あさりの味噌汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

あさりの味噌汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

あさりの味噌汁の具材は潮干狩りでも獲ることが出来るあさりですが、あさりと言うのはカルシウム、カリウム、亜鉛と言ったミネラル成分がたっぷりと含まれているのです。また、慢性疲労を緩和してくれる効果を持つと言うビタミンB12は、あさりに多く含まれており、100グラムあたりに含まれる量と言うのは貝類の中では一番多いと言われているのです。因みに、ビタミンB12が不足する事で頭痛やめまい、吐き気、動悸、息切れと言った悪性貧血や、神経痛や慢性疲労が起き易くなると言われているのです。あさりの旬は春の大潮が訪れる時期となりますが、最近はスーパーに行けば1年中あさりを購入する事が出来るため、定期的にあさりの味噌汁を作るのがお勧めです。また、あさりの味噌汁はあさりに含まれている健康成分が溶け込んでいるので、他の調理方法と比べると栄養を摂取しやすいと言うメリットが在ります。尚、あさりは砂を体内に含んでいるので砂ぬきが必要になりますが、砂ぬきのコツは海水と同じくらいの濃度の塩水を作り、ボールなどにあさりを入れてから、ひたひたになる程度の塩水を加えてから、新聞紙などで蓋をして暗くしてあげると短時間で砂ぬきが出来るのでお勧めです。

あさりの味噌汁を作ることの楽しさ

あさりの味噌汁はあさりに含まれている栄養を汁に溶け込ませられると言うメリットが在ります。 あさりの酒蒸しなどの場合は、あさりは食べますが、酒蒸しにした汁は塩分が多いなどの理由からもあまり飲む人がいませんが、味噌汁であれば全ての汁を飲む事になるので汁に溶け込んだ栄養成分を身体に供給する事が出来ます。 また、あさりはミネラル成分やビタミンB12、旨み成分でもあるタウリンが豊富に含まれているので、タウリンにより肝機能の促進効果、アルコールによる障害の改善、血液を綺麗にしてくれるなどの健康効果を期待出来ると言ったメリットが在ります。 また、このタウリンと言う成分は旬となる2月から4月と、9月から10頃に増大すると言われており、味噌汁にすることで有効成分を余す来なく摂取が出来ると言うメリットを持っているのです。 因みに、あさりには多くの鉄分が含まれているのですが、この鉄分の吸収率を高めてくれるのがビタミンCです。 そのため、ビタミンCが多く含まれていると言うトマトなどと一緒に食べる事であさりが持つ鉄分の吸収率を高めてくれるので、健康効果を期待出来るなど、食べあわせを考える事で更なるパワーを体内に充填させることが出来るのです。

あさりの味噌汁を作るのに用意する物

あさりの味噌汁は砂抜きを行えばお手軽簡単に作ることが出来ますが、あさりの味噌汁は手作り方法が簡単と言うメリットだけではなく、あさりが持つ栄養素を吸収することが出来ると言うメリットも在るのです。 あさり100gあたりに含まれる栄養素には、鉄分が7mg、ビタミンB12が52.4μg、カルシウムが80mg、カリウムが140mg、そして亜鉛が1mg含まれているのです。 鉄分やビタミンB12と言う栄養素は、貧血気味の人、低血圧、妊婦などには欠かせない栄養素でもあり、あさりの味噌汁を摂取する事で、これらの栄養を補給することが出来ると言うメリットが有ります。 また、あさりにはタウリンが多く含まれていると言われているのですが、タウリンはアミノ酸の一種であり、血圧の正常化、貧血の予防、血中コレステロールを下げる効果、そして血液を綺麗にしてくれる効果を期待出来る栄養素でもあり、健康診断などで血液がドロドロになっていると言われた人などがあさりの味噌汁を摂取する事で血液を綺麗な状態にすることも期待出来るわけです。 尚、あさりの味噌汁の材料は、あさり、味噌、出汁、ネギと言った食材だけでよく、砂抜きが完了すれば簡単に作れるのです。



