お煮しめの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お煮しめの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お煮しめというのは、日本料理の中でも家庭の味というもので、誰もが小さなころから食べているものの一つということが出来るのではないでしょうか。各家庭によって味が違うことが特色であり、それぞれが生まれ育った地方などによっても作り方や具材が違ったりと、様々なバリエーションがあって楽しいものでもあります。男性にとっては、彼女がお煮しめを作ってくれたりすると、かなりポイントが高くなるというものもあり、女子力をアピールすることが出来るというメリットもあります。ハンバーグやおしゃれなイタリアンなどと比べると、お煮しめというのは地味なお料理であり、渋いとさえ思われがちなものでもありますが、やはり日本人にとっては安心できる味であり、何歳になっても食べたいお料理なのではないでしょうか。また自分のお母さんが作ってくれたお煮しめを、自分が結婚をして子供を持ったりした場合に同じようにわが子に作ってあげるという事も、お煮しめなど家庭料理の持つ大きな意味なのではないでしょうか。親から子へと受け継いでいくという、家庭の味の大切さ、代々伝わるその家ならではの味というものは、何にも代えがたい貴重なものであり、大切にしていきたいものです。

お煮しめを作ることの楽しさ

お煮しめを気軽に家庭で食べたいと思うけれど、手作り方法が分からないという方もいらっしゃるでしょう。和食というものは、だしをとるところから始まり、細かな味の加減なども難しそうなので苦手だという若い女性も増えていますが、実は意外に簡単に作ることが出来るものです。最近では共働きの世帯も多くなっていたりするため、多くの主婦が働きに出ているということもあり、だしなどについても手軽に本格的な味を出せるようなものが多く市販されています。顆粒になっているものや、だしじょうゆ、パックになっていてお鍋にお湯を沸かしてそのままポンと入れるタイプもあります。ですから、ただ野菜やお肉などを食べやすい大きさにカットし、それを大きなお鍋に油を引いて炒め、だし汁と調味料で煮るという流れで簡単にお煮しめは出来てしまうのです。その中で一番大切なポイントとしては、やはり野菜の食感にこだわるという事ではないでしょうか。人参など火の通りにくいものは初めのうちからお鍋に入れますが、ジャガイモなどは荷崩れ防止のためにも後から入れましょう。またキヌサヤなどは、別鍋でさっと茹でておき、それを最後に飾る形で盛り付ける事により綺麗な色が抜けません。

お煮しめを作るのに用意する物

お煮しめは大根、ニンジン、レンコン、サトイモ、ゴボウ、インゲンなどの野菜と、厚揚げ、椎茸、高野豆腐などの食材を使った煮物料理であり、それぞれの家庭での味が在るのが特徴です。 おばあちゃんから子供に伝えられ、子供から孫に伝えられるというその家の味が作られているのが特徴で、いわゆるおふくろの味とも言われている定番料理です。 手作り方法は、親から引き継がれており、それぞれの食材の味を引き出すための味付けが行われるのが特徴です。 下ごしらえとしては時間がかかるものの、簡単に作ることが出来る事、一度に色々な野菜を食べることが出来るため、お煮しめは家庭の味、そして健康には欠かせない料理と言えます。 お煮しめの味を決めるのが出汁ですが、出汁はたっぷりと作って醤油や砂糖、みりん、お酒などで味をつけます。 甘いものが好きな家は砂糖を多めにしたり、濃い目の味が好みの家は醤油が多めになるなど、それぞれの家の味により味の濃さが異なりますが、お煮しめはそれぞれの食材の味が一つの鍋の中に凝縮された形で作り出される、日本の伝統的な料理でもあるのです。 因みに、お煮しめに似た料理にがめ煮と言う物が在りますが、これは筑前煮とも呼ばれる煮物料理であり、鶏肉が入るのが特徴です。

