混合燃料の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

混合燃料の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「混合燃料」とは、2ストロークオイルと燃料を混合させた液体のことで、2ストロークエンジン内部の潤滑と共に、熱サイクルの燃焼プロセスにおいて必要不可欠なエネルギーでもあります。この2ストロークオイルとは、2ストローク機関(2行程で1周期とするピストンエンジンのこと)に用いられるエンジンオイルを指します。2サイクルオイルや2ストオイルなどとも呼ばれています。
混合燃料を用いる2ストロークエンジンは「混合給油方式」と呼ばれており、専用のオイルでは燃料と即座に混ざり合うことで沈殿物を残さない性質のものや、低温時においても流動性が変わることなく、一度混合すれば燃料とは分離することがない性質が、特に重視されています。この燃料の混合比は、2ストローク機関または、オイルの製造元が推奨する混合比によって、16:1または100:1の割合までと様々です。2ストロークオイルの原料としては、鉱物油・ひまし油・植物油・半化学合成油・化学合成油などがもちいられており、場合によっては燃料との混ざり合いを向上させるために、5%~35%程度の割合で灯油を加えたりもします。夏場などに良く使用される電動草刈り機などでは、25:1の割合で混合されたものが多いです。

混合燃料を作ることの楽しさ

「混合燃料」の規格は、日本国内においては2ストロークオイルの品質規定である、「JASO規格」で表されます。 最近の2ストロークオイルは使用できる幅が広くなってきており、オイルメーカーや二輪車メーカーが販売しているものには、分離給油でも混合給油でも使用できるものが登場していて、混合比においてもその幅が緩和されているものが多くなっています。しかし、中には混合給油専用燃料も存在しており、その一つがカストロール・A747オイルです。 混合燃料の2ストロークエンジン内の潤滑は、一定条件によって変化します。例えば、混合比が高ければ高い程、より大きな潤滑性能ご期待出来ますが、それとは逆に、燃焼室や点火プラグのこまめな掃除が必要となります。また、分離給油方式の場合は、スロットルケーブル(二輪車などで、右手のグリップをひねる動きをすることで、燃焼給油装置に伝えるケーブル)の調整や、混合機関への電圧変更装置などを使用することで、混合比の変更が可能です。更にこの混合比は、空燃比においても多少の影響を受けることがあります。 混合給油方式では、混合燃料は様々な通路を通って燃焼給油装置に吸引されていくため、混合比が高い場合や間違えて使用した場合には、通路を通る燃料の量が減ってしまうことがあり、空燃比が薄くなり気化に及ぼす影響が懸念されます。一方、分離給油方式では、燃焼給油装置への混合が行われないので、その心配は少ないです。

混合燃料を作るのに用意する物

混合燃料は、2サイクルエンジンを動かすための燃料で、ガソリンと潤滑オイルを一定の割合で混合するというものです。一般に車などに使われているガソリンエンジンは4サイクルで、ガソリンのみを供給し、潤滑オイル自体はエンジン内部に別の形で置かれています。4サイクルは2サイクルと異なり潤滑オイルを混合燃料ほど燃やさないため、環境に良いとされますが、2サイクルと異なり仕組みが複雑で小型化には不向きです。このため、2サイクルエンジンは主に小型エンジンに使われ、以前であれば排気量50cc程度の原付きバイクに多く使われていました。現在はさらに小型で排気量50cc以下の汎用小型エンジンに使われ手でもって使う刈払機やチェーンソーなどで使われています。なお、これらのエンジンでは燃料に混合燃料を供給する必要がありますが、水平状態が保てるバイクなどの場合には混合燃料を作って給油するのではなくガソリンとオイルが別々になっており、必要に応じて給油し、内部で混合する仕組みとなっており、混合燃料を作る必要がありません。 なお、混合燃料を作るために用意すべきものとしては、ガソリンとガソリンを入れるタンク、それに2サイクル用のエンジンオイルが必要です。ガソリンを入れるタンクは、混合用のものがあり、ガソリンとオイルのゲージが別々になっており、それらに合わせて入れることで簡単に作ることができます。

