ティラミスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ティラミスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ティラミスは北イタリア地方で生まれたデザートで、チーズケーキの1種です。日本では1990年代に大手ファミリーレストランで登場し、一大ブームを巻き起こしました。現在においても、イタリア料理店では定番のスイーツとなっています。本来、ティラミスはエスプレッソを染み込ませたフィンガービスケットを敷き詰め、ザバイオーネと呼ばれるマルセラワイン入りのカスタードクリームと、マスカルポーネチーズを合わせたクリームを交互に重ねて作ります。それが家庭で手作りすることで、とても簡単に作ることが出来ます。土台となるフィンガービスケットも、自分で手作りすることが出来ます。フィンガービスケットがなければ市販のビスケットやカステラ、スポンジケーキなどでも代用が可能です。メインとなるクリームも、手作りだと様々な材料て作ることが出来ます。本格的にマスカルポーネとカスタードクリームで作るのはもちろん、ホイップした生クリームと卵で作るレシピもあります。またマスカルポーネの代わりにクリームチーズを使用すると濃厚に、水切りしたヨーグルトを使うとさっぱりヘルシーな仕上がりになります。手作りすることで、様々なタイプのティラミスを味わうことが出来ます。

ティラミスを作ることの楽しさ

ティラミスは家庭で簡単に手作りすることが出来ます。 基本的には土台とクリームを交互に重ね、最後にココアパウダーを振りかけて完成となります。 シンプルで手作り方法が分かりやすいことが魅力でもあります。 またティラミスは大きな容器で作ることも可能です。 そうすることにより、人が大勢集まるときのデザートや、持ち寄り形式でのホームパーティーに持参することが出来ます。食べたい分だけサーブするスタイルで提供出来るので、非常に手軽です。 逆に小さなカップに盛り付ければ見映えよく、おしゃれなデザートに変身します。 様々なおもてなしのシーンに使えることも、手作りするメリットとなります。 またダイエット中のスイーツとしても重宝します。 クリームにマスカルポーネチーズを使用せず、水切りヨーグルトで代用することであっさりと、カロリーを大幅に抑えることが出来るからです。 さらに最近では、土台にエスプレッソではなく抹茶を染み込ませ、抹茶パウダーを振りかけた和風のティラミスのレシピなども存在し、バリエーションの幅も大きく広がっています。 この様に様々な新しいティラミスを、食べ比べることが出来ることが、手作りならではのメリットと言えます。

ティラミスを作るのに用意する物

ティラミスは本格的に作るのが難しそうに見えますが、材料さえ用意すれば作り方は簡単です。作りやすい分量は、土台のためのフィンガービスケット200gまたはスポンジケーキ1台分、クリームのためのマスカルポーネチーズ200g、生クリーム150cc、卵2個、グラニュー糖70g、濃い目に淹れたインスタントコーヒー100ccと仕上げ用のココアです。土台を手作りする場合は卵2個と砂糖50g、薄力粉50g、サラダ油30ccを使って直径18センチの丸型程度の大きさのスポンジケーキを焼いておきます。土台は敷き詰めてコーヒーに浸すので多少崩れたり形が悪くても大丈夫です。ティラミスの味の決め手になるのはマスカルポーネチーズですが、脂肪分が多い濃厚なクリームのようなチーズなのでダイエット中でカロリーが気になるときは水切りヨーグルトで代用する手作り方法もあります。大人の味のティラミスを作りたいときは、インスタントコーヒーではなく本格的なエスプレッソコーヒーを使ったり、カルーアやアマレット、ブランデー、ラムなどの洋酒やリキュールを混ぜるとより濃厚で香り高い仕上がりになります。大きな容器でまとめて作っても、一人分ずつ分けても作ることができます。

ティラミスの作り方の手順

土台を手作りするならスポンジケーキのレシピを参考にしてスポンジを焼いておきます。ティラミスを作りたい容器に合わせて土台のビスケットやスