おやつレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おやつレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昼食や夕食の間のつなぎとしてだったり、あるいは日々の癒しとしておやつは欠かせない存在です。キッチンの引き出しや冷蔵庫に市販のお菓子を常備している方も多いのではないでしょうか。確かにこうしたおやつはコンビニやスーパーで簡単に買うことができます。しかしこうした市販品は安いものにかぎって材料の質が悪いことが多く、添加物も多いのです。逆に添加物の少ない、ちゃんとしたお菓子は高級スーパーや専門のケーキ店、和菓子店などでしか手に入らず、比較的高価です。簡単に作れるおやつレシピを覚えておくことで、ジャンクフードに触れる機会を減らし、節約することもできます。また自分でおやつを作る場合、甘味料や油脂の量などを自分の好みの種類や量に加減することができるので、ダイエットにもつながりますよ。高価な上質のスイーツは特別な機会にとっておいて普段は手作りをメインにするとよいですね。また市販品に頼っていると急な来客時に対応できないことがあります。こうした事態に備えるためにもお気に入りのおやつレシピをいくつか覚えておきましょう。短い時間でできるもの、あるいは作りおきがきいて保存期間の長いものをレパートリーに入れておくと安心です。

おやつレシピを作ることの楽しさ

おやつレシピというものは意外に奥が深いものです。和菓子から洋菓子、はたまたアジアなど極めようとするときりがありません。しかし毎日のように食べるものですので手作り方法はシンプルな手順が一番です。こうした簡単なおやつレシピを覚えておくメリットは、ひとつは少ない材料でも応用が利くということです。たとえばホットケーキの場合、本格的に作る場合には、薄力粉とベーキングパウダー、砂糖、卵、牛乳が必要になります。薄力粉とベーキングパウダーはクッキーやケーキ、スコーンといったほかの洋菓子や、お好み焼きなどを作るときにも使えます。レパートリーさえ覚えてしまえば、いちいち市販のミックス粉を買う必要はありません。一度基本の材料をそろえてしまうとアレンジ方法は無限大です。ですから何かを手作りする際に、いちいち高い市販のミックス粉を使う必要もなくなります。こうした点だけでもかなりの節約につながります。コスト面でのメリットははかりしれません。 さらに手作りおやつの道は極めようとすればどこまでも極めることができます。一生の趣味にすることも十分可能です。さらにこの趣味は人からも評価されやすいものです。女性の場合も、今の時代なら男性の場合も、できる人扱いされますよ。

おやつレシピを作るのに用意する物

おうちで気軽に簡単におやつが作れればいいですよね。子どもに手作りのお菓子を作ってあげたいけど、準備や片付けは面倒だし、と躊躇するお母さんにオススメなのがラングドシャです。フランスの卵白で作る軽い食感のクッキーで、このおやつレシピはカロリーも控えめなのでダイエット中の方にもオススメです。まず、卵白と砂糖、バターを用意します。砂糖はダイエット中の方でもほんの少しは入れてください。卵白がふわっと泡立つには砂糖は欠かせません。あとはハチミツを入れて甘さを補うと良いでしょう。バターはレンジで溶かすか、湯煎で溶かしておきます。オーブンを使って焼きますので、予熱でバターを溶かすと楽ですよ。あとは薄力粉を少々使います。材料はこれだけです。卵白を泡立てるのにハンドミキサーを使います。ボールは一つで十分ですので、洗い物が少なくすみます。天板にクッキングシートをしき、アクセントにアーモンドスライスやレーズン、チョコチップがあればのせても美味しいですね。焼き上げまでの時間は五分から八分程度ですので、パパッと作ってすぐ食べられるのも魅力です。ただ、よく見ておかないとあっという間に焦げてしまいますので、焼いている間は目を離さないようにしてください。焼けたラングドシャを冷ますお皿も用意しておきましょう。



おやつレシピの作り方の手順

まず、オーブンを170度に温めておきます。そのオーブンの上でバターを小皿に入れて置いておくと、溶けますので楽ですよ。次に卵を割って卵白と卵黄に分けます。卵黄は夕飯のメニューに使ってください。マヨネーズの手作り方法を調べて利用しても良いですね。パイを焼く時に塗るのにも役立ちますので、冷蔵庫で保存しておきましょう。卵白を泡立てるボールは、水分や油分がついていないか確認してください。ついていると綺麗に泡立てられません。卵白に砂糖を入れてハンドミキサーで泡だてます。白くもったりとするまで泡だててください。このおやつレシピではホイップしたりないと、天板に置いたときにどろっと広がりすぎてしまいます。しっかりツノが立つ寸前までホイップしてください。十分泡立ったら溶かしておいたバターを加えます。ゴムベラに持ちかえて混ぜたら、薄力粉を振るって加えます。またゴムベラでさっと混ぜます。練らないように気をつけてください。あとは大きめのスプーンなどで、シートをひいた天板に生地を落としていきます。焼いている間に広がりますので、隙間をあけて並べます。焼け具合をしっかり見ながら、フチが色づいてきたらオーブンから出します。あとはお皿の上で冷ませば出来上がりです。さくっ、ふわっとした食感で口の中に溶けていきますので美味しいですよ。こどもと簡単に作れるおやつレシピでオススメです。

