おいしいカルボナーラの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おいしいカルボナーラの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

カルボナーラというのは、もともとイタリアン料理のスパゲッティの一つであり、日本でもトマトソースやミートソースに並ぶくらいの人気のパスタソースです。玉子や生クリームを使った、ホワイト系のソースでありながら、コクがあってチーズや黒コショウの風味を活かしたものであり、少しコクのある味わいを楽しみたい人には最適です。また、小さな子供から年配者に至るまで、喜ばれるような万人に愛されるパスタ料理で、人をもてなす際にも好き嫌いがあまりないので、適しているといえましょう。普段使いの日常の料理にも喜ばれる一方で、ピザなどと共に来客があった時に提供するのもいいでしょう。生クリームを使っているこの料理は、庶民的になった卵を利用しており、その卵が固まるのを防ぐために考案されたレストランの方法になります。毎日の生活の中で、日常的に常備されている玉子や生クリーム、ベーコンなどを使うことによって、トマトソースとはまた違った味わいを楽しむために作られるパスタソースなのです。ちょっとしたコツを知ることで、各段においしいカルボナーラを作ることができるので、さまざまな材料を揃えたら、その手作り方法をマスターしたいものなのです。

おいしいカルボナーラを作ることの楽しさ

カルボナーラを作るときには、食べさせる相手によって、いろいろな状況が考えられるでしょう。小さな子供に作ってあげる場合や大好きな彼や彼女に作ってあげる場合、そして友人や知人などをおもてなしする場合など、その時のよって、ちょっとした工夫をしてみるといいでしょう。 材料は生クリームを入れるのが基本ですが、それを牛乳にすればあっさりした味わいになりますし、玉子だけにすれば、玉子の濃厚な味が引き立ちます。また、相手によってもコショウやにんにくの効きを変えるようにしてみてもいいでしょう。また、作り方によっては熱の作用で凝固しやすくなるので、そのあたりの加減も気をつけていきます。こういった工夫をしていくことで、相手を思いやり、喜んでもらえることを期待できるのです。 さらに、パスタやピザのようなイタリア料理などでは、少しずつ取り分けて、他の人とシェアをしながら食事を楽しむことができるというメリットがあります。作るだけでなく、食べるときにも親睦を深めることができるというのは、とても楽しいことでもあります。 このように、おいしいカルボナーラを作ることによって、作る本人はもちろんのこと、食べる人も嬉しい気持ちにすることができるのです。

おいしいカルボナーラを作るのに用意する物

おいしいカルボナーラはお店でしか食べることが出来ないと思いがちですが、自分で簡単に手作りする事も可能です。 日本のレストランやファミレスなどで出てくるカルボナーラは、生クリームを使ったレシピが多いのですが、本来のカルボナーラというのは卵だけで作るものなのです。 イタリアのレストランでカルボナーラを頼んだ場合、日本との違いに驚いてしまうかもしれません。 そもそもカルボナーラという名前はイタリアでは「炭焼きのパスタ」という意味なんだそうです。 レシピの由来には諸説あり、正しいことははっきりとはしませんが、カルボナーラにかかっている黒コショウを炭に例えているのではないかという事のようです。 それではここでは日本風ではなく、出来るだけイタリア風のカルボナーラの手作り方法を紹介します。 材料にはまず新鮮な卵が使われます。そしてイタリアではパンチェッタという塩漬けにした豚のバラ肉(生ベーコン)を使用するのですが、日本ではあまり売られていないのでベーコンでも代用できます。 そしてチーズはパルミジャーノ・レッジャーノを使用します。これは最近はスーパーなどでも手に入ります。 そして主役ともいえる黒コショウですが、出来れば粗びきのその場で挽いて使うものがいいです。

