スープカレーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スープカレーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

一般的なカレーはご飯の上にカレーをかけて食べますが、スープカレーはサラサラとしたスープ状のカレーにご飯を少しずつ付けて食べる料理です。家庭で作られるほとんどのカレーはご飯の上にルーをかけるスタイルのもので、スープカレーはお店などに行かなければ食べる機会はあまりないと思います。ただ、お店で頼むとなると、そこそこお金もかかりますし、人気店にもなると待ち時間も発生してしまいます。また、スープカレーは普通のカレーと違い、ごろごろとした大きめの具材が特徴で、素材そのものの味が際立つ料理であるため、自分の好きな具材を使って食べたいところです。特に、その季節の旬の野菜の味をそのまま楽しむことができるため、非常に美味しいカレーにすることができます。そのため、お店に行って頼むのではなく、自分でスープカレーを作ってみることをおすすめします。普通のカレーの作り方と若干違うので、最初は戸惑うかもしれませんが、作り方自体はそれほど難しいわけではありません。普通のカレーに飽きてきて、少し違ったカレーを食べたい方や、テレビなどを見て最近話題のスープカレーがどういったものなのか気になった方は、是非一度自宅で挑戦してみてください。

スープカレーを作ることの楽しさ

スープカレーと普通のカレーの一番の違いは、やはりカレーのルーがとろとろかサラサラかというところです。普通のカレーはとろみがあり、まろやかな味わいが特徴的ですが、スープカレーはサラサラで食べたあとのキレが特徴的です。普通のカレーと比べて香辛料の味をかなり感じることができるので、辛いものが得意な方におすすめです。香辛料をストレートに感じるので、発汗作用があり夏バテ防止にも効果があります。また、普通のカレーでは、ルーと食材が合わさっていますが、スープカレーにおいては、スープと具材はそれぞれ別々に調理をして最後に合わせるため、食材本来の味を楽しむことができます。普段のカレーの調理方法と異なるため、いつもと違った調理をすることができて楽しいですし、新しいレパートリーが増えるのでおすすめです。具材の入ったスープは大きめの器に盛り付け、それとは別にご飯を用意します。いつも食べているカレーと違うので、食卓の雰囲気が一気におしゃれになり、食べることがより一層楽しくなります。最初は具材とご飯を別々に食べたり、スプーンなどにご飯をとって、カレースープに浸して食べたりしていき、ご飯の残りが少なくなってきたらスープ皿に入れて食べるなどいろいろな食べ方を楽しむことができます。

スープカレーを作るのに用意する物

簡単かつ手軽にスープカレーを作る際に用意するものは、スープ用の材料として、固形のカレールウ、水、ケチャップ、にんにく、コンソメ、味噌、塩、胡椒になります。 ジャガイモ、人参、鶏肉、茄子、玉ねぎなど、具材は旬の野菜や、好きな野菜、家にある野菜などで対応すると良いでしょう。 スープカレーを作る際、たくさんのスパイスを使いますが、全てが入っている固形のカレールウを使用することによって時短にもなり、自宅で簡単に美味しく作ることができます。 味噌はコクを出す為の隠し味ですが、こちらも入れるのはお好みで構いません。 トマトケチャップも色々な野菜やスパイスが使われているので便利です。 ニンニクは市販されているチューブのもので大丈夫です。 カレールウにある程度の辛さもあるので、甘口が苦手であれば、辛口を使うなど自分で調整することができます。 スープカレーの具材は、鶏肉を使うのが一般的です。 骨付きのもも肉は存在感もありますし、食べにくいのであれば普通のもも肉でも対応することができます。 鍋は普通のカレーを作る時と同じものや、フライパンでも作ることができます。 鶏肉からしっかり出汁を取る場合には、圧力鍋があると良いでしょう。

