きゅうちゃん漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

きゅうちゃん漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

きゅうりは一年中、店頭に並ぶので手に入りやすい野菜ですが、家庭菜園やプランターでも比較的簡単に育てることが出来るので、自分で作ったきゅうりを使って自家製のきゅうちゃん漬けを作るといいでしょう。自家製きゅうりは採れ立てなので新鮮でおいしいですが、時期によっては食べきるのが大変なくらい、大量に収獲できることがあります。きゅうりを生のまま置いておくと、きゅうりのほとんどは水分で出来ていますから腐りやすくなってしまいます。きゅうりはそのまま食べたりサラダにしてもおいしいですが、漬物にすると保存がききますし一品料理として食卓を飾ることができます。サラダなどで使わない場合は、漬物にすれば冷蔵庫に入れて保存ができますし、冷凍保存すればいつでも好きなときに食べられます。ただ冷凍をした場合も、きゅうりは水分を多く含む性質ですから、冷凍してから1カ月以内には食べきるようにしましょう。市販品のきゅうちゃん漬けもおいしいですが、自家製にすると保存料や防腐剤が入っていないので、子供からお年寄りまで誰でも安心して食べることができます。材料によって、甘めやピリ辛などアレンジが簡単にできるので、家独自のおいしいきゅうちゃん漬けを作ることができます。 

きゅうちゃん漬けを作ることの楽しさ

自家製のきゅうちゃん漬けは簡単に作れますので、作り置きをしておくと、おかずの1品やおつまみとして好きなときに食べられます。きゅうちゃん漬けを作るのに必要な醤油や塩の量を調整することができますから、塩分を気にする方にも手作りのきゅうちゃん漬けはおすすめです。塩分を少なくし過ぎると、野菜が傷みやすくなってしまうので、市販品のものは塩分控えめという広告をうたっていても自家製のものより塩分がしっかり入っていたり、塩分の代わりに保存料が入っていることが多いでしょう。自家製の場合は保存を目的とせずに、食べる分だけを作ることができますから、塩分を少なくしたきゅうちゃん漬けを作ることができます。きゅうちゃん漬けを作る際に、塩以外に砂糖や酢、醤油、みりんなどの調味料を加えますが、調味料をアレンジすることでお好みの味を作ることができます。少し甘めのきゅうちゃん漬けにしたい場合は、砂糖を多めに入れたり隠し味としてはちみつを入れたらまろやかな味になっておすすめです。甘さが苦手な場合は、砂糖を入れずに焼酎を少々入れることで、ほんのりした甘さになり甘さが気になりません。ピリ辛のきゅうちゃん漬けにしたい時は、鷹の爪や唐辛子を少々入れるといいでしょう。鷹の爪を入れることでさらに保存期間をのばすことができます。自家製のきゅうちゃん漬けは、家族の好みに合わせて味をアレンジできるのが大きなメリットです。

きゅうちゃん漬けを作るのに用意する物

家庭菜園をしていると、一度に大量のきゅうりが収獲できることがあります。きゅうりはそのままで食べても調理してもおいしいですが、同じメニューであれば飽きてしまいます。そんなときは、長持ちしてご飯のお供に飽きることのないきゅうちゃん漬けを作ることがおすすめです。きゅうちゃん漬けは自宅でも簡単に作ることができます。きゅうちゃん漬けを作る際に用意するものは、食材はきゅうりと生姜、鷹の爪、ごまだけです。あとは調味料として、しょうゆとみりん、酢、砂糖を用意すれば簡単に作ることができます。生姜は新生姜ではなく土生姜がいいでしょう。新生姜もおいしいのですが、水分がたっぷり含まれているので、きゅうちゃん漬けに使用すると水分が多くべちゃっとしてしまうことがあるので、土生姜の方がいいでしょう。調味料につかう醤油は、濃口でも薄口でもかまいませんが、もしだししょうゆがあれば、だししょうゆを使ったほうが旨味が出ておいしくなるのでおすすめです。きゅうちゃん漬けを保存するものとして、密封できるタッパーを用意しておきましょう。漬けてすぐのきゅうちゃん漬けもおいしいですが、時間がたつと味がしみ込んでもっとおいしくなるので、保存できるような容器が必要です。

