PPバンドかごの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

PPバンドかごの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昔の主婦が食料品を買いに行く際に、手に持っていたのが買い物かごです。様々な素材の紐で編まれたかごは、軽い割には丈夫に作られており、多少力を加えたくらいでは、型崩れがしない機能性のよさを備えています。現代では買い物用のバッグとしてかごを使うケースはかなり減っており、ビニール製の袋や布の手提げバッグなどを、使う人が大勢を占めています。買い物目的に使われなくなったものの、レジャーやちょっとしたおしゃれとして、かご状のバッグを使う女性は割と多く見かけられます。丈夫にできているため、中に詰めたものを外部の衝撃から守ったり、形が崩れたりつぶれたりするのを防ぐためには、使いやすいバッグとして重宝しています。このようなかごのバッグは市販のものもありますが、手作りにチャレンジすることも可能です。材料として使われるのは、主にクラフトバンドと呼ばれる、紙製のバンドです。縦に割くことで幅の調整がしやすく、紙ですから適度な長さに切りやすいメリットがあります。これとは別に、PPバンドを利用したバッグの作り方も流行っています。PPバンドはホームセンターにたくさん売られていますので、初めてのかご作りには扱いやすく、適した材料だといえます。

PPバンドかごを作ることの楽しさ

PPバンドを使った手作り方法は、クラフトバンドと比べて、入手が簡単であることが、第一に挙げられます。かごを作るのに適したクラフトバンドは、ホームセンターや文房具店、手作り素材が売られている店などで入手できます。ガムテープの意味である、クラフトテープとは違います。 クラフトバンドも比較的入手しやすいものの、PPバンドと比べると、お手軽感が薄れます。PPバンドは荷造りをする時などに使われる丈夫なバンドで、ホームセンターへ行けば、売られていないことはまずありません。色のバリエーションが豊富とはいえないものの、初めてかごを手作りするのであれば、少しの費用でたくさんの量が購入できる、PPバンドの方がメリットが大きくなります。 色のバリエーションが少ないとはいえ、2種類のバンドを揃えれば、おしゃれなものを作るには十分に可能ですので、あまりハンデにはなりません。たとえ1色しか使わなくても、編み目の効果で、美しい見た目に仕上げられます。 荷造り用のバンドとあり、その丈夫さは誰もが認めるところです。簡易的な材料でありながら、とてもしっかりした強度を誇る、素敵なかごバッグを作れるというメリットと楽しさが得られます。

PPバンドかごを作るのに用意する物

PPバンドというのは荷物を荷台などに結んで固定するときに使う、頑丈なバンドであり、それ以外に引越しなどに使用する事ができるのですが、このPPバンドは組み合わせることによりPPバンドかごというものを作ることができるのです。PPバンドかごは非常に便利であり、畑から野菜を取ってくるときに使うこともでき、スーパーで買物をするときにも使うことができます。 PPバンドかごを作るときにはPPバンドが必要になり、これはDIY用品販売店で購入することができるのです。その他にも工作キットが必要になり、作るときに固定して状態を維持すると使う洗濯ばさみを4個以上とPPバンドを切るときなどに使うハサミの他に、メジャーとペンチ、穴開けパンチを用意します。 これらのものは、文房具店で買うことができるのですが、それ以外に100円均一ショップで購入することもできるのです。洗濯バサミはできるだけたくさん用意しておくと、おおきなものを作る時に便利です。 PPバンドに関しては500円くらいで購入することができるのですが、その時にサイズに注意しておきましょう。購入するPPバンドの長さや大きさは幅が15.5mmで長さが100mmくらいのものを用意しておきます。

PPバンドかごの作り方の手順

PPバンドかごの具体的な簡単手作り方法ですが、これはまずPPバンドをメジャーではかり、800mmを22本と1000mmを10本、1500mmを2本とそのほかに15mmのものを1つ用意します。そして1000mmのものを側面に使うので、これに洗濯バサミを使いクセを直します。 かごの底の部分から編みこんでいくため、横と縦のPPバンドを使い編みこんでいき、4つの端っこを洗濯バサミで固定しておきましょう。更に大きく拡大していきますが、この時に縦に使うものは800mmが22本で、横に使うものが1000mmで10本ということを確認しておきます。 余っている部分を本などを乗せて固定しておき、根本を折り曲げてからこれを側面として作っていきます。PPバンドを横方向に編みこんでいき側面部分をすべて作ったなら、余っている部分を折り曲げて内側に収納していきましょう。 それができたら、穴あけパンチを使って取っ手を付ける部分を作ることになります。取っ手の部分は1500mmのものを2本使い、2本のPPバンドを穴に差し込んでグルグルと編みこんでいきましょう。 左右の取っ手を作ることができたら、PPバンドかごを作ることができます。

