卵の天ぷらの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

卵の天ぷらの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

さぬきうどんのお店の天ぷらのメニューの中に半熟卵の天ぷらがあり、とても美味しいと人気がありますが、なかなか自分で作ってみようとは思わないかもしれません。第一、一体どうやって半熟卵のままで天ぷらにするのか知らない人も多いかと思います。揚げるときに卵が爆発するかもしれないから危ないのではないかと、不安に思う人もいるでしょう。しかし、黄身がとろりと半熟で衣がサクサクとした揚げたての半熟卵の天ぷらを、自作のうどんや天丼にのせたら絶品ですので、作れるものなら家で作ってみたいものです。実際、半熟卵の天ぷらは思ったよりも簡単に作ることができます。慣れてしまえば誰でも、うどん屋さんのような美味しい半熟卵の天ぷらを作ることができるようになりますので、失敗を恐れず挑戦してみましょう。お気に入りの手作り天ぷらのレパートリーとなって、食卓で活躍するメニューの一つになるはずです。家庭で作るうどんは、どうしてもワンパターンな味になりがちですが、手作りの半熟卵の天ぷらをトッピングすれば、一味違ったワンランクアップしたうどんになり、ちょっとした贅沢感を味わえます。出汁がしみ込んだサクサクした衣と濃厚な半熟の黄身が麺に絡み、うどんにコクのある美味しさをプラスできます。

卵の天ぷらを作ることの楽しさ

半熟卵の天ぷらはうどんにとても良く合って美味しいので、うどんが好きで家で頻繁にうどんを作って食べる人なら、ぜひ手作りしてみることをオススメします。出汁のうどんのみならず、カレーうどんと合わせても美味しく食べられます。 うどんのトッピングはもちろんのこと、天丼の具に半熟卵の天ぷらをのせるのも美味しい食べ方として人気が高いです。濃厚な半熟卵と天つゆが絡み、揚げたての香ばしい衣と一緒に食べるとヤミツキになる美味しさだといいます。 何より、自分で作ればとても安く半熟卵の天ぷらを作ることができます。うどん屋さんでは半熟卵の天ぷらは1個100円はしますが、自宅で作れば1個20円以内で作ることもできますので、美味しい半熟卵の天ぷらを思う存分たくさん食べられます。 半熟卵の天ぷらは、生卵を殻のまま冷凍した「冷凍卵」を使っても作ることができます。卵を冷凍したことのある人は少ないかもしれませんが、冷凍した生卵を解凍すると、黄身がねっとりと濃厚になり、より美味しく食べられるようになります。生卵を冷凍しておくと数カ月も日持ちがするようになるので、卵をたくさん買ってしまったけれど使いきれずに余ってしまったという時などに便利です。

卵の天ぷらを作るのに用意する物

うどん屋さんや天ぷら屋さんで見かける天ぷらにもいろいろあるのですが、卵の天ぷらも扱っているお店があります。卵は普段の調理で爆発しやすいのではないだろうかとか、中がとろけたりして上手く行かないのではと心配しているかもしれませんが、手作り方法を確認しながら丁寧に作業をしていけば意外に簡単に出来てしまうものなのです。 材料はとてもシンプルで、食べたい分だけ卵をまず用意して下さい。天ぷら衣として使うのは基本的には小麦粉ですが、場合によっては片栗粉も準備しておくといいでしょう。粉を解く為の水も用意しておきます。揚げ油やフライパン等は適宜使いやすいものを準備しておけば大丈夫です。 この卵の天ぷらはトッピングにしても美味しく食べる事ができますし、めんつゆなどをかけて他の天ぷらと一緒に作るのもよいでしょう。安全かつ作りやすい方法で行うのであれば、卵は生の状態のものを冷凍しておいてから天ぷら用に使うのもおすすめです。 最初は卵で天ぷらができるなんて不思議に思うかもしれませんが、何度か作っているうちに慣れてきます。他の天ぷらと一緒に作っておけば、見た人にも喜ばれるのでたっぷり作っておきましょう。上手に半熟を目指して作ります。

