おいしいおかゆの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おいしいおかゆの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おいしいおかゆを作るのは、いろいろな理由があることでしょう。例えば、乳児のいる家庭では、乳汁栄養からの移行食として離乳食の一つとして作ることもあります。生後5か月ほどから開始する際には、10倍粥のような水分の多めで粒の形がほとんどあまりわからない程度の状態のおかゆを与えながら、ほかの味に慣れさせていき、徐々に5倍粥、2倍粥といったように進めて最終的には普通のごはんの状態の食事にしていきます。また、子どもに限らず大人や高齢者などで体調が悪い時に消化のよいものを与える目的で作ることもあります。胃腸が弱っていたり、食欲がない時には最適です。米から炊き、塩や梅干しだけで味つけをしてあるおかゆのほかにも卵を入れたりすることで、栄養価を高めることもできるのです。体を回復させるためには、少しずつでも消化のよいものを与えていきます。そして離乳食や体調が悪い時に与える食事としてだけでなく、食文化の一つとして朝食などに出すこともあります。日本食でも出すことがありますが、韓国や中国などでもアワビやゴマを加えたりすることでその国ならではの味に仕上げることもできるのです。おいしいおかゆはどういった時でも食べられる万能の食事でもあるのです。

おいしいおかゆを作ることの楽しさ

おいしいおかゆを作るときには、その時の目的や食べさせる相手の事を考えながら、アレンジしていくといいでしょう。小さな子供の離乳食として準備する際には、開始段階ではあっさりとしたお米の甘さがわかるようなシンプルなおかゆにしますが、徐々にいろいろな具を入れたりして栄養価を考えていきます。青菜を練り込んでみたり、イモ類を入れてみたり、生後9か月以降になったら卵を入れたり、ひき肉などを入れたりしていろいろな食品を摂ることができるように工夫して、子供の嗜好に合わせて作ってみるのも楽しいものです。 また、まとめて炊いておき、小分けにして冷凍保存などをしておくのもいいでしょう。育児に忙しい時にはそういったようにしておくのが楽でしょう。 病気や体が弱っていたりして食欲がない時の食事として準備するおかゆでは、相手のことを思いやりながら作ることで愛情が伝わり、相互関係がよくなるほかにも、実際消化のよいものを摂ることで、病状も快方に向かうことは間違いないでしょう。 このように、おかゆを作るというのは、大切な人への気持ちの表れでもあるので、さらにその関係をよくすることになるでしょう。体調の悪い時に作ってもらうおかゆは何よりも嬉しいものです。

おいしいおかゆを作るのに用意する物

おいしいおかゆというのは、食欲がない時でも体調が悪い時でも食べやすく、体の回復を促す消化のよい食べ物になります。ですから、愛情をこめて作ってあげるといいでしょう。 作る際に必要なものとしては、できれば土鍋、なければ少し厚手のお鍋でも大丈夫です。そして、状態をみたり、混ぜたりするのにお玉があるといいでしょう。 食材としては、お米と水、そしてほんのり味をつける塩があれば、おかゆ自体は作ることができるのです。時短にするには、ご飯の状態からでもいいですし、食べやすいように梅干しや玉子、しらすやしゃけ、海苔、ネギ、ゴマなどを加えてもいいでしょう。ちなみに韓国風ではアワビを入れたりします。 体調などによっては、シンプルなお米だけのおかゆにする場合もありますし、乳児の離乳食では発達段階に応じて5倍粥や10倍粥のように、水分量を多くして作るものもあります。ですから、食べさせる相手によって、加減していくようにしていきます。 そして出来上がったら、小さな土鍋ではそのまま鍋敷きの上に置いて、お茶碗などに盛り付けて、スプーンやレンゲなどを使って食べさせたり、自分で食べられる場合ではそのまま供するようにするといいでしょう。

