服の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

服の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

インターネットなどやセールを利用すれば、洋服はかなり安く購入することができます。ではなぜあえて服を作るのでしょうか。その理由の一つは、好きな素材や生地を使った服が作れるからです。たとえばシンプルなブラウスが欲しいとき、お店やネットショップで探してもなかなか気に入ったものが見つかりません。欲しいものはたいてい見つけにくいと言われるのは真実です。流行のデザインなら簡単に見つけることができますが、そうでないと探すのに一苦労です。服を作るより既製品を買った方が安いと思うかもしれません。もしすぐに見つかったらそう言えますが、このように探しまわる時間はかなりかかります。そこで自分の好きな素材や生地を使って作る方なら、かえって時間の節約だと言えます。また別の理由は服を手作りすること自体が楽しいということです。何もないところから、何かが出来上がるというのは、ワクワクする経験です。出来上がりは決して既製品に及ばないかもしれませんが、手作り独特のあたたかさがあります。自分の作品に愛着がわくに違いありません。服を手作りすることで、自分の思い通りにデザインすることができます。また世界に一つだけの服ができあがります。

服を作ることの楽しさ

服を作ることにはいくつもの工程が関係しています。一つ一つの作業をていねいにすることで、仕上がりは違ってきます。面倒にも思えるかもしれませんが、実際にやってみるなら意外に楽しいにちがいありません。一枚の布が1着の服に仕上がるのはおもしろいことです。最後の作業を終えて、完成したときの達成感は格別です。お金を払って既製品を手に入れたときのうれしさとは比較になりません。また服を手作りするのは節約にもなります。特に小さい子供がいるなら、すぐに大きくなるので服にかなりの費用がかかります。生地屋さんのセールを利用して、生地を安くまとめ買いしておくなら1着にかかる費用は数百円ですみます。また簡単なものだと、裁断から仕上がりまで1時間もかかりません。さらに挙げることのできるメリットは子供に手作りの服を着せることで、愛情を感じてもらえることです。ある女性は子供のころ母親に手作りのスカートを作ってもらい、大喜びしたことを数十年たっても鮮明に覚えていました。簡単なゴムスカートでしたが、母親の愛情を感じました。このように服を作ることは楽しくたくさんのメリットがあります。挑戦してみればおどろくほど簡単なことに気がつくはずです。

服を作るのに用意する物

今回は、簡単に作る方法をご紹介します。 用意するものは、お手本にするサイズの服、服地(作りたい服をいつ着るかで柄や素材を選びましょう)、裁縫道具、糸(服地に合わせて同色、同系色を用意しましょう)です。 手作り方法をご紹介しますので、簡単でルーズな印象の洋服になります。 型紙は使いません。本格的に作ってみる前の、ステップ1、とお考えください。 長袖シャツ、半そでシャツ、ズボン、スカート、何でも同様に道具と材料を準備して下さい。同様に作ることができます。 おすすめは、子ども服です。大人用の服をこの方法で作ると、服地を大きく取る必要が出ます。子ども服であれば、小さい面積で布地を取れますので、場合によっては大人服をリメイクすることも可能になります。 例えば、大人のスカートから子どものズボン、スカート、シャツなどを作ることができます。 同様に、大人のシャツ、トレーナーなどからも作れますので、服地を用意するときには購入をする前に、いらない服がなかったかを確認してみて下さい。 今回は手縫いを想定してご説明いたします。アレンジをするのは自由、面白いと思ったことをどんどん試してみましょう。 材料を捨てるものから用意できれば、たとえ失敗しても損失はありません。チャレンジしてみてください。

