麦わら帽子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

麦わら帽子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手芸品等の趣味を持っている方の中には夏の季節に役立つアイテムとして、麦わら帽子をDIYとして製作する方法があります。帽子類などは比較的作られることの多いものになりますが、麦わら帽子の場合では形状だけではなく、素材に関しても独特なものがあり、作ることによってアウトドアなどでも活躍できるものに仕上げることができます。作る理由や目的に関しては、夏休みの課題として製作する内容や、趣味の一つとして作ることなどを挙げることができますが、十分に実用性を持っているアイテムになることによって、友人同士や家族などで取り揃えることにも向いている一面を持っています。中には簡単に製作できるテクニックなども用意されており、いくつかの手法に分類することができますが、手縫いで仕上げる方法の他にミシンを使うことのできる方のケースでは、比較的短時間で仕上げることもできます。手作り品の良い部分に関しては、他には無いデザインによって仕上げることもでき、想定通りのサイズに作ることによって、フィット感を得ることもできます。飾り物に関しても自由に設定することもでき、紹介されている手作り方法を事前に把握することで、実際に活用できるアイテムの完成度を保つこともできます。

麦わら帽子を作ることの楽しさ

夏の暑い季節には屋外用として役に立つアイテムに、麦わら帽子と呼ばれるものが古くから利用されています。一般的な帽子と比較した場合では、通気性に優れたものがメインとされており、自然素材を使っていることによって、アウトドアなど数多くの風景に馴染むこともできます。麦わら帽子には簡単な作り方も用意されており、手作り品としてDIYで完成させることもでき、製作工程においてゼロから作り上げる楽しみを感じることができます。個人用として一つの作品を作ることもできますが、一般的には市販されているものを購入して利用される方が多い傾向にあることによって、オリジナリティ溢れるスタイルに仕上げることによって、満足感を得ることもできます。手作りを行った場合では、利用者の頭の形状に丁度良く合わせて製作することができるメリットを持っており、例えばつばの部分などの大きさも自由に設定できることも大きなメリットになります。作り方次第では見た目上の内容として、ファッション性を十分に持ったスタイルに仕上げることも可能になり、相応しい洋服と一緒にコーディネートすることによって、アウトドアだけではなく普段の生活上でも活躍できるアイテムに施すこともできます。

麦わら帽子を作るのに用意する物

麦わら帽子は、通常市販されているものは専用のミシンによって制作が行われています。家庭で簡単に作るには、最初からワラを三つ編みしてひも状にし、重しでテープ状にして作る方法もありますが、材料の入手にも難しい面があり、手作り方法としてやり易いのは編み物形式の作り方となります。材料としては簡単に入手できるものを利用するようにし、この場合には素材として麻ひもなどの夏らしい糸を使用します。商品としては、よく選ばれ入手がしやすいものとしてマニラヘンプヤーンという麻素材やエコアンダリアという木材パルプがあります。カフェ木陰やリーフィーといった和紙素材のものもあり自分の使いたい素材を選ぶようにします。因みにマニラヘンプヤーンやエコアンダリア、リーフィーは洗濯が可能な素材となっており、例えば汗が染みついて汚れしまっても洗うことができる特徴を持っています。素材はそれぞれで質感が違い好みで選べば問題はありませんが、色に関しては豊富に揃っており、エコアンダリアでは重めの仕上がり、マニラヘンプヤーンでは軽い仕上がり、そして、リーフィーでは複雑な色合いの仕上がりといったように各々に特徴があります。そして、それは完成した麦わら帽子に独特の雰囲気を与えてくれます。

