たくあん漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

たくあん漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ちょっとしたご飯のおかずにいいのが「漬物」といった副菜です。お茶漬けやおにぎりのお供など欠かせないといったひとも多いです。お肉や野菜と違って必ず家にあるものとは限らず、そういった場合には家にある野菜で手作りといったことも簡単にできます。
漬物の味つけはとてもシンプルで、塩加減といったことで味に差がでるといったことがよくあります。調味料も少なく、手間が掛からないものですが、味を極めればおかず以上に家族に喜んでもらえるようになるなど、奥深い一品といえます。また、手作りするひとのなかには、売られている市販の漬物には防腐剤といった添加物が入っているからといった理由のひともいます。手づくりするといったことには、食の安全を守るといった意味もあります。新鮮な野菜を吟味し、体にやさしい無添加の調味料を使うなどすれば、より体によいものを作ることができます。家庭の味といったものを作るのにもよく、白菜やきゅうりなどを使った浅漬けといったものを手作りするひとは多いのですが「たくあん漬け」といったものは手間が掛かるものとして有名です。たくあん漬けといったものを手作りすることができたなら、家族にもすごいと喜んでもらえそうな気がします。

たくあん漬けを作ることの楽しさ

本来のたくあん漬けには、米ぬかといったものを使用します。 ぬかを使用することから、置き場所や保存性などが難しく一般的な家庭では作るのが難しいです。 ですが、難しいからこそ極めるのがおもしろいといったことがあり、何度も試行錯誤を重ねるうちに自分好みの味になってくるといった楽しみもあります。 味を想像していろんな工夫といったことができるのも手作りの良さです。 それによって作り上げたものは、余計においしく感じ、おすそわけといった楽しみもあります。 自分の好きな塩加減や香り、辛さなども調整できるので減塩といったものに挑戦することもできます。 自分で食べる楽しみもありますが、家族などに食べてもらうといった目的もまたワクワクとしてよいものです。 たくあん漬けが難しく感じるのは、米ぬかを使う点のほかに樽などがないことがあげられます。 たくあんの味はぬかでないと出せないと思っているひとが多いですが、ぬかがなくてもたくあん漬けを作る手作り方法というのがあります。 しかも、ぬか以外にも樽といった大きな入れ物なども必要がありません。 家である調味料や道具などを使うことで、より簡単にたくあん漬けができれば、毎日といった食卓にも並べることができます。

たくあん漬けを作るのに用意する物

たくあん漬けを作るために、主役となる大根が必要になります。簡単に作る場合には、市販されている干し大根を使うことがおすすめです。たくあん漬けは糠漬けの一種ですから、米糠と塩が基本の材料となります。米糠は新鮮なものを選び、塩については粗塩を使うのが一般的です。風味をよくするために必要なものとしては、唐辛子、昆布、みかんの皮を乾燥させた陳皮などがあります。最近では甘さを出すために砂糖やザラメを入れることが多いですが、伝統的な製法では干した柿の皮を加えることがあります。色を漬けるためにウコンやクチナシなどの香辛料を加えることがありますが、基本的には必要ありません。発酵の作用によって、自然と鮮やかな黄色になります。どうしても色が安定しない場合には、クチナシなどを使うことがあるわけです。漬け込みで大切なことには、大根の葉も一緒に使うことです。葉にも豊かな風味があり、乳酸発酵を促すために大切です。漬物樽はちょうどいい大きさのものを選び、漬物石も用意しておきます。漬物樽の材質はプラスティック製のものが最近の主流ですが、糠漬け用のホーロー容器を使うことも可能です。漬け込みには数ヶ月間を要するため、保管場所も確保しておくことが大切です。

たくあん漬けの作り方の手順

昔ながらの手作り方法で干し大根を作る場合には、大根を10月ごろから干します。葉も含めて2週間ほども干せば、たくあん漬け作りに取り掛かれます。季節が遅くなると寒さで凍りますから、できるだけ早く行う必要があります。漬物樽の内側には、腐敗を防ぐためにホワイトリカーを塗っておきます。次に、干し大根を底から並べていき、米糠と塩を加えていきます。塩の割合については、材料の重さに対して12パーセント前後で調整します。薄味にしたい場合であっても、最低限に必要な塩を加えないと春まで保存できません。風味をよくするために、唐辛子や昆布、陳皮などを加えていきます。みかんの代わりとして、ゆずを使うこともおすすめです。甘い味を出したいときには、砂糖や乾燥させた柿の皮を好みで入れます。すべての材料を入れたら、漬物石をのせて荷重をかけます。そしてフタで完全に密封して、少なくとも1ヶ月以上は寝かせていきます。秋に漬け込みを開始すれば、お正月には食べごろとなります。寒さによって大根が美味しくなりますから、温かい場所には置かないようにします。春の時期になると酸味が強くなってきますが、塩抜きをしてから油炒めにして食べると美味です。

