イラストの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イラストの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イラストと言うのは、とても便利なものです。暇つぶしに描いて楽しむこともできますし、部屋に飾るために本格的に描くこともできます。また、手紙やチラシなどに描きこむことで、雰囲気を柔らかくする効果もあると言う優れものです。文章だけだとどうしても堅苦しくなってしまいがちですが、イラストがあることで親しみが持てるようになったりして、印象がよくなるものです。なお、イラストと言うと難しいイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、簡単な手作り方法も存在します。特殊な筆使いや色使いをすれば、当然難しくなりますが、単純にペンで描くだけであれば、決して難しいものではありません。簡単なイラストだったとしても、チラシや冊子の内容と雰囲気が合っていれば、違和感が出ることはなく、何も問題はありません。なお、チラシや冊子を作成する際には、文章の他に写真を使うこともありますが、さらにイラストを加えることで、かなりメリハリのある作りにすることができて、相乗効果によりかなり魅力的なアイテムとして仕上げることができるようになるものです。また、文章、写真、イラストと言った具合に色々な形で表現をすることで、より多くの人の興味を引けることにもなります。

イラストを作ることの楽しさ

イラストを描く楽しさは、自分の頭の中にあるイメージを形にすることができるところにあります。こんなキャラクターがいたら素敵だ、こんな建物があったら嬉しい、など人それぞれ色々な想像をしながら生きているものですが、実際に形として実現させるのは難しくても、紙の上にイラストとして表現するのは、そう大変なことではありません。このように、イラストを描くと言うのは、夢のある行為でもあります。 そして、イラストを描いた後に、それを活用して絵本を作ったりすることもでき、そうすることでさらに面白味が増していきます。 また、イラストを元にして、小物を作ることもできるでしょう。こういった、優れた応用性があるところもイラストの魅力と言えます。 キャラクターを描いたら、それがゆるキャラとして採用されて、グッズ化もされて、着ぐるみも作られる、と言った発展性もあるでしょう。 個人レベルで楽しむ物から、県レベル、さらに国レベル、世界レベルにまで発展する可能性を秘めた、まさに夢のあるジャンルだと言えます。 さまざまな形で自分の世界を表現できるイラストを通して、仕事として成立させたり、社会貢献につなげていくなど、色々な道を作って行けることでしょう。

イラストを作るのに用意する物

イラストを描くと普通の紙がぱっと華やぎますね。これからイラストを描く際に必要な道具を挙げます。熟練した方は適宜省くことができます。まず下書きをするための紙と鉛筆です。構図や全体の雰囲気を決めるときには本番の紙にいきなり描かないで別の紙に描くとよいでしょう。簡単なイラストの場合は省くことができます。イラストを描くための紙としてはスケッチブックや画用紙などを使います。紙以外を使うこともあります。主線用のペンは耐水性でにじみにくいものが良いです。色を塗るための画材は自由ですが、一般的にはマーカーや絵の具、色鉛筆などです。マーカーや色鉛筆の場合は色数がたくさんあればあるほど多彩な表現ができます。絵の具を使う場合はパレットや絵筆、水を入れるバケツにもちろん絵の具が必要です。パソコンで作りたい方はOSにあったイラスト用のペイントソフトとスキャナー、ペンタブレットとマウスパッドが必要です。何にどんなイラストを描くかによって規模が違いますので、カードに簡単なイラストを描く程度であれば主線のペンや筆入れの中の色ペンだけで足りることもあるでしょう。複数の画材を組み合わせて作業を進めることもありますので、自分のセンスや表現方法と相談のうえ、必要な道具をそろえてください。

