コーヒーゼリーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

コーヒーゼリーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ちょっとした休憩や食後には、コーヒーを欠かせないという人も多いでしょう。コーヒーには覚醒作用や精神を落ち着かせるような働きもあるので、それなしでは落ち着かないという人もいることでしょう。好みや体質もあるのですが、飲み物のコーヒーをゼリーにすることで、ちょっとしたおやつになったり、食後のデザートとして喜ばれることは間違いないでしょう。ほろ苦さにプラスして甘さやコクで素敵な一品にすることができるのです。また、凝固剤にもよるのですが、どのようなもので固めたとしてもローカロリーのデザートになりますし、整腸作用があったり、美肌の作用があったりするような原料から作られるので、体のためにもいいといえるでしょう。フルーツなどのゼリーも数多くあるのですが、そういったゼリーよりも大人の味わいであり、食べるコーヒーとして夏場の暑い時期に体を冷やすために出されるデザートとしては最適だと思われます。このように、コーヒーゼリーはどこか懐かしさもある、気軽に作ったりして食べることができるデザートとして、多くの人に愛されているものになります。作ることによって、購入するよりもかなりリーズナブルに大量にできるので、おすすめです。

コーヒーゼリーを作ることの楽しさ

コーヒーゼリーというのは、ほろ苦さがありながらもさっぱりしたデザートとして多くの人に愛されるものです。ですから、凝固剤などをアレンジしながらも食感を楽しむことができるように検討していきます。 凝固剤としては、一般的なものであるのがゼラチンです。ゼラチンというのは、動物の骨や皮などから抽出した成分であり、タンパク質になります。ちょうど魚や肉の煮こごりがそれにあたり、溶けるような食感が特徴ですが、臭みやクセを感じることもあります。もう一つは寒天です。寒天というと、天草とおごのりなどを原材料にしており、ところてんやあんみつなどに使われることが多い食品です。海藻を原料としているわけで炭水化物になります。これらの違いを比べてみると、食感にはっきりと違いがあり、舌で溶けるような感覚であるものとスプーンで割れるような感覚であるものであり、人によって好みが違います。そういった違いを理解しながら、どの凝固剤にするのか、そして濃度はどの程度が美味しいのか、甘さの程度やクリームの有無など、工夫をしてみるのも楽しいでしょう。 そして作って食べる中でのメリットとしては、飲み物をのど越しのよいデザートの加工することによってさらに味わいのよいものにできるということが挙げられるのです。

コーヒーゼリーを作るのに用意する物

コーヒーゼリーが好きな方は、意外と多いのでは無いでしょうか。コーヒーゼリーはご自宅で簡単に手作りする事ができるデザートの1つです。子供さん向けや、手軽に作る際にはインスタントコーヒーを使って作るのが一番お手軽になります。少しだけ本格的な物を食べたいと思った場合は、自宅でドリップしたコーヒーを使いゼリーとして固めていきます。ただ、それだけです。できあがりの甘さは、好みで調節して行きます。食べる時に掛けるクリームも、コーヒーポーションでも良し、生クリームでも良いとアレンジのしやすさは抜群です。では、必要な材料を書き出しみましょう。インスタントコーヒー(または、レギュラーコーヒー)、砂糖、粉ゼラチン、水、これだけです。混ぜる為の鍋と、ヘラ、お玉、ゼリーの入れ物を用意しましょう。ゼリーを入れる物は、ガラス容器でも良いですし、プリンなどを買ってきた時に入っていた使い捨てのカップを洗って取って置くと便利です。また、レシピの中には含まれませんが、最後にコーヒーゼリーを食べる時に掛けるクリームも用意します。コーヒーポーションミルク、生クリーム、お子さんなら練乳でも良いでしょう。これで材料は揃いました。では作り方を説明していきましょう。

