氷こんにゃくの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

氷こんにゃくの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

氷こんにゃくは現在、夢の食物と注目される食べ物です。氷こんにゃくを作り、食べる主な目的の1つにダイエットが挙げられます。こんにゃく自体、100グラム5キロカロリーととても低カロリーな食材です。食物繊維も豊富で、この食物繊維が腸内で体脂肪の原因となる脂質や糖質を包み込み、体外に排出する働きをもっています。また食物繊維は腸内環境を整え、便秘を解消してお通じを良くする働きもあります。このようなダイエットに適したこんにゃくを凍らせることにより、更に噛みごたえ、食べごたえを与え、満腹感を促します。凍らせることでかさも減り、思っている以上に食物繊維を摂取できます。食物繊維は腸内で水分を吸って膨らみ、更に満腹感を高めてくれます。まさにダイエットにおいて、低カロリーで満腹感を得られる夢のような食材であると言えます。この凍りこんにゃくを毎日の食生活に取り入れるだけで、無理な食事制限や激しい運動をすることもなく、効果的で健康的にダイエットをすることができます。食感も肉に似ていることから、肉料理の肉と置き換え使い、満足感を得ながらカロリーを抑えることが可能です。凍りこんにゃくを上手に取り入れ、ダイエットの効果を促進させることを目的とします。

氷こんにゃくを作ることの楽しさ

氷こんにゃくを作るメリットはたくさんあります。 まずは誰にでも簡単に作れるという手軽さです。こんにゃくを切って冷凍するだけなので手間なく手作りすることが出来ます。 氷こんにゃくは、ただ凍らせて解凍するだけなのに、普通のこんにゃくと全く違う食感になります。 その食感は肉に近く、非常に食べごたえのあるものになります。 なので非常にアレンジの幅が広く、肉料理の肉に置き換え調理することができます。 味も淡白なので様々な味付けにも対応出来ます。 通常なら高カロリーな料理も凍りこんにゃくで調理することにより、カロリーを大幅にカットすることが可能です。 揚げ物や炒め物、煮物にしても普通のこんにゃくを煮たものとはまるで違う料理に変身します。 凍りこんにゃくを作ることで、1つの食材でいろいろな変化を楽しむことが出来ます。 またこんにゃくは非常に安価で価格の変動もほとんどありません。 これを作って、日々の料理の中で上手に肉と置き換えればとても節約になります。 氷こんにゃくは生活習慣病の元となる肥満や高血圧に効果のあると言われている、食物繊維も豊富です。毎日の食生活に取り入れるだけで、通常よりも多くの食物繊維を効率よく摂取はすることが出来ます。

氷こんにゃくを作るのに用意する物

氷こんにゃくは味や食べ応え、満腹感などが肉とほぼ同じで、カロリーが非常に低いため、ダイエット食品として注目されている食材です。氷こんにゃくを作る際に必要な材料は大きめのこんにゃくと塩、水のみなので、手軽に作ることができます。こんにゃくは生の食品であるため、特有の生臭さが非常に気になります。また、固める際に使用される薬剤の臭いも付いているため、氷こんにゃくを作る前に下処理をしておくことが大切です。下処理は塩を用いて行います。まず、生臭さを取るために適量の塩をこんにゃくにつけてしっかりと揉んでおきます。塩で揉んだこんにゃくを熱湯に1分ほど入れたのちに、ザルにあげて水気をしっかりととります。これだけで、こんにゃくの生臭さやアクを取り除くことができ、よりおいしい氷こんにゃくを作ることができます。また、氷こんにゃくを作る際に用意しておいたほうがよい調理器具などは、生臭さを取るために使う鍋と、こんにゃくを冷凍庫で凍らせる際にこんにゃくを入れておくタッパー、完成した氷こんにゃくを解凍させて水気を取る際に使用するキッチンペーパーです。水気を取る際に麺棒を使うと、それほど力を入れることなく作業ができるのでおすすめです。

