着物リメイクの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

着物リメイクの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

着物リメイクをする理由や目的は、着なくなったお気に入りの着物を大切にしたいから、というものです。着物は何年も着ることができますし、子供や孫などにも渡すことができます。ですが、あまりにも生地が傷んでしまった部分があったりすると、着ることができなくなってしまうのです。ですが、愛着のある着物などの場合は、捨ててしまうこともなかなかできないものです。なので、着物リメイクをして、小物を作るために利用してみよう、ということで作る人が多いです。手作り方法も簡単な方法が多く、いろいろな和小物を作ることができます。子供のおもちゃなども作ることができるので、とても素晴らしいです。また、日常で使うものをリサイクルした着物で作ることができるのも作る理由になります。作る目的は人によって違うものですが、それでも大切にしていた着物を活用することができれば、という思いで着物リメイクをしている人が増えています。長く着ていた着物を形を変えてさらに手元に置くことができる、という喜びが作る理由や目的です。いろいろなリメイクの方法があるので、自分で着物を新しいものに手作りするのが楽しい、というのも作る理由になっている場合もあります。

着物リメイクを作ることの楽しさ

着物リメイクを作る楽しさや得られるメリットというと、自分が大切にしていた着物をもう一度使えるものとして利用することができるようになる、ということと、着られなくなった着物でも捨てる必要がなくなる、ということがあります。 また、着物を使ったおもちゃや和小物などを作るものがある、ということを知ることができたというのも作る楽しさのひとつです。知らないことを知ることができる、自分で作っているものが目の前で少しずつ形になっていく、というのも得られるメリットです。着物を作ることはとても時間がかかりますが、着物リメイクは必要がなくなった着物や着なくなったものを利用しているので、安心して作ることができます。また、愛着があった着物を捨てることなく、再利用できる喜びは大きなメリットといえます。 手作り方法は簡単なのに、自分が大切にしていたものが違う形になって、また手元に戻ってくるというのは嬉しいものです。自分で作る楽しさや得られるメリットは、大切なものを捨てなくてもいい、ということもあります。 不器用な人でも少しずつ進めていくことで、丁寧に仕上げることができるのも作る楽しさです。手作りのものには、同じものはひとつとしてないというのが作る楽しさやメリットです。

着物リメイクを作るのに用意する物

着物リメイクに必要な道具は着物の縫い目をほどくために使うリッパーか握りはさみ、針、糸、ミシン、アイロン、リメイク用途により違いがありますが目的にあわせた小物類などです。着物リメイクする前に着物地の耐久性やしみ、汚れをチェックします。着物は昭和時代のものやそれ以前の着物など稀少価値の高い珍しいものなどいろいろあります。洋服にリメイクする時には布地をひっぱり調べてみます。引っ張ってさけるものは洋服へのリメイクは難しいのでバッグやアクセサリーなどの小物類へリメイクにします。袖や裾、おしりの部分など慎重に調べます。時間の経過した着物は新品でも次第に劣化してくるので着物地が弱くなっています。大きな柄は背中や袖などにシミがないか調べます。シミ抜きが必要な場合もあります。着物リメイクでシミが目立つ場合は着物地の裏地を利用して洋服にリメイクする事もできます。着物から洋服リメイクする場合も柄あわせが必要です。どのような洋服にリメイクするか作る前に考えておく必要があります。着物をほどく時には縫った時に反対にほどいていきます。 握りばさみよりリッパーを使ってほどいた方がやりやすいです。着物の素材をいかして洋服のデザインを考えた方が上手にリメイクできます。

