煮玉子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

煮玉子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

多くの人から愛される煮玉子は、主役級のメニューではないものの、その人気は不動のものです。ほんのりと色付いた煮玉子を口にした時の、そのプリプリとした食感と、濃厚な味わいはたまらないものです。作る目的は、ラーメンのトッピングなどに使うこともあります。お肉と一緒に煮込んだり、野菜と一緒にに飲んでみたり、何かとレパートリーも広がりますから、使い勝手も良いメニューです。ゆで卵と違って、煮玉子になるとおもてなしメニューにもなるので、人寄せの時などの時にも作って振舞うことができます。家庭によっても味付けなどにも違いのある、奥の深い煮玉子ですが、プロのお店の味わいは、実は家庭でも実現することが可能です。黄身は半熟で味がしみこんでいて、表面も中身も美味しい卵は、コツさえ押さえれば自宅でも簡単に作ることができます。煮玉子のコツは、漬け込むことです。醤油をベースとしたつけだれに漬け込むと、つけだれに含まれる塩分などの味が、浸透圧がかかって内部まで浸透するのです。そのため、真ん中まで味が染み込んで、どこを食べても味わい豊かな煮玉子が楽しめるのです。塩がしみこむことで、卵の持つ水分は外へと出ていくので、だんだんと固まっていきます。

煮玉子を作ることの楽しさ

人気ラーメン店みたいな煮玉子の簡単な手作り方法をマスターすれば、自宅でも美味しい煮玉子は作ることができます。プロが作るみたいな仕上がりを想像して作るのは楽しいですし、お店まで行かなくても、半熟で味のしみた卵を作ることができるのは、大きなメリットです。作り方は、生卵を沸騰したお湯に入れて、8分間ゆでて皮をむきます。調味料を用意して、ジッパーのついたビニール袋に調味料を入れて混ぜます。調味料に使うのは、醤油とみりん、和風の出しと水です。その中にゆで卵を入れたら、6時間つけっぱなしにします。黄身をもっと、トロトロにするなら、7分茹でで作ってみましょう。簡単に作るために、味つけには、めんつゆを使います。ほかにはメインの卵と、かつお節を用意します。鍋に2cm程水を沸騰させたら、生卵を入れて7分加熱してから、水につけて殻をむいていきます。ジッパー付きのビニール袋にかつお節とめんつゆ、卵を入れたら、冷蔵庫で一晩寝かせます。翌朝には、中はトロトロで、味わいはしっかり付いた煮玉子が出来上がっています。夜寝る前にでも、一度ビニールの中の卵に味がいき渡るように、上下の向きを変えておくと良いです。簡単に出来上がって、そのあとは、様々な料理に使うことができます。

煮玉子を作るのに用意する物

ラーメン屋さんのトッピングなどでよく見かける煮たまごですが、自分で作るとなるとなかなかうまくいきません。作ってみても毎回違ったものが出来たり、煮玉子以前に半熟卵を茹でることすら難しいのが現状です。 実は、程よく味が染みた半熟でとろとろの黄身の煮玉子を間違いなく、誰でもいつでも同じように作る方法があります。手順や時間を守ることで実に簡単に作ることができます。 作り置きしておけばラーメンなどのトッピングとしての脇役だけではなくおかずの一品としても十分に存在感を出してくれます。 作る際に用意するものは、まず食材として玉子3~4個に対して麺つゆ(2倍希釈)を150ccほど用意します。 麺つゆはストレートや3倍希釈など様々なものがありますが2倍希釈のものが出来上がった時に味の濃さがちょうどよくなります。 その他、茹でるための鍋は、卵が完全に浸せるだけの深さがあるものを用意します。キッチンペーパー適宜、正確に時間を計るためのキッチンタイマーも用意します。その他には、冷水を冷やすための氷も準備します。 また、卵を形よく茹でるためにあらかじめ卵に穴をあけておくための画びょう化ピンを用意します。 必要なものはこれだけです