おいしいカルボナーラの作り方の手順

材料はパスタ、オリーブオイル、卵、にんにく、ベーコン、パルミジャーノ・レッジャーノチーズ、黒コショウ、塩です。 まず鍋にたっぷりの水を入れ、火にかけ、塩を適量投入します。沸騰するまでの間にソースを作ります。 にんにくはみじん切りにしておき、ベーコンを短冊切りに切っておきます。 このタイミングで麺を茹で始めましょう。 フライパンにオリーブオイルを入れたら、にんにくを投入し、それから火にかけていきます。 弱火からじっくり火を入れると、にんにくの香りがオイルに広がってきます。 そうしたらフライパンにベーコンを投入し、カリっとなるまで炒めてから火を止めます。 小さなボールに卵を割り入れ、塩とパルミジャーノ・レッジャーノチーズをすりおろして入れていきます。 もしこのチーズが手に入らなかった場合、市販のパルメザンチーズで代用しても大丈夫です。 そして黒コショウも挽いて投入し、よく混ぜておきましょう。 麺が茹であがったら先ほどのフライパンに投入するのですが、フライパンが冷めていたらその前に少し火にかけ温めておきましょう。 麺の水気を切り、フライパンに投入し少しオイルと合わせます。 そして先ほどボールに作った卵液をフライパンに投入し、手早く混ぜ合わせます。 ここで火が通ってしまうとおいしいカルボナーラが台無しなので、卵が固まらないうちに火から外しましょう。 この火加減が難しいのですが、ここをクリアしたらおいしいカルボナーラの完成です。 食べる前に、再度黒こしょうをかけると見た目にも良いです。

おいしいカルボナーラの作り方のまとめ

カルボナーラにはさまざまな材料や作り方があるので、どうすればいいのかと迷ってしまうことも有るでしょう。ここでは、簡単に失敗せずにできる、オーソドックスな生クリームや玉子を使ったレシピを紹介しましょう。 ソースは生クリーム、玉子、パルメザンを混ぜておきます。玉子は常温にしておき、フォークなどでよく溶いておき、生クリームやパルメザンをミックスします。ここに事前に粒こしょうを入れておいてもいいでしょう。 スパゲッティは沸騰した湯に塩を入れてゆでていきますが、表示のゆで時間の少し前に一本取り出してゆで加減を確認して、アルデンテの状態になったら、ざるにあげます。この時に茹で汁を少し残しておきましょう。 ゆであがったスパゲッティをオリーブオイルとにんにくで炒めた角の細切りのベーコンのフライパンに混ぜて、さらに混ぜてあったソースに和えるようにしていきます。味を見ながら調味料で調整をするといいでしょう。 フライパンにソースを流すとその熱でソースの玉子が凝固してぼたぼたのカルボナーラになってしまうことがあるので、フライパンでは和えないようにするといいでしょう。 このように、熱の加減と材料の選び方などを知っておいしいカルボナーラを作りましょう。

y001-1074

ネギ味噌の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

味噌は、穀物を発酵させて作られた食品であり、日本では古くより調味料としても使用してきた歴史を持っています。醤油と共に日本...

y001-0762

旗の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

旗にも様々な種類がありますが、自分で作る機会があるとすればそれはのぼりであることが多いと言えるでしょう。のぼりはお店など...

y001-1424

おいしいすし飯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

家族が集まると手巻き寿司をすると言う人は多いものです。手巻き寿司のメリットは、好みのお刺し身を各自選び、自分が好きなよう...

楽しいレクリエーションの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レ...

レクリエーションと一言で言ってもそこには体を動かすもの、クイズ、リズム遊びなど様々なものがあります。そのどれもが楽しいレ...

y001-1031

パワーポイントの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

パソコンで使用するソフトには色々な種類がありますが、オフィスで使用するソフトとなると限られてくるでしょう。文書を作成する...

y001-1206

タイル貼り方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

所有している自宅なら、気になる部分があっても自分でリフォームすることができますね。高い費用を払って専門の業者に依頼しなく...

カスタムナイフの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

趣味ということでは、色々な趣味がありますが、その中でも女性向きの趣味と男性向きの趣味があります。男性向きの趣味ということ...

y001-0610

手紙の折り方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手紙は一般的に封筒に入れて送ります。ビジネス文書や公的な書類の場合は手紙を三つ折りか四つ折りにし、そのまま封筒に入れる一...

y001-1103

釣り糸結び方の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

釣りには仕掛けを作ることが必須となりますが、仕掛けを作る事も釣りの一部であり、楽しみの一つなのです。仕掛けには釣り糸やサ...

y001-1477

アレンジ髪型の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アレンジ髪型の作る理由や目的は、例えば同じポニーテールでも、そこに編みこみが1つあるだけで全然違う印象になったりしたりす...

y001-0055

梅酒の簡単な手作り方...

時期になると青梅がスーパーや八百屋といったお店の店頭に並...

バーベキューレンガの...

最近は家族の絆ということが、東北の大震災をきっかけに話題...

y001-0617

手作り醤油の簡単な手...

醤油は、大豆と米、小麦を原料として製造する調味料で、弥生...

y001-0297

油揚げレシピの簡単な...

油揚げレシピは、おつまみ、おかず、などに使えます。もう一...