ジカリグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ジカリグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ジカリグを作る理由としては自分の好みのジカリグを作ることができることです。バスフィッィングにおいては、道具をいかに使いこなすかがポイントになります。道具を販売しているメーカーも常に釣ることができる道具を開発し、種類などもどんどん増やしています。でも自分にぴったり合うかどうかとなると必ずしもそうでないことがあります。ジカリグに関しては釣具店やバスフィッィング専門店などにも置いてあります。フックの大きさ、シンカーの大きさなど様々なのでその中から選べばよさそうです。しかし必ずしもフックとシンカーがしっくりくるものがおいていないことがあります。となると自分で作らなければいけなくなります。作り方としては、構造だけを見ると簡単そうに見えますが、作ったものとメーカーが販売しているものではどうしても動きが異なるようです。メーカーのものはさすがに研究されていて動きに関しては釣りをする人間にとっていいように動いてくれます。自分で作ったときに同じよう動いてくれるかが問題になるでしょう。実際に水の中にもぐって様子を見るわけにはいかないですが、もし上手くいくようでれば自分で作ったほうがより簡単にバリエーションを増やすことができます。

ジカリグを作る事の楽しさ

ジカリグを作る事の楽しさとしては、狙っているブラックバスや狙っているポイントに合わせて作ることができることでしょう。ブラックバスはいれば釣れるわけではありません。いてもルアーの動きがぎこちなかったりすれば興味を示してくれません。よりえさに見えるように動かすことが出来れば、興味をひきつけることができ、釣り易くすることができるようになります。市販のジカリグを始めとした道具を使って釣るのも楽しいですが、自分で作ったジカリグで釣ったほうがより考えて釣ったような気分になれます。魚の動きに合わせることができていることがわかります。ルアーなどになると作り方も様々で簡単には作ることができないものもありますが、ジカリグであれば元々ある道具を組み合わせることで作ることができる場合があります。全く同じような、適当な道具があるわけではないですが、自分なりに部品を探して、組み合わせて作ることができます。自分自身の釣り場ではこのジカリグの形がもっともつれる場所を発見することができます。市販のものは、全国的に平均的に釣りやすいでしょうが必ずつれるとは限りません。より釣る確率を上げるための道具を自分で作る楽しみがあります。

ジカリグを作る際に用意する物

ジカリグを作る際に用意する物としては中心となるリグがあります。釣り針の部分です。一つだけ作るのであれば一つでよいですが、いくつもの種類を必要とするのであればリグのサイズも複数用意したほうがいいでしょう。その方が種類を多く作ることができます。ジカリグにおいては、リグの大きさでも魚の釣れる対象が変わります。一つだけ作ってもあまり意味がないかもしれません。リグのほかにサイズが影響するのがシンカーになります。これはおもりとも言われることがあります。こちらに関してもサイズがいろいろとあります。シンカーが大きいのであればその分早く沈みますが、アクションとしては少ししにくくなることがあります。シンカーが軽ければアクションはしやすいですがなかなか沈んでくれないことがあります。調度いいシンカーを選ぶことができます。これも複数種類購入して合わせるようにすれば、複数のタイプを作ることができるようになります。作り方としてはこれらをつなぐことになりますが、製品の場合は直接直結リングにつながっています。自分で作る場合はそれらをつなぐためのリングを用意します。小型のもので、これを用意することができれば簡単に作る事ができるでしょう。

ジカリグの作り方の手順

ジカリグの作り方の手順としては、リグとシンカーとの相性を考えます。自分自身で好みの相性がありますから、それを選ぶようにします。全てのタイプを使ってもあまり意味がなく、良く釣れるタイプを選ぶ必要があります。リグにしても大きなタイプもあれば、形が異なるものもあります。この組み合わせを考えるのが難しいといえるかもしれません。組み合わせが決まれば作り方としては簡単に行えます。それぞれを接続するだけになります。ただし接続をきちんとしておかないと外れてしまったりしますから、きちんと接続するようにします。リング状になった器具においては一部分を開くことができます。これをペンチなどを使って開きます。そうすると底からシンカー、ジグ、連結器具にそれぞれ通すことができます。シンカーについている連結部分が小さいときは少し広げるようにします。丸くなっているときには少しのばして楕円の形になるようにしてもいいでしょう。全てをつなげたらリングを元に戻します。ペンチなどで力を入れれば閉じることができます。ジカリグでシンカーとリグの部分の動きがぎこちなくなっていれば完成になります。引っかかったりするならもう一度やり直します。

