アジさばき方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アジさばき方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アジは色々な栄養がたっぷりと含まれており、子供の成長に最適な魚の1つです。中でもアジにはカリウムが豊富に含まれており、体内の塩分となるナトリウムが尿に排出されると言う効果を持ちます。そのため、塩分などを控えめにしている人など、カリウムが豊富に含まれているアジを食べる事で健康効果を期待する事が出来るわけです。更に、アジの脂質は必須脂肪酸とも言われているドコサヘキサエン酸のDHA、エイコサペンタエン酸のEPAと言った成分が豊富に含まれています。ドコサヘキサエン酸は脳組織、神経組織に働きかける成分であり、発育の向上、機能維持などに対して重要な役割を持つ栄養素で、記憶力の低下を防止する効果や視力を回復させてくれる効果、コレステロール値を下げてくれるなどの効果を期待する事が出来るのです。エイコサペンタエン酸は、血液を綺麗にしてくれる効果を持つ成分で、血液中に含まれるコレステロール、中性脂肪を低下させてくれる作用を持ちます。また、カルシウムもアジには豊富に含まれており、骨や歯の形成には欠かせませんので、子供の成長に大切な成分が含まれているわけです。更に、カルシウムは骨粗しょう症の予防効果も在りますし、イライラを軽減してくれるビタミンB1と言った成分も含まれているのです。

アジさばき方を作ることの楽しさ

アジさばき方は魚をおろした事がある人であれば特別難しい事ではないのですが、初めてアジをさばく人にとってはハードルが高いと感じる人が多い物です。 しかし、アジさばき方を覚えておけば旬を迎えた味を数匹購入して、アジのお刺身やアジのたたきと言った料理を作ることも出来ますし、アジフライやアジの干物、アジの煮つけ、塩焼きなど色々なレシピに挑戦する事が出来るようになります。 最近は、スーパーなどではお刺身として販売されていたり、煮つけやフライ用に加工処理が行われているケースも在ります。 しかし、加工処理を施すと言うのは手間がかかるわけですので、1匹当たりのアジの値段も高くなりますし、折角鮮度が良いアジも、加工処理が行われてしまえば、お刺身として利用出来なくなるなどのデメリットもあるわけです。 アジさばき方はコツを掴む事で簡単にさばくことが出来ますので、アジの下し方と言ったウェブサイトなどを利用すれば、どのようにアジをおろせば良いのかなど、写真や映像などを利用して見る事が出来ますし、実際に味をまな板の上に置いて、うろこを取る方法、背開きにする方法、内臓を取る方法など、手作り方法を知ることが可能になり、アジさばき方をマスターすれば色々なアジを使った料理を作ることが出来るのです。

アジさばき方を作るのに用意する物

アジさばき方の説明の前に、アジをさばく時に必要な道具としましては、まずなんといっても包丁です。アジをさばくぐらいの作業でしたら、普通のご家庭にある包丁で充分用は足りるかと思われますが、できれば出刃包丁をご用意していただきたいと思います。出刃包丁は、もともとお魚を三枚おろしにするために作られたものですから、アジをさばくのにはもってこいです。また、骨を切るときなどに出刃包丁の重さが助けになって、簡単に切ることができます。そして、まな板はもちろん必要です。まな板は木製のものが出刃包丁とは相性がいいのですが、塩化ビニールでできたものでも特にこだわる必要はないと思います。ただし、使い終わったら天日にあてて消毒するなど衛生管理には十分に後注意ください。基本的にはこの二つがあればさばくことは可能ですが、他にあったほうがいいものとしては、砥石はあったほうがいいでしょう。特にアジなどの硬い骨がある魚を調理する場合には、刃が欠けてしまうことも多いですし、切れ味の悪い包丁を使うのはケガをするリスクも高まりますし、お魚の見た目も悪くなってしまいます。その他に、大き目のあじにはうろこが目立つものもありますので、ウロコ落としなどもあった方が作業をしやすくなるでしょう。

