癌帽子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

癌帽子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

癌帽子を作る理由としては、癌の治療をするときにおいて気にすることなく生活ができるようにするためです。癌治療の方法の一つに抗がん剤による治療があります。体の中に沢山あるときなどには少なくしたり小さくしたりすることができます。副作用が強く、髪の毛など全身の体毛が抜けることがあります。老化による脱毛ではないですが、女性であれば辛いですし、男性でもそのまま外出したりすることができないと考えることもあります。作り方を知っていればそれを利用して生活をする事ができます。帽子といいますと布をたくさん合わせたりしないといけないので簡単にはできないように感じている人がいます。作り方に関しては様々で、簡単に作る方法もあり、それを知っていればたくさんの癌帽子を作る事ができるでしょう。いつも同じタイプを被るのも嫌でしょうから、複数作っておけば毎日違うものを被ることができます。普段は自宅で生活するような場合は一日中被っていることが多くなりますから、そうなると汚れやすくなります。そのためにも服す上手い用意しておくのがよいです。購入するのもよいですが、自分で作るようにすれば生地の素材などに関しても好みのものを選ぶことができます。

癌帽子を作る事の楽しさ

癌帽子を作る事の楽しさとしては、生地であったり、デザインを選びながら作る事ができることです。作る人としては、癌帽子を実際に被っている本人のこともありますし、被る人の看病をしている家族などが作ることもあります。実際に病気になっている場合、気持ちが沈んでしまうとあまりよくないとされます。でも作る楽しさがわかれば、前向きに生きることができます。そうすることで治療の効果も出やすくなる場合があります。デザインであったり形に関しては自分で作るのですから基本的には自由です。簡単な作り方については知ることができるのでまずはその方法で作るようにして、その後に少しずつアレンジしていくことができます。簡単なものになるとかなりシンプルになるでしょうが、少し凝るようになると少しふくらみを持たせたり、一般的な帽子のようにする、バンダナを巻いているような雰囲気にするなど変化をつけることができます。どのようにしていこうか考えることができるので楽しくなる場合があります。家族が作る場合には、実際に被ってもらった時に喜んでもらえる楽しさがあるでしょう。家族として出来ることは元気付けることになるので、喜ばせることが楽しみになります。

癌帽子を作る際に用意する物

癌帽子を作る際に用意する物としては、どのような素材で作るかによって異なります。簡単に作ろうとするなら、既に布状になっているものから作る作り方があります。布に関しては、自宅にあるものをリサイクルして利用することもありますし、肌に当たってもあまり影響がない自然の素材をわざわざ購入してきて使うこともあります。一番最初はリサイクルのものを使ったほうがよいかもしれません。その後にそれを参考に買ってきた布を使って作るようにします。布を使う時は縫い合わせる必要があるので糸が必要になります。布を合わせるのではなく、生地から作っていく場合があります。その場合は生地を作るための材料が必要です。毛糸で作るなら毛糸と編むための棒が必要になるでしょう。はたおりのようにして生地を作っていく時には専用の糸のほかに、はたおりのための機械などが必要になります。本格的なものだと高くなりますが、小型のはたおり気に関しては手作りでも作る事ができることがあるので挑戦してみてもよいでしょう。編んだり、はたおりで作るような時はどのように編んでいくかの下書きなども用意しておいたほうがいいでしょう。イニシャルなどを入れたりすることがあります。

癌帽子の作り方の手順

癌帽子の作り方の手順としては、簡単なやり方としては布から作っていく方法があります。まずは大きさを決めることになります。頭の大きさは人それぞれ異なります。形も異なりますからある程度はきちんと測っておくほうがいいでしょう。癌帽子と普通の帽子とで異なるところとしては、毛のある部分を隠せるかどうかになります。そのために普通の帽子よりも少し深めになります。前なら眉毛の部分まで、横は耳が隠れるくらい、後ろはうなじの部分まで達するぐらいの長さになるようにします。必要なサイズが決まったら長方形の布を切るようにします。縫い代などを考慮しながら裁断をして筒を作るように両端を縫い合わせます。ここに頭を入れていくことになるので実際に入れてみましょう。きつすぎてもぶかぶかすぎてもよくありません。調度フィットするように合わせるようにします。ぴったりフィットするようになったら、癌帽子の頭頂部の部分を縫い合わせます。後はひっくり返して上手く長さがあっていれば完成になります。毛糸であったり、糸から作っていく場合も基本的には同様になります。所定の長さになるように編んでいって、最終的には頭頂部の部分を合わせて完成させることができます。