混合燃料の作り方の手順

混合燃料の手作り方法で注意すべきポイントは、ガソリンを取り扱うということです。ガソリンは温度が上がると非常に気化しやすく、また発生したガスは瞬間的な爆発力が強いものです。そのため混合燃料を作るさいには換気の良い場所で行う必要があります。 またガソリンを調達するさいにはガソリン携行缶を持っていく必要があります。混合燃料を作るさいには、この携行缶に直接、規定量のオイルを注いで作ることもできます。一方で混合燃料を作るのに便利なのが混合用のタンクで、こちらはプラスチック製のものですがガソリンとオイルのタンクが別れており、そこにそれぞれ同じ高さになる量を入れ、それを混合することで簡単に作ることができます。また半透明ですので残量をすぐに見ることができますが、太陽光を通すため混合燃料が劣化しやすいのですぐに使い切るか、携行缶などに移し替えておく必要があります。 なお、携行缶にしてもポリタンクにしても混合したあとには必ずガス抜きを行っておく必要があります。混合するさいに揺さぶられることによってガスが発生するためで、混ぜあわせたあとは内圧で膨れ上がります。このため、通常のペットボトルなどで混合するのは非常に危険です。

混合燃料の作り方のまとめ

混合燃料は、手作り方法をガイドにすると、簡単に作ることができます。今回は自宅でも使用する機会が多い「草刈り機」の混合燃料の作り方を紹介します。草刈り機では、ガソリンに2サイクルオイルを混ぜた混合油を使用します。農作業機器はバイクなどと違い、ガソリンタンクとオイルタンクが分かれておらず、ガソリンタンクのみなため、このようにオイルを混合させて、エンジンが焼き付かないようにするのです。 用意するものは、ガソリン・2サイクルオイル・混合油専用容器です。 まず、混合作業をする前に、周囲に火の元となるものがないか確認します。また、タバコを吸いながら行うことは非常に危険ですので、しっかりタバコを消してから行って下さい。 1.専用容器に、ガソリンと2サイクルオイルを入れます。容器には目盛りがついており、左側がガソリン、右側が2サイクルオイルとなっています。今回は両方の目盛りの5まで入れましょう。すると、 5リットルの混合油ができます。この容器を使用すれば、ガソリン:2サイクルオイルの混合比が25:1の割合で作れるようになっているので、失敗することなく確実に作ることができ、とても便利です。 2.容器に付いている矢印の部分で内部がつながっているので、その方向に傾けることで混ぜ合わせることができます。 出来た混合油を草刈り機に注入すれば、使用可能となります。

y001-0431

鍋でご飯を炊くの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

炊きたてのご飯というのは、日本人にとっては格別のものであり、美味しいご飯というのは、そのままでもいくらでも食べられてしま...

y001-0156

提灯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

提灯を作る理由は、子供の学校行事などで使うことがありますし、夏には、お盆の時期など風情がでてとても良いものです。日本の伝...

丸太小屋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自分で作った丸太小屋には普段の生活と違う空間があり、ちょっとした息抜きに適した場所であると言えます。そして自然の中で過ご...

y001-1262

しその実塩漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

しその実は主に青しその穂先の実のことを言います。花が咲いている時はそのまま天ぷらにして食べたり、お刺身に彩としてそえたり...

y001-0069

つるし雛の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

つるし雛とは、あまた実在している小さいサイズのドールをつるして飾るために使われるドールを指しています。ドールだけではなく...

y001-0909

ミョウバン水の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ミョウバンには、収斂や消臭、殺菌などの効果があるため、ミョウバン水は便利に使うことができます。汗をかいたときに臭いの元と...

y001-0652

七夕飾りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

七夕というのは1年に一回だけあるイベントであり、このときに笹の葉に短冊や飾りをつけて七夕というイベントを楽しむ行事なので...

y001-0882

ゆかたの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昔の日本人は、着物やゆかたが一般的な服装でしたが、現在では動きやすい、洋服を着る人が殆どを占めています。衣料品売り場に向...

y001-0890

もやし育て方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もやしはどこのスーパーでも安く売っているところをよく見かけますし、安く手に入るのにとても料理に使いやすくどんな料理にも使...

y001-0831

案山子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

人間の形をした人形を畑に立てておくことで、カラスを初めとした鳥類による作物への被害を防げるというのが案山子の特徴です。 ...

梅干しの簡単な手作り...

日本の昔からの知恵で、毎日一粒の梅は医者いらず、と言われ...

y001-0546

正しいおはぎの簡単な...

お彼岸におはぎを供えて、祖先の供養をする風習は、かなり以...

y001-0002

梅ジャムの簡単な手作...

梅ジャムを作る理由は簡単に梅の成分を摂取することができる...

フルーツポンチの簡単...

夏のデザートといえばやはり冷たいものが好まれますが、アイ...