生姜焼きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

生姜焼きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

生姜焼きを作る目的となるのは、何よりもスタミナを増強するためにあります。豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれていますから、食べることで糖質のエネルギー代謝を促進できます。原料の一つとなる生姜は、漢方の生薬としても多用される香辛料です。五性の分類では温性となり、爽やかな辛味が特徴となります。体を温めたいときにも生姜焼きは役立つものですから、冬の季節にも重宝する料理です。生姜の有効成分のジンゲロールやショウガオールを十分に摂取できますから、体を元気にさせるために有益です。生姜焼きは冷めても美味しい料理ですから、弁当のおかずとして作る目的もあります。殺菌作用がある生姜を使うことは、弁当のおかずとして適しています。豊かな芳香のおかげで、冷めても風味が損なわれることがありません。さっぱりとした肉料理が食べたいときにも、生姜焼きは重宝する料理です。生姜の辛味のおかげで、豚肉の油っこさが解消するため、お年寄りにとっても食べやすくなります。生姜には芳香性の健胃効果もありますから、夏バテして食欲がないときに食べる目的もあります。生姜の芳香は和食の調味料ともよく合うことは、長年の経験によって分かっています。

生姜焼きを作ることの楽しさ

生姜焼きを作ると心がワクワクするのは、独特な芳香があるためです。生姜をすりおろす段階から爽やかな香りを楽しめて、フライパンで焼くときには醤油の香ばしさも堪能できます。この料理を作ることによって、辛味成分のジンゲロールに熱を加えてショウガオールに変化させることができます。加熱によるメリットのおかげで、解熱や鎮咳の作用が強力になります。夏場に生姜焼きを食べれば、発汗作用が促進して過剰な熱を排除できます。独特な香りによって胃が刺激されますから、芳香性の健胃効果が顕著となります。生姜焼きがスタミナ料理の代表となっている背景には、生姜の有効成分の働きが深く関与していたのです。料理を作る過程では楽しい気分となり、実際に食べれば食欲増進やスタミナ増強の効果を実感できるわけです。生姜は非常に辛い食べ物ですが、豚肉の脂肪分と合わさると味がまろやかになります。漢方では矯味のために用いられますが、料理の世界では肉の味わいを際立たせるためにも使われている所以です。豚肉の独特な臭みを消して、油っこさも中和させることで、食欲がないときでも食べやすい風味になります。健胃と矯味の効果を実感しながら生姜焼きを食べれば、健康と美食を両立させることができます。

生姜焼きを作るのに用意する物

ご飯のおかずになる料理はたくさんありますが、食材も安価で手に入りやすくてたっぷりと作る事ができる代表の一角としてもいいぐらいのものに、生姜焼きがあります。名前を聞いただけでもあのこんがりとした食欲をそそる香りが頭を過ぎるという人も多いかもしれません。手作り方法も簡単なので、一人暮らしでも大家族でも活躍してくれるおかずです。 基本的な食材としては、豚肉が必要になります。どの部位でも美味しく作れるのですが、赤みに適度な脂肪が入る方ロースや、ロースが特におすすめです。けれども手軽に手に入るモモ肉やばら肉の細切れでも普段のおかずには十分に美味しく食べられますので、たくさん作りたい時や特売を見かけたらこちらを購入しておくといいでしょう。そして生姜も当然ながら必要になります。作り方にもよりますが、玉ねぎなどの野菜も準備しておくと皿にはしが進むご飯のおかずとなってくれます。調味料は醤油に砂糖、みりんに酒です。このたれの比率は本当に悩ましいものではありますが、自分なりに気に入った味の生姜焼きの配合を探してみましょう。フライパンと比較的リーズナブルな材料を揃えれば、手早く作る事が出来てお腹いっぱいになるありがたい料理です。

