膝のテーピングの巻き方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

膝のテーピングの巻き方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

運動をしたいのに膝に痛みがあるから思うように動けないという経験がある方は意外と多いです。特に怪我をしてしまった時や年齢による膝の痛みは治すのに時間がかかるので厄介です。そういう時は膝にテーピングを巻くことをおすすめします。膝にテーピングを巻けば、膝の痛みを軽減することができるだけでなく、膝を痛めないように予防してくれる効果もあります。そもそも膝が痛くなるのにはいくつもの原因があります。急性に膝の靭帯を痛めてしまった場合や、膝を普段から酷使しているために慢性的に炎症を起こしている場合、加齢によって半月板を損傷してしまっている場合などがあります。また、歩き方が悪い場合は、片方の足だけに負担がかかってしまうために、炎症を引き起こしてしまうこともあります。自分の膝の痛みがどこから来ているのかがわかれば良いですが、なかなかわからないことが多いです。膝にテーピングの巻き方には様々な種類のものがあり、原因がわかっている場合はすぐに効果を出すことができますし、基本的な巻き方をしておけば、最低限痛みが悪化するのを防いでくれます。膝の痛みが気になって仕方がないという方は一度膝にテーピングを巻いてみることをおすすめします。

膝のテーピングの巻き方を作ることの楽しさ

膝のテーピングの巻き方は膝が痛くて困っている人だけでなく、応急処置などの知識として知っておいて損はありません。膝のテーピングの巻き方を知っている人は意外と少ないので、もしもの時に役に立ちますし、重宝します。また、膝の痛みを軽減することで、スポーツを健康な時と同じように楽しむことができます。また、怪我などをしていなくても成長期には膝の痛みが出てくるものなので、そういった膝の痛みにも非常に効果があります。健康のためにウォーキングをしている人は多いですが、歩き方が悪いと体の重心が片方の足によってしまい、それによって負荷がかけられた場合、膝を痛めてしまうことがあります。せっかく健康のために行っているウォーキングで足を痛めてしまっては元も子もないので、楽しく健康的なウォーキングを行うためにも、膝にテーピングを巻いておき、膝が痛くなるのを未然に防ぐようにするのがおすすめです。膝を痛めていなくても、成長期などには自然と膝が痛くなってしまいます。膝の痛みを放っておくメリットはないので、少しでも痛みを感じたら我慢せずにテーピングを行ってみてください。テープはスポーツ用品店などで安く手に入れることができるのでいつでも行うことができます。

膝のテーピングの巻き方を作るのに用意する物

膝のテーピングの巻き方には様々な方法がありますが、どの巻き方も非常に簡単です。巻き方によって用意するものが若干変わってきます。まず、膝を内側に曲げると痛みがある場合には、アンダーラップテープ、伸縮テープ、非伸縮テープ、粘着スプレーを用意します。アンダーラップテープはテーピング時の皮膚の保護のために巻くテープです。アンダーラップテープ自体には粘着性がないため、粘着スプレーを使って肌に貼り付けていきます。伸縮テープはアンダーラップテープを固定するために使います。幅は50ミリか75ミリのものがおすすめです。非伸縮テープは固定力が非常に強いテープです。幅は38ミリか50ミリのものがおすすめです。膝の痛みが常にある状態の場合には、撥水性のあるテープを用意します。幅は50ミリ程度のものがよいです。撥水テープには粘着性があるため、肌がかぶれやすい人や傷がある人は使用しないほうがよいです。テープを自分に必要な長さに切るために、テーピング用のはさみも準備しておくのがよいです。ただし、最近では手で簡単に切ることができるテープも売られているので、そういう商品を買うのもよいです。テーピングの手作り方法は非常に簡単なので、膝に痛みがある方やスポーツをする方は試してみてください。