氷こんにゃくの作り方の手順

氷こんにゃくの手作り方法は非常に簡単で、こんにゃくを凍らせる以外にはほとんど時間もかかりません。まずは、こんにゃくを食べやすい大きさに切っておきます。切り方は使用方法に応じて好きな形に切って大丈夫です。ぶつ切り肉の代わりに氷こんにゃくを使う場合は、一口サイズの大きさになるように切るのがよいです。ベーコンや豚ロース肉の代わりに使う場合は細長く切るのがよいです。こんにゃくを切り終えたら塩もみをして沸騰させたお湯につけて臭みをとります。臭み取りを行ったこんにゃくをラップなどに包まずに、凍らせても大丈夫なタッパーに入れて冷凍庫に入れて凍らせます。冷凍時間は冷凍庫の種類などにもよりますが、およそ1日を目安にしてください。あまり長い間凍らせていると風味が落ちてしまうため、注意してください。食べる前日に凍らせるのがちょうどよいです。冷凍こんにゃくを調理に使う際には、なるべく自然解凍をさせてから調理させるのがよいです。もし、すぐに使いたい場合にはお湯につけて一気に解凍させてください。電子レンジなどで解凍してしまうと水気が一気になくなってしまい、干からびたような状態になってしまうので、絶対にしないようにしてください。

氷こんにゃくの作り方のまとめ

氷こんにゃくの手作り方法は以下のようになります。 1、こんにゃくを1㎝幅に切ります。このとき包丁を使わず、手でちぎると固まりの肉の様な食感になり、また更に食べごたえがアップします。 2、こんにゃくを凍らせる前にあく抜きをします。こんにゃくは独特な生臭さがあります。 塩で揉み、沸騰したお湯にくぐらせておきます。お湯で数分茹でるだけでもあく抜きは可能です。 3、切ったこんにゃくはフリーザーバッグに入れて、冷凍庫で丸1日凍らせます。 このときあまり長時間冷凍庫に入れておくと、食感や味が低下するので、冷凍庫に入れたら翌日には使用するようにします。 3、凍ったこんにゃくをザルに並べて熱湯を回しかける、あるいは電子レンジで600wで2分半温め解凍します。 電子レンジで解凍する際は、温め過ぎると固く、噛みきれない食感になってしまうので注意が必要です。 4、ギュッとよく水気を絞ったら完成です。 揚げ物にしたり炒め物にする際は、水気が残っていると油はねの原因になるのでしっかり絞っておきます。 切り方ですが、薄切り肉の様に炒め物などに使うときは板状に 、唐揚げなどに使うときにはちぎるなど、料理によって使い分けると、見た目や食感も肉に近づきます。

y001-1433

エビのアヒージョの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

エビのアヒージョとはスペインの代表的な料理の一つです。エビとにんにくをオリーブオイルで煮て作る料理で、エビからでる出汁が...

フレンチトーストの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

フレンチトーストは、朝食に作ることもできますし、おやつを目的として作ることもあります。外はカリカリ、中はしっとりのフレン...

y001-0652

七夕飾りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

七夕というのは1年に一回だけあるイベントであり、このときに笹の葉に短冊や飾りをつけて七夕というイベントを楽しむ行事なので...

y001-0556

水出しコーヒーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

コーヒーは日本茶や紅茶と同じように多くの人に好まれている飲み物で、朝食時や仕事中、ランチやディナーの後の口直し、おやつの...

y001-1288

ごまだれの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本の食卓では、割とたれをつけて食べる料理が多くあります。しゃぶしゃぶや焼き肉、サラダのドレッシング、蒸した肉にかけるな...

y001-0988

フキの佃煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ふきの旬は10月頃から翌年の5月頃だと言いますが、ふきは山菜の一種であり、春が旬となります。一般的に出回るふきの多くは栽...

y001-0561

水ようかんレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

水ようかんを手作りすることは難しいのではないか、と考える人もいますが、そうでもないといいます。水ようかんはいろいろな種類...

y001-1363

かば焼きのたれの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

どこからともなく漂ってくる香ばしさにそそられる食欲、かば焼きは味と香りで人々の胃袋を掴んで離しません、かば焼きといえば穴...

y001-1457

ウインナー飾り切りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ウインナーの飾り切りを作る目的は、可愛いウインナーを楽しむためです。作る理由は、お弁当の隙間に、ウインナーの飾り切りを入...

y001-0193

マシュマロの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

コラーゲンがたっぷりはいっているマシュマロはお肌をぷりぷりにするにはとってもよいおやつです。肌を綺麗にする為に、一日に必...

y001-1222

スマホケースの簡単な...

スマートフォンは、現代人が情報ツールとして広く使われてい...

y001-0240

笹刈り刃の簡単な手作...

笹刈り刃とは草刈りを行う際に使われる刃です。メインとして...

y001-0412

梅エキスの簡単な手作...

梅に含まれる成分を凝縮したのが梅エキスです。梅エキスを積...

y001-0802

夏休み自由研究小学生...

小学生の夏休みと言えば、セミやカブトムシを追いかけて日が...