豪華おもてなし料理の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

豪華おもてなし料理の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

豪華おもてなし料理は、おもてなしを目的としてつくるレシピです。作る理由は、ご馳走を出して食べてもらい、おもてなしをして喜んでもらうためです。豪華おもてなし料理には、さまざまな食材が使われます。豪華な料理ではありますが、意外と簡単できる手作り方法もあるので、自宅で作ることができます。肉料理だけとは限らず、魚料理や野菜料理でも、豪華なおもてなしメニューを作ることはあります。おもてなしは、もてなす相手の好みなどにも応じて、メニューも考えて作ることができます。お客さんに対して、心のこもった料理で待遇をして、喜んでもらえる料理を作るのが目的です。時間がかかる料理を作る必要はなく、豪華に見えて、ゲストが喜んでくれる料理を作ることが大切です。年末にもなればクリスマスパーティーもありますし、としが開ければお正月が来て、親戚の集いでもおもてなしの期間があります。特に年末から年始にかけては、家でのパーティーも多くなるシーズンです。ほかのシーズンでも、行事などでもてなしの機会は出てきます。豪華おもてなし料理は、見た目が華やかであって、お客さんみんなが喜ぶようなメニューを提供することが大切なポイントになってきます。

豪華おもてなし料理を作ることの楽しさ

豪華おもてなし料理を作る楽しさは、ゲストをもてなす為に、喜ぶ顔を思い浮かべつつ作ることができることです。メリットは、簡単にできるレシピでも、豪華に見えて美味しい料理があるので、それらを作ることで、おもてなし効果も倍増するということです。豪華おもてなしメニューでは、簡単なローストビーフの手作り方法で、お肉料理を仕上げることもできます。手間ひまがかかりそうなローストビーフも、炊飯器で使えば簡単です。材料は牛モモブロックを500gに塩こしょう、サラダオイルを少々です。塩コショウした牛肉をラップでくるんで、30分ほど冷蔵庫で寝かせます、キッチンペーパーで水分を拭いて、サラダオイルを熱したフライパンで表面を焼きます。炊飯器にお湯を1L入れて、食品用のチャック付きビニールに、肉を袋のまま入れます。炊飯器に入れたら、30分間保温をします。その間にソースを作ります。赤ワインを50ccにハチミツとしょうゆが大さじ1杯、酢が大さじ1/2杯に塩がひとつまみです。肉汁の入ったフライパンに、すべての調味料を入れて、加熱してトロミが付けば完成です。できあがったローストビーフをスライスして、作ったソースをかければ出来上がりです。

豪華おもてなし料理を作るのに用意する物

お客様を迎えるときに豪華おもてなし料理で迎えたいとき、簡単にできるのにゴージャスに見える料理の手作り方法をいくつかレパートリーに加えておくととても楽です。どんなお客様をどれくらいの規模で迎えるかにもよるのですが、豪華な感じがする料理にはやはりボリュームのあるロースとビーフなどの肉料理をメインにするのがおすすめです。前日から準備しておくことが出来、当日はオーブンでじっくりと焼くだけの状態にしておくことで、時間も手間も省けます。メインディッシュだけでなく、見た目にも鮮やかで食欲をそそるような彩の綺麗な料理を準備しておくのがおすすめです。沢山の人数が集まるときには、大きなお皿に盛り付けてテーブルに運べばかなりインパクトがある豪華おもてなし料理になるのがロースとビーフです。ロースとビーフにする場合、まずはビーフもも肉などの弾力のある赤身の固まり肉を買い求めておきます。そして準備する材料は塩コショウ、ローズマリー、セロリ、にんじん、玉ねぎなどの香味野菜、肉の塊を縛るタコ糸、焼きあがった肉を包んで寝かせておくためのアルミホイルなどを用意しておきます。そして実際に焼く30分ほど前に牛肉を冷蔵庫から出して常温に戻しておきます。

豪華おもてなし料理の作り方の手順

オーブンを220度に予熱しておきます。牛肉の塊を形崩れを防ぐためにタコ糸で縛っておきます。このときそれほど強く縛る必要はありません。肉にたっぷりと塩コショウをまぶし手ですり込んでおきます。このときに香り付けとしてローズマリーも一緒にまぶしてすり込んで置くようにします。フライパンを強火で熱して熱くなったところに牛脂をいれて肉の表面を6箇所の面すべてに焼き色をつけて牛肉の旨みを閉じ込めるようにします。オーブンの典範の上ににんじん玉ねぎ、セロリなどの野菜を切って敷きます。牛肉の焦げすぎを防ぐ役割と香り付けのためです。220度で予熱したオーブンに入れて40分ほど時間をかけて焼きます。少し早いかなと思える程度でオーブンから取り出し、少し切ってみて焼き具合を確認し、アルミホイルで肉を包んで30分ほど寝かせます。その後アルミホイルを開くと中に肉汁がたまっているので、その肉汁を使って赤ワインとバター、醤油を加えて少しにつめてロースとビーフ用のソースを作ります。できたての温かいうちに食べるのはもちろんだし、冷たくしたものも柔らかくて十分においしく頂けます。切り分けるときには肉の繊維に対して直角の向きに切るようにします。 大きな皿に盛り付ければ豪華おもてなし料理の完成です。