膝のテーピングの巻き方の作り方の手順

膝のテーピングの巻き方は、膝の痛みの具合によって変わってきます。まず、膝を内側に曲げると痛い場合は、アンダーラップと呼ばれるテープをふくらはぎの一番太い部分から太ももの中央部分あたりまで巻いていきます。アンダーラップを巻く部分に、粘着スプレーを吹きかけておくと、運動しても剥がれにくくなります。また、アンダーラップを巻く際には台などにかかとを乗せて、重心が前に来るような体勢で行ってください。次に伸縮テープを巻いていきます。伸縮テープは先ほど巻いたアンダーラップの下の端と上の端にそれぞれ1周ずつ巻いていきます。最後に、サポートとして非伸縮テープを貼っていきます。非伸縮テープは、下に巻いた伸縮テープから上に巻いた伸縮テープに向けて貼ります。この時、膝のお皿から内側に指2本分いったところを通るように貼ってください。膝の痛みが常に残っているような状態での膝のテーピングの巻き方は、まず撥水テープを膝下のスネの外側からスタートして、膝の皿を避けるように膝の内側を通し、ふとももの外側に引っ張りながら貼ります。次に、膝下の内側からスタートして、膝の外側を通し、ふとももの外側に引っ張りながら貼ります。最後に、1本目と同じような感じで膝の皿を半分ほど覆うようにテープを貼って完成です。

膝のテーピングの巻き方の作り方のまとめ

膝のテーピングの巻き方は様々な種類のものがありますが、基本的にはどの巻き方も簡単です。基本的なテーピングの手作り方法ですが、まず伸縮性の高いテープとハサミを用意します。手で切れるタイプのテープを用意した場合はハサミは必要ありません。まず、膝を軽く曲げた状態でテープを貼っていきます。テープを膝の下にあるスネの外側からスタートして、膝の内側を通しながらふとももの外側の方へ引っ張りながら貼ります。ふとももの外側でテープを止めてください。次に新しいテープを今度はスネの内側からスタートして、膝の外側を通しながらふとももの外側の方へ同じく引っ張りながら貼っていきます。最後に最初に貼ったテープに重ねるようにもう1本テープを貼っていきます。重ねて貼る際に、1本目よりも膝の皿を半分ほど隠すように貼ってください。これで膝の痛みを軽減することができます。激しい運動をすると伸縮性のあるテープは剥がれてしまう可能性があるので、そういった場合には非伸縮性のテープで固定する必要があります。固定する箇所はテープを巻き始めた部分と巻き終わりの部分です。巻き始めと巻き終わりの部分にそれぞれテープを貼って剥がれないようにしておいてください。

y001-0461

朝顔折り紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「朝顔」は私たち日本人にとって、大変身近な植物です。古くは江戸時代の朝顔市に始まり、小学生の頃、夏休みの宿題として観察日...

y001-0404

梅干しのつけ方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅干しは防腐作用もあり、夏のお弁当作りにも大活躍します。自分で手作り方法を知っておけば、甘さ、しょっぱさ、などを自由に調...

y001-0673

紙トンボの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

"から子供の遊びとして伝えられてきた竹とんぼですが、身近に竹が少なくなったことや、刃物を使う危険があるため、近頃ではめっ...

y001-0994

フェルトキャラクターの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

小さいお子さんがいるお母さんは、可愛いわが子のために色々な物を手作りしているという方が少なくないでしょう。赤ちゃんを連れ...

y001-1511

DIY収納棚の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

家族の人数が多いとその分部屋数が必要になりますが、それぞれの部屋に十分な収納スペースもないと困るでしょう。フローリングの...

y001-0707

黒ニンニクの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ニンニクは、紀元前3000年頃の古代エジプトでは既に栽培されていたと考えられており、食用として長い歴史を積み重ねています...

y001-0088

パンチェッタの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

バンチェッタは、とても美味しく料理に使用すると一気に高級感が増すのでとても役立つ食材のひとつです。イタリア料理などでもよ...

y001-1405

おむつケーキの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おむつケーキとは、おむつを使ってケーキのようにし、装飾などを行いかわいらしくしたものです。最近人気が出てきて利用する人も...

y001-0736

鶏ささみレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鶏肉の栄養には上質なたんぱく質とコラーゲンそして肝機能を向上させるメオニチンなど美肌効果や体質改善に効果があることに加え...

y001-0993

フェルトスヌーピーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

可愛らしいぬいぐるみがあると、何となく癒されるものです。ぬいぐるみは他の日用品と比べて、特に何か便利な機能を持っている訳...

y001-1239

スープカレーの簡単な...

一般的なカレーはご飯の上にカレーをかけて食べますが、スー...

y001-0950

ベビースタイの簡単な...

離乳食を食べるようになった赤ちゃんにとって必要なもの、そ...

y001-0359

標本の簡単な手作り方...

趣味の分野や何かの研究などを行う場面では、コレクションと...

y001-0568

酢大豆の簡単な手作り...

大豆は、畑の牛肉とも表現されるほど豊富な栄養素を含んでい...