おいしいおかゆの作り方の手順

おいしいおかゆを作ろうと思ったら、まずはお米から炊いていくことを考えるといいでしょう。作り方はいたって簡単、シンプルです。少量のお米を軽くといで、分量のお水を加えます。この時、食べさせる人の状態によってお水との割合を考えていきます。かなり多くの水を加えていいでしょう。火にかけ、沸騰してきたら、弱火にしてしばらく加熱します。その量にもよりますが、30分程度は加熱を続けたいところです。 お米の状態がかなり膨潤した状態になったところで、塩を加えて調味します。そして、玉子を入れたり、ネギなどの薬味や具を加えて提供するようにするといいでしょう。 お米から炊いたおかゆは消化もよく、お米の甘みが引き立っているので、とてもおいしくいただくことができるでしょう。 しかし、時間がない時にはご飯の状態からお水を加えて加熱をしていくといいでしょう。すでに炊けている状態のご飯を使うので、ほんの10分程度で作ることができるのです。 その時の応じて手作り方法を工夫して、具や薬味などを入れたおいしいおかゆを作っていくといいでしょう。病気のときだけでなく、食欲のない時の朝食にも最適なので、作り方をマスターできるといざという時に便利です。

おいしいおかゆの作り方のまとめ

それでは、おいしいおかゆの簡単な手作り方法について、ご紹介しましょう。本来なら、おかゆというのはお米の状態から炊いていくものです。お米から炊いたおかゆはお米の甘さが引き立っており、とても美味しいものです。そして、粒が膨潤されており、とても消化がよくなります。まずはお米を研いで、たっぷりの水を入れて火にかけていきます。土鍋があれば、熱の伝導などもよく加熱しやすいのですが、普通のお鍋でも大丈夫です。強火で火にかけて、沸騰したら弱火にして30分程度じっくりと煮ていきます。 水の加減は、その時の目的や相手の状態によって変えていきます。かなりお米が加熱されて膨潤したら、塩を入れて調味します。具を入れる場合には、ここで入れますが、玉子や野菜、しらすやしゃけ、ひき肉などをそのまま一緒に加熱します。また、事前に白がゆに混ぜる具材を別で用意してもいいでしょう。そうすれば、その人の好みの具を選びながら、個々に対応したおいしいおかゆを作ることができるのです。 ほかにもご飯の状態から水を加えて短時間で作る方法もありますが、忙しいときや時間がない時にはそういった方法でもいいでしょう。工夫しながら、その場に応じたおかゆを作りたいものです。

y001-0298

油揚げの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

味噌汁の具材として人気の「油揚げ」。買い物に行った時についつい買ってしまう方も多いと思います。また、買ったことを忘れて気...

y001-0738

渓流仕掛けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ヤマメ、イワナ、ハヤ、アマゴなどの魚は山奥に在る渓流に生息しています。普段は人が訪れないような場所、周囲は川の流れや風の...

y001-1346

カレーのレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本の国民食ともいえるカレーは、インドで食べられているものとは違い、小麦粉の入ったイギリス式のものです。昭和の高度経済成...

y001-1170

ちりめんつまみ細工の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ちりめんつまみ細工というのは使う布をちりめんに限定しているつまみ細工です。このちりめんという布は絹でできている物と、化繊...

y001-1080

腹筋を鍛える方法の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

年齢を重ねると男性も女性も体型が崩れやすくなります。これは体の中で代謝が低下していることも関係していますが、やはり日頃の...

せんべいの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代の子供たちは便利な食生活に浸りきっています。塾や学校の帰りにはコンビニエンスストアやスーパー、ファーストフードなどが...

y001-0689

三角巾の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

家庭で食事を作る時には、あまり気にすることなく、エプロンをかける程度で、作業を開始する場合がよくあります。油や汁が飛び散...

y001-0939

ぽち袋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ぽち袋は主に少額のご祝儀やお年玉を入れる袋です。年末年始になるとスーパーやコンビニなどでも販売していますがわざわざ手作り...

y001-0799

夏祭り髪型ショートの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏祭りといえば浴衣です。ロングヘアであれば、アップにしたり、巻き髪にしたりと様々なアレンジができますが、ショートヘアの人...

y001-0561

水ようかんレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

水ようかんを手作りすることは難しいのではないか、と考える人もいますが、そうでもないといいます。水ようかんはいろいろな種類...

y001-0288

浴衣の帯の結び方の簡...

浴衣の生地は木綿地が通常で、昔から着用されている衣服です...

y001-0466

茶碗蒸しレンジの簡単...

茶碗蒸しは上品な和食であり、メインディッシュではないもの...

黒にんにく炊飯器の簡...

黒にんにくは発酵食品です。近年では発酵食品の優れた効果が...

y001-0571

針金工作の簡単な手作...

身近な材料を使って何かを作り出すことを考えた場合では、一...