コーヒーゼリーの作り方の手順

まずは、ベースになるコーヒーを作っていきます。ドリップコーヒーを使う場合は、前もってコーヒーを淹れておきます。それを、水の分量に換算して使って下さい。砂糖は好みで、増減して貰えますのでベースレシピを書いていきます。大人と子供で甘みを変更したい場合は、砂糖を少なめにしてガムシロップなどをクリームと一緒に掛けて甘みを補う事も可能です。では、作ってみましょう。3、4人前のレシピです。水500cc、インスタントコーヒー大さじ3、粉ゼラチン(箱に記載の量に準ずる量を使用)、砂糖(グラニュー糖なら尚良し)大さじ3。以上です。まずは、水を鍋に入れ温めていきます。沸騰しましたら火を止めて、インスタントコーヒーと砂糖を加えていきます。沸騰したお湯を使う事で、インスタントコーヒーの香りが立ちます。最後に、粉ゼラチンを入れますが、メーカーによって水やぬるま湯でも溶けると書かれているもの等様々です。箱の使用法に準じた温度になりましたら、ゼラチンを入れてあら熱を冷まします。ゼラチンをきっちり混ぜる為に、ヘラで鍋底から全体をしっかりかき混ぜます。あら熱を取った後、お玉などを使い入れ物に注ぎ冷蔵庫に入れて冷やせばできあがりです。こちらのレシピですとしっかり固まりますが、とろける様なコーヒーゼリーを食べたい場合は水の分量を増やすなど工夫次第で食感も変えられます。ただ、応用は失敗しやすいので、2度目3度目でチャレンジしてみると良いでしょう。以上、コーヒーゼリーの手作り方法でした。

コーヒーゼリーの作り方のまとめ

それでは、コーヒーゼリーの簡単な手作り方法について、ご説明しましょう。コーヒーは、豆から抽出した液体を使ってもいいですし、手軽に作るにはインスタントコーヒーを利用してもいいでしょう。インスタントコーヒーを利用したとしても、とても美味しくできるのです。 まずゼラチンで作る場合には、ゼラチンを水で10分ほどふやかしておきます。そして、コーヒーを抽出したものまたはインスタントコーヒーを溶かしたものに、好みで砂糖を入れて溶かした温かい液体にゼラチンを溶かしていきます。この時、液体が熱すぎる状態ではゼラチンの凝固力が弱まってしまうので注意します。そしてゼラチンが完全に溶けたら器などに流して冷やしていきます。ゼラチンは冷やすことで固まるのですが、気温が高かったり、再加熱をすると溶ける性質を持っているので、知っておくといいでしょう。 次に寒天ですが、分量の水に粉寒天を入れて火にかけ、しばらくよく沸騰させて寒天を溶かしてから、コーヒーや砂糖を加えるようにします。そして器に流して固めます。寒天は常温でも固まる性質があるので、気温によって溶けてしまうという心配はないのです。 いずれの方法にしてもできたコーヒーゼリーに生クリームなどを添えるとおいしく頂くことができるでしょう。

y001-0073

毛糸ポンポンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

毛糸ポンポンを作る一番の理由としては、やはり可愛さがアップするということでしょうか。最近では女性の方でも賃貸マンションの...

y001-0626

手作りバッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りバッグを作る理由で、近年多くなったのがエコバッグとして利用するためにという方が圧倒的に多くなっています。エコバッグ...

y001-0851

レシピ麻婆豆腐の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

中華料理が好きだという人は多く、特にピリッと辛い麻婆豆腐は食べに行けば必ず頼むといった人が多いかと思います。ひき肉と豆腐...

y001-0841

わらじの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

わらじは軽くて履きやすく、健康にも良いとされる、日本古来の履物です。今では誰も履く事が無いと思われがちですが、現在でも登...

y001-0151

連絡網の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

連絡網を作るいちばんの理由は、いつでも連絡を取りたい人が複数おり、その人たちと常に連絡を絶やさずにいたいという場合と、必...

y001-1162

テーブルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

大昔の人は、床や地面に直接ものや食べ物を置いて、作業をしたり食事をするなどしていました。そのうちにテーブルという道具が生...

紅生姜の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏に多くなる体の変化として体の一部に多くの汗が出てしまう多汗症や体に熱がこもることによって機能障害を起こす熱中症がありま...

y001-0418

粘土花の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

粘土花というものは、樹脂粘土や軽量粘土を使用して作る花のことです。本物の花だと世話をしなければなりませんし、時期が来れば...

y001-1337

キーマカレーレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

カレーというのは嫌いだという人が珍しいくらいに、誰からも愛される食べ物です。しかも基本の作り方は簡単で、市販されているル...

y001-0745

金柑甘露煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

初冬から早春の頃にたわわに実を結び店頭でも目にする機会が多い金柑、普段から食べ親しんでいるミカンを丸く小さくしたような愛...

y001-0189

お手玉の簡単な手作り...

最近の子供達の遊びというと、スマホなどでのインターネット...

y001-0662

紙飛行機折り方長方形...

たった一枚の紙で作り上げる紙飛行機は誰もが気軽に楽しめま...

くじ引きの簡単な手作...

くじ引きを作り理由は様々です。学校での文化祭などの催しで...

y001-0320

味噌麹の簡単な手作り...

味噌は昔から美容や健康におすすめの食材だと言われています...