揚げ出し豆腐の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

揚げ出し豆腐の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

揚げ出し豆腐に使われる豆腐は非常に栄養価が高いです。大豆は消化吸収しにくいですが、豆腐になると吸収率がアップし、92~98%が体内に取り入れられます。栄養のある大豆を消化しやすいので、病人食や老人食、離乳食として適しています。豆腐のタンパク質は血液中のコレステロールを低下させ、血圧上昇を防ぎます。不飽和脂肪酸として元々コレステロールを含んでいないうえに、悪玉コレステロールを抑制する善玉コレステロールを増やす働きがあるので、動脈硬化による心筋梗塞や狭心症などを防ぎます。また豆腐は女性に必要な栄養を含んでいます。世界的に注目されているイソフラボノイドは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きを持ちます。植物エストロゲンと呼ばれ、カルシウムが溶け出すのを抑制するので、更年期の骨粗鬆症の予防効果があります。また更年期障害で起こる高血圧や循環器疾患のリスクを軽減します。さらに豆腐はカロリーが少なく。水分が多いため、少量で満腹感を得ることができます。ダイエットをサポートする食品です。その中でも豆腐にひと手間加えた揚げ出し豆腐は昔から美味しい料理として日本の食卓に並んでおり、欧米でも注目されています。

揚げ出し豆腐を作ることの楽しさ

豆腐は味噌汁や冷奴など様々な調理法がありますが、淡白な味に仕上がることが多いです。豆腐を入れると水っぽい料理になるので、味をしっかり付ける必要があります。一方揚げ出し豆腐にはしっかりとした味が付いており、魅力が満載です。しかし手の込んだ料理過程ではなく、ただ豆腐を揚げるだけです。揚げ出し豆腐を作る楽しさは、豆腐に衣を付けて油で揚げることで、豆腐にはなかったサクサク感を出せることです。上からかけるタレをアレンジすれば、味のバリエーションが広がります。揚げ出し豆腐はタレによって、油っぽさを感じるかが変わります。揚げるという工程を通っても、あっさりとしたタレで、油を気にせずに食べることができます。子どもと一緒に作れば、水っぽい豆腐が油で揚げられる様子は新鮮に映ります。そして出来上がりを食べて、油で揚げたとは思えない口当たりに驚き、料理への興味を掻き立てることができます。事前に水をよく切っておかないと油ハネをするなど、揚げ物のコツを一通り理解させることができます。また揚げ出し豆腐はおかずの一品として出すだけでなく、おつまみにも最適です。カロリーが高くなりがちなおつまみを美味しくヘルシーにできます。

揚げ出し豆腐を作るのに用意する物

メインのおかずにそっと添えるようにしてあると嬉しいのが揚げ出し豆腐です。さっぱりとした味わいなので、幾らでも食べられそうです。手作り方法を見直していつもの豆腐にほんの一手間加えるだけで、別次元の味わいになります。 用意する食材は豆腐がメインになります。これも店に買い物に行けばいろんなものがあるのですが、木綿豆腐を購入するのがポイントです。なければ好みのものでも構いませんが、パッケージなどもいろいろと記載がありますので確認してみて下さい。水切りをする事が必要になるので、キッチンペーパーも用意しておきましょう。そして、食べるときのことを考えて薬味も大根おろしやしょうが、ねぎなどを適量準備しておくと、食べる時にいろんな味わいを楽しめるのでおすすめです。揚げるための油や、衣には小麦粉や片栗粉を使いますので、家にあるものを探して使ってみて下さい。揚げ出し豆腐用のつゆには、だしと醤油、みりんと使ってシンプルに仕上げていきます。 揚げる時の大きめのフライパンや、水切りをするために一時的に豆腐を置くための大皿やバットがあると作業もスムーズに出来ます。下準備を予めしておけば、作るときにもスムーズに作業が出来ます。