おやつレシピの作り方のまとめ

簡単なおやつの作り方を二つ紹介します。 まず買うと高いシリアルバーです。フライパンでマシュマロを溶かし、ここにグラノーラを加えて混ぜます。最後にこれを型に流して冷まし、固まったところを切り分けます。グラノーラにはすでにかなりの糖分が含まれていますので、ミューズリーを使用してもよいでしょう。朝食で食べきれないシリアルを使っていろいろアレンジしてみてください。刻んだナッツやドライフルーツを追加でいれるのもおすすめです。 もうひとつはおしゃれなスイーツとしてすっかり定着した感のあるパンケーキです。ここでは応用を利かせるためにミックス粉を使わないやり方を紹介します。まず薄力粉とベーキングパウダー、砂糖、塩一つまみをボールの中で泡だて器で混ぜ合わせておきます。なお粉類をふるう必要はありません。また別の器で卵と牛乳を混ぜ合わせておきます。最後にこの液体を粉類に少しずつ加えて混ぜ、なめらかな生地にします。最後に好みによって溶かしバターや菜種油を少量加えてもよいです。牛乳を多めにし、生地に加える砂糖の量を減らすかゼロにすると、アメリカ風の甘くないパンケーキになります。生地を固めにし、砂糖を加えると日本のホットケーキになります。もちろんレシピの牛乳は豆乳やアーモンドミルクに、薄力粉は米粉やそば粉に代替しても大丈夫です。 今紹介したレシピは冷凍保存もできますので、時間があるときに作り置きしておくと便利です。



押し花の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

公園に咲いているお花や草花、お花屋さんで購入した好きなお花や、プレゼントで頂いた豪華な花束、そんな大切なお花をいつまでも...

y001-1139

ドライハーブの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

毎日が忙しい、精神的に疲れている、リラックスできない、これらは現代社会に生きている人なら誰でも感じている悩みです。特に最...

y001-1288

ごまだれの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本の食卓では、割とたれをつけて食べる料理が多くあります。しゃぶしゃぶや焼き肉、サラダのドレッシング、蒸した肉にかけるな...

y001-0960

ヘアアレンジ子供の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供のヘアアレンジは大人同様、様々な方法があります。近年ではアニメのキャラクターなどもとてもおしゃれで個性的なヘアアレン...

y001-1217

スライドショーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

写真を撮ったら現像をしなければどんな写真が撮れているのかがわからなかった時代と異なり、今や写真は撮ってすぐに見ることので...

y001-1269

シーサーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

シーサーと聞けばすぐに沖縄が思い浮かぶでしょう。シーサーとは獅子を沖縄の言葉で表現した呼び方で、見た目からも獅子の形をし...

y001-1359

カホンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

カホンは誰でも簡単に作れて楽しめる面白い楽器ですので、1台持っておけばちょっとした趣味として楽しめるものです。制作に必要...

y001-1064

バーベキュー炉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

暖かくなってくると、天気の良い日には家族や親戚、友人などと集まって、バーベキューをやりたくなるものです。バーベキューの語...

y001-0845

ローストビーフの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イギリスの伝統料理でもあるローストビーフは、その存在感から、食卓をゴージャスに飾ってくれるメニューでもあります。人をもて...

ふきの煮物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ふきは春の訪れとともにスーパーや八百屋さんの店頭に登場する食材です。春になると色々な山菜が出回りますが、ふきが成長する前...

y001-1191

タルタルソースの簡単...

タルタルソースは、色々な揚げ物に乗せる事で本格的な味にな...

y001-1440

エクセル表の簡単な手...

殆どの家庭にコンピューターが普及している現在でも、その利...

ドクダミ化粧水の簡単...

特に女性はいつまでも若く見られたいと願っています。肌は、...

y001-1013

ひき肉レシピの簡単な...

ひき肉レシピの魅力は、アレンジ次第で色々な味付けが出来る...