麦わら帽子の作り方の手順

麦わら帽子にはオーソドックスな形からラフィア風、またテンガロンなど様々な形がありますが、編み方としては基本的には同じで、自分の好きな形に作ることができます。方法としては鍵編みで行っていき、こま編みが基本となります。やり方は5号か6号くらいのかぎ針を用意し頂上部分の輪から1段目、2段目と網目を増やしていきます。ちょうど山形を作って行く形となり、この場合、段を移すごとに網目を増やすことによって平らなトップに編んでいくことができます。逆に網目を少なくした場合にはとがった形にすることができ、自分の好みで行うようにします。まず、帽子の頂上部分は6目~8目作り目にし、次の一段目は1.5倍~2倍の網目で細網をしていきます。次にある程度のトップの輪ができたならば適度な所でサイドの編み方にチェンジをします。この場合、1.5倍で輪を作って行くと円が波打ってくるので、ここがサイドチェンジの目安となります。サイドからは網目を減らしてなだらかな縦ラインを作っていきますが、増し目のやめて一目に一目ずつ編んでいくようにし、縁が丸まるか深さの中間となるあたりで増し目を再開し、サイドの広がりを調整しながらイメージした深さまで編んでいきます。そしてつばとなる部分に関しても増し目と形を考慮して編んでいき、ある程度の大きさになったならば編み方は完了となります。最後にスチームアイロンで好みの形付けをし、リボン等を付ければ完成となります。

麦わら帽子の作り方のまとめ

麦わら帽子の製作に関しては、数々の手作り方法が紹介されることがありますが、その中でも簡単な方法として挙げることのできる内容があります。最初に麦わらを用意することが必要になりますが、紐状の場合では編み込むことに関して多くの時間を費やしてしまうことになるために、予め帯状に編み込んだものを利用する方法が用意されています。ミシンなどを利用できる方は、直ぐに帯状の状態に仕上げることができますが、そうではない方のケースでは100円ショップなどで販売されている麦わら関連のアイテムをほどいて活用することもおすすめです。初めの段階では頭頂部の中心から製作する方法が良い作り方になり、渦巻き状になるように帯を編み込んでいく方法がメインになります。側面に相当する部分では、程良く折り曲げながら編み込むことになり、一般的な鍵縫いの場合では縫い目を減らしていく方法になります。つばの部分は曲がり方が大きくなるために、アイロンなどを利用しながら製作すると比較的簡単に作ることもできます。随時利用者の頭に実際に被せて確認しながらサイズ設定を行うことも良い方法になり、完成後には側面にリボンやアクセントになる小物などを取り付けることによって、見栄えの良い麦わら帽子に作り上げることができます。

y001-0223

ファントムトップの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ファントムトップとは、アメリカ製の自動車(通称アメ車)などでよく見られるドレスアップスタイルのことです。自動車の外側を塗...

y001-1417

おいしい天ぷらの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おいしい天ぷらを作ることができるというのは、日本の食文化を理解するのと同じようなものでしょう。外国人からして人気のある日...

お守りフェルト手作りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

これだけデジタルな物に囲まれて生活している現代人にも、お守りというのは未だに幅広い世代で特別な物だと認められています。大...

y001-1498

UVレジン初心者の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

UVレジンと聞いてもピンとこない人も中にはいるかもしれませんが、実はこれハンドメイドのアクセサリー、ストラップ作りには欠...

y001-1010

ピザの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ピザはイタリアを中心に今では世界中で親しまれている人気の食べ物です。冷凍や宅配、チェーン店のピザなどは手軽ですぐに食べら...

y001-0819

瓜の漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

作る理由は手作りをしてみたいから、というシンプルなものから、普段食べているものがどのように作られているのか、また、自分で...

y001-1179

チジミの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チジミは韓国風お好み焼きとも言われる食べ物であり、その独特の風味に夢中になる人も少なくありません。お好み焼きと同じく具材...

y001-0309

木工工作の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

最近DIYが大変人気で、木工工作に興味があるという方も多いと思います。何もないところから、木の板や端材を使い、好きな塗料...

y001-1084

作れるおもちゃの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供が生まれると、色々な機会におもちゃ屋さんへ行きたいとせがまれる事も多くなるもので、買わないつもりで居ても、ついつい何...

y001-1237

スクランブルエッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スクランブルエッグは茹で卵や目玉焼きと並んで卵料理の基本です。手作り方法は他の卵料理よりも簡単で、家庭科の授業で習う初め...

y001-0568

酢大豆の簡単な手作り...

大豆は、畑の牛肉とも表現されるほど豊富な栄養素を含んでい...

y001-1325

きゅうりのキュウちゃ...

きゅうりのキュウちゃんと聞くと、だいたいの人は有名メーカ...

y001-0393

箱の簡単な手作り方法...

手作り品としてDIYで製作できるアイテムの範囲は非常に広...

y001-0730

股関節ストレッチの簡...

身体が硬いと、それだけで様々な不調が生じやすくなるという...