ガウチョパンツの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ガウチョパンツの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏場の暑さと湿度、これは日本に住んでればだいたいは誰でも感じているもので、そして個人でどうにかすることのできない問題となっています。対策としてはエアコンを入れる、しかしながら常時付けっ放しというのは、経済的なものからも厳しい人が多いはずで、だいたいは他の方法で凌ぎながら、それでも暑さがどうにもならない場合に使うようにしているはずです。では普段から涼しくいるためにどうすればいいのかというと、まずは服装を考えるのがよく、最近になって何度目かのブームがきているガウチョパンツはまさに夏場にぴったりの服装となっています。ガウチョパンツとは裾が緩やかに広がっていて、ゆったりとした七分丈のパンツのことをいいます。 チノやデニムなど素材は様々で、いろいろなタイプのファッションとして活用することができるのです。 もともとガウチョパンツは、南米の草原地帯の牧畜に従事しているカウボーイ、いわゆるガウチョがはいているパンツのことで、履きやすく動きやすいのが特徴です。また裾が広がっているので着心地がよく、風が入りやすく涼しいのがポイントとなっています。それゆえ特に夏にはぴったりで、しかもおしゃれなので人気になるのも当然です。

ガウチョパンツを作ることの楽しさ

そんなガウチョパンツですが、だいたいは既製品を購入するかと思いますが、実はわりと簡単に自分でも手作りすることができるのです。ブームによって一部の店では品切れを起こしていることもあり、今すぐに欲しいと思っている人は手作りすることですぐに履くことができるのです。ただしガウチョパンツというのは人によっては着こなしが難しく、場合によっては野暮ったくなってしまうことがあります。そんな時に手作りすることによって、自分の体に合わせたものが仕上がるのです。人の体というのはそれぞれ個性があるもので、しかし既製品の服というのはどうしても標準サイズを基本としているので、合わない人にとっては厄介な問題だったりするのです。それゆえ自分で手作りをすること、そうすることによって似合いのものがデザインできるのです。 また子供の服としてもガウチョパンツはぴったりで、それこそ体に合わせたサイズのものを作ってあげることができれば、着心地も良く、動きやすく、しかも風通しが良いので夏場にはぴったりのものとなるのです。それゆえ気になるならチャレンジしてみるのがよく、何事も試してみないとはじまりませんので、やってみることが大切なのです。

ガウチョパンツを作るのに用意する物

ガウチョパンツは流行のファッションアイテムとして女性にとても人気がありますが、パンツの太さや長さは実に豊富な種類が販売されており、ちょっとの太さの違いや10㎝の長さの違いで大きく印象が変わってしまいます。身長によっても丈の長さが変わるため、背の低い人には流行りのガウチョパンツを購入したはずなのにロング丈になってしまったということもあります。気に入ったガウチョパンツがなかなか見つからないのであれば、自分で手作りしてみてはいかがでしょうか。 ガウチョパンツは、シンプルに作れば初心者の人でも簡単に作ることができます。ウエスト部分をゴム仕様にすれば、表地とゴムだけ揃えればいいだけです。ゴムは、2㎝から2.5㎝幅のゴムを一本だけ通すという方法の他に、1㎝程度の細幅ゴムを3本から5本入れるとウエスト部分がより安定して履き心地が上がります。ゴムにプラスして、紐を入れて調整をするという仕様にする方法もあります。 もうワンランク上のデザインを作りたいという人には、脇ポケットを付けるのであれば裏ポケット用のスレキが必要になり、ウエスト部分をゴムではなくファスナーやボタンにすることもできますが、ベルト芯が必要になります。