癌帽子の作り方のまとめ

癌帽子の作り方のまとめとしては、自分で作ることによって布を選べます。リサイクル布、オーガニック布などその人に合わせて選べます。デザインも同様で購入するなら好みのものを選んで作る事ができます。基本的には長方形の端を縫い合わせて筒を作り上の部分を縫い合わせるだけなので簡単にできます。ただし、癌帽子においては、長さなどにおいて普通の帽子とは異なるので、それらが満たされるように作る必要があります。頭の部分だけでなく、額から眉毛ぐらいまで達しながらも視野がしっかりと確保できる深さになるようにします。耳はしっかりと隠れて、後ろもうなじぐらいまでに達するようにします。どのような布で作るにしても通気性には気を使うようにします。あまりぴったり作りすぎると通気性が悪くなってしまいます。ぶかぶかすぎると見えにくくなってしまうことがあります。調整がしやすいようにするのがいいでしょう。外出をするときに使う場合には紫外線対策がしっかり取れた布を利用するようにします。夜に寝る時に使う場合には通気性が良く、汗などを吸い取りやすい生地を使うようにします。作ってあげる時は、その人の好みなどを理解して作ってあげるようにしましょう。

子供用湯上がり衣の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供用湯上がり衣はお風呂上りにさっと羽織れる服です。子供は大人よりもずっと体温が高く、新陳代謝もいいため汗をかきやすくな...

y001-1454

うどレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

うどは山菜の一つであり、漢字で書くと「独活」になります。「独活」と書いて有っても、これを「うど」と読める人は少ないと言え...

y001-0757

牛乳パック鉛筆立ての簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

牛乳をよく飲むご家庭で増えていく牛乳パック。たまるとかさばりますよね。資源にも出せますが、意外と丈夫な作りのこの牛乳パッ...

y001-0912

ミツバチの巣箱の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ミツバチが作りだす蜂蜜は、花の蜜を採取して巣の中で加工したものです。これを入手するために、開始したのがミツバチの巣箱を作...

y001-0942

ポケットポシェットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ポケットポシェットとは、小学生などの子どもが普段着ている洋服にポケットがない場合などに、本来ポケットに入れるべき必要最低...

y001-0811

塩鯖の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鯖は古くから日本人になじみのある魚で、縄文時代から食用とされていました。平安時代には、鯖売りの行商がいたことも文献に残っ...

y001-0926

マジパンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

マジパンは1407年のドイツで生まれたといわれています。当時深刻な食料難に陥ったため、大量にあったアーモンドと砂糖を使っ...

y001-0116

R1ヨーグルトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ヨーグルトは昔から健康に良いとされていましたが、その中でもR1ヨーグルトは、今注目を集めています。免疫力がつき食べている...

肉じゃが

肉じゃがの簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本のじゃがいもを使った煮込み料理である肉じゃがは、家庭料理の定番メニューでもあります。そのため作る目的としても、日常的...

ミニトマト

ミニトマト育て方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ミニトマトを作る目的を考えてみましょう。ミニトマトを作る理由は、誰がなんと言おうとミニトマトを収穫し食べることではないで...

y001-0590

焼き飯の簡単な手作り...

日本人ならば、やはり米を食べるのが自然です。米はパンより...

y001-0894

ものさし入れの簡単な...

ものさし入れは学校などでも使うことがあるので、必要になっ...

y001-0672

紙バンドエコクラフト...

紙バンドを使った軽くて丈夫なエコクラフトクラフトテープと...

y001-0982

ブラックベリージャム...

ブラックベリーはラズベリーや桑の実によく似た果物で、アメ...