釣り糸の結び方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

釣り糸の結び方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

釣りの仕掛けを作る時に必ず出てくるのが釣り糸の結び方をどうするのかと言う事を考える事です。釣り糸の結び方には幾つかの方法が在るのですが、基本的には1つ覚えておけば仕掛けを作ることは可能です。しかし、サルカンを結ぶ場合とハリを結ぶ場合では、釣り糸の結び方は異なります。サルカンは釣りの仕掛けと道糸を結ぶための道具であり、この結び目が切れてしまうと仕掛けと道糸が離れてしまい、魚が釣れたとしても仕掛けは水中に落ちてしまいます。また、ルアーなどの釣りでも糸が解けてしまえばお気に入りだったルアーが二度と戻らない状態になってしまうのです。尚、結んだものが解けてしまうのは、きちんとした釣り糸の結び方をしていなかったためであり、釣り糸を結んだ後に、両側を引っ張ってみて、それが解けない状態であるか否かを確認しておくことで、大切にしている仕掛けやルアーなどを無くさずに済むわけです。手作り方法としての釣り糸の結び方と言うのは一度覚えておけば簡単に行う事が出来ますし、幾つかの釣り糸の結び方を覚えておけば、この場合はどのような結び方をしておけば強度が高まるのかと言った使い分けが出来るようになるなどのメリットが有ります。

釣り糸の結び方を作ることの楽しさ

釣り糸の結び方を覚えると、釣りの仕掛けを作る時簡単に出来るようになります。 釣りの仕掛けは自分で手作りする事で釣りの楽しみが広がると言ったメリットを持ちますし、釣りの仕掛けと言うのは1種類ではなく、魚の種類により異なりますし、釣り場の環境や釣り方によっても仕掛けの作り方は異なるのです。 リールを使った釣りの場合でも、サビキを使う場合もあれば、枝針を数本付けて仕掛けを作る場合も在ります。 また、長いハリスの先にハリを結んで、ハリより30㎝上にガン玉を取り付けると言った仕掛けも在ります。 1メートルほどの長さのハリスを付ける仕掛けの場合、市販のハリのハリスの長さは1メートルなどの長いものはないので、手作り方法により作る必要が有り、ハリと糸を結ぶための釣り糸の結び方を覚えておく必要が有るのです。 ハリと糸を結んでから、ラインに枝針として数本付ける仕掛けなどの場合も、ハリを結んでからラインに枝針を取り付ける時などは、2つの釣り糸の結び方を覚えておく必要が有ります。 また、ライン同士の結び方は、強い力が掛かった時でも、結び目が外れない様な釣り糸の結び方をしなければなりません。 そのため、幾つかの結び方を覚えておけば、釣りの仕掛けを簡単に作ることが出来ると言ったメリットが有るのです。

釣り糸の結び方を作るのに用意する物

魚釣りは老若男女を問わず楽しめる趣味の一つで、魚が釣れたりした時の喜びは何とも言えません。ただ魚釣りの基本は、釣るための仕掛けを作ることにあり、その仕掛けの良し悪しによって釣れるかどうかの結果に結びつくことも多いです。 そして仕掛けを作る上では、釣り糸の結び方がどうしても必須となります。最近では仕掛け自体をあらかじめ作成されている商品もありますが、水中の岩や藻などにひっかかったりして、糸が切れてしまうこともあるので緊急の対処法として覚えておいて損はないです。 釣り糸の結び方は、大きく分けて糸とサルカン、釣り針、糸と糸を結ぶ方法が存在します。基本的に仕掛けを作る上で必要となるのは、糸・釣り針・サルカンの三つです。 一番、その中でも使うのはサルカンに結びつける方法です。サルカンは釣り針までに向かう上での連結部分で、リールに巻く糸と仕掛けに繋げる間に存在する連結金具として用いられます。 たまにおもりを付ける上でも利用されることもあるので重要な存在です。サルカンにつなぐ方法は、簡単で直ぐにマスターできるのでぜひとも覚えておきたい方法です。仕掛けを手作り方法としては、釣り針に直接、糸を巻きつける方法もあり、覚えておいても損はありません。 また糸同士を結びつける方法も実生活で役立つので覚えておいた方が良いでしょう。

