キャベツホイコーローの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

キャベツホイコーローの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

キャベツホイコーローを作る理由は、1皿でバランスの良いおかずが作れることです。キャベツ等の野菜をたっぷり取ることができ、脂肪分を落とした豚肉を食べることで、栄養価もバッチリです。キャベツホイコーローは、キャベツと豚肉だけでも十分美味しいものですが、冷蔵庫にある少しだけ残ってしまった野菜を加えてもよく、野菜に含まれるビタミンを効率よく取ることができます。味付けが、辛子や味噌、醤油という家にある調味料でできます。炒めものは野菜の水分が出てしまい、水っぽくなりがちですが、キャベツホイコーローの場合は、最初に具材を茹でる工程があり、最後に水溶き片栗粉を入れ、余分な水分をまとめるので、初心者でも簡単で失敗の少ない仕上がりになります。また、豚肉が少なくても、多くの野菜を少しずつ入れることでも満足感が出ます。味噌の深いコクと醤油の隠し味によって、風味も出てきます。本場の調味料がなくても大丈夫です。豆板醤がなかったら、普通に家で使われている好みの味噌と七味や一味唐辛子を入れても美味しく仕上がります。甜麺醤の代わりに、あれば三温糖、なければ上白糖でコクを出しても美味しいです。中華料理といっても、簡単にアレンジして好みの味付けに調整できるところも魅力です。

キャベツホイコーローを作ることの楽しさ

キャベツホイコーローでは、最初の工程に茹でる作業があります。 これにより、豚肉のカロリーダウンが可能になります。豚肉に含まれるビタミンは糖質の代謝を良くする役目があり、ダイエットには欠かせないものです。豚肉の脂のカロリーが心配な女性も安心して食べられます。疲労回復にも欠かせないので、仕事で疲れている人も、多めに食べられるメリットがあります。豚肉の部位を考えて、ばら肉よりも脂肪の少ないもも肉を選んだりすると、さらなるカロリーダウンが見込まれます。 また、茹でることで野菜のかさが減り、多くの栄養素を取ることが可能になります。豚肉のビタミンと相性が良い、ニラや玉ねぎも一緒に取ると、豚肉の働きを助けてくれるので、相乗効果が期待できます。 油特有の旨味やコクがないと寂しく感じる場合は、茹でるときに、2、3滴ほどのごま油を入れるといいでしょう。 また、合わせ調味料にもごく少量のごま油を入れると、ごまの風味が引き立ちます。大量に入れなければ、味や匂いがくどくなりません。 もし、食べきれずに残ったとしても、冷蔵庫に保存しておいて春巻きにしたり、粗みじんにして焼き餃子にしても美味しくいただけます。元の味がしっかりついているので、繰り回すことができ重宝します。

キャベツホイコーローを作るのに用意する物

キャベツホイコーローはキャベツと豚肉を一緒に炒めた料理で、脂っこそうな見た目に反して意外とヘルシーな料理です。お店などで出てくるホイコーローは専用の調味料を用いていますが、実は自宅にある調味料でも美味しく仕上げることができます。キャベツホイコーローを作る際に用意する材料は、キャベツ、豚バラ肉、しょうが、にんにく、とうがらし、片栗粉、サラダ油です。4人分を作る際には、キャベツを2分の1個、豚バラ肉を200g、しょうがとにんにくを1欠片ずつ、とうがらし1本、片栗粉大さじ4杯、サラダ油大さじ1杯を用意しておいてください。お好みによって、ピーマンや長ネギを用意しても美味しいキャベツホイコーローにすることができます。用意する合わせ調味料は、味噌40g、醤油大さじ1杯、砂糖小さじ2分の1杯、塩小さじ2分の1杯、チキンスープの素小さじ2分の1杯、酒大さじ1杯です。これら調味料を溶かして混ぜるためにお湯も必要なので、カップ1杯分のお湯も用意しておいてください。辛めの味付けが良い場合は、豆板醤などを用意しておいてください。片栗粉はホイコーローにとろみをつけるために使うので、同量の水で溶いて水溶き片栗粉にしておいてください。

