トマトジュースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

トマトジュースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏に旬を迎える野菜の特徴としては夏の日差しにある紫外線を浴びることによって内部で発生する活性酸素を除去する成分を作り出す緑黄色野菜が中心になるのですが、その夏を彩る緑黄色野菜の代表としてあるのがトマトです。トマトは全体が赤いことが特徴ですが、その赤い色素の正体というのがリコピンです。トマトの栄養成分であるリコピンには強い抗酸化作用があり、紫外線によって発生した有害物質である活性酸素を除去することで若返り効果や病気への抵抗力を回復させる効果があります。それ以外にもトマトには大量の水分があることで夏の水分補給になり、そして脂肪燃焼効果があるがあるリノール酸や髪や視力そして粘膜や皮膚そして呼吸器系統を守る働きがあるといわれているカロチンを多く含んでいるため食べるだけで健康になれる最高の野菜と言えます。そのトマトですが一個だけ食べるだけでも効果がありますが、実際に体感できる量を取るには大きいトマトでは2個プチトマトでは17個食べる必要があります。その量を毎日とるのは難しいため別の方法を考える必要があり、その方法としてあるのがトマトを使った加工品で摂取することです。そのトマトの加工品の中で、毎日無理なく摂取できるのがトマトをつぶして飲料にしたトマトジュースです。

トマトジュースを作ることの楽しさ

トマトジュースにするメリットは、リコピンといった栄養素を体に即効性で出したいときに大きいトマトでは2個プチトマトでは17個食べる必要があるのをコップ一杯の量でまかなえることです。しかしそれとは別のメリットとしては、トマトに限らず野菜をジュースにするとうまみ成分を抽出して食べやすくすることです。トマトのうまみ成分というのは自身が持つ水分の中に先に言ったカロチンやリコピンのほかにも、疲労回復効果の持つ有機酸の一種であるクエン酸と世界共通語となっている旨みを構成する成分のグルタミン酸です。しかしこういった成分はトマトに限らず細胞膜に包まれており、口に入れたときに噛むことで細胞膜がつぶれ味が出るのですがそのすべての細胞膜を噛むことでつぶせるわけではないのですべての旨み成分を味わうことができないのです。そこでジュースにすると、素材を丸ごと攪拌するかつぶして作るので細胞膜をすべて壊すことになり栄養成分や旨み成分をすべて抽出することができるので結果的にその素材のまま食べるよりも多くの栄養成分と旨み成分を取ることができます。なによりトマトジュースにするときには鮮度のよいものが必須で、近年では自家栽培することが多くなっています。その自家栽培で収穫したトマトをジュースにして、コップ一杯分の量になると収穫した喜びを感じることができます。

トマトジュースを作るのに用意する物

トマトジュースの手作り方法は非常に簡単で時間もかかりません。トマトジュースを作る際に用意するものはトマトのみです。どんなトマトでも大丈夫ですが、完熟トマトを選ぶと、より美味しいトマトジュースにすることができます。普通に食べるのにはあまり適さないほどに熟れたトマトのほうがジュースにする際には適しています。完熟トマトを使ったほうがよい理由は、味が濃縮されていて濃厚なトマトジュースにすることができる点と、栄養価が非常に高いという点が挙げられます。特に、リコピンが普通のトマトよりも多く含まれているため、抗酸化作用が非常に強く血糖値を下げる効果が高いです。トマトだけの味で満足できない場合は、好みに応じて砂糖や塩をひとつまみ分ほど用意しておいてもよいです。爽やかな味付けが好きな方は柑橘系の果汁などを用意しておくことで、すこし酸っぱいトマトジュースを作ることができ、夏バテ防止に効果があります。後はトマトを煮るための鍋と水、ミキサーを用意しておいてください。水はトマトを湯むきするためだけに使うのでトマトが全て浸かる量用意しておけば大丈夫です。必要なら出来上がったトマトジュースを入れるコップを熱湯につけて消毒しておいても良いです。

