おいしい天ぷらの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おいしい天ぷらの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おいしい天ぷらを作ることができるというのは、日本の食文化を理解するのと同じようなものでしょう。外国人からして人気のある日本食の一つに数えられる天ぷらというのは、シンプルでありながら奥深いものであり、作り方によっては美味しくも不味くもなります。和食の基本として、からっとさっくり揚げることができるようにしたいものです。天ぷらを作る理由としては、シンプルな食材であっても衣をまとい、油で揚げることでその素材の持ち味を生かした料理にすることができるということや美味しさや旨みをそのまま残すことができるという良さがあるのです。エビやキス、イカなどの魚介類をはじめとして、ピーマンやししとう、しいたけや筍、茄子といった野菜のほかにも旬を味わうことができるタラの芽や山菜、ふきのとうなどの季節のものを天ぷらの衣に閉じ込めることができるのです。このように、日本独特の四季を楽しむためにも、天ぷらなどでいろいろな食材を調理していきたいものなのです。地域によっても、桜えびのかき揚げなど、その土地で獲れるものを使った天ぷらもあるので、いろいろな味を同時に味わう目的も達成できるものなのです。まずはその手作り方法をマスターしたいものです。

おいしい天ぷらを作ることの楽しさ

おいしい天ぷらを作るには、食材探しからになるでしょう。自分や食べさせたい相手の好みを考えながら、魚介類にするのか、肉類にするのか、野菜は何がいいのか、そして野菜だったらどういったものが相性がいいのか、ということなどを考えます。そういったことを考えていくだけでも楽しく、食材を見にいってできたときのことをイメージするのもいいでしょう。 また、作る際にはコツもあります。天ぷらといったらさっくり、からりと揚がっているものがいいと言われます。そのためには、小麦粉などの衣をあまり混ぜすぎないように注意していきます。 やはりおいしい天ぷらというのは、揚げたてで熱々の状態のものであり、作ってすぐに食べることができるようにしたいものです。作り立てを食べてもらうことで、おいしさを味わうことができたり、さらには相手の笑顔を見ることができ、嬉しい気持ちになることでしょう。そして、自分のおもてなしの精神が相手に伝わるとともに、日本の食の心も伝えることができることでしょう。 天ぷらは美味しいといわれる名店で食べるのもいいのですが、自宅などで相手のことを考えながら作ってみるというのもいいものです。何よりも愛情が込められるからなのです。

おいしい天ぷらを作るのに用意する物

天ぷらは揚げ物の中でも作るのが難しく、フライやから揚げなどと比べても少し嫌煙されがちな料理ではないでしょうか。おいしい天ぷらを作るためには、具材の適切な下処理と衣のつけかた、油の温度管理をきちんとする必要があります。すべてが適切に行われることによってサクッとしたおいしい天ぷらになります。そんなおいしい天ぷらを作るための準備する材料は、まずはあげる材料です。えびやいかなどの魚介類やなすや玉ねぎなどの野菜、キノコなどが定番ですが、季節に合わせて春ならタラの芽やふきのとうなどの山菜、秋ならいろいろな種類のキノコの天ぷらなどを楽しむことができます。また、かき揚げの場合もソラマメやサクラエビなどの食材が人気があります。基本的に水分が多すぎるもの以外なら天ぷらにできると思いますので、好きな食材を準備してください。おいしい天ぷらを作るために重要なものは衣の材料です。まず主となる粉は薄力粉を準備してください。小麦粉には薄力粉、強力粉、普通粉と種類がありますがこの中では粘り気が少ない薄力粉が一番天ぷらがさっくりと仕上がります。次に卵、水が準備するものとなります。水と薄力粉の割合は1:1くらいになるようにします。