ガウチョパンツの作り方の手順

ガウチョパンツの基本的な手作り方法は、縫い代の始末から始めます。布端がほつれないようにロックミシンを掛けますが、縫合してからかけるという方法もあります。しかし、初心者であれば縫い代のいらない部分を切りながらかがっていくロックミシンの刃に布が巻き込まれて生地を切ってしまう可能性もあり、また生地をほどいて裁断し直さなければならなくなってしまいます。組立前のまだ平面のうちにロックミシンをかけておくと、絡まる心配もありません。後で布端が折った中に入ってしまう部分はわざわざロックミシンをかける必要もないので、脇と股繰りだけにかけます。 次に、左パンツと右パンツを作っていきます。前後や左右のパーツを間違えないように注意し、脇と股下を縫い合わせて縫い目は割りアイロンで押さえておきます。裾は、それぞれ三つ折りにしてステッチをかけて縫いとめます。次に股繰りを縫いますが、左右のパンツのどちらかを裏に返しておき、表面同士を重ねて股繰りラインを縫っていきます。座る時に力のかかる部分でもあるため、おしりが破れたとなれば恥ずかしいものです。細かい針目で二度縫いをしておきます。最後にウエスト部分を三つ折りしてステッチで止め、ゴムを入れたら完成です。

ガウチョパンツの作り方のまとめ

では手作り方法になりますが、まず準備するのは好みの生地、平ゴム、型紙、基本的な裁縫セットとミシンになります。アイロンもあると便利です。生地は綿でもジャージでもなんでもよく、用途に応じて使い分けると出来上がった時の印象が変わります。 最初に型紙を切って、布地にあてて線を描いていく。さらに縫い代を5ミリとって裁断しておきます。パーツはウエスト部分とパンツ部分が2枚になります。 パンツの前中心と後ろ中心をロックミシンで縫っていきます。クリップで留めておくと待ち針よりもずれずに縫いやすく、洋裁用のものが生地を傷めないのでおすすめになります。 縫い代を倒してアイロンをかけ、前後を合わせてサイドをロックミシンで縫います。 股下の前後の中心を合わせてクリップで留めて、ロックミシンで縫います。 次はウエストで平ゴムを縫いつけていきます。脇をミシンで縫って、2つ折りにします。 ゴムを付けた部分が内側にくるようにして、パンツの本体にセットしてロックミシンで縫います。 表に反し、ウエスト部分の折幅で丈の調節ができます。最後に裾をロックで縫ってガウチョパンツの完成になります。ポイントは生地によって糸を変えること、相応しいもので縫うことが大切です。

ふきの煮物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ふきは春の訪れとともにスーパーや八百屋さんの店頭に登場する食材です。春になると色々な山菜が出回りますが、ふきが成長する前...

y001-1068

パーティーレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本の文化では、それほどホームパーティーというのはメジャーではないのかもしれないのですが、外国ではイベントがあったりする...

チヌ釣りだんごの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

クロダイの事をチヌと言います。クロダイは高級魚の1つでもあり、お店で購入すると1匹数千円と言った値段になる魚でもあるので...

防災頭巾カバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

防災頭巾カバーを作る理由としてはまずは防災頭巾の必要性があります。学校などにおいては防災に関する意識が強くなり、教育も行...

包装紙包み方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

相手に心のこもった品を贈る場合、「包装」はとても重要な意味を持ちます。包装する主な目的は、保護性・利便性・快適性・経済性...

y001-0880

ヨーヨーキルトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ヨーヨーキルトは、パッチワークの手法の中でも独特の作り方であり、人気が昔からあります。そのため根強い人気が現在もあり、多...

y001-1349

カルトナージュの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

カルトナージュというのは、厚紙を組み立てて、それに好きな布や包装紙などを貼り付けて綺麗な箱に仕上げるという手芸のことです...

y001-1170

ちりめんつまみ細工の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ちりめんつまみ細工というのは使う布をちりめんに限定しているつまみ細工です。このちりめんという布は絹でできている物と、化繊...

y001-0143

紙垂の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

紙垂の作り方は非常に簡単なので、大人でなくても子供であってもすぐに作ることができます。しかしながら、紙垂とはどのようなも...

シフト表エクセルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

店舗などを運営する場合どうしても開店から閉店までの時間すべてを拘束してしまうと労働基準法の規定する時間を越えてしまうこと...

y001-0237

ペンダント延長コード...

ペンダント延長コードを作る理由としては、照明器具をより下...

y001-1133

とんちクイズの簡単な...

とんちクイズは、その気になれば子供でも解くことが出来るよ...

y001-1194

たまねぎ氷の簡単な手...

たまねぎは血液をサラサラにし若返らせてくれる効果がありま...

y001-0435

豚骨スープの簡単な手...

ラーメン屋の豚骨スープはとてもおいしいですが、自宅で作る...