イラストの作り方の手順

それではイラストの手作り方法ですが、一例として水彩で描く場合を紹介します。まず何を描くのかということを頭の中でイメージしましょう。イメージがまとまるように別紙に下書きをすると良いです。構図や配置を整理するためにも便利です。ある程度アイディアがまとまったら、本番の紙に参考となる線を鉛筆で書いていきます。主線を描きます。イラストなので、主線を際立たせたい時にはここでペンなどを使って描く場合もあります。背景も忘れずに描きましょう。 着色は奥から手前、淡い色から濃い色の順に描いていきます。順番にこだわりのある方もいらっしゃると思いますが、それが味になっていくのであまりとらわれなくても良いでしょう。筆に水を含ませて塗りたい範囲に水を塗り絵の具を少しずつ広げていくにじみの手法や、複数の色を重ねて層にしていくグラデーション、光っている部分を強調するハイライトなどさまざまなテクニックがあります。これは表現の種類によって使い分けます。筆の運び方が大切です。一般的に紙はあまりこすらないようにしましょう。表面が毛羽立ってボロボロになってきます。混色はしすぎると色がにごってくる傾向がありますので2~3色までが良いでしょう。 全ての着色が終わって、絵の具が乾いたら完成です。

イラストの作り方のまとめ

イラストと一言で言っても、切り絵や貼り絵などもあり、非常に幅広いものですが、簡単な手作り方法としては、やはり手描きを押さえておきたいところです。 とは言え、いきなり何か書いてみようとすると、なかなか筆が進まず、疲労して終わってしまうことがありがちです。 そこで便利なのが模写と言う方法です。これは果物でも家具でも、何でも良いですが、身近に存在するアイテムを見ながら、紙に描いてみる行為です。忠実に再現することができたら嬉しいですし、繰り返し色々な物を描くことで、画力のアップを図ることもできます。 絵のモデルと言うと人物や風景がよく挙げられますが、人物はじっとしていてもらうのが大変ですし、風景も天候に左右されて思うようにかけない場合があります。その点、室内にある小物などをモデルにすれば、そういったことに左右されませんので、時間を気にせず自分のペースで描くことができます。初心者には持って来いの方法だと言えるでしょう。 なお、イラストを描く時には、修正が利くようにえんぴつなどの消せるタイプの道具で描くようにすると良いでしょう。 また、上手く描けたら絵を塗って、額に入れて飾ると言った活用の仕方をするのも良いものです。

y001-0429

鍋帽子型紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

近年ではキッチンアイテムが充実している状態にあって、数々の家電製品などが発表されています。便利に機能するアイテムをメイン...

丸太テーブルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

丸太テーブルは自然を肌で感じる事が出来る素晴らしいものです。お部屋やお庭に一つあるだけで、素敵な空間へと変身させてくれる...

y001-0241

ガウス加速器の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ガウス加速器という言葉はさほど聞き慣れない装置の名前だと考えていますが、どうやら暑いシーズンでの休みの間に出される研究の...

y001-0228

縦フリルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

縦フリルを作る理由としては、洋服にアクセントをつけるためです。スカートなどにおいては何もない状態のことがありますが、それ...

y001-0281

卵焼きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

卵焼きといえば、おふくろの味といえば名があがり、いつの時代もお弁当や朝ごはんのおかずの定番ですよね。子どもの頃好きだった...

y001-1181

チキンナゲットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チキンナゲットの生みの親には2つ説があります。一つは某ファストフードでチキンナゲットが販売されるようになったのが1980...

y001-0940

ポタージュスープの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

とろみのついたポタージュスープは、洋食メニューのスープでも人気があります。ポタージュスープは、優しい色合いで、見た目にも...

y001-0136

チラシの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チラシは、人を集めたり知ってもらうための一つの手段です。チラシを工夫することで、人の集まりや注目度が変わってきます。です...

y001-0772

巻き寿司巻き方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本人には古くから親しまれている寿司ですが、今や世界中で認識されている、日本を代表する食べ物です。寿司というと、俵型の酢...

y001-0602

春巻きレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

中国料理の中でも、繊細で皮のパリパリ感を楽しめる一品が春巻きです。食事のおかずはもちろん、お弁当のおかず、行楽シーズンの...

y001-0321

麻雀点数計算の簡単な...

日本式麻雀は戦前期から発展してきており、現在では日本だけ...

ダンボール迷路の簡単...

ダンボール迷路はいろいろな人が楽しむことができるので人気...

釜戸の簡単な手作り方...

夏になるとキャンプを楽しむ人が増えます。キャンプは、春か...

ゆず酒の簡単な手作り...

お酒が好きな人は多く、お店で飲むだけではなく自宅で晩酌し...