釣り糸の結び方の作り方の手順

まず釣り糸の結び方としては、連結金具であるサルカンに結びつける方法をマスターすると良いです。まず二つの方法が一般的で、クリンチノットとパロマー・ノットの二つがあります。 クリンチノットは、サルカンの輪に糸を通し折り返した糸を5~6回ほど巻きつけ、巻きつけた糸をサルカンの根元に出来た輪にくぐらせ、後はその時できたループにくぐらせ締め付けを行なえば完成です。一方、パロマー・ノットは、釣り糸に輪を作り、それをサルカンの輪に通らせてから一回丸結びを行い、先ほどの輪を作った部分をサルカンにくぐらせ、サルカンの逆にある2本の糸を引っ張るだけで完成となります。 サルカンに結びつける場合、このパロマー・ノットの方が強度もあるため、おススメの結び方となります。釣り糸と釣り針の結び方には、外掛け結びと内掛け結びの二つの方法があり、共に基本原理は同じです。 輪を作った状態で輪の外で針と結びつけるか、輪の内で結びつけるかの違いがあるだけです。共に輪を作った状態で5~6回ほど針に巻きつけ後にその輪に糸をくぐらせ、糸を引っ張り針に結び付ける方法となります。 最後に糸同士の結び方としては、二本の糸でループを作りその根元を2から3回程度くぐらせ、その後、両端にある糸を同じ力で引っ張って締め付けるだけで完成します。

釣り糸の結び方の作り方のまとめ

ハリと糸の結び方には外掛け結びと内掛結びの2つの方法が一般的です。 他にも色々な結び方が在ると言いますが、何れかを覚えておくこと、そしてやり易い方を覚えておけばハリと糸を結ぶことが出来るようになります。 尚、ハリと糸の結び方は釣りの専門書などを見れば解りますが、最近はインターネットを利用すれば、釣り糸の結び方などを掲載しているウェブページが在りますので、それを参考にして覚えて行くのがお勧めです。 ハリと糸を結んだ後はハリを持って、ハリスを引っ張ってみて外れないことを確認しておく必要が有ります。 ハリと糸を結べるようになったら、今度はハリを枝針にする釣り糸の結び方を覚えておけば、三俣サルカンなどを利用しなくても枝針による仕掛けを作ることが出来るようになります。 枝針は、メインとなる1本のラインに3本から5本などのハリを付けて行く方法で、複数の棚を同時に狙えるなどのメリットが有ります。 しかし、枝針を上手に取り付けられないと、ハリが上下に移動してしまったり、外れてしまう事もあるのです。 枝針による釣り糸の結び方には8の字の直結びや編み付けなどの方法が在り、これについてもやり易い方法を覚えておけば良いのです。

y001-1330

キャベツホイコーローの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

キャベツホイコーローを作る理由は、1皿でバランスの良いおかずが作れることです。キャベツ等の野菜をたっぷり取ることができ、...

y001-0028

黒にんにくの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

黒にんにくは、有名な企業がサプリメントとして販売されているなど、その黒にんにくにふくまれている成分が身体によいと注目され...

y001-1303

ケープの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

気温が下がる冬になると外出する際には厚手のコートを着用しますが、真冬になるまではコート以外のファッションアイテムでオシャ...

y001-1300

コーヒーかす肥料の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

毎日のようにコーヒーをドリップする方にとってはコーヒーかすの処理は大変ですし、捨ててしまうのは勿体ないものがあります。コ...

シェードランプの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

照明は夜間に生活するうえで、欠かせない存在です。そんな照明を明かりとしてだけではく、よりおしゃれに構成して表現したものが...

y001-0211

万華鏡の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

万華鏡を作る理由は人それぞれではありますが、その多くの理由は作り方が簡単だからという理由です。実際に作ってみると、用意す...

y001-0398

梅漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅干しといったものは、メインのおかずではないですが、酸っぱさといった風味など独特な味わいが好きでよく食べるといったひとも...

ファンルーム動画の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏休みなどの長期休暇を利用して物作りを行う方や、普段の生活上としても趣味の一つとして何かを作ることを行っている方の中には...

y001-0402

梅干しレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代人の生活は非常に過酷となり、多くの人がそれぞれに毎日の仕事やその他の活動を行っていくうえで疲労を感じながら、過ごして...

ガーデンテーブルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自宅の庭を自分好みにレイアウトしたり、好きな植物を植えたりしてそれぞれの季節を楽しむなど、ガーデニングを趣味にする人は非...

y001-1472

あんこの簡単な手作り...

和菓子には欠かせないあんこは小豆が原料となります。市販の...

y001-1279

こんぺいとうの簡単な...

ポルトガル由来のお菓子、こんぺいとう。子どもの頃によくお...

y001-0800

夏祭り飾り手作りの簡...

梅雨が明けて夏が来ると、保育園や幼稚園では「夏祭り」が始...

y001-0426

肉じゃがの簡単な手作...

肉じゃがは、日本の家庭料理の代表的な煮込み料理のため、い...