ジカリグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ジカリグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ジカリグを作る理由としては自分の好みのジカリグを作ることができることです。バスフィッィングにおいては、道具をいかに使いこなすかがポイントになります。道具を販売しているメーカーも常に釣ることができる道具を開発し、種類などもどんどん増やしています。でも自分にぴったり合うかどうかとなると必ずしもそうでないことがあります。ジカリグに関しては釣具店やバスフィッィング専門店などにも置いてあります。フックの大きさ、シンカーの大きさなど様々なのでその中から選べばよさそうです。しかし必ずしもフックとシンカーがしっくりくるものがおいていないことがあります。となると自分で作らなければいけなくなります。作り方としては、構造だけを見ると簡単そうに見えますが、作ったものとメーカーが販売しているものではどうしても動きが異なるようです。メーカーのものはさすがに研究されていて動きに関しては釣りをする人間にとっていいように動いてくれます。自分で作ったときに同じよう動いてくれるかが問題になるでしょう。実際に水の中にもぐって様子を見るわけにはいかないですが、もし上手くいくようでれば自分で作ったほうがより簡単にバリエーションを増やすことができます。

ジカリグを作る事の楽しさ

ジカリグを作る事の楽しさとしては、狙っているブラックバスや狙っているポイントに合わせて作ることができることでしょう。ブラックバスはいれば釣れるわけではありません。いてもルアーの動きがぎこちなかったりすれば興味を示してくれません。よりえさに見えるように動かすことが出来れば、興味をひきつけることができ、釣り易くすることができるようになります。市販のジカリグを始めとした道具を使って釣るのも楽しいですが、自分で作ったジカリグで釣ったほうがより考えて釣ったような気分になれます。魚の動きに合わせることができていることがわかります。ルアーなどになると作り方も様々で簡単には作ることができないものもありますが、ジカリグであれば元々ある道具を組み合わせることで作ることができる場合があります。全く同じような、適当な道具があるわけではないですが、自分なりに部品を探して、組み合わせて作ることができます。自分自身の釣り場ではこのジカリグの形がもっともつれる場所を発見することができます。市販のものは、全国的に平均的に釣りやすいでしょうが必ずつれるとは限りません。より釣る確率を上げるための道具を自分で作る楽しみがあります。

ジカリグを作る際に用意する物

ジカリグを作る際に用意する物としては中心となるリグがあります。釣り針の部分です。一つだけ作るのであれば一つでよいですが、いくつもの種類を必要とするのであればリグのサイズも複数用意したほうがいいでしょう。その方が種類を多く作ることができます。ジカリグにおいては、リグの大きさでも魚の釣れる対象が変わります。一つだけ作ってもあまり意味がないかもしれません。リグのほかにサイズが影響するのがシンカーになります。これはおもりとも言われることがあります。こちらに関してもサイズがいろいろとあります。シンカーが大きいのであればその分早く沈みますが、アクションとしては少ししにくくなることがあります。シンカーが軽ければアクションはしやすいですがなかなか沈んでくれないことがあります。調度いいシンカーを選ぶことができます。これも複数種類購入して合わせるようにすれば、複数のタイプを作ることができるようになります。作り方としてはこれらをつなぐことになりますが、製品の場合は直接直結リングにつながっています。自分で作る場合はそれらをつなぐためのリングを用意します。小型のもので、これを用意することができれば簡単に作る事ができるでしょう。

ジカリグの作り方の手順

ジカリグの作り方の手順としては、リグとシンカーとの相性を考えます。自分自身で好みの相性がありますから、それを選ぶようにします。全てのタイプを使ってもあまり意味がなく、良く釣れるタイプを選ぶ必要があります。リグにしても大きなタイプもあれば、形が異なるものもあります。この組み合わせを考えるのが難しいといえるかもしれません。組み合わせが決まれば作り方としては簡単に行えます。それぞれを接続するだけになります。ただし接続をきちんとしておかないと外れてしまったりしますから、きちんと接続するようにします。リング状になった器具においては一部分を開くことができます。これをペンチなどを使って開きます。そうすると底からシンカー、ジグ、連結器具にそれぞれ通すことができます。シンカーについている連結部分が小さいときは少し広げるようにします。丸くなっているときには少しのばして楕円の形になるようにしてもいいでしょう。全てをつなげたらリングを元に戻します。ペンチなどで力を入れれば閉じることができます。ジカリグでシンカーとリグの部分の動きがぎこちなくなっていれば完成になります。引っかかったりするならもう一度やり直します。

