが、リサイクルを利用...

黒酢ニンニクの簡単な...

黒酢ニンニクを自家製で作る理由として挙げられる事柄には、...

y001-0006

イヤーカフの簡単な手...

イヤーカフは耳たぶに挟むタイプのアクセサリーです。ピアス...

y001-0391

箱庭の簡単な手作り方...

国内では古い時代に流行していた背景を持っている趣味の一つ...