スープカレーの作り方の手順

スープカレー手作り方法の手順です。 ジャガイモはしっかりと汚れを落とし、皮付きのまま大きめに切り分けます。 人参は皮を剥き、大きめに切り分けます。 玉ねぎも大きめのくし切りにしておきます。 深めの鍋に油をひき、ニンニクを香りが出るまで炒めます。 油は普通のサラダ油でも、オリーブオイルでもどちらでも大丈夫です。 香りの強いごま油の使用は避けるようにしましょう。 ニンニクの香りがしてきたら、鶏肉、人参、ジャガイモを入れて炒めます。 鶏肉に焦げ目がついてきたら、玉ねぎを加えて軽く炒めます。 そこに、水とコンソメを入れ、煮立ってきたらトマトケチャップを入れます。 具材が柔らかくなるまで煮込みますが、野菜が柔らかくなりすぎないようにするのが大切です。 具材に火が通ったら、カレールウと味噌を入れます。 味をみながら、塩、胡椒を入れましょう。 茄子などの柔らかくて、火が通りやすい野菜は、フライパンで軽く焼いておくと良いでしょう。 一緒に煮込んでしまうと、ドロドロに溶けてしまいます。 具材を先にお皿に盛り、後からスープカレーをかけていきます。 最後に焼いておいた茄子をトッピングして完成です。 ご飯と一緒に食べることができる上に、具材が大きめなので食べ応えがあります。

スープカレーの作り方のまとめ

スープカレーの手作り方法は、普通のカレーの作り方と少し異なりますが簡単です。用意する食材は4人分で、小さめの鳥のもも肉2枚、じゃがいも2個、にんじん半分、たまねぎ1個、なすび1個、キャベツ数枚です。お好みでピーマンやシメジなど自分の好きな食材を用意してください。スープの材料は、ホールトマト缶200g、水1200ml、固形タイプのコンソメの素2個、お好みの辛さのカレールー50gです。作り方ですが、まずは鶏肉を一口サイズに切っていきます。じゃがいもは皮をむいてこちらも一口サイズに切っていきます。にんじんは乱切りに、たまねぎは薄くスライスしていきます。なすびは少し大きめに切ってください。あとはキャベツをぶつ切りに切って具材の準備は完了です。鍋を用意して、油を少し多めに入れてたまねぎを炒めていきます。少し色が変わってきたら鶏肉を加えて炒め、ホールトマト、水、コンソメの素を入れて混ぜていきます。煮立ってきたらじゃがいもとにんじんを加えたのち、塩こしょうで味付けをし、弱火で15分ほど煮込んでいきます。カレールーを加えてもう少し煮込んでいきます。この間に、別のフライパンでなすびとキャベツを炒めておいてください。スープが煮込み終わったらお皿に盛り付けてなすびとキャベツを加えて完成です。

y001-1220

スモックの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スモックというと、保育園や幼稚園に行っているくらいの小さな子供が着るものというイメージがあります。通っている施設によって...

y001-0397

梅肉ソースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅肉ソースを作ることの目的は、単調になりやすい調味料の種類を増やすためでもあります。五味の分類の一つの酸味が豊富な調味料...

y001-0367

美味しい梅酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅酒は日本が誇るリキュールの一種として全国で楽しまれているお酒です。非常に甘みが強く作られていますのでお酒が苦手であると...

y001-0282

卵の燻製の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

食材を煙でいぶして独特の味わいを引き出す燻製食品は、ベーコンやソーセージなど、市販品も数多くあります。ただ、市販のものは...

y001-0555

水槽台の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏になると涼しげな熱帯魚水槽を始める人が増えてきます。近年、アクアリュウムというジャンルも定着してきました。始めるにあた...

y001-0317

味付け卵の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

卵は多くの人が大好きな食材です。焼いてもおいしいですし生で食べても中々の味です。しかしひと手間をかけて作る味付け卵は他の...

y001-0505

川柳の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

川柳を作る目的は人によって様々だと思われます。いくつか一般的な理由や目的を考えてみたいと思います。まず、自分の日々感じた...

y001-0987

ふきの佃煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ふきの佃煮は、昔から常備菜としてどこのお宅でも作られていた物です。最近では、作る方が少なくなりスーパーでお総菜として買っ...

七夕飾り折り紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

七夕飾りは笹に飾られることが多い飾りです。笹は生命力が強いため、魔よけの意味をこめて飾るようになりました。短冊に願い事を...

y001-1184

チーズケーキの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チーズケーキを作ろうと思ったらクリームチーズが切れていた、というときでも作れる「スライスチーズを使ったレシピ」です。クリ...

y001-0523

折り紙トトロの簡単な...

封筒という道具は、手紙を相手に送るときに使うものであり、...

Gパンでリメイクバッ...

長年履いたGパン。愛着があり捨てるのはもったいなく何か利...

y001-0541

生ゴミ堆肥の簡単な手...

生ゴミ堆肥を作る目的の第一は、副産物として利用することで...

y001-0417

納豆の簡単な手作り方...

納豆というのは、大豆を納豆菌によって発酵させた日本の伝統...