アジさばき方の作り方の手順

続いては、アジさばき方の具体的な説明にうつります。アジの三枚おろしの手作り方法です。まず、まな板の上にアジを頭を左側にしてのせます。つぎに、頭と胴体の間にある胸びれを上に持ち上げ、そこに出刃包丁をあてて、頭と胴体を切り分けます。この時、奥のほうがより左側に入り込むように斜めに切るのがコツです。次に、お腹側の部分に開いた穴から、アジの臓物を抜き出し、軽く水洗いをします。この時もサッと水につけるくらいにしましょう。あまり水につけるのもよくありませんし、手のぬくもりも魚を弱らせますから、なるべく早めの調理を心がけます。さて、水洗いが終わったら、今度は、頭がついていた方を右斜め上方面に向けて置き、お腹の皮を切り開きます。そして、更に開いたお腹の皮を持ち上げて、出刃包丁を胸の骨にあてて、背骨の上の部分に包丁を押し込みます。ここは少しコツが必要です。包丁がうまく背骨の上に入ったら、そのまま、背骨に這わせるような感じで、尻尾のほうまで切っていきます。つづいて、今度は半身が残った状態になっていると思いますが、先ほどと同じ要領で、背骨を下にしてまな板の上にのせ、背骨の上に出刃包丁をいれ、しっぽまで切っていきます。これで、身が二枚と背骨一枚の三枚おろしになりました。仕上げに、身の部分のペコリとへこんだ内臓が入っていた部分を削ぐように切るとアジの三枚おろしの完成です。以上がアジさばき方です。

アジさばき方の作り方のまとめ

干物を作る場合のアジのさばき方は、最終的に開きの形にしますので、塩焼きや煮つけ、フライなどで利用するアジとは異なります。 最初に、まな板の上に置いたアジを包丁の背の部分を使ったり、ウロコ取りを使ってウロコを綺麗に取り除いて行きます。 ここまでは全てのアジのさばき方に共通していますが、アジの干物を作る場合は、最初にお腹に切れ目を入れてから内臓を取り出して、背骨に沿う形で包丁を入れて身を開いて行きます。 また、頭の部分についても包丁を入れてあげて、身を開いたら表面を歯ブラシなどを利用して綺麗に汚れを落とせば干物用のアジが完成となるわけです。 煮つけなどの場合は、内蔵を取り除いてあげてから、身体に切れ目を数カ所入れてあげれば煮つけようのアジを作ることが出来ます。 また、アジを三枚におろしてあげて中骨などを取り除けば、アジの刺身やたたきなどの利用するアジさばき方が出来るのです。 尚、魚の下し方は基本的には同じですので、小型から中型のアジを使って練習をしていけば、どのようなサイズの魚でもおろすことが出来るようになると言うメリットが在ります。 また、小型のアジや中型のアジは、旬となる5月から7月頃にお店に並びますので鮮度の良いアジを選んで挑戦してみると良いのです。

お守りフェルト手作りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

これだけデジタルな物に囲まれて生活している現代人にも、お守りというのは未だに幅広い世代で特別な物だと認められています。大...

y001-1250

ジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ジャムを作ることの目的として第一に挙げられるのは、季節の果物を長く保存して食べることです。冷蔵庫がない時代に生まれた保存...

怪味ソースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

最近話題の”怪味ソース”を知っていますか。決して怪しいソースという意味ではありません。唐揚げなど色々な料理に合う万能ソー...

y001-0110

ファスナー付きトートバッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY...

バックは生きていく上で欠かせない持ち物ですが、意外とこれとても良いという品に出逢うことは少ないです。人それぞれ持ち方や使...

y001-0662

紙飛行機折り方長方形の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

たった一枚の紙で作り上げる紙飛行機は誰もが気軽に楽しめます。子供の頃は一度は作ったことがあるでしょう。飛ばしている時、年...

y001-0156

提灯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

提灯を作る理由は、子供の学校行事などで使うことがありますし、夏には、お盆の時期など風情がでてとても良いものです。日本の伝...

y001-0476

短冊の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

短冊といえば日本ではだいたいにおいて七月七日の七夕の日に願い事を書く紙として使われることが多く、その由来を知らなくとも、...

y001-1263

シソジュースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

古くから日本の食卓を味と香りで彩ってきた「しそ」。葉だけでなく、芽、花穂、実の全てが料理に使える万能食材です。平安時代に...

y001-0780

学級新聞の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

学級新聞と言うのは、学校内のさまざまな情報を盛り込むことで、単に学校のことに詳しくなれるだけでなく、学校のことに興味が湧...

y001-0256

裂き織りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

裂き織りは、さかのぼること江戸時代、贅沢が禁止された頃、新しい布地を買えない人々が古い布や着なくなった服を裂いて糸として...

y001-1331

キャップ帽子の簡単な...

素敵なデザインの帽子はたくさん市販品でも売られていますが...

y001-0226

道中着の簡単な手作り...

古い着物や要らなくなった晴れ着などをリサイクルものとして...

y001-0709

高齢者手作りの簡単な...

国内では高齢化社会とされており、現在では高齢者の人口が増...

y001-0430

鍋帽子の簡単な手作り...

せっかく温かな料理を作っても、すぐ冷めてしまっては、美味...