あさりの味噌汁の作り方の手順

あさりの味噌汁を作る上で最も重要な事は砂抜きです。 スーパーであさりを購入した時は、海水と同じくらいの濃度の塩水を作り、そこに浸しておきます。 塩水は、あさりが隠れるくらいにしておくのがコツで、あまり多くの塩水を入れたり、濃度が薄い塩水だと砂を吐き出してくれません。 また、濃度が濃い塩水にするとあさりの味噌汁を作った時に塩気が強くなるので注意が必要です。 尚、水500gに対して大さじ1の塩を入れるのが目安ですので、分量を間違えないようにします。 短時間で砂抜きさせるコツは、入れ物に新聞紙などで蓋をしてあげて、涼しい場所に置いておくことです。 こうする事で短時間で砂を吐き出してくれますので、あさりの味噌汁を食べて砂を感じる事も無くなります。 尚、砂抜きが完了したらあさりを綺麗に水洗いをして、鍋に水をいれてから、そこにあさりも入れて火を付けます。 沸騰するとあさりが開くので、火を止めて出汁や味噌を加えてひとに立ちさせたら完成となります。 ネギはお椀にあさりの味噌汁をよそった後に、散らすようにすれば見た目も綺麗ですし、ネギの風味が活かされるあさりの味噌汁が完成します。 因みに、あさりは塩分が多く含まれているため、味噌は少なめにしておくのがコツです。

あさりの味噌汁の作り方のまとめ

あさりの味噌汁の作り方はとても簡単です。 しかし、誰もが面倒に感じるのが砂ぬきではないでしょうか。 砂ぬきは海水と同じくらいの濃度の塩水を作った後、ボールにあさりを入れてからあさりの表面が隠れる程度の塩水を注ぎ入れ、新聞紙などで中を暗くして挙げると短時間で砂ぬきが出来ます。 砂ぬきが出来たら、鍋に水を入れてからあさりをいれて火をつければ良いのです。 尚、あさりはお湯が沸騰して貝が開いたら火を止めて、味噌を入れてあげれば完成です。 因みに、あさりは海水に生息する貝となるため、身の部分などに多くの塩分を蓄えています。 そのため、味噌は少なめにするのが美味しいみそ汁を作るコツであり、薄めにすることであさりの旨みを味わえると言った手作り方法になるのです。 あさりには味噌汁以外にも、炊き込みご飯や酒蒸し、ボンゴレパスタ、クラムチャウダーなど色々なレシピが在りますが、潮干狩りなどに行った時などの夕食はあさり尽くしと言う事も有ります。 しかし、1日だけでは食べきれない場合は、ボールに塩水を少なめに入れて、新聞紙などで蓋をしたうえで、冷蔵庫の中に入れておけば2日~3日ほどは持ちますので、余った時などはこのような方法で保管をしておけば良いのです。



y001-0089

ちゃぶ台の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

折りたたみ式のちゃぶ台は畳の生活が一般的だった昭和の頃によく使われていた座卓の一種です。ちゃぶ台は円形の小さなテーブルで...

y001-0225

ブルーベリージャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ブルーベリージャムと言えばパンに塗ったりヨーグルトに混ぜたりと、何かと活躍する機会が多いものです。ブルーベリージャムは、...

y001-0038

ポップコーンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

育ち盛りの子供たちは、3回の食事だけでは満足な量を食べることができませんから、補食でカロリーや栄養を補ってあげる必要があ...

y001-1040

パッチワークポーチの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もともと、パッチワークは、物を大切にする文化の中から生まれました。もう使えなったシーツや衣類などを、即、処分してしまうの...

バンダナキャップの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

バンダナキャップを作る理由は、作り方がとても簡単で、おしゃれで、気分を明るくすることができることです。普段かぶっている帽...

y001-0665

紙箱の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

紙箱は誰でも簡単に作れて、便利に使える道具になります。手作り方法もシンプルですし、作り方を工夫すればオリジナルの紙箱も作...

y001-0459

朝食レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

朝食レシピをいろいろ覚えておくと、忙しい朝の時間短縮に役立ちます。朝ごはんは食べない方が健康的な体になるという学説もあり...

y001-0987

ふきの佃煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ふきの佃煮は、昔から常備菜としてどこのお宅でも作られていた物です。最近では、作る方が少なくなりスーパーでお総菜として買っ...

y001-0978

プラモデルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

プラモデルはおもちゃ屋などでたくさん売られいているので、簡単に入手することが可能です。見た目もかっこいいし、完成すればイ...

y001-0739

契約書袋とじの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

契約書は、企業が色々な契約についてまとめ、後に使う時に見易いように整理しておく事が大切です。契約書を長期間保存出来るよう...

y001-0540

生理食塩水の簡単な手...

生理食塩水は簡単に作ることができますし、様々な用途に使う...

y001-0629

手作りちょうちんの簡...

夏祭りや飲食店などでよくみかける提灯は、昔から日本で使わ...

y001-0111

木製名刺入れの簡単な...

就職して社会人になると必需品と言えるものに名刺と名刺入れ...

y001-0593

焼きそばレシピの簡単...

焼きそばは、中華めんを肉類、野菜、魚介類など共に炒めて、...