ガウチョパンツの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ガウチョパンツの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏場の暑さと湿度、これは日本に住んでればだいたいは誰でも感じているもので、そして個人でどうにかすることのできない問題となっています。対策としてはエアコンを入れる、しかしながら常時付けっ放しというのは、経済的なものからも厳しい人が多いはずで、だいたいは他の方法で凌ぎながら、それでも暑さがどうにもならない場合に使うようにしているはずです。では普段から涼しくいるためにどうすればいいのかというと、まずは服装を考えるのがよく、最近になって何度目かのブームがきているガウチョパンツはまさに夏場にぴったりの服装となっています。ガウチョパンツとは裾が緩やかに広がっていて、ゆったりとした七分丈のパンツのことをいいます。 チノやデニムなど素材は様々で、いろいろなタイプのファッションとして活用することができるのです。 もともとガウチョパンツは、南米の草原地帯の牧畜に従事しているカウボーイ、いわゆるガウチョがはいているパンツのことで、履きやすく動きやすいのが特徴です。また裾が広がっているので着心地がよく、風が入りやすく涼しいのがポイントとなっています。それゆえ特に夏にはぴったりで、しかもおしゃれなので人気になるのも当然です。

ガウチョパンツを作ることの楽しさ

そんなガウチョパンツですが、だいたいは既製品を購入するかと思いますが、実はわりと簡単に自分でも手作りすることができるのです。ブームによって一部の店では品切れを起こしていることもあり、今すぐに欲しいと思っている人は手作りすることですぐに履くことができるのです。ただしガウチョパンツというのは人によっては着こなしが難しく、場合によっては野暮ったくなってしまうことがあります。そんな時に手作りすることによって、自分の体に合わせたものが仕上がるのです。人の体というのはそれぞれ個性があるもので、しかし既製品の服というのはどうしても標準サイズを基本としているので、合わない人にとっては厄介な問題だったりするのです。それゆえ自分で手作りをすること、そうすることによって似合いのものがデザインできるのです。 また子供の服としてもガウチョパンツはぴったりで、それこそ体に合わせたサイズのものを作ってあげることができれば、着心地も良く、動きやすく、しかも風通しが良いので夏場にはぴったりのものとなるのです。それゆえ気になるならチャレンジしてみるのがよく、何事も試してみないとはじまりませんので、やってみることが大切なのです。

ガウチョパンツを作るのに用意する物

ガウチョパンツは流行のファッションアイテムとして女性にとても人気がありますが、パンツの太さや長さは実に豊富な種類が販売されており、ちょっとの太さの違いや10㎝の長さの違いで大きく印象が変わってしまいます。身長によっても丈の長さが変わるため、背の低い人には流行りのガウチョパンツを購入したはずなのにロング丈になってしまったということもあります。気に入ったガウチョパンツがなかなか見つからないのであれば、自分で手作りしてみてはいかがでしょうか。 ガウチョパンツは、シンプルに作れば初心者の人でも簡単に作ることができます。ウエスト部分をゴム仕様にすれば、表地とゴムだけ揃えればいいだけです。ゴムは、2㎝から2.5㎝幅のゴムを一本だけ通すという方法の他に、1㎝程度の細幅ゴムを3本から5本入れるとウエスト部分がより安定して履き心地が上がります。ゴムにプラスして、紐を入れて調整をするという仕様にする方法もあります。 もうワンランク上のデザインを作りたいという人には、脇ポケットを付けるのであれば裏ポケット用のスレキが必要になり、ウエスト部分をゴムではなくファスナーやボタンにすることもできますが、ベルト芯が必要になります。

ガウチョパンツの作り方の手順

ガウチョパンツの基本的な手作り方法は、縫い代の始末から始めます。布端がほつれないようにロックミシンを掛けますが、縫合してからかけるという方法もあります。しかし、初心者であれば縫い代のいらない部分を切りながらかがっていくロックミシンの刃に布が巻き込まれて生地を切ってしまう可能性もあり、また生地をほどいて裁断し直さなければならなくなってしまいます。組立前のまだ平面のうちにロックミシンをかけておくと、絡まる心配もありません。後で布端が折った中に入ってしまう部分はわざわざロックミシンをかける必要もないので、脇と股繰りだけにかけます。 次に、左パンツと右パンツを作っていきます。前後や左右のパーツを間違えないように注意し、脇と股下を縫い合わせて縫い目は割りアイロンで押さえておきます。裾は、それぞれ三つ折りにしてステッチをかけて縫いとめます。次に股繰りを縫いますが、左右のパンツのどちらかを裏に返しておき、表面同士を重ねて股繰りラインを縫っていきます。座る時に力のかかる部分でもあるため、おしりが破れたとなれば恥ずかしいものです。細かい針目で二度縫いをしておきます。最後にウエスト部分を三つ折りしてステッチで止め、ゴムを入れたら完成です。