おいしい天ぷらの作り方の手順

簡単に作れるおいしい天ぷらの手作り方法は、まずは具材の下処理が一番重要になってきます。これをしっかりしないと揚げている最中に具材がはねてやけどを負ってしまう原因にもなりますし、具材が縮んでしまうといった事を避けることもできます。天ぷらの具材で一番人気のあるエビですが、まずは背ワタを取り除きしっぽの先・剣先を切りおろし、水分をきちんと取ります。実はこのしっぽに水分が残りやすいので注意してください。次にエビの筋を切ります。これをすることでエビが丸まらないのできれいな天ぷらに仕上がります。他の野菜に関してもあまり厚すぎると中が生だったという事になりますので気をつけてください。 衣の作り方はまず薄力粉は冷蔵庫で冷やしておきふるってから使用します。卵は黄身と白身はしっかりと混ぜ合わせておきます。この卵に冷たく冷やした水を入れ、ふるっておいた薄力粉を入れてだまが残るくらいさっくりとまぜ衣は完成です。下処理をした具材にこの衣をつけて揚げます。 揚げ方としてあげる具材によって温度を変えた方がいいです。パセリや大葉などの緑を綺麗に残したいものはやや低めの150~160℃で揚げます。かき揚げ、野菜は170~180℃、魚介類は180~190℃で揚げてください。温度を具材によって気を付けるだけでもおいしい天ぷらができます。

おいしい天ぷらの作り方のまとめ

それではおいしい天ぷらを簡単に作るには、どうすればいいでしょうか。まずは食材の準備です。天ぷらというと、エビやイカなどの魚介類の下準備をしていきます。エビは殻をむき、はらわたを取って加熱で曲がらないように切込みをいれておきます。イカは薄皮を取り、細かく切り込みを入れておくといいでしょう。 野菜はその素材の味を活かせるように、不要な部分は取りながらも大きめに切っておくといいでしょう。それらの食材は軽く打ち粉をしておくと、衣が取れにくくなります。 そして衣です。小麦粉と片栗粉を混ぜて、玉子を入れる場合と水を入れる場合などがあります。この時、あまり混ぜすぎないこと、そして氷を少し入れることで小麦のグルテンが形成されるのを防ぎ、粘りを出さないようにします。 そして油は170度程度、食材に衣をつけて揚げていきます。状態を見ながら、全体的にさっくりと揚がるようにしていくといいでしょう。焦げないように状態を見ながら、バットにあげて油を切ります。油きりはとても大切です。 そして天つゆと大根おろしやしょうがのすりおろしなどを添えていただくといいでしょう。抹茶塩などであっさりといただくのも美味しく食べる方法の一つです。

y001-0228

縦フリルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

縦フリルを作る理由としては、洋服にアクセントをつけるためです。スカートなどにおいては何もない状態のことがありますが、それ...

y001-1405

おむつケーキの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おむつケーキとは、おむつを使ってケーキのようにし、装飾などを行いかわいらしくしたものです。最近人気が出てきて利用する人も...

y001-0672

紙バンドエコクラフトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

紙バンドを使った軽くて丈夫なエコクラフトクラフトテープと呼ばれる紙バンドを使って作るエコクラフトが人気です。紙を細く拠り...

y001-0179

友の会鍋帽子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鍋帽子を作る理由としてエコに調理を行うことが出来ることが挙げられます。料理において、特に煮込み料理に関してはゆっくりと長...

y001-1157

テディベアの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ずんぐりとした体型を持ち、太い手足に大きな頭のあるクマは、大変力が強く、人間に危害を加えることもあることから、人からは恐...

y001-0165

角松の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お正月には様々なアイテムを揃えなければなりませんが、その中でも神事にとって大切なアイテムが「角松」です。角松とは神様がそ...

花紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

花紙というのは紙で作った花であり、これはカーネーションなど様々なことに使うことができるのです。たとえば、学園祭の時に使う...

y001-0917

ミサンガ6本の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ミサンガはプロミスリングなどとも呼ばれ、つけているうちに切れたら願いごとが叶うといわれています。少し前、Jリーグ全盛期に...

y001-1110

金魚の飼い方の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

金魚というのはペットとして非常に優れた生き物と言えます。というのは、鳴き声を発することもなく、食べ物の好き嫌いもなく、数...

y001-0407

梅びしおの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏バテ防止には、梅びしおを作ると良いです。江戸時代から作られていたという記録がある食べ物で、その頃は裏ごしした梅に昆布を...

y001-1449

うりの漬物の簡単な手...

うり科の野菜には色々ありますが、その中でも健康長寿野菜と...

y001-0499

組紐編み方の簡単な手...

組紐は最近、海外でも人気があり、主にミサンガのようにアク...

y001-1047

はちみつ梅の簡単な手...

はちみつ梅ははちみつを加えることで梅の酸っぱさが抑えられ...

y001-0487

大きいシャボン玉の簡...

シャボン玉遊びといえば、子どもが大好きな遊びのひとつです...