服の作り方の手順

作りたいものに近い形、サイズの服を型紙のように服地に置き、1から2センチの縫い代を取って裁断します。 この時、切り返しなどにとらわれず、なるべく1枚に、と考えましょう。 ※ズボンであれば、前身頃と後ろ身頃を切り離さず、脇線を「わ(輪)」とします。縫うのは股上と股下、はき口と裾です。 ※トップスは、前で1枚、後ろで1枚、2枚を縫い合わせて作る形にします。襟ぐりを大きくとれば前後の差をなくしてもOKです。袖も身頃にくっつけておきます。脇下部分に角を付けず、カーブでなだらかに袖とわき腹をつなげて下さい。(最初は袖なしのシャツから作ってみることをおすすめします。)縫うのは、(袖から)脇、肩、裾、襟ぐり、袖口です。 前後のゆとりの差は、縫い代で調整します。ズボンであれば、お尻のほうは前よりも縫い代を少しに縫います。その分がゆとりになります。 まずは大雑把に仮縫いをしてみて、試着します。細かい調節をしながら本縫いして下さい。 手作りの第一歩、としての方法をご紹介しました。 大人用の服を作るよりは、赤ちゃん用、子ども用の方が良いでしょう。縫う距離も断然少なく、多少失敗してもモデルのカワイサでカバーしてくれます(笑)。コツがわかったら、どんどんレベルを上げていきましょう!

服の作り方のまとめ

簡単な服の手作り方法はいくつもあります。たとえば最も簡単なのはウエストゴムのスカートです。生地の上に手持ちのスカートを乗せて丈と幅を決めます。あとで消せるボールペンかえんぴつで印をつけます。それに縫い代を1センチつけて裁断します。後は縫っていき、ウエストにゴムを通して完成です。ウエストのゴムはウエストにプラス1センチが目安です。丈を長くするならマキシワンピースになります。レースやボタンなどでアレンジするのもいいでしょう。また袖なしブラウスの作り方もとても簡単です。まず希望のブラウス丈に縫い代をプラスしたものを二倍します。その長さに布を裁断し、首の部分に頭が入るように穴を開けます。長方形の布の中心に穴が開いている状態です。それを真ん中から半分に折り、脇下、裾と縫っていきます。首回りはバイアステープなどで処理しましょう。これも丈を長くするならワンピースになります。ウエストやバスト部分にまちを入れるなら立体的になります。最初は簡単でシンプルなものから始めましょう。作る楽しさを味わったなら、もっと作りたいと思うようになります。自分は不器用だからと思うかもしれませんが、作っていくうちに必ず上達していきます。

y001-0781

革ブレスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

なにかおしゃれをしたいと感じたら、アクセサリーショップで色んなファッションアイテムを眺めて回ると、好みのアイテムを見つけ...

y001-0472

地図の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏休みの宿題などで自由研究を行う必要のある方や、趣味の一つとして何かを製作することを考えている方の場合では、地図を製作す...

y001-0628

手作りトートバッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

トートバッグと呼ばれるバッグは一般的に物を入れる部分がマチ付きの四角い形で、持ち手が2本ついているものです。マチが深いも...

y001-0790

花かんむり100均の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

海やフェス、双子コーデ等、10~20代の女性に大人気の花かんむり。その注目度から近年店頭やウェブ上のたくさんのショップで...

y001-0379

美味しいかき揚げの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

かき揚げというのは、てんぷらなどを作る際に一緒に作ることが多いでしょう。一つの食材を使うのではなく、いくつかの食材の味や...

折り紙うさぎの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

世の中にはささやかなものですが知っておくと想像以上に利便性のあるもの、使えるものというのがあって、折り紙封筒もそのひとつ...

y001-0812

塩昆布の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昆布には鉄分やミネラルなどが豊富に含まれており、美味しい出汁をとることができます。しかし、多くの人は出汁をとるのに使用し...

ホームページの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ネット社会と呼ばれている今、いろいろな形態と内容のホームページが実在しています。例に出して言えば、料理に関する内容、子育...

y001-1137

トランプマジックのやり方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・...

マジックと言うのは、老若男女どころか、国籍も問わずに大勢の人たちを楽しませることができる、とても素敵なエンターテインメン...

y001-1154

テレビボードの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

テレビボードを作る目的は何でしょうか。テレビを見る上で絶対に必要なのがテレビボードです。テレビを置く台なのですが、これが...

y001-0461

朝顔折り紙の簡単な手...

「朝顔」は私たち日本人にとって、大変身近な植物です。古く...

y001-1401

おやきの簡単な手作り...

「おやき」は、長野県の名産品の一つで、小麦粉・そば粉など...

y001-0247

籠の簡単な手作り方法...

籠というのは何か物を入れたりするときに使うことができるの...

ƒvƒŠƒ“ƒg

花火イラストの簡単な...

夏の宿題として絵日記の提出を求められているお子さんも少な...