卵の天ぷらの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

卵の天ぷらの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

さぬきうどんのお店の天ぷらのメニューの中に半熟卵の天ぷらがあり、とても美味しいと人気がありますが、なかなか自分で作ってみようとは思わないかもしれません。第一、一体どうやって半熟卵のままで天ぷらにするのか知らない人も多いかと思います。揚げるときに卵が爆発するかもしれないから危ないのではないかと、不安に思う人もいるでしょう。しかし、黄身がとろりと半熟で衣がサクサクとした揚げたての半熟卵の天ぷらを、自作のうどんや天丼にのせたら絶品ですので、作れるものなら家で作ってみたいものです。実際、半熟卵の天ぷらは思ったよりも簡単に作ることができます。慣れてしまえば誰でも、うどん屋さんのような美味しい半熟卵の天ぷらを作ることができるようになりますので、失敗を恐れず挑戦してみましょう。お気に入りの手作り天ぷらのレパートリーとなって、食卓で活躍するメニューの一つになるはずです。家庭で作るうどんは、どうしてもワンパターンな味になりがちですが、手作りの半熟卵の天ぷらをトッピングすれば、一味違ったワンランクアップしたうどんになり、ちょっとした贅沢感を味わえます。出汁がしみ込んだサクサクした衣と濃厚な半熟の黄身が麺に絡み、うどんにコクのある美味しさをプラスできます。

卵の天ぷらを作ることの楽しさ

半熟卵の天ぷらはうどんにとても良く合って美味しいので、うどんが好きで家で頻繁にうどんを作って食べる人なら、ぜひ手作りしてみることをオススメします。出汁のうどんのみならず、カレーうどんと合わせても美味しく食べられます。 うどんのトッピングはもちろんのこと、天丼の具に半熟卵の天ぷらをのせるのも美味しい食べ方として人気が高いです。濃厚な半熟卵と天つゆが絡み、揚げたての香ばしい衣と一緒に食べるとヤミツキになる美味しさだといいます。 何より、自分で作ればとても安く半熟卵の天ぷらを作ることができます。うどん屋さんでは半熟卵の天ぷらは1個100円はしますが、自宅で作れば1個20円以内で作ることもできますので、美味しい半熟卵の天ぷらを思う存分たくさん食べられます。 半熟卵の天ぷらは、生卵を殻のまま冷凍した「冷凍卵」を使っても作ることができます。卵を冷凍したことのある人は少ないかもしれませんが、冷凍した生卵を解凍すると、黄身がねっとりと濃厚になり、より美味しく食べられるようになります。生卵を冷凍しておくと数カ月も日持ちがするようになるので、卵をたくさん買ってしまったけれど使いきれずに余ってしまったという時などに便利です。

卵の天ぷらを作るのに用意する物

うどん屋さんや天ぷら屋さんで見かける天ぷらにもいろいろあるのですが、卵の天ぷらも扱っているお店があります。卵は普段の調理で爆発しやすいのではないだろうかとか、中がとろけたりして上手く行かないのではと心配しているかもしれませんが、手作り方法を確認しながら丁寧に作業をしていけば意外に簡単に出来てしまうものなのです。 材料はとてもシンプルで、食べたい分だけ卵をまず用意して下さい。天ぷら衣として使うのは基本的には小麦粉ですが、場合によっては片栗粉も準備しておくといいでしょう。粉を解く為の水も用意しておきます。揚げ油やフライパン等は適宜使いやすいものを準備しておけば大丈夫です。 この卵の天ぷらはトッピングにしても美味しく食べる事ができますし、めんつゆなどをかけて他の天ぷらと一緒に作るのもよいでしょう。安全かつ作りやすい方法で行うのであれば、卵は生の状態のものを冷凍しておいてから天ぷら用に使うのもおすすめです。 最初は卵で天ぷらができるなんて不思議に思うかもしれませんが、何度か作っているうちに慣れてきます。他の天ぷらと一緒に作っておけば、見た人にも喜ばれるのでたっぷり作っておきましょう。上手に半熟を目指して作ります。