ジカリグの作り方のまとめ

ジカリグの作り方のまとめとしては、リグとシンカーを自分の好みに組み合わせることができるところがよい点といえるでしょう。ジカリグ自体は販売されていますが、組み合わせはそれぞれに限界があります。全ての種類のタイプがあるわけではありません。自分で作ればいろいろなタイプを作ることができるようになります。市販のものとの違いとしては、全てを接続したときに考えたとおりに動いてくれるかになるでしょう。なかなか上手く動いてくれないこともあり、そうなるとせっかく自分で作ったとしても意味がなくなります。接続する道具が大きすぎると上手く動きますがそれが邪魔になることがあります。小さすぎるとシンカーとリグが上手く動かなくなることがあります。それを調整しながら選んで接続するようにします。シンカーとリグに関してはそれぞれラインを結ぶための穴が空いていますから、そこから通すことになります。バスフィッシング用のリグであれば穴が開いていますが、海釣り用の針などでは穴が開いていないことがあるので注意しなければいけません。シンカーにしても海釣り用のものでは少し形が異なることで落ち方がぎこちなくなることがあるので注意するようにします。

y001-1140

ドライカレーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おいしくて簡単でボリュームのあるメニューといえば、なんといってもチャーハンやオムライス、ドライカレーといったごはんものに...

y001-0252

和竿の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

釣をするときに必要になる釣り竿にはカーボン製の釣り竿と竹などでの木で出来た和竿というものが存在しています。基本的にカーボ...

y001-0681

子供エプロンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

我が子がかわいいからといって、何もかも親がやってあげては、子供が将来立派な大人になれなくなる恐れがあります。できるだけ、...

2WAYワンピースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りする理由としては、1枚で異なるファッションを楽しめると言うことを挙げることができます。2WAYはその名の通りに2通...

y001-1226

スパゲッティの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スパゲッティと言えば、性別を問わず、子供から大人まで大勢の方が好きな食べ物ですが、簡単な手作り方法があります。現代の食生...

y001-0217

紅白こよりの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

祝儀などによく用いられる水引は、一般的に贈答品の包み紙などにかける紅白こよりで出来た帯紐の飾りです。贈答品や封筒に付けら...

y001-0615

手作り石鹸の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作り石鹸を作る理由や目的には、市販の石鹸と手作り石鹸の違いが大きく関係しています。市販の石鹸の場合には、洗浄力が高過ぎ...

y001-1423

おいしいそばつゆの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

正月などに年越しそばを食べて、オリジナルのおいしいそばつゆを作りたいと思う方や、なにか自分の一つのスキルとして身につけた...

y001-0890

もやし育て方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もやしはどこのスーパーでも安く売っているところをよく見かけますし、安く手に入るのにとても料理に使いやすくどんな料理にも使...

y001-1220

スモックの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スモックというと、保育園や幼稚園に行っているくらいの小さな子供が着るものというイメージがあります。通っている施設によって...

y001-0908

ミントティーの簡単な...

家庭でも手軽に作ることができるミントティーは、すっきりと...

y001-0934

ポン酢の簡単な手作り...

鍋を食べる時やてんぷらを食べる時にはポン酢を使うことがあ...

y001-0053

和装バッグの簡単な手...

着物でお出かけをする時に必ずと言っていいほど必要になるの...

y001-1461

イチゴの苗の簡単な手...

イチゴの苗を作る理由は、やはりなんと言ってもイチゴの収穫...