おいしい天ぷらの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おいしい天ぷらの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おいしい天ぷらを作ることができるというのは、日本の食文化を理解するのと同じようなものでしょう。外国人からして人気のある日本食の一つに数えられる天ぷらというのは、シンプルでありながら奥深いものであり、作り方によっては美味しくも不味くもなります。和食の基本として、からっとさっくり揚げることができるようにしたいものです。天ぷらを作る理由としては、シンプルな食材であっても衣をまとい、油で揚げることでその素材の持ち味を生かした料理にすることができるということや美味しさや旨みをそのまま残すことができるという良さがあるのです。エビやキス、イカなどの魚介類をはじめとして、ピーマンやししとう、しいたけや筍、茄子といった野菜のほかにも旬を味わうことができるタラの芽や山菜、ふきのとうなどの季節のものを天ぷらの衣に閉じ込めることができるのです。このように、日本独特の四季を楽しむためにも、天ぷらなどでいろいろな食材を調理していきたいものなのです。地域によっても、桜えびのかき揚げなど、その土地で獲れるものを使った天ぷらもあるので、いろいろな味を同時に味わう目的も達成できるものなのです。まずはその手作り方法をマスターしたいものです。

おいしい天ぷらを作ることの楽しさ

おいしい天ぷらを作るには、食材探しからになるでしょう。自分や食べさせたい相手の好みを考えながら、魚介類にするのか、肉類にするのか、野菜は何がいいのか、そして野菜だったらどういったものが相性がいいのか、ということなどを考えます。そういったことを考えていくだけでも楽しく、食材を見にいってできたときのことをイメージするのもいいでしょう。 また、作る際にはコツもあります。天ぷらといったらさっくり、からりと揚がっているものがいいと言われます。そのためには、小麦粉などの衣をあまり混ぜすぎないように注意していきます。 やはりおいしい天ぷらというのは、揚げたてで熱々の状態のものであり、作ってすぐに食べることができるようにしたいものです。作り立てを食べてもらうことで、おいしさを味わうことができたり、さらには相手の笑顔を見ることができ、嬉しい気持ちになることでしょう。そして、自分のおもてなしの精神が相手に伝わるとともに、日本の食の心も伝えることができることでしょう。 天ぷらは美味しいといわれる名店で食べるのもいいのですが、自宅などで相手のことを考えながら作ってみるというのもいいものです。何よりも愛情が込められるからなのです。

おいしい天ぷらを作るのに用意する物

天ぷらは揚げ物の中でも作るのが難しく、フライやから揚げなどと比べても少し嫌煙されがちな料理ではないでしょうか。おいしい天ぷらを作るためには、具材の適切な下処理と衣のつけかた、油の温度管理をきちんとする必要があります。すべてが適切に行われることによってサクッとしたおいしい天ぷらになります。そんなおいしい天ぷらを作るための準備する材料は、まずはあげる材料です。えびやいかなどの魚介類やなすや玉ねぎなどの野菜、キノコなどが定番ですが、季節に合わせて春ならタラの芽やふきのとうなどの山菜、秋ならいろいろな種類のキノコの天ぷらなどを楽しむことができます。また、かき揚げの場合もソラマメやサクラエビなどの食材が人気があります。基本的に水分が多すぎるもの以外なら天ぷらにできると思いますので、好きな食材を準備してください。おいしい天ぷらを作るために重要なものは衣の材料です。まず主となる粉は薄力粉を準備してください。小麦粉には薄力粉、強力粉、普通粉と種類がありますがこの中では粘り気が少ない薄力粉が一番天ぷらがさっくりと仕上がります。次に卵、水が準備するものとなります。水と薄力粉の割合は1:1くらいになるようにします。