卵の天ぷらの作り方の手順

まず、用意した卵は水から茹でていきます。沸騰したら少し中火にして、大体5、6分ほど茹でます。この間に氷水を用意しておいて、茹で上がった卵をその中に投入します。卵がしっかりと冷えたのを確認してから取り出して、優しく全体にひびをつけながら割っていきます。中が半熟なので手早く作業する事と、ここで形が崩れないように気をつけましょう。揚げるまでは卵は冷やしておきます。 そして揚げ衣を作ったら、そこに卵をくぐらせていきます。油は高温で、衣が上がれば取り出しましょう。揚げ時間自体は10~30秒ほどですから、中に火が通っているのかどうか気になるかもしれませんが、長く揚げ続けると半熟にしたい卵なのに固くなってしまいますので、早めに鍋から取り出しましょう。 もう一つのやり方としては、卵を茹でるのではなくて冷凍してから作業を進めていく方法です。この場合は一日ほど卵を冷凍庫に入れて固めます。そして皮をむいた冷凍卵に小麦粉をつけて揚げます。この場合は中温程度でじっくり揚げていくのですが、大体5分ほどぐらいでとろりとした半熟状態の卵の天ぷらが出来上がります。使っている道具や火力などでも変わりますので、揚げ時間は調整しながら卵の天ぷらを作って楽しんでみましょう。

卵の天ぷらの作り方のまとめ

半熟卵の天ぷらの手作り方法は二つあります。 一つは半熟卵のゆで卵を作ってから、油で揚げる方法です。まず最初に沸騰した湯に卵を入れて6分茹でます。湯から上げたらすぐに氷水で冷やし、殻をむきます。その後、薄力粉と水を同量溶いて作った衣にくぐらせ、10秒~30秒油で揚げれば半熟卵の天ぷらの完成です。 卵を上手に半熟にするためには、卵をゆでた後、しっかりと中まで冷やすことが大切です。外側が冷たくなっても、中央はまだ熱を持っていたりするので、焦らずしっかりと時間をかけて冷やしましょう。 二つ目の作り方は、もっと簡単な方法です。この方法では、生卵を冷凍した冷凍卵を使います。生卵を冷凍庫で半日ほど凍らせて作った冷凍卵の殻をむき、天ぷらの衣をつけて中温の油で揚げます。この場合、卵が程良い半熟になるまでじっくりと上げることがポイントです。だいたい5分~6分ほど揚げると、黄身がとろりとした美味しい半熟卵の天ぷらができあがります。この場合、揚げ時間で卵の半熟度合いが変わってきますので、お好みに合わせて揚げ時間を調節しましょう。 天ぷらを揚げるのは、油の処理が面倒という人も多いかもしれませんが、電気フライヤーを使うと、火も使わず簡単に揚げ物ができ、油の処理も簡単なのでオススメです。



y001-0673

紙トンボの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

"から子供の遊びとして伝えられてきた竹とんぼですが、身近に竹が少なくなったことや、刃物を使う危険があるため、近頃ではめっ...

プラムジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

プラムは初夏から夏にかけて出回る果物で、簡単に栽培できる果樹なので庭にプラムの木がある家庭もおおく、シーズンになるとご近...

y001-0394

麦わら帽子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手芸品等の趣味を持っている方の中には夏の季節に役立つアイテムとして、麦わら帽子をDIYとして製作する方法があります。帽子...

y001-0734

結婚式ガーランドの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

結婚式に欠かせないものと言えば装飾になります。花を沢山セットするのもいいのですがかなりお金がかかってしまいます。しかし装...

y001-0382

飛び出す絵本の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

書籍類として古くから販売されてきたものの中には、子供用の絵本などがあり、中には時代を超えて高い人気を誇っている作品も存在...

y001-0838

わらび餅の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

わらび粉を使わなくても、片栗粉があればわらび餅が作れます。正確に言うとわらび餅ではありませんが、そっくりの食感に作れます...

y001-1467

イカの塩辛の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スルメイカ、ヤリイカ、アオリイカ、コウイカ、ホタルイカなど食用とされるイカの種類はとても多く在ります。イカは種類が異なる...

テントの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「テント」は、木や金属の骨組みに、布製のシートを被せて居住空間を作る道具です。テントの歴史はとても古く、旧約聖書の「出(...

y001-0093

袱紗の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

袱紗を作る理由として一番に挙げられているのが、冠婚葬祭時に必要なアイテムであることが挙げられます。お祝い事やお悔やみ事な...

y001-0575

森泉DIYの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

森泉のDIYをご存知でしょうか。あるテレビ番組で、古民家を森泉がDYIでリフォームするという企画なのですが、使用する道具...

y001-0237

ペンダント延長コード...

ペンダント延長コードを作る理由としては、照明器具をより下...

y001-0301

夜会巻きの簡単な手作...

友人の結婚式の披露パーティーに招待された、華やかなパーテ...

y001-0865

リボンで作る金魚の簡...

金魚というと、やはり夏祭りなどの金魚すくいや、水中を泳ぐ...

y001-1022

ビーズクロッシェの簡...

ビーズクロッシェをご存知でしょうか、これはレース針でビー...