PPバンドかごの作り方のまとめ

初めてのかごバッグ作りを簡単に行うのであれば、1色のPPバンドだけで仕上げるのがスピーディーです。しかし、おしゃれに仕上げたいなら、できるだけ違う色の2つを用意してみましょう。 主体となる色のバンドの方を、バッグの底にあたる部分を編むために80センチの長さで22本用意します。底と側面に使うバンドには、1メートルのものを10本、取っ手部分は1.5メートルのものを2本です。もう1色のバンドは、1メートルのものを12本使います。 編みやすいよう、丸まった癖をある程度取り除いてから、作業を開始します。 主体となるバンドを使い、底から編んでいきます。互い違いに編んでいきますが、80センチのバンドを縦に、1メートルのバンドを横に配置して編むのがコツです。はみ出したバンドの部分は、全て一直線に揃うよう、調整しながら形を整えます。 編んだ部分とはみ出ているバンドの境目を、ペンチなどで直角に折ります。 側面には、もう1色のバンドを使います。底のはみ出したバンド部分に、互い違いに1本ずつ丁寧に編んで、くみ上げていきます。側面のバンドが余ったら、そのまま2周目に突入する感じで編んでいきます。11本使ったら、底のバンドを内側に折り、12本目の側面のバンドを縁に編み込んで、かごの部分は終了です。取っ手部分を別に編み、穴を開けてバンドで固定すれば完成です。

y001-0577

寝かせ玄米の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

玄米とは、精白していない状態の米のことです。精白とは、糠の部分を取り除くことであり、これにより柔らかく甘みがある白米にな...

y001-0248

筍の茹で方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

筍は鮮度が大切です。近所のスーパーに行けば、筍の水煮が手に入るかもしれません。しかし、採れたての筍のおいしさには到底かな...

y001-0438

豆乳ヨーグルトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

豆乳ヨーグルトをつくる理由については、一番に自分でヨーグルトが簡単に作れるからです。さらに、乳酸菌の量については、1gあ...

y001-0170

どくだみ茶の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

様々な飲み物が世の中にはあります。また中には健康に対しても効果が期待できるものも少なくありません。その一つがどくだみ茶で...

y001-1182

チェックシートの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チェックシートは、その名の通り、物事をチェックするポイントの一覧表です。工場でより良い製品を生産したり、サービス業でより...

y001-0811

塩鯖の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鯖は古くから日本人になじみのある魚で、縄文時代から食用とされていました。平安時代には、鯖売りの行商がいたことも文献に残っ...

y001-0428

南蛮酢の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

南蛮酢を作る目的は、調理の時間が短縮されたり、料理も楽になるためです。南蛮酢は市販でも販売されています。市販のタイプであ...

梅づけの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅づけは、全国の子供から大人まで誰もが一度は食べたことがある、ポピュラーな漬け物の一つです。子供には甘い梅づけを、大人に...

y001-1238

スカートの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ゴムを使った、簡単なギャザースカートの作り方をご紹介します。長方形にカットした布を2枚縫い合わせただけの簡単なスカートで...

y001-0727

五目ちらし寿司の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

酢飯の上に様々な具材をのせて作る五目ちらし寿司は、目にも楽しめるごはんのレシピメニューです。五目ちらし寿司は、ひな祭りの...

y001-0028

黒にんにくの簡単な手...

黒にんにくは、有名な企業がサプリメントとして販売されてい...

y001-0829

囲炉裏の簡単な手作り...

囲炉裏を作るための目的は、昔と今では大きく違います。昔は...

y001-0030

生ハムの簡単な手作り...

生ハムは、そのまま食べても良し、ピザの具財やサンドウィッ...

y001-0822

引継書の簡単な手作り...

会社に勤めていると人事異動はつきものです。人事異動の際に...