ジカリグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ジカリグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ジカリグを作る理由としては自分の好みのジカリグを作ることができることです。バスフィッィングにおいては、道具をいかに使いこなすかがポイントになります。道具を販売しているメーカーも常に釣ることができる道具を開発し、種類などもどんどん増やしています。でも自分にぴったり合うかどうかとなると必ずしもそうでないことがあります。ジカリグに関しては釣具店やバスフィッィング専門店などにも置いてあります。フックの大きさ、シンカーの大きさなど様々なのでその中から選べばよさそうです。しかし必ずしもフックとシンカーがしっくりくるものがおいていないことがあります。となると自分で作らなければいけなくなります。作り方としては、構造だけを見ると簡単そうに見えますが、作ったものとメーカーが販売しているものではどうしても動きが異なるようです。メーカーのものはさすがに研究されていて動きに関しては釣りをする人間にとっていいように動いてくれます。自分で作ったときに同じよう動いてくれるかが問題になるでしょう。実際に水の中にもぐって様子を見るわけにはいかないですが、もし上手くいくようでれば自分で作ったほうがより簡単にバリエーションを増やすことができます。

ジカリグを作る事の楽しさ

ジカリグを作る事の楽しさとしては、狙っているブラックバスや狙っているポイントに合わせて作ることができることでしょう。ブラックバスはいれば釣れるわけではありません。いてもルアーの動きがぎこちなかったりすれば興味を示してくれません。よりえさに見えるように動かすことが出来れば、興味をひきつけることができ、釣り易くすることができるようになります。市販のジカリグを始めとした道具を使って釣るのも楽しいですが、自分で作ったジカリグで釣ったほうがより考えて釣ったような気分になれます。魚の動きに合わせることができていることがわかります。ルアーなどになると作り方も様々で簡単には作ることができないものもありますが、ジカリグであれば元々ある道具を組み合わせることで作ることができる場合があります。全く同じような、適当な道具があるわけではないですが、自分なりに部品を探して、組み合わせて作ることができます。自分自身の釣り場ではこのジカリグの形がもっともつれる場所を発見することができます。市販のものは、全国的に平均的に釣りやすいでしょうが必ずつれるとは限りません。より釣る確率を上げるための道具を自分で作る楽しみがあります。

ジカリグを作る際に用意する物

ジカリグを作る際に用意する物としては中心となるリグがあります。釣り針の部分です。一つだけ作るのであれば一つでよいですが、いくつもの種類を必要とするのであればリグのサイズも複数用意したほうがいいでしょう。その方が種類を多く作ることができます。ジカリグにおいては、リグの大きさでも魚の釣れる対象が変わります。一つだけ作ってもあまり意味がないかもしれません。リグのほかにサイズが影響するのがシンカーになります。これはおもりとも言われることがあります。こちらに関してもサイズがいろいろとあります。シンカーが大きいのであればその分早く沈みますが、アクションとしては少ししにくくなることがあります。シンカーが軽ければアクションはしやすいですがなかなか沈んでくれないことがあります。調度いいシンカーを選ぶことができます。これも複数種類購入して合わせるようにすれば、複数のタイプを作ることができるようになります。作り方としてはこれらをつなぐことになりますが、製品の場合は直接直結リングにつながっています。自分で作る場合はそれらをつなぐためのリングを用意します。小型のもので、これを用意することができれば簡単に作る事ができるでしょう。

ジカリグの作り方の手順

ジカリグの作り方の手順としては、リグとシンカーとの相性を考えます。自分自身で好みの相性がありますから、それを選ぶようにします。全てのタイプを使ってもあまり意味がなく、良く釣れるタイプを選ぶ必要があります。リグにしても大きなタイプもあれば、形が異なるものもあります。この組み合わせを考えるのが難しいといえるかもしれません。組み合わせが決まれば作り方としては簡単に行えます。それぞれを接続するだけになります。ただし接続をきちんとしておかないと外れてしまったりしますから、きちんと接続するようにします。リング状になった器具においては一部分を開くことができます。これをペンチなどを使って開きます。そうすると底からシンカー、ジグ、連結器具にそれぞれ通すことができます。シンカーについている連結部分が小さいときは少し広げるようにします。丸くなっているときには少しのばして楕円の形になるようにしてもいいでしょう。全てをつなげたらリングを元に戻します。ペンチなどで力を入れれば閉じることができます。ジカリグでシンカーとリグの部分の動きがぎこちなくなっていれば完成になります。引っかかったりするならもう一度やり直します。