キャベツホイコーローの作り方の手順

キャベツホイコーローの手作り方法は簡単なので、材料を買ってくればすぐに作ることができます。まず、下準備として、キャベツの堅い芯の部分を取り除き、4cm角に切っておきます。キャベツは火を通すとしんなりとして少し小さくなるので、大きめに切っておいても大丈夫です。しょうがとにんにくは細かくみじん切りにしておきます。とうがらしは種の部分を取り除いて、小さく輪切りにしておきます。豚バラ肉は食べやすい大きさに切って用意した片栗粉の半分を全体にまぶしておきます。あとは、用意しておいた味噌と醤油、砂糖、塩、チキンスープの素、酒をボウルに入れてカップ一杯分のお湯で溶かしておいたら準備は完了です。フライパンに軽く水を入れて、豚バラ肉を茹でていきます。肉に火が通ってきたら、キャベツを加えて1分ほど茹でたのちにザルにあげ、湯を切ります。フライパンにサラダ油を引いて、しょうが、にんにく、とうがらしを入れて弱火で炒めていきます。しばらく炒めたら、先ほど作った合わせ調味料を加えて軽く煮立たせて、水溶き片栗粉を加えてとろみをつけていきます。ここに、湯きりした豚バラ肉とキャベツを合わせて全体にからませていきます。味が全体についたらキャベツホイコーローの完成です。

キャベツホイコーローの作り方のまとめ

キャベツホイコーローの手作り方法は、中華鍋(なければ普通の鍋)湯を沸かしておき、キャベツや、玉ねぎ、ニラを切っておきます。あれば、ピーマンやしいたけを入れても美味しいです。キャベツは一口大、キャベツの芯は薄切り、玉ねぎは1cmくらいに切り、ニラは5cmくらいにざく切りします。豚の薄切り肉は一口大に切っておきます。小間切れなら切る手間が省けます。できれば中華鍋があると調理器具が1つで済み、簡単にできます。 合わせ調味料を作っておきます。あれば豆板醤や甜麺醤を少量混ぜると本格的な味わいになります。 味噌を大さじ1に唐辛子を少々、砂糖を大さじ1/2程度入れ、醤油と酒、ごま油を少々加えて混ぜます。混ざったら、生姜とにんにくを1かけずつすりおろして混ぜておきます。 沸いたお湯に、ごま油を2、3滴加え、野菜を入れて茹でます。後で炒めるので、火の通し過ぎに注意してください。野菜をざるに上げた後で、豚肉を茹で、ざるに開けます。白っぽくなれば大丈夫です。もも肉の場合は、火を通しすぎるとパサパサになるので、気をつけましょう。 中のお湯を捨てて、中華鍋(なければフライパン)を軽く拭いておき、具材を入れて火を中火にします。ひと混ぜして、合わせ調味料を入れ、ざっくり混ぜます。味を見て足りないようだったら、塩コショウで調節します。十分混ざったら、縁から倍量で溶いた水溶き片栗粉を入れ、出来上がりになります。

y001-0476

短冊の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

短冊といえば日本ではだいたいにおいて七月七日の七夕の日に願い事を書く紙として使われることが多く、その由来を知らなくとも、...

y001-0387

半熟オムライスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

卵の調理は簡単なようで非常に難しく中でも半熟調理は温度調節や経験が必要となるものが多いです。中でも半熟オムライスは非常に...

y001-0007

ヘクセンハウスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子どもの頃に憧れたお菓子の家。それが自分でも作れます。ヘクセンハウスと言いますが結構簡単に手作りをすることが出来ます。子...

y001-0201

塩麹の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

塩麹は日本に昔からある伝統の調味料です。料理にもマッチしますので、とても使いやすいものです。市販のものなどは塩味が強すぎ...

アームカバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アームカバーは日焼け止めや掃除の時に長袖が汚れないようにするために使うものですが、手作りすることもできます。手作りしてア...

y001-0899

めんつゆの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

和食を作るうえで欠かせないのが「出汁(だし)」です。また、その出汁を使って作る「めんつゆ」は、そうめんやそばなどの麺類を...

y001-1337

キーマカレーレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

カレーというのは嫌いだという人が珍しいくらいに、誰からも愛される食べ物です。しかも基本の作り方は簡単で、市販されているル...

y001-0410

梅ジュース炊飯器の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅ジュースは、健康、美容に非常に効果的で、しっかりアルコールを抜けば子どもから大人まで楽しむことができます。梅は、アルカ...

手提げカバンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

外出する時に、必要になるものを常に手に持つという行為は、歩き回ったり、走り回るなどの動作をする時の妨げになってしまいます...

y001-0611

手作り燻製器の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

古くから世界中で様々な食材を使った燻製があります。ここ日本でも鰹節をはじめ漬物を燻したいぶりがっこや鮭の燻製が有名です。...

折り紙バラ折り方の簡...

手紙を送るときに第三者にわからないようにてがみを入れてお...

y001-0929

マイクラ城の簡単な手...

さまざまな建造物を作ることができるマイクラの世界では、多...

y001-0845

ローストビーフの簡単...

イギリスの伝統料理でもあるローストビーフは、その存在感か...

y001-0691

雑木の庭を作る理由

家を新築したり、庭のある家を入手できたりしたら自分の希望...