煮玉子の作り方の手順

煮玉子の手作り方法は、最初に半熟の卵を茹でるのですが、いつも同じ茹で具合にするために時間と手順をしっかりと守る必要があります。 先に、卵が完全に浸るだけの水を入れて沸騰させます。この時、卵は水の状態で入れないようにしましょう。 お湯が沸騰するのを待って卵を入れます。玉子は入れる前に、とがっていない方の気室といわれる空気のたまっている丸い方を画びょうなどのピンでついて穴をあけておきます。 こうすることによって殻と実の表面の隙間に水が侵入して殻がむけやすくなります。また、ここの空気が熱によって膨張して、殻が割れて中身がはみ出すことがあります。ですが穴をあけることによってこれを防ぐことができるため見栄えの良い茹で卵になります。 茹でる時間は、6分間です。このとき、きちんとタイマーで計って茹でます。その後、直ちに冷水に浸けこれも正確に3分間待ちます。この手順を守ることで完成時にちょうど良い半熟卵を作ることができます。 次に殻を流水に当てながら剥きます。流水に当てることで殻と実のの間に水を入り込ませ剥きやすくします。 そのあと、ボウルなどの容器に麺つゆを100ccほど入れたものに茹でた卵を入れます。 その上からキッチンペーパーを被せて残りの麺つゆをかけておきます。こうすることで麺つゆをまんべんなく卵にしみこませることができる上に麺つゆの量を節約できます。 このまま容器に蓋をして冷蔵庫で反日ほど寝かせます。

煮玉子の作り方のまとめ

煮玉子は自宅のキッチンでも、手作りして美味しくいただける1品です。味がしみこんだ卵は、不思議な程美味しく感じられるものです。漬ける調味料の分量を調整しながら、好みの染み込んだ卵を作りましょう。煮玉子は、味がしみ込む程美味しくなります。卵8個で作るときの分量です。分量が覚えやすいと、作るのも楽です。醤油とストレートのめんつゆ、酒は共に50cc、チューブのおろし生姜とおろしにんにくは、どちらも5cm程を用意します。コショウは少々使います。半熟卵を作りに当たり、卵の殻にはがびょうなどを使って穴を開けておきます。卵は水からゆでて、3分半で火を止めます。微妙な時間差ですが、4分をオーバーすると、卵は半熟ではなくなります。卵はすぐに冷水につけて、氷もクエあえてしっかり急激に冷やしましょう。殻を剥いたら、漬け込み用の調味料に浸けます。フタをして夜に作っておけば、翌朝には良い感じに味わいが染み渡っています。朝作っておいて、夜のご飯のおかずにしても、ちょうど食べごろです。半分に切るときには、黄身が崩れないように、糸を使うとキレイにカットできます。そのまま食べても美味しいですし、サラダのトッピングにしても、美味しくいただけます。

y001-0791

花かんむりの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

最近街を歩いていると小学生や、中学生の女の子達が頭に被っている花かんむり。今若い女の子達にとても流行っている人気のヘアー...

フルーツポンチの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏のデザートといえばやはり冷たいものが好まれますが、アイスクリームやシャーベットなどの冷菓ではちょっと冷たすぎてしまう、...

y001-0911

ミツバチ巣箱の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ミツバチ巣箱を作る理由の多くは、ミツバチが集めるハチミツを採集することでしょう。ミツバチは花から花へ飛び回り、多種多様な...

y001-0545

清水寺歴史の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

清水寺歴史年表を作る理由は様々ありますが、その多くは趣味で作る場合が殆どです。清水寺の歴史は相当古く創建の起源については...

y001-0338

編み込みやり方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ヘアアレンジの中でも、様々なバリエーションが楽しめるアレンジ方法が三つ編みで、その三つ編みを更に引き立てるアレンジが「編...

y001-0435

豚骨スープの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ラーメン屋の豚骨スープはとてもおいしいですが、自宅で作るのは大変で試したことがないという方が多いと思います。実は豚骨スー...

y001-1422

おいしいたこ焼きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

たこ焼きといえば、縁日や夏祭り、花火大会といったイベントや、屋台で販売しているものを食べる人が多いと思います。家庭でたこ...

y001-0557

水琴窟の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

国内では古い時代に和風庭園などに造られたものとして、水琴窟と呼ばれるものがあります。水源から水鉢へと水を引き込むことにな...

y001-0785

茄子漬の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

茄子漬を作る目的としては、夏場の水分と塩分補給が第一となります。茄子は夏野菜の代表であり、漢方の五性の分類では涼性となる...

y001-1443

エクセル家計簿の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

パソコンを購入する時に、よくオフィスソフトがバンドルされています。バンドルされているオフィスソフトの中でも、とても便利な...

y001-1195

たまご料理の簡単な手...

たまご料理というと、目玉焼きに卵焼き、スクランブルエッグ...

ブーメランの簡単な手...

ブーメランは意外と知的な面白味のある道具で、作るにも飛ば...

y001-0280

卵焼き基本の簡単な手...

お弁当のおとも、数ある日本のおかずの中でポピュラーなもの...

y001-1028

ハンカチポーチの簡単...

ハンカチポーチといって、いろいろなタイプを考えることでし...