ジカリグの作り方のまとめ

ジカリグの作り方のまとめとしては、リグとシンカーを自分の好みに組み合わせることができるところがよい点といえるでしょう。ジカリグ自体は販売されていますが、組み合わせはそれぞれに限界があります。全ての種類のタイプがあるわけではありません。自分で作ればいろいろなタイプを作ることができるようになります。市販のものとの違いとしては、全てを接続したときに考えたとおりに動いてくれるかになるでしょう。なかなか上手く動いてくれないこともあり、そうなるとせっかく自分で作ったとしても意味がなくなります。接続する道具が大きすぎると上手く動きますがそれが邪魔になることがあります。小さすぎるとシンカーとリグが上手く動かなくなることがあります。それを調整しながら選んで接続するようにします。シンカーとリグに関してはそれぞれラインを結ぶための穴が空いていますから、そこから通すことになります。バスフィッシング用のリグであれば穴が開いていますが、海釣り用の針などでは穴が開いていないことがあるので注意しなければいけません。シンカーにしても海釣り用のものでは少し形が異なることで落ち方がぎこちなくなることがあるので注意するようにします。

マキシスカートの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏のおしゃれに欠かせないスカートですが、今はマキシスカートの人気が高いです。足首まで届く長いスカートを合わせることで、ト...

y001-0305

木製網戸の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

室内に設置されている窓ガラスに関しては温暖な地域の場合では網戸が設置されていることが多い傾向にあります。夏季の暑い時期に...

y001-0507

千羽鶴の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

千羽鶴といえば、もともとは祈願の意味で寺社などに奉納されていたようですが、現在ではやはりお願いごとを叶えるために作ること...

y001-1402

おもしろ科学実験の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おもしろ科学実験は、その名前が示す通り科学の実験でありながら、面白い内容のものとなっています。この面白い、という部分が実...

y001-0439

豆乳で豆腐の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

豆腐は大豆からできています。大豆は「畑の肉」ともいわれており、良質なタンパク質やビタミン、ミネラルなどのさまざまな栄養素...

防災頭巾カバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

防災頭巾カバーを作る理由としてはまずは防災頭巾の必要性があります。学校などにおいては防災に関する意識が強くなり、教育も行...

y001-0242

流しそうめんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

暑いシーズンになれば定番だとされている流しそうめんですが、今では流しそうめんを楽しめる機械が実在しています。そういった機...

y001-0894

ものさし入れの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ものさし入れは学校などでも使うことがあるので、必要になって作る、という理由があります。また、裁縫が苦手な人にお願いされて...

y001-0664

紙飛行機の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

紙飛行機と言えば子供の遊びと思われがちです。確かに、紙飛行機の手作り方法は子供が簡単につくれるほどシンプルであると言える...

y001-0655

自由研究6年生の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

小学生にとって、夏休みの最大の宿題と言えば「自由研究」ではないでしょうか。研究したいことが見つかっていると取り組みやすい...

y001-1407

おのくん人形の簡単な...

おのくん人形は、宮城県東松島市の仮設住宅で生まれたソック...

液体肥料の簡単な手作...

液体肥料を作る理由は、市販されているもの買うと、結構値段...

y001-0826

移動ポケット型紙の簡...

移動ポケットは、パンツやスカートのウエスト部分にクリップ...

y001-0065

ペンケースの簡単な手...

ペンケースを作る理由は自分だけの入れ物を作る目的がありま...