すもも漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

すもも漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

すももは五果の一つに分類される果物で、古来から食卓で親しまれています。バラ科サクラ属の桃よりも酸味が強いですが、すもも漬けにすると食べやすい味になります。漬けるための目的としては、季節感を味わうためでもあります。梅の収穫に遅れてすももの季節になると、夏の暑さも厳しさを増していきます。夏バテしやすい時期には、すもも漬けを食べることで、疲労回復成分のクエン酸を摂取できます。爽やかな香りと酸味のおかげ、気分もすっきりとさせる効果があります。昔の人は梅やすももを食べて、夏に備えるための英気を養いました。収穫できる時期は限られていますから、長く保存する必要も出てきます。すもも漬けにしておけば、収穫時期が過ぎてからも利用することができます。そのため、簡単な手作り方法が各家庭ごとに伝わってきました。梅漬けや梅干しを作ることが得意な人は、すもも漬けについても作り方を熟知しているものでした。昔は親などから教わったものですが、最近では作り方をインターネットなどでも知ることができます。果物の美味しさを最大限にまで活かすためにも、すもも漬けを作ることが役立ちます。健康のための目的として作れば、家族への思いやりの精神も養われていきます。

すもも漬けを作ることの楽しさ

すももは桃に負けないほどに美味しい果物ですから、できるだけ長く食べたいと思うのが普通です。昔は単純に保存のために漬けていましたが、現在では美食のためにすもも漬けを作れるメリットもあります。生の状態でも十分に美味しいですが、すもも漬けにすることで旨味が濃縮します。熟成させれば強い酸味は穏やかとなり、子供でも親しみやすい味になります。ソルダムや大石早生だけでなく、太陽や貴陽などの大玉の品種で作れるメリットもあります。品種ごとに違う味を楽しむことで、果物の真の美味しさも理解できるようになります。日本の果物の原点となるもので、古代中国のことわざにも登場するのがすももです。すもも漬けを食べて五果の歴史にも触れることは、大変に有意義なことです。最近は外国産の珍しい果物も入手しやすくなりましたが、古代の昔から愛されているすももを食べることもおすすめです。すもも漬けの豊かな酸味によって、体の疲れも吹き飛んでしまいます。梅漬けとはまた違った美味しさがあるのは、実際に食べてみればよく分かります。家庭で大量に作っておけば、近所におすそ分けして親交を深めることもできます。作り方については、友人たちと相談して探ることができるのも楽しいことです。

すもも漬けを作るのに用意する物

すももは夏に旬を迎える果物で、甘みと酸味のバランスがよく、みずみずしい味わいが特徴のフルーツです。そのまま食べてもおいしいですが、すももを漬けた果実酒や、すももの果肉を使って調味料を作り料理に使うと一味違ったおいしい料理を作ることができます。すももにはカリウムが沢山含まれており、それらは体内の水分バランスを整えたり、腎臓病や高血圧の予防にも効果があります。真夏の汗をかきやすく疲れやすい季節には、すももを使った料理がおすすめです。その1つが、小さなお子様でも安心して食べられるすもも漬けがあります。すもも漬けは、自宅でも簡単に作ることができるのでおすすめです。自宅で作ったものは香料などの添加物が使われていませんから、安心して食べることができます。すもも漬けを作る際に用意するものは、すももと氷砂糖、りんご酢、消毒用のアルコールです。すもも漬けを保存するための、煮沸消毒が可能なガラス瓶を用意しましょう。パッキンがついているものが密封度が高くで好ましいです。りんご酢はフルーティーなのですももの甘さと合うのでおすすめですが、一般的な酢でもかまいません。また氷砂糖の代用として、砂糖やはちみつでもおいしく出来上がります。