おいしい天ぷらの作り方の手順

簡単に作れるおいしい天ぷらの手作り方法は、まずは具材の下処理が一番重要になってきます。これをしっかりしないと揚げている最中に具材がはねてやけどを負ってしまう原因にもなりますし、具材が縮んでしまうといった事を避けることもできます。天ぷらの具材で一番人気のあるエビですが、まずは背ワタを取り除きしっぽの先・剣先を切りおろし、水分をきちんと取ります。実はこのしっぽに水分が残りやすいので注意してください。次にエビの筋を切ります。これをすることでエビが丸まらないのできれいな天ぷらに仕上がります。他の野菜に関してもあまり厚すぎると中が生だったという事になりますので気をつけてください。 衣の作り方はまず薄力粉は冷蔵庫で冷やしておきふるってから使用します。卵は黄身と白身はしっかりと混ぜ合わせておきます。この卵に冷たく冷やした水を入れ、ふるっておいた薄力粉を入れてだまが残るくらいさっくりとまぜ衣は完成です。下処理をした具材にこの衣をつけて揚げます。 揚げ方としてあげる具材によって温度を変えた方がいいです。パセリや大葉などの緑を綺麗に残したいものはやや低めの150~160℃で揚げます。かき揚げ、野菜は170~180℃、魚介類は180~190℃で揚げてください。温度を具材によって気を付けるだけでもおいしい天ぷらができます。

おいしい天ぷらの作り方のまとめ

それではおいしい天ぷらを簡単に作るには、どうすればいいでしょうか。まずは食材の準備です。天ぷらというと、エビやイカなどの魚介類の下準備をしていきます。エビは殻をむき、はらわたを取って加熱で曲がらないように切込みをいれておきます。イカは薄皮を取り、細かく切り込みを入れておくといいでしょう。 野菜はその素材の味を活かせるように、不要な部分は取りながらも大きめに切っておくといいでしょう。それらの食材は軽く打ち粉をしておくと、衣が取れにくくなります。 そして衣です。小麦粉と片栗粉を混ぜて、玉子を入れる場合と水を入れる場合などがあります。この時、あまり混ぜすぎないこと、そして氷を少し入れることで小麦のグルテンが形成されるのを防ぎ、粘りを出さないようにします。 そして油は170度程度、食材に衣をつけて揚げていきます。状態を見ながら、全体的にさっくりと揚がるようにしていくといいでしょう。焦げないように状態を見ながら、バットにあげて油を切ります。油きりはとても大切です。 そして天つゆと大根おろしやしょうがのすりおろしなどを添えていただくといいでしょう。抹茶塩などであっさりといただくのも美味しく食べる方法の一つです。



y001-0936

ポテトサラダの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ポテトサラダは、ほとんどの人が好きな、定番のサラダメニューです。ホクホク美味しいジャガイモをたっぷり使ったポテトサラダは...

y001-0153

自家製焼肉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

焼肉のたれは購入することが多いですが、焼肉以外で使うことがほとんどなく、消費期限が過ぎて結局捨ててしまうことがあります。...

y001-0833

鮎の甘露煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鮎の甘露煮は、鮎を焼いたり干したりして乾燥させたものを、砂糖や水飴で煮しめた料理になります。鮎は海に近い河口で産まれて、...

y001-1500

PPバンドかごの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昔の主婦が食料品を買いに行く際に、手に持っていたのが買い物かごです。様々な素材の紐で編まれたかごは、軽い割には丈夫に作ら...

y001-1391

お誕生日カードの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

家族や親しい友人、お世話になった会社の先輩など、だれかのお誕生日を祝う機会はたくさんあります。自分にとってはなんでもない...

y001-0605

呪いのかけ方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

呪いをかけるのはいい事とはされていません。人を恨む暇があれば自分の楽しみをを見つけるのが建設的と言われていますが、法律で...

y001-0214

藁の鍋敷きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

藁の鍋敷きを作る理由としては、まずは鍋を直接テーブルの上などに置くことは良くないからです。テーブルは木製のものもあれば、...

y001-0634

手作りおもちゃの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りおもちゃは小さい子どもが遊ぶために作ります。売っているおもちゃとは違った趣があり、手作りならではの良さがあります。...

y001-0655

自由研究6年生の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

小学生にとって、夏休みの最大の宿題と言えば「自由研究」ではないでしょうか。研究したいことが見つかっていると取り組みやすい...

y001-0103

スクエアポーチの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スクエアポートとは四角い形の小物入れで、化粧用品や必要品等を入れるポーチの事です。そのスクエアポーチを作る訳は、手作りを...

y001-1210

ソフトボールのグラン...

ソフトボールは、野球から派生したスポーツで、グラウンドの...

y001-0633

手作りケーキレシピの...

簡単な手作りケーキレシピのストックがあると、いろいろなお...

y001-1131

アイスクリームの簡単...

アイスクリームと言えば夏の暑い時期の食べ物だと思われがち...

人形の簡単な手作り方...

手芸用品でよく使うものにフェルト生地がありますが、このフ...