ガウチョパンツの作り方のまとめ

では手作り方法になりますが、まず準備するのは好みの生地、平ゴム、型紙、基本的な裁縫セットとミシンになります。アイロンもあると便利です。生地は綿でもジャージでもなんでもよく、用途に応じて使い分けると出来上がった時の印象が変わります。 最初に型紙を切って、布地にあてて線を描いていく。さらに縫い代を5ミリとって裁断しておきます。パーツはウエスト部分とパンツ部分が2枚になります。 パンツの前中心と後ろ中心をロックミシンで縫っていきます。クリップで留めておくと待ち針よりもずれずに縫いやすく、洋裁用のものが生地を傷めないのでおすすめになります。 縫い代を倒してアイロンをかけ、前後を合わせてサイドをロックミシンで縫います。 股下の前後の中心を合わせてクリップで留めて、ロックミシンで縫います。 次はウエストで平ゴムを縫いつけていきます。脇をミシンで縫って、2つ折りにします。 ゴムを付けた部分が内側にくるようにして、パンツの本体にセットしてロックミシンで縫います。 表に反し、ウエスト部分の折幅で丈の調節ができます。最後に裾をロックで縫ってガウチョパンツの完成になります。ポイントは生地によって糸を変えること、相応しいもので縫うことが大切です。

y001-1460

イノシシ鍋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

肉のレシピと言うと、豚肉や牛肉を使ったレシピは多く在りますが、イノシシ鍋などのようなイノシシを使ってレシピと言うのは意外...

y001-1301

コースターの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏場になると冷たい飲み物を自宅に来たお客様に出す方も多いですが、しずくが落ちてテーブルが濡れるのが難点です。せっかくいい...

y001-1179

チジミの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チジミは韓国風お好み焼きとも言われる食べ物であり、その独特の風味に夢中になる人も少なくありません。お好み焼きと同じく具材...

y001-0461

朝顔折り紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「朝顔」は私たち日本人にとって、大変身近な植物です。古くは江戸時代の朝顔市に始まり、小学生の頃、夏休みの宿題として観察日...

y001-0204

クレープスカートの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

クレープスカートは、防寒と可愛さを兼ね備えたファッションとして、山ガールなどを中心として人気に火が付きました。表生地をキ...

y001-1295

コーンスープを作ることの楽しさ

コーンスープは洋食のスープの中でも、人気が高いスープです。好きな人が多いのも作る目的のひとつになります。コーンスープが登...

y001-0895

もてなし料理レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お客さんを招いた時に作る料理のことを、もてなし料理などと言いますが、もてなし料理は訪れたお客さんの口に合うものを選ぶ事が...

y001-0922

マルシェバッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

マルシェバッグはかご形のバッグで、かぎ針やアフガン針で編んで作ることができます。初心者が簡単に作るならば、編み図の豊富さ...

いかだの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

一見、昔の冒険小説や冒険漫画にしか連想しないいかだですが、わりと全国的に手作りでいかだレースが開催されるなどの人気を見せ...

y001-0654

自由研究中学生の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

中学生といえば、学校から宿題を与えられることがよくあるでしょうが、普段の宿題よりも、長期の休みになった時に、多くの宿題が...

y001-1320

きゅうりレシピの簡単...

きゅうりレシピは、箸休めにも作るのに良いですし、おかずの...

立体星の簡単な手作り...

DIYとして作ることのできる工作物の中には紙を利用したア...

y001-1392

お手玉俵型の簡単な手...

小さい頃、お手玉遊びをした経験のある女性は少なくないので...

y001-1193

ダメージジーンズの簡...

現代の日本ではファッションの多様性が見られるようになって...