すもも漬けの作り方の手順

すもも漬けの手作り方法は、とても簡単です。すももを1つ1つ丁寧に水で洗いましょう。へた部分を竹串を使って綺麗に取り除きます。へたが残っていると、そこから腐りやすくなったり渋みが出やすくなるので、手間がかかりますが処理をきちんと行いましょう。すももの水気をキッチンペーパーで拭ったら、アルコールにくぐらせます。醸造アルコールや果実酒をつけるためのリカーでかまいません。アルコールにくぐらせることで、腐りにくくなりますし消毒効果もあります。すもも漬けを入れるガラス瓶はあらかじめ煮沸消毒をしたり、アルコールを注いで消毒をしておきましょう。ガラス瓶に、すももと氷砂糖を交互に並べていきます。交互に並べることで馴染みやすくなります。全てのすももと氷砂糖を入れたら、上からリンゴ酢を入れます。すももと氷砂糖は、1対1にすると甘いすもも漬けが出来上がります。甘さ控えめのすもも漬けを希望するときは、氷砂糖をすももの量の半分くらいに減らすといいでしょう。1カ月ほど、冷暗所に置けば食べられるようになります。水割りやソーダ割りにしたり、お湯割りにしてもおいしいです。すももシロップになっていますので、料理の隠し味に使うことで深みのある料理になりますから、とてもおすすめです。

すもも漬けの作り方のまとめ

すもも漬けといえば駄菓子のイメージもありますが、家庭で手作りするときには材料が異なります。基本的には、梅の酢漬けの作り方を応用することで対処できます。好みのすももの品種を選びますが、早く漬けるためには中玉までの品種が最適です。すももはよく洗って、ヘタの部分を丁寧に取り除きます。ここまでは梅干しや梅漬けと同じ作業であり、漬物用のビンをホワイトリカーで殺菌することも同じです。すももをビンに入れて、氷砂糖を好みの量で加えます。そして、良質の酢を加えていきます。酢は酸味が強いものよりも、熟成して味がまろやかなものを選びます。好みによっては、もろみ酢を使うこともできます。ここから問題となるのが、どうやって鮮やかな色を付けるかです。市販のすもも漬けであれば着色料を使いますが、家庭では赤紫蘇を使うことがおすすめです。そのままではアクがありますから、赤紫蘇は洗ってから塩もみしていきます。最初には黒い液体が出てきますが、よく塩もみすると鮮やかな色素が出てきます。最後にすもも漬けの液体を混ぜると、色素がさらに際立って赤くなります。色素が十分に出たら、液体だけをビンに戻せば全体に色が馴染みます。2週間もすれば食べられますが、数ヶ月にわたって寝かせれば、熟成して芳醇な味になります。

y001-0132

レンガ囲炉裏の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

レンガ囲炉裏を作る理由としては夏などにバーベキューを庭で楽しむためです。バーベキューをするためには場キャンプ場などに行く...

ゴムアクセサリーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

小学生くらいの女の子のおしゃれというのは、化粧をすることはまずないので、だいたいは洋服や靴、かばん、アクセサリーになりま...

y001-1209

ソミュール液の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

燻製作りの工程の中で、塩水による塩漬け作業があります。この塩水をソミュール液と呼び、この液体に漬けることによって、長期保...

y001-0711

高齢者クイズの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

高齢者クイズを作る目的は、高齢者向けレクリエーションと同じく、他の参加者とのコミュニケーションを図ることや、リハビリテー...

y001-0820

飲む炭酸水の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

飲む炭酸水を自分で簡単にできると、わざわざ炭酸飲料水を足を運んでまで購入しなくてもいつでも飲みたいときに手に入れることが...

y001-0006

イヤーカフの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イヤーカフは耳たぶに挟むタイプのアクセサリーです。ピアスホールを開けずおしゃれを楽しみたいという方の多くが利用しています...

y001-0716

絞り染めの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「絞り染め」は、布の一部を縛るなどして、染める際に染料が染み込まないようにすることで、布に模様を描いて行く技法で、別名「...

y001-0378

美味しいしめ鯖の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昔からサバは、脂肪分がとても多く、鮮度の低下が著しく早い魚としてとても良く知られてきました。また、環境中に存在するヒスタ...

y001-0577

寝かせ玄米の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

玄米とは、精白していない状態の米のことです。精白とは、糠の部分を取り除くことであり、これにより柔らかく甘みがある白米にな...

y001-0464

着物リメイクの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

着物リメイクをする理由や目的は、着なくなったお気に入りの着物を大切にしたいから、というものです。着物は何年も着ることがで...

y001-0137

レジ袋収納の簡単な手...

レジ袋はスーパーやコンビニエンスストアなどで買い物をした...

y001-0165

角松の簡単な手作り方...

お正月には様々なアイテムを揃えなければなりませんが、その...

y001-0629

手作りちょうちんの簡...

夏祭りや飲食店などでよくみかける提灯は、昔から日本で使わ...

y001-1429

エプロンドレス大人の...

可愛いエプロンドレスが欲しいけど、あんまり思い描くような...