卵の天ぷらの作り方の手順

まず、用意した卵は水から茹でていきます。沸騰したら少し中火にして、大体5、6分ほど茹でます。この間に氷水を用意しておいて、茹で上がった卵をその中に投入します。卵がしっかりと冷えたのを確認してから取り出して、優しく全体にひびをつけながら割っていきます。中が半熟なので手早く作業する事と、ここで形が崩れないように気をつけましょう。揚げるまでは卵は冷やしておきます。 そして揚げ衣を作ったら、そこに卵をくぐらせていきます。油は高温で、衣が上がれば取り出しましょう。揚げ時間自体は10~30秒ほどですから、中に火が通っているのかどうか気になるかもしれませんが、長く揚げ続けると半熟にしたい卵なのに固くなってしまいますので、早めに鍋から取り出しましょう。 もう一つのやり方としては、卵を茹でるのではなくて冷凍してから作業を進めていく方法です。この場合は一日ほど卵を冷凍庫に入れて固めます。そして皮をむいた冷凍卵に小麦粉をつけて揚げます。この場合は中温程度でじっくり揚げていくのですが、大体5分ほどぐらいでとろりとした半熟状態の卵の天ぷらが出来上がります。使っている道具や火力などでも変わりますので、揚げ時間は調整しながら卵の天ぷらを作って楽しんでみましょう。

卵の天ぷらの作り方のまとめ

半熟卵の天ぷらの手作り方法は二つあります。 一つは半熟卵のゆで卵を作ってから、油で揚げる方法です。まず最初に沸騰した湯に卵を入れて6分茹でます。湯から上げたらすぐに氷水で冷やし、殻をむきます。その後、薄力粉と水を同量溶いて作った衣にくぐらせ、10秒~30秒油で揚げれば半熟卵の天ぷらの完成です。 卵を上手に半熟にするためには、卵をゆでた後、しっかりと中まで冷やすことが大切です。外側が冷たくなっても、中央はまだ熱を持っていたりするので、焦らずしっかりと時間をかけて冷やしましょう。 二つ目の作り方は、もっと簡単な方法です。この方法では、生卵を冷凍した冷凍卵を使います。生卵を冷凍庫で半日ほど凍らせて作った冷凍卵の殻をむき、天ぷらの衣をつけて中温の油で揚げます。この場合、卵が程良い半熟になるまでじっくりと上げることがポイントです。だいたい5分~6分ほど揚げると、黄身がとろりとした美味しい半熟卵の天ぷらができあがります。この場合、揚げ時間で卵の半熟度合いが変わってきますので、お好みに合わせて揚げ時間を調節しましょう。 天ぷらを揚げるのは、油の処理が面倒という人も多いかもしれませんが、電気フライヤーを使うと、火も使わず簡単に揚げ物ができ、油の処理も簡単なのでオススメです。

y001-1000

びわジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

びわは初夏の風物詩でもあり、美味ですが、収穫後に追熟することがなく、すぐに変色して悪くなってしまいます。そこでびわを砂糖...

y001-0335

母子手帳ケースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

妊娠した方の場合では国内では母子手帳を入手することが行われています。タイミング的には妊娠していることが証明されたならば、...

y001-1496

アートバルーン花の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

風船はそれ自体が夢があるような雰囲気を持っているので、見ている人の気持ちをワクワクした気分にしてくれますが、花の形のアー...

y001-0719

紅ショウガの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

紅ショウガを自分で作る理由や目的は、人それぞれで違いますが、自分で作るのが楽しいから作る、手作りをしているのが楽しい、と...

y001-0572

辛味噌の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

辛味噌はどんな食材にも合う万能調味料で、自家製の手作り辛味噌を作っておくとあらゆる料理のレシピに活用できます。材料も簡単...

y001-1040

パッチワークポーチの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もともと、パッチワークは、物を大切にする文化の中から生まれました。もう使えなったシーツや衣類などを、即、処分してしまうの...

ファンルーム動画の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏休みなどの長期休暇を利用して物作りを行う方や、普段の生活上としても趣味の一つとして何かを作ることを行っている方の中には...

y001-0617

手作り醤油の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

醤油は、大豆と米、小麦を原料として製造する調味料で、弥生時代に大陸から伝わった醤油のベースの様なものが、日本で独自の発展...

y001-1198

たこレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

数ある魚介類の中でも、たこは日本人に馴染の深い魚で、世界のたこ消費量の約6割を日本が占めていると言います。たこには様々な...

y001-0249

燻製器の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

燻製の味を一度知ってしまうと、やみつきになってしまう人も少なくないことでしょう。しかし、作り立ての燻製の味は、その香りも...

y001-0185

カリン酒の簡単な手作...

良く昔から風邪をひいた時や喉に痛みがある際はカリン酒を飲...

y001-1108

工作の簡単手作り方法...

お店では家具のほかにおもちゃやアクセサリーなどたくさんの...

y001-0560

水飴の簡単な手作り方...

水飴の歴史は非常に古く、なんと日本書紀の時代つまり720...

y001-0577

寝かせ玄米の簡単な手...

玄米とは、精白していない状態の米のことです。精白とは、糠...