ジカリグの作り方のまとめ

ジカリグの作り方のまとめとしては、リグとシンカーを自分の好みに組み合わせることができるところがよい点といえるでしょう。ジカリグ自体は販売されていますが、組み合わせはそれぞれに限界があります。全ての種類のタイプがあるわけではありません。自分で作ればいろいろなタイプを作ることができるようになります。市販のものとの違いとしては、全てを接続したときに考えたとおりに動いてくれるかになるでしょう。なかなか上手く動いてくれないこともあり、そうなるとせっかく自分で作ったとしても意味がなくなります。接続する道具が大きすぎると上手く動きますがそれが邪魔になることがあります。小さすぎるとシンカーとリグが上手く動かなくなることがあります。それを調整しながら選んで接続するようにします。シンカーとリグに関してはそれぞれラインを結ぶための穴が空いていますから、そこから通すことになります。バスフィッシング用のリグであれば穴が開いていますが、海釣り用の針などでは穴が開いていないことがあるので注意しなければいけません。シンカーにしても海釣り用のものでは少し形が異なることで落ち方がぎこちなくなることがあるので注意するようにします。

y001-1157

テディベアの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ずんぐりとした体型を持ち、太い手足に大きな頭のあるクマは、大変力が強く、人間に危害を加えることもあることから、人からは恐...

y001-0366

美味しい味噌汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本人の気持ちよい朝のスタートに、美味しい味噌汁は欠かせない食べ物と言えるでしょう。もちろん昼でも夜でも和食には何でも合...

y001-0195

エプロンポケットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

エプロンは作業をする時に洋服を汚さずに行う事ができる様になるだけでなく、洋服が作業の邪魔をしてしまう事も防ぐ事ができます...

y001-1318

きんかんジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

きんかんは、みかん科ではなく、きんかん科に属する果実で、優しい甘味が特徴になっています。豊富な食物繊維が含まれていて、優...

y001-1313

クッションの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

クッションはリビングのソファに並べたり、椅子に敷いたり、フローリングで座布団代わりにしたりと色々な用途に使うことができる...

y001-1310

グラニーバッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

グラニーバッグというのは、ふっくらとした風船のような形をしているショルダーバッグで、ちょっとしたお出かけの時にとても便利...

y001-1220

スモックの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スモックというと、保育園や幼稚園に行っているくらいの小さな子供が着るものというイメージがあります。通っている施設によって...

y001-0657

自家製ベーコンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

近年、これまで以上に食に安心や安全を求めるようになってきて、手作りを行う人が多くなってきています。その要因のひとつに企業...

y001-0412

梅エキスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅に含まれる成分を凝縮したのが梅エキスです。梅エキスを積極的に取り入れることで得られる効果は意外にたくさんあります。その...

y001-1249

シュークリームの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おやつの定番と言えばケーキやプリンなど簡単に手に入る物が多いですが、シュークリームもおやつには欠かせない定番のものです。...

y001-0293

揚げ出し豆腐の簡単な...

揚げ出し豆腐に使われる豆腐は非常に栄養価が高いです。大豆...

y001-0719

紅ショウガの簡単な手...

紅ショウガを自分で作る理由や目的は、人それぞれで違います...

y001-0568

酢大豆の簡単な手作り...

大豆は、畑の牛肉とも表現されるほど豊富な栄養素を含んでい...

y001-0612

手作り帽子の簡単な手...

手作り帽子を作れば、自分の思い通りの帽子が手に入ります。...