たくあん漬けの作り方のまとめ

それでは、簡単たくあん漬けの作り方の紹介です。 たくあんというと大根一本の大きさのものが多いですが、すぐに出して食べられ、保存場所に困らないように切って作っていきます。 まず、大根の皮をむきます。 皮をむいたら、5mmから1cmくらいの好みに切り分けます。 切ったものをビニール袋に入れ、塩をふって一晩置いて水切りします。 ここで重石をのせてもいいし、ない場合は空気を抜いて真空にして置いておきます。 次の日、大根の水気をしっかりと切ったらジッパー付きの保存袋に入れます。 水気を絞った大根のなかに塩、酢、酒、砂糖といった調味料を混ぜていきます。 そして、あれば乾燥こんぶを一枚いれます。 冷蔵庫で4、5日くらい置けばおいしく食べられるようになります。 これが基本的な作り方となりますが、甘い味のたくあんが好きならば砂糖の量を増やしたり、好みでとうがらしといったものを入れるのもよいです。 また、季節によりますが、冬などに作る場合には、柚の皮を刻んで入れれば良い香りがしておいしくなります。 冷蔵庫に入れておけば1、2か月は持つのでたくさん作って保存しておくのもいいし、また食べきっては自分よりの味を研究し、塩加減や甘さを加減するなど工夫してみるのもおすすめです。 簡単に作れるたくあん漬けの参考にしてみてください。

y001-0971

ぶり大根の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ぶり大根はもともとは北陸の郷土料理でした。北陸では16世紀頃にはすでにぶり漁が行なわれていたと言われており、晩秋から初冬...

y001-0644

捨てアドの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

捨てアドを作る大きな理由としては、迷惑メール対策ということが挙げられます。インターネットには様々なネットワークサービスが...

y001-1233

ズッキーニレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

見た目はキュウリなのに、種類はカボチャという不思議な野菜が「ズッキーニ」です。ズッキーニはウリ科カボチャ属の一年性の野菜...

y001-1083

作れるお菓子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代は昔と比べてスーパーやコンビニエンスストアの普及により、簡単にお菓子が手に入る時代になりました。お菓子がそう簡単に手...

y001-0443

当番表の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

学校生活や社会生活であっても担当することを必要としている作業などが出てくる場面があります。例えば学校内や会社内の掃除当番...

y001-0882

ゆかたの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昔の日本人は、着物やゆかたが一般的な服装でしたが、現在では動きやすい、洋服を着る人が殆どを占めています。衣料品売り場に向...

y001-1248

シュウマイの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「生きる事は、食べる事」という言葉があります。大げさな言葉かもしれませんが実際のところ生きるために食べますし、健康でいる...

y001-0081

エルゴカバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

エルゴカバーを作る理由としてはエルゴが邪魔になることが多いからです。外出するときなどに子供をどのように連れて行くかはその...

折り紙花火の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

花火には、打ち上げ花火は言うまでもなく、棒のような形をした製品、線香花火、ねずみ花火などいろいろタイプが実在しています。...

y001-0949

ベビードレスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

生まれて間もない赤ちゃんが初めて本格的に外出するのがお宮参りでしょう。お宮参りは誕生してから一か月を目安にして行くことが...

y001-1053

バジルソースの簡単な...

バジルソースは作るのが簡単で便利な一品です。家庭菜園でバ...

y001-1073

ネクタイの結び方の簡...

女性がおしゃれをする場合、リボンやレースがあしらわれた服...

y001-1274

サツマイモレシピの簡...

サツマイモは甘くて繊維質で消化もよく、腹持ちが良い食べ物...

ピタゴラ装置の簡単な...

ピタゴラ装置というと何か難しいもののようにも感じますが、...