トマトジュースの作り方の手順

トマトジュースの作り方は、まず完熟トマトを数個用意します。そして、トマトについているヘタをしっかりと取り除いておいてください。トマトのヘタを取り除いたら、軽くトマトに切れ目をつけ、鍋に水を入れて沸騰させ、その中にトマトを丸ごと放り込みます。しばらくそのまま放置して、火が通ったら鍋から取り出して皮をむき、適当な大きさに切っておきます。細かくしたトマトをミキサーに入れて身がなくなるまで混ぜていきます。完全に混ぜ終わったらトマトジュースの完成です。少し辛めの味が欲しい場合は塩を、甘めの味が欲しい場合は砂糖をそれぞれ少量入れて自分好みの味にしてください。また、柑橘系の果汁を入れたりレモン汁を入れることで爽やかな味わいにすることができます。このままでも十分美味しいですが、滑らかな喉ごしが欲しい場合は、ミキサーにかけた後のトマトジュースを濾して果肉の残りを取り除くことをおすすめします。ただし、濾してしまうと若干栄養が逃げてしまうことになるので、しっかりとトマトの栄養を取りたい場合は濾さないほうが良いです。トマトの皮にも栄養はありますが、剥かないと喉ごしが悪くなってしまうため、なるべく剥くことをおすすめします。

トマトジュースの作り方のまとめ

トマトをジュースにするにはへた部分とトマトの下部分の硬い部分を切った後に、ミキサーもしくはフードプロセッサーにかけて作ることが一般です。しかしミキサーやフードプロセッサーで作ると簡単ですが、その作った後の洗うなどの手入れが大変なので大量に作るであれば問題ないのですが少量で手作りする場合には手間がかかるといえます。そこで一人でまかなう量や少量ずつ作る手作り方法としては、完熟したトマトを清潔で丈夫なナイロン袋に入れた後に手でつぶして、果肉が気にならない場合には粒のまま袋を切ってコップに注ぎそして滑らかさを出したいときには濾し器で果肉を漉して作ります。。その際にミキサーもしくはフードプロセッサーで作る場合でもそうですが、攪拌や袋でつぶす前にトマトの中に砂糖を入れると砂糖がトマトの強すぎる酸味や青臭さを抑えてくれるのでおいしく飲むことができます。出来上がったトマトジュースはそのまま飲むのもよいですが、攪拌したトマトは細胞膜が壊れているのでさまざまな料理に応用が可能です。トマトジュースの中にきゅうりやたまねぎそしてピーマンとオリーブオイルを加えてミキサーで攪拌して作るスペインの冷製スープガスパッチョや生クリームと混ぜて作るトマトのポタージュ、そして水の代わりに加えてカレーやシチューの味付けに使ったりパスタと絡めるなどのアレンジがあります。

y001-0476

短冊の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

短冊といえば日本ではだいたいにおいて七月七日の七夕の日に願い事を書く紙として使われることが多く、その由来を知らなくとも、...

y001-0886

ヤマモモジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もともとは野生の植物として知られているヤマモモは、街路樹として植えられている地域や庭木として栽培する家庭も増えて、都市部...

バンダナキャップの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

バンダナキャップを作る理由は、作り方がとても簡単で、おしゃれで、気分を明るくすることができることです。普段かぶっている帽...

y001-1196

たこ焼き粉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

市販されているたこ焼き粉が在ると、たこ焼きも簡単に作れるのでお勧めです。そもそもたこ焼き粉と言うのは手作り方法で行うのが...

y001-0373

美味しい稲荷寿司の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

稲荷寿司ということばの語源は、油揚げが稲荷信仰に関わりのあるキツネの大好物であることに由来しています。江戸時代から庶民に...

かっこいいジーンズの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

レディースファッションもメンズファッションにもおしゃれに共通するアイテムがあり、それはレディースそしてメンズのかっこいい...

y001-1413

おからの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おからは豆乳を作るときに大豆をすりつぶして絞った残りの部分です。かつては家畜の餌や肥料などにしか利価値のない廃棄物といっ...

y001-0323

本しおりの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

本しおりはもともと本にはさんであったり、書店でもらえることもありますがごくシンプルなので、しおりを手作りするときにはデザ...

プラムジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

プラムは初夏から夏にかけて出回る果物で、簡単に栽培できる果樹なので庭にプラムの木がある家庭もおおく、シーズンになるとご近...

y001-0625

手作りバッグ型紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りバッグといっても、いろいろな種類のものがあります。子供向けの習い事のバッグであったり、大人向けのエコバッグのような...

y001-0504

浅漬けの簡単な手作り...

食卓に出されると嬉しいメニューの一つが「浅漬け」です。素...

y001-0252

和竿の簡単な手作り方...

釣をするときに必要になる釣り竿にはカーボン製の釣り竿と竹...

y001-0116

R1ヨーグルトの簡単...

ヨーグルトは昔から健康に良いとされていましたが、その中で...

y001-0473

段ボール自動販売機の...

小学生などのお子さんを対象としている工作物の中には、段ボ...