生姜焼きの作り方の手順

豚肉やしょうがなど、まずは必要な食材を一通り揃えておきましょう。ロースを使うときには野菜はキャベツの千切りなどの方がいいでしょう。細切れなどを用意した時には、一緒に細切りした玉ねぎやニンジンなども加えて炒めていくと味わい深くなります。調味料も必要になった時にすぐに入れられるように醤油や砂糖、みりんは予め合わせておくとばたばたと慌てずに料理が出来ます。生姜はすり下ろしてこの調味料に合わせておきましょう。 最初は調味料に肉をつけておきます。細切れの場合は野菜も一緒に入れて混ぜるように合わせていきます。うまみがしっかりと食材に馴染むようにしていきましょう。それからフライパンを準備していきますが、テフロンなら特に油は不要です。ここに豚肉を入れて、ロースであれば両面をしっかりと狐色になるまで焼いてお皿に盛ります。細切れの場合であれば肉や野菜に火が通ったかも確認してから火を止めましょう。出来立てを食べられるように、お皿を並べておいたり、いろんな野菜や味噌汁なども用意しておくと温かなうちに食べられます。いつでも思い立った時に手軽に作る事ができる生姜焼きは、いろんなレシピを試して日々の食卓に大活躍させていきましょう。

生姜焼きの作り方のまとめ

生姜焼きの手作り方法のために、最初に簡単な合わせ調味料を作ることから始めます。醤油に味醂と日本酒を入れてから、生姜をすりおろして加えていきます。味醂の量は好みで調整して、素材の味を損なわない程度の量で加えておきます。使う豚肉の部位は、バラ肉やロース肉が一般的です。緻密な肉質を味わうためにはロース肉がおすすめですが、肉の濃厚なコクを楽しみたいときにはバラ肉を使います。バラ肉でもロース肉でも合わせ調味料に漬け込んで、しっかりと味を染み込ませていきます。20分ほども漬けておけば、味が馴染んでいきます。次の段階では、少量の油を入れたフライパンを熱して準備をしていきます。漬け込んでおいた豚肉は、余分な調味料を取り除いてから焼いていきます。このときには、刻んだ玉ねぎを一緒に炒めていきます。フライパンで焼いていくと、生姜の芳香が部屋全体に広がることが分かります。十分に熱が通れば完成し、盛り付けの段階に移ります。平たい皿にキャベツの千切りを添えて、生姜焼きを盛りつけていきます。焼いたときに出た肉汁も一緒にして、キャベツに吸わせるようにすると美味しくなります。さらに、トマトやポテトサラダを添えてあげれば、飲食店のような仕上がりになります。

y001-0712

高野豆腐レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

高野豆腐は日本が古くから利用してきた保存食のひとつです。豆腐を真冬の厳しい寒さにさらして乾燥させるという独特の方法で水分...

y001-0552

水羊羹の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お店に行けばいつでも買える水羊羹ですが、意外と簡単に自分でも作ることが出来ます。餡からつくるのが理想的ですが、そこまで時...

y001-0289

浴衣ドレスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏祭りなどで子どもに浴衣を着せたい場合、通常の浴衣ですと着くずれしやすく、トイレに行きにくい、人ごみで動きづらいなどの難...

y001-0417

納豆の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

納豆というのは、大豆を納豆菌によって発酵させた日本の伝統的な食品です。高栄養な発酵食品であり、たんぱく質や繊維、ミネラル...

y001-0971

ぶり大根の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ぶり大根はもともとは北陸の郷土料理でした。北陸では16世紀頃にはすでにぶり漁が行なわれていたと言われており、晩秋から初冬...

y001-0499

組紐編み方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

組紐は最近、海外でも人気があり、主にミサンガのようにアクセサリーのように身に付けたり、衣服に付いている紐としても使用され...

y001-0918

ミサンガ3本の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りの魅力は作ることです。そして、だれかにプレゼントをしたら、とっても喜んでもらえることです。簡単なミサンガからプレゼ...

y001-1213

ソーイング小物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ソーイング小物を作ることを趣味としている方は少なくありません。ぬいぐるみなどのインテリアグッズとして作る方もいれば、バッ...

y001-0282

卵の燻製の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

食材を煙でいぶして独特の味わいを引き出す燻製食品は、ベーコンやソーセージなど、市販品も数多くあります。ただ、市販のものは...

y001-0355

布ナプキンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

布ナプキンを手作りするのは、自分にあった物が作れるからです。既成品では、素材やサイズが自分と合わないことがあります。 ...

y001-0439

豆乳で豆腐の簡単な手...

豆腐は大豆からできています。大豆は「畑の肉」ともいわれて...

y001-0493

堆肥の簡単な手作り方...

なぜ植物を育てる際に堆肥が必要になるかという部分が大事で...

y001-1183

チーズフォンデュの簡...

スイス料理として世界的に有名なチーズフォンデュは、お店で...

y001-0478

大福の簡単な手作り方...

和菓子の中でも人気があるのが、あんこの入った大福です。和...