着物リメイクの作り方の手順

最初に着物をほどきますが縫ったときと反対にほどき始めます。古くなると縫い目が固くなっているので着物地まで切らないように注意してほどいていきます。ほどき終わったらおしゃれ着洗剤で手洗いします。脱水はゆるめにして水がぽたぽた落ちる程度に絞りかげ干しをします。完全に乾かないうちにアイロンをかけた方がきれいにしわが伸びます。正絹の柔らかい着物、小紋や色無地、お召しなどのリメイクはブラウスやフリルのついた服にリメイクした方が柔らかな素材を生かせます。大島紬や結城紬はコートやジャケットなどにリメイクすると軽くて暖かなコートになります。紬は落ち着いた色が多いためおしゃれなコートになります。絣の着物や藍染めの着物はカジュアルなジャケットやコートにリメイクすると素敵です。夏用の絽や紗の着物は夏用のブラウスなどのリメイクが適しています。涼しげでエレガントなブラウスになります。大人の女物着物からスーツ1着が作れます。手作り方法で簡単にリメイクする方法はいろいろな本が出版されていますから参考にするとよいです。洋服へリメイクした残り布は小物類のリメイクに利用できます。おくみが残る事が多いですが何枚かリメイクした残り布を集めてショールを作る事ができます。表と裏を違う生地で作るとリバーシブルのショールができます。

着物リメイクの作り方のまとめ

着物リメイクをして、簡単に手作りすることができる小物はいろいろとあります。たとえば、巾着やポケットティッシュのカバー、お手玉や風呂敷なども作ることができます。スカートやエコバッグなども作ることができるので、着物リメイクを考えている人は、自分の考えているものを作ることができるのがいいです。 着物リメイクをして巾着を作るときの作り方ですが、まずは着なくなった着物をほどきます。反物の幅のものを使うので、幅をカットする必要がないです。たての長さは30センチで断って、上下のほつれ止めにジグザグミシンで縫っておきます。手縫いでも大丈夫です。中表で半分の幅に折り、底になる部分は縫い代を2センチ、横の部分は縫い代を1センチ作って縫います。上の部分は10センチほど縫い残しておくようにします。縫い代にアイロンをあてて、上の部分の縫わなかったところをそれぞれ縫い代を倒していき、端の方にミシンをかけておきます。ここが紐を通す上部になるので、ここを5ミリと2.5センチで三つ折りにします。三つ折り部分の端を縫います。出来たら表に返して、同じ生地を使って作った紐を通して出来上がりです。 大きさをかえても、同じ縫い方なので自分の好みの大きさにすることができます。

y001-0259

冷凍たまごの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スーパーなどで一般的に売られているタマゴの賞味期限は14日程度だと言われています。そして、ほとんどのタマゴは10個1パッ...

y001-0806

可愛いリボンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りで可愛いリボンを作りたいという時には、市販品にはない良さを引き出すことができるので、ハンドメイドにしたりするのでし...

領収書エクセルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

金銭の受け渡しの証明書として利用されているものには領収書と呼ばれるものがあります。一般的な小売業などで発行されるレシート...

y001-0451

天丼のタレの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

超・簡単手作り方法の天丼のタレ!決め手はごま油を1滴たらすだけ。せっかくカラリと揚がった天ぷらを贅沢に天丼にしたとき、何...

y001-1367

カットソーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

カットソーというのは、編み物であるニットの素材を裁断や縫製をして作るものであり、カットしたりソーイングしたりするためにこ...

y001-1204

たくあん漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ちょっとしたご飯のおかずにいいのが「漬物」といった副菜です。お茶漬けやおにぎりのお供など欠かせないといったひとも多いです...

y001-1421

おいしいチャーハンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

簡単でおいしいチャーハンの手作り方法を知っておけば、時短レシピとして活用出来ます。チャーハンを作るシーンとして、余った野...

y001-0194

奈良漬の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代を生きる人は食べ物が豊富で、食べたいのに食べ物が無くてお腹を空かせるという経験はないでしょう。作るのが面倒だという人...

y001-1177

ちまきの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「ちまき」は、うるち米やもち米、米粉などを用いて作った餅やお米そのものを笹などで三角形に包み、イグサなどで縛り、そのまま...

y001-0397

梅肉ソースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅肉ソースを作ることの目的は、単調になりやすい調味料の種類を増やすためでもあります。五味の分類の一つの酸味が豊富な調味料...

y001-1133

とんちクイズの簡単な...

とんちクイズは、その気になれば子供でも解くことが出来るよ...

y001-1392

お手玉俵型の簡単な手...

小さい頃、お手玉遊びをした経験のある女性は少なくないので...

y001-0602

春巻きレシピの簡単な...

中国料理の中でも、繊細で皮のパリパリ感を楽しめる一品が春...

y001-0032

木のおもちゃの簡単な...

木のおもちゃはとても温かみがあって、手作りするのにも丁度...