お煮しめの作り方の手順

お煮しめは一度に色々な食材を食べることが出来る日本を代表する伝統的な煮物料理です。 手作り方法は親から子、子から孫へと引き継がれ、その家の味を引き継ぐ形で伝わると言われており、家毎に味付けが異なることや、利用する食材についても家により異なっていたり、地域による違いも在ります。 また、魚や鶏肉を入れたお煮しめも在りますし、これを筑前煮と呼ぶ地域もあれば、単にお煮しめと言う呼び名で読んでいる家も在るなど様々です。 作り方はそれぞれの食材の下ごしらえを行いますが、椎茸は干し椎茸を使う事で味を引き立てることが出来ます。 干し椎茸は水につけておいて戻しておきます。 また、昆布は水で洗った後に、鍋に水を入れて昆布を入れて沸騰したら取り出しておきます。 醤油、砂糖、みりん、お酒を使って出汁を作り、椎茸の戻し汁も加えてから、全ての食材を鍋にいれて落し蓋をして強火で炊き始めます。 沸騰したら火を弱火にしてじっくりと味が全体に染み渡るまで煮込み、煮汁が無くなるまで煮込むのがお煮しめの特徴です。 尚、最後の方は汁けが少なくなるので焦げやすくなりますので、時々中をかき回すなどして焦がさないように仕上げていくのがお煮しめ料理を成功させるコツでもあるのです。

お煮しめの作り方のまとめ

お煮しめの作り方についてのまとめとしては、とにかく自分の家庭の味を大切にするというものになります。もちろんシチュエーションなどによって、少し味付けを変えてみるとか、新しいレシピをみてそれを参考にしてみるというのも楽しいものですが、基本の味はしっかりと自分のものにしておきたいものです。そのようにして伝統を受け継いでおくことで、自分が子供を持つようになった時にも、我が家に伝わるお煮しめを教えてあげることが出来る訳ですし、子供が男の子の場合には、そのお嫁さんに教えてあげることも可能になります。現代社会では、女性も社会進出をしていることが多く、忙しさにかまけて何かと外食をしてみたり、インスタントの食品を口にすることや、コンビニエンスストアのお弁当などを利用することも少なくないと言われています。しかしながら、片やしっかりと日本料理の基本を身に着けているという、お料理にこだわるお母さんなども増え続けているのです。忙しいときや疲れているときには、上手に手抜きをしながらも、出来るだけ家庭で食卓を囲む時間を大切にするということは、家族団らんや夫婦円満にもつながる大切なことなので、出来るだけ心掛けたいものです。

y001-0228

縦フリルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

縦フリルを作る理由としては、洋服にアクセントをつけるためです。スカートなどにおいては何もない状態のことがありますが、それ...

y001-0259

冷凍たまごの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スーパーなどで一般的に売られているタマゴの賞味期限は14日程度だと言われています。そして、ほとんどのタマゴは10個1パッ...

y001-0710

高齢者手芸の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

高齢者の方々に楽しんでもらう企画を考えるとき、例えば足腰が弱っていて椅子に座ったままでできるもので、あまり時間がかかりす...

y001-0948

ベビーベッドの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もうすぐ赤ちゃんが誕生するというご家庭では、赤ちゃんを迎えるための準備を進めているでしょう。ベビー用の肌着をはじめ、よだ...

y001-0064

フリースネックウォーマーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・...

フリースネックウォーマーは冬には大活躍のアイテムです。暖かく保温性に優れ、しかも軽いというのが特徴です。市販のものもある...

y001-0754

牛乳パック万華鏡の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

万華鏡って綺麗ですよね。それが手作り出来る事をご存じでしょうか。一見、凄く難しそうと思われるかもしれませんが、意外と身近...

y001-0677

子供ポシェットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供が幼稚園に行く位の年齢になってきたら、自分でバッグを持ってお出掛けしたいと言うようになるでしょう。幼稚園に登園する時...

y001-0597

小麦粉粘土の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

粘土には様々な種類があります。油粘土、樹脂粘土、紙粘土、プラスチック粘土、小麦粉粘土と各種あります。これらの粘土のうち、...

y001-0871

ラッピングの仕方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「ラッピング」には、慶事や弔辞の贈答品を専用の包装紙で包んだ「包装」や、プレゼントとして相手に渡す際に用いられる「ラッピ...

y001-1327

きゅうちゃん漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

きゅうりは一年中、店頭に並ぶので手に入りやすい野菜ですが、家庭菜園やプランターでも比較的簡単に育てることが出来るので、自...

y001-1508

DVDの簡単な手作り...

最近はインターネットで動画を見る人が増えてきています。映...

y001-1050

パソコンでラベルの簡...

パソコンでラベルを作る目的は、例えば、年賀状を大量に出さ...

y001-1455

ウッドデッキの作り方...

家を建てるならウッドデッキのある家がいい、そんな夢を思い...

せんべいの簡単な手作...

現代の子供たちは便利な食生活に浸りきっています。塾や学校...