小豆の煮方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

小豆の煮方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

小豆は和菓子の材料や赤飯、お汁粉など日本人の食生活に欠かせない食材です。たんぱく質、ビタミンB1、ビタミンB2、食物繊維、カリウム、カルシウム、鉄分などたくさんの栄養素を含んでいて健康にもよいので毎日の健康作りに役立ちます。市販のあんは砂糖が大量に使われていて甘みの強いものが多く、防腐剤や着色料などの食品添加物が気になったり、原料の小豆が外国産で安全性が疑わしいこともあるのでできれば手作りするのが一番です。小豆の煮方は鍋さえあればとても簡単で、初めてでもおいしく作ることができます。手作りのあんは市販のものとは香りが全く違って素材そのもののおいしさが楽しめます。甘さの調節もできるので、あっさりしたあんにしたいときやしっかり甘みのある仕上がりなど、使いたい用途によって自分で砂糖の量を決められます。甘さ控えめの小豆の煮方にすればダイエット中でも大好きな手作りの和菓子が食べられます。砂糖を入れる前の茹で小豆は料理に使ったり、そのままで食べてもおいしいのでレパートリーが広がります。市販品のつぶあんが苦手、こしあんが嫌い、などの悩みも手作り方法を覚えれば好きなようにあんを作れるので困ることがありません。

小豆の煮方を作ることの楽しさ

小豆の煮方を知っていると原料の小豆や砂糖にもこだわった極上のあんを作ることができます。北海道や丹波の有機栽培の小豆や、大納言や中納言など品種を選んで粒の大きさを活かした粒あんにしたり、和三盆を使った上品なあんや黒糖や三温糖で独特の風味をつけたあんなど、お店にはないような独自のあんのレシピを実現できます。作りたい和菓子に合わせてあんにもこだわれば、有名な和菓子店に負けないような素敵なお菓子を作れます。お汁粉が大好きで毎日食べたい人も、小豆の煮方を知っていると自分で作って好きなだけ食べられるので経済的です。お正月など餅が大量にあるときは、鍋にたくさん小豆を煮ておくと重宝します。煮た小豆は冷凍保存にも向いているので多めに作って冷凍庫に入れておけばいつでも和菓子を作ったり、あんデニッシュやあんトーストなどパンに使ったり、パンケーキやマフィン、パウンドケーキなどの洋菓子、抹茶アイスと合わせて和風パフェ、あんみつやくずもち、わらびもちなどに添えたり様々な使い方ができます。茹でただけの小豆は健康食品としても優秀なので、おやつ代わりにつまんだりミックスビーンズのように豆のサラダにしたり、料理にも幅広く使えます。

小豆の煮方を作るのに用意する物

小豆の煮方は簡単で、用意する材料もシンプルです。小豆250gに対して砂糖250gと塩少々ですが、砂糖は好みに合わせて加減しましょう。グラニュー糖を使うと、スッキリした味わいになり、黒砂糖ならコクが出ます。なべとザル、木べらを使って作ります。圧力鍋を使うと簡単です。 小豆の煮方のコツは、まず小豆を柔らかく煮てから砂糖を加えることです。 小豆の主成分はデンプンとタンパク質で、ビタミンB1・B2を多く含みます。ビタミンB1・B2はデンプンや脂肪を分割してカロリーに換えるほか、新陳代謝を活発にする働きもあり、美肌効果が期待できます。良質な植物性タンパク質で、コレステロール値を下げる効果もあります。ポリフェノールの含有量も多く、アンチエイジングにも最適です。鉄分や葉酸も豊富で、貧血の改善効果があります。外皮には利尿や便通を促進するサポニンが含まれているため、利尿作用とむくみ解消作用があります。また、解毒作用があり、二日酔いを改善します。粒あんにすると植物繊維が豊富なので、便秘改善にも効果的です。このように、小豆にはさまざまな健康効果や美容効果があります。小豆の煮方をマスターすれば、「ぜんざい」や「おはぎ」も手軽に作ることができます。