揚げ出し豆腐の作り方の手順

揚げ出し豆腐も難しいように思うかもしれませんが、一つずつ手順を追って作っていけば簡単です。まずは水切りから始めていきますので、バットなどを用意しましょう。豆腐を用意したら食べやすい大きさにカットして、キッチンペーパーの上におきます。重しはしてもしなくてもどちらでもかまいませんが、途中で一度上下を返します。水切りを軽く行った後に、豆腐にたっぷり小麦粉をつけてからはたきます。 揚げる前にまず梅雨の準備です。これはだしと醤油とみりんを合わせておきます。この時に薬味も一緒に準備しておくと、すぐに食べる事ができます。そこまで出来たら今度は豆腐を揚げていきます。160~170度ぐらい担ったのを確認してから入れます。そして、上下がかりっとするまで揚げれば大丈夫です。油はしっかりと丁寧に切っておきましょう。揚げ立ての豆腐をお皿に持ってから温かなつゆをかければ、美味しい揚げ出し豆腐の出来上がりです。薬味も小皿などに添えて出せば、完璧です。何度か作ってきて慣れてきたら、いろんなバリエーションを楽しんでみたいと思う事もあるでしょう。そんな時にはつゆの調味料の配合を変えてみたり、他の調味料などを組み合わせて、揚げだし豆腐の美味しさを追求してみて下さい。

揚げ出し豆腐の作り方のまとめ

まず最も簡単な揚げ出し豆腐の手作り方法は、木綿豆腐1丁と濃縮タイプのめんつゆ100cc、片栗粉を適量、薬味を準備します。豆腐は重しを載せるなどよく水切りしておきます。めんつゆと希釈させるための水を鍋にいれて、加熱します。その間に切った豆腐に片栗粉をまぶして、油をひいたフライパンで両面焼きます。焼き目がしっかりついたら豆腐を皿に移して、その上から温めためんつゆをかけて、お好みで薬味を散らしたらできあがりです。10分程度で完成します。ポイントは、豆腐は揚げやすい大きさに切ることです。油で揚げるときの温度を160℃~170℃に設定すると、片栗粉と調和してサクサクした食感を楽しめます。絹ごし豆腐を使うと、なめらかになりますが、木綿豆腐より崩れやすいので、難易度が高いです。本格的なタレを作る場合は、出汁200mlと醤油50ml、みりん25mlを合わせると良いです。さらにタレに他の具材を混ぜると、揚げ出し豆腐の濃厚な味わいが引き立ちます。そぼろやキノコなどと相性が良いです。トマトやベーコンと合わせると、洋風に仕上がるので料理のレパートリーが増えます。その際は、めんつゆではなくコンソメスープを使います。

y001-0092

イノシシの罠の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イノシシの罠を作る理由ですが、イノシシの罠の存在理由としては、山村部に住む人にとっては非常に有意義なものとなっています。...

y001-1205

タオルアートの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

タオルアートは、身近な道具を使って面白いオブジェクトを作る、楽しいアートの1つです。誰でも作れて楽しめる遊びにもなります...

y001-0050

伊達巻の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

伊達巻はお正月のお節料理には縁起物の料理として、欠かせない一品になっています。縁起物と呼ばれる理由は、かつて大切な物事は...

y001-1171

チラシカゴの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チラシカゴを作る理由は、簡単に作れて便利に活用できる利点があるからです。新聞には毎日多くのチラシが入ってくるものですが、...

y001-1125

なすの漬け物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

健康や美容に良いと言われている発酵食品、ヨーグルトや納豆など、日常の食生活に取り入れている方も多いはずです。その中でも漬...

y001-1187

ダンボール収納ボックスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レ...

家具や家電を購入したり、通信販売を利用したりすると、大きめの段ボール箱に商品が収納されている場合があります。梱包材である...

y001-1464

いかレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イカを使った料理と言うのは、生食用のイカであればお刺し身が可能ですし、天ぷらや唐揚げなどのフライ物、イカと里芋の煮物、イ...

y001-1134

とろろ汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏の暑さにばててしまって食欲が失われている人も多く、しかし食べないとエネルギーが補給できず、さらに疲労が蓄積されていって...

y001-1256

しめ鯖の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

しめ鯖は生きのよい鯖を酢でしめたレシピです。好みが在るのが特徴ですが、好きな人はお寿司屋さんで青物の魚を食べるケースが多...

y001-0555

水槽台の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏になると涼しげな熱帯魚水槽を始める人が増えてきます。近年、アクアリュウムというジャンルも定着してきました。始めるにあた...

y001-1241

じんべいの簡単な手作...

日本は四季が豊かであることでよく知られていますが、1年の...

y001-0266

料理レシピの簡単な手...

現代の日本社会は飽食であるといわれています。街に繰り出せ...

y001-0335

母子手帳ケースの簡単...

妊娠した方の場合では国内では母子手帳を入手することが行わ...

y001-0948

ベビーベッドの簡単な...

もうすぐ赤ちゃんが誕生するというご家庭では、赤ちゃんを迎...