きゅうちゃん漬けの作り方の手順

きゅうちゃん漬けの手作り方法は、まずはきゅうりを茹でることから始まります。きゅうりに火を通すということに最初は驚く方もおられますが、火を通すことで長持ちするだけでなく、食感も良くなります。きゅうりが丸ごと浸かるような鍋にお湯をたっぷり沸かします。沸騰したお湯にきゅうりを2分間ほど茹でます。2分したら鍋から取り出し、ざるなどに入れてきゅうりを冷まします。この時、きゅうりを冷水につけたりせず、自然に熱が冷めるのを待ちましょう。冷めたらきゅうりを2mm~3mmの厚さに切っていきます。切ったきゅうりはキッチンペーパーに包んで絞り、水気を切ります。水分をできるだけ切ることで、漬け汁が馴染んでおいしくなります。漬け汁は、醤油とみりんを2対1の割合で配合します。砂糖はお好みですが、大匙1杯くらいが目安になります。そこに小さく切った鷹の爪を入れて胡麻をいれれば、漬け汁の完成です。水をしっかり絞ったきゅうりを漬け汁に浸して漬けこんだら出来上がりです。漬けてすぐもおいしいですが、半日以上漬けると味が馴染んでさらにおいしくなります。きゅうりそのものもおいしいですが、漬け汁もおいしいので、冷奴にかけたり納豆のタレにしてもおいしいのでおすすめです。

きゅうちゃん漬けの作り方のまとめ

きゅうちゃん漬けの手作り方法は、きゅうりを綺麗に洗って切ることから始めます。輪切りにすると味が染みやすくなりますが、スティック状に切るのも見た目がおしゃれでおすすめです。新鮮なきゅうりで作るのが望ましいですが、少し古くなったきゅうりを使う場合は、縦切りにして種部分を切り取るといいでしょう。切ったきゅうりを軽く塩でもみます。塩はきゅうりの量に対して2%以上の量を入れると保存が出来るようになります。鍋にたっぷりの水を沸騰させ、そこに塩でもんだキュウリを3分ほど茹でます。火を通すことで皮部分の細菌が取れますし、茹でることできゅうりの旨味を引き出すことができます。茹でたきゅうりは粗熱を取ったら、そこに砂糖と醤油、みりん、酢などの調味料を入れます。きゅうり1kgに対し、醤油は200cc、酢とみりんは100cc、砂糖は100g程度入れるといいでしょう。調味料はアレンジできますから、味見をして家庭の味を見つけるのがおすすめです。タッパーやガラス瓶など密封できる容器にきゅうりと調味料を合わせたものを入れて、冷蔵庫で保存し半日くらいたったらおいしいきゅうちゃん漬けが出来上がります。時間が経てばさらに調味料が馴染んでおいしく食べられます。

y001-0985

ふきレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

春になるとフキノトウが店頭に並びますが、フキノトウはふきの蕾の部分であり、花が開く前に収穫を行う事で酢味噌和えや天ぷらな...

y001-0240

笹刈り刃の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

笹刈り刃とは草刈りを行う際に使われる刃です。メインとして草刈り専用の機械に付けて使われます。言うまでもなく通販サイトで売...

ティッシュケースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ティッシュケースは自宅の部屋で使うものと小さなポケットティッシュのものとがあり、最近は簡単にハンドメイドで手作りできます...

y001-0721

広島風お好み焼きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お好み焼きには関西風お好み焼きと広島風お好み焼きの2種類が在ります。この二つの大きな違いは焼きそばやうどんの麺を使うかど...

y001-0007

ヘクセンハウスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子どもの頃に憧れたお菓子の家。それが自分でも作れます。ヘクセンハウスと言いますが結構簡単に手作りをすることが出来ます。子...

y001-1092

ニンニクチップの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

にんにくの健康効果というのは精力剤の材料に使われるように食欲増進効果に加えて疲労回復効果があることで男性にとってうれしい...

y001-1122

ナップサックの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ナップサックは小学生のお子さんなどが体操着などを入れるのにもよく利用されるリュックタイプのバッグです。両手があくのでちょ...

おいしいおかゆの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おいしいおかゆを作るのは、いろいろな理由があることでしょう。例えば、乳児のいる家庭では、乳汁栄養からの移行食として離乳食...

y001-0108

ドウダンツツジ生垣の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日常生活では、自宅を購入して、自分の城を得られると、それを出来るだけ美しく暮らしやすいように変えていきたくなります。特に...

y001-1190

ダンボールの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ダンボールは誰もが知っている身近な道具ですが、同時に、誰もが使いやすい工作の素材でもあります。小中高校と文化祭の出し物作...

y001-0487

大きいシャボン玉の簡...

シャボン玉遊びといえば、子どもが大好きな遊びのひとつです...

牛乳パック小物入れの...

気が付くといつの間にかたまってしまう、牛乳パックの山、も...

y001-0065

ペンケースの簡単な手...

ペンケースを作る理由は自分だけの入れ物を作る目的がありま...

y001-0616

手作り人形の簡単な手...

大人になると意識が薄れていくものですが、子供の頃に夢中に...