小豆の煮方の作り方の手順

小豆を煮る場合には、他の豆類のように、一晩水に浸す必要はありません。「ぜんざい」と「あんこ」の手作り方法も続けて紹介します。 1.キレイに水洗いした小豆を厚手のなべに入れ、小豆の上2~3cmになるように水を入れます。 2.強火にかけ、沸騰したら、豆が踊らない程度の火加減にします。 3.豆の半分にシワが寄ったら、1カップの水を入れます。 4.再び沸騰したら、小豆をザルにあけ、お湯を捨ててます。 5.小豆をなべに戻し、水を1リットル入れて沸騰するまで強火にします。 6.沸騰したら弱火にし、アクを取りながら、ことこと煮ます。 7.湯が減ったら差し水をして、小豆が常にお湯に浸かっているようにします。 8.小豆を指でつぶして、楽につぶれるようなら、煮上がりました。 「ぜんざい」にする場合には、ここに半量の砂糖を加えて、15~20分煮た後、残りの砂糖と塩少々を入れて5~分煮て火を止めます。 「あんこ」にする場合には、煮上がった小豆を一旦ザルにあけて煮汁を捨て、小豆だけを鍋に戻します。砂糖の半量を加えて、木べらで混ぜながら中火で煮ます。煮詰まってきたら、残りの砂糖を加えて練っていきます。ちょっとゆるめで火を止め、仕上げに塩を少々入れて、さっと混ぜたら出来上がりです。

小豆の煮方の作り方のまとめ

小豆の煮方は普通の鍋で作ると少し手間がかかりますが、難しい部分はありません。蓋をして柔らかくなるまで煮てから蒸らして、砂糖を少しずつ加えて火にかけてその都度アクをすくって取っていけば誰でも上手に作れます。最後のほうになると水分が少なくなって焦げやすいので注意してよく混ぜるようにします。仕上げに塩をひとつまみ入れると、砂糖の甘さが引き立って味に締まりが出ます。小豆は他の豆に比べて粒が小さいので一晩水に浸しておく工程は省いてもじゅうぶんふっくらと煮ることができます。普通の鍋だと1時間くらいかかりますが、圧力鍋があればかなり調理時間を短縮することができます。大量に作るのでなければ炊飯器で煮ることもできます。あんを作るときは煮汁を捨てて好みの硬さにしますが、ぜんざいに使用するときは煮汁も一緒に取っておきます。最初に豆をしっかり煮ないで芯が残った状態で砂糖を入れてしまうと、浸透圧の関係でそれ以上煮ても豆が柔らかくならないのでふっくらと煮えたかどうか確認してから味付けをするようにしましょう。小豆にはゴミやほこりが付いていることもあるので、煮始めるまえにさっと水洗いをして落とすようにします。手作りの味は格別なので、小豆の煮方を覚えてチャレンジしてみましょう。

y001-0298

油揚げの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

味噌汁の具材として人気の「油揚げ」。買い物に行った時についつい買ってしまう方も多いと思います。また、買ったことを忘れて気...

y001-0489

鯛めしレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ご自宅の炊飯器で普段よりワンランク上の美味しいお米料理を作りたいと考えているなら、鯛めしを作ってみるといいでしょう。 ...

y001-1272

サラダうどんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏の暑い時期は料理もおっくうです。火を使うとコンロの前は蒸し風呂のようになって、蒸し暑いキッチンで長時間料理をしようとい...

和室シリーズ

座布団カバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

座布団カバーの手作り方法は、意外にも簡単な作り方があるので、作ってみましょう。市販の座布団カバーは、結構、値段が張るもの...

y001-0091

栗甘露煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

栗甘露煮はお正月のお節料理としても活躍するひと品ですが、それ以外でも色々な用途に使えるひと品でもあります。また、これは瓶...

y001-0791

花かんむりの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

最近街を歩いていると小学生や、中学生の女の子達が頭に被っている花かんむり。今若い女の子達にとても流行っている人気のヘアー...

y001-0383

飛び出すカードの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お誕生日や結婚のお祝いにプレゼントなどを贈る時、ちょっと気に効いたメッセージカードを添えたいものです。また、知らせを聞い...

y001-0782

海苔の佃煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

美味しいご飯が食べられるのが、日本のよさですが、毎日白米ばかり食べていても、そのうちに飽きてしまいます。また、ご飯は炊く...

y001-0460

朝食メニューの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

朝食メニューというのは、いろいろなジャンルがあるので、その人に嗜好などに合わせたメニューを考えていくといいでしょう。朝食...

y001-1150

トーナメントの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

いかなる大会や競技会でも、多くの参加者や参加チームが出場するのであれば、トーナメントを作って試合進行をしなければいけませ...

y001-0816

雲の簡単な手作り方法...

青い空をふわふわと漂っている雲をみて、綿菓子みたいで柔ら...

y001-0821

飲むヨーグルトの簡単...

飲むヨーグルトは年齢に関係なく飲むことができて、さらにア...

y001-0065

ペンケースの簡単な手...

ペンケースを作る理由は自分だけの入れ物を作る目的がありま...

y001-0948

ベビーベッドの簡単な...

もうすぐ赤ちゃんが誕生するというご家庭では、赤ちゃんを迎...