豪華おもてなし料理の作り方のまとめ

豪華おもてなし料理には、簡単に作ることのできる、海鮮たっぷりのパエリアも便利なメニューです。相当豪華に見えるメニューでありながら、材料をフライパンで炒めて、蓋をして炊き上がるだけという、とても簡単な料理です。4人分の材料は、鶏もも肉が100gに、殻のついたエビや、あさりやイカなどの魚介類を、たっぷりと使います。玉ねぎは1/2個、赤や黄色のパプリカを各1/2個、お米を2合ににんにく1片、トマト缶を半缶に、オリーブオイルを大さじ3杯と、固形ブイヨン2個に水は2カップです。イカは輪切りにして、鶏肉は一口サイズに切り、パプリカは千切りにして、玉ねぎはスライスします。にんにくとオリーブオイルをフライパンで炒めて、野菜や鶏肉類を入れて炒めます。お米を入れて、魚介類も加えて炒めます。調味料や水、トマト缶なども全て入れたら、蓋をして15分間、弱火で加熱します。ご飯が炊き上がったら、蓋を取らないで火を止めて、5分間蒸らしてできあがりです。色鮮やかな、サーモンマリネサラダも、豪華なおもてなし料理のひとつになります。玉ねぎ1個はスライスして、スモークサーモン80gと交互に重ねて容器に入れていきます。レモン汁とオリーブオイルを大さじ4杯、塩と粗挽き胡椒と砂糖を少々、これらを混ぜて一緒に容器に入れます。1時間以上冷蔵庫で冷やして、ベビーリーフを散らせば、彩も鮮やかなサーモンマリネサラダが完成です。

y001-1170

ちりめんつまみ細工の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ちりめんつまみ細工というのは使う布をちりめんに限定しているつまみ細工です。このちりめんという布は絹でできている物と、化繊...

y001-1467

イカの塩辛の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スルメイカ、ヤリイカ、アオリイカ、コウイカ、ホタルイカなど食用とされるイカの種類はとても多く在ります。イカは種類が異なる...

y001-0908

ミントティーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

家庭でも手軽に作ることができるミントティーは、すっきりとした香りや味が特徴的で、飲んで美味しいだけでなく花粉症にも効果的...

y001-0190

学校経営計画の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

学校は、小学校、中学校、高校と学校種によって全く違った学校経営計画が必要になります。簡単にはいきません。なぜならば、児童...

y001-0310

木工椅子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

DIYとして比較的簡単に製作することのできるアイテムには、代表的なものとして木工椅子を挙げることができます。木工椅子は室...

y001-0955

ペーパークラフト無料の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

ペーパークラフトは多くの方が楽しめる趣味であり、特に事前の準備さえ整えておけば、以後は無料で楽しみ続けるのも不可能ではあ...

y001-0708

豪華おもてなし料理の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

豪華おもてなし料理は、おもてなしを目的としてつくるレシピです。作る理由は、ご馳走を出して食べてもらい、おもてなしをして喜...

y001-0811

塩鯖の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鯖は古くから日本人になじみのある魚で、縄文時代から食用とされていました。平安時代には、鯖売りの行商がいたことも文献に残っ...

y001-0838

わらび餅の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

わらび粉を使わなくても、片栗粉があればわらび餅が作れます。正確に言うとわらび餅ではありませんが、そっくりの食感に作れます...

y001-1279

こんぺいとうの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ポルトガル由来のお菓子、こんぺいとう。子どもの頃によくおやつで食べたりしたので駄菓子の印象が強いですが、本来こんぺいとう...

y001-1333

ギャザースカートの簡...

ギャザースカートは購入すると他のスカートと大差ないお値段...

y001-1410

オニオンスープの簡単...

玉ねぎをメインに使ったオニオンスープは、西洋料理の味わい...

y001-1405

おむつケーキの簡単な...

おむつケーキとは、おむつを使ってケーキのようにし、装飾な...

y001-0678

子供バックの簡単な手...

子供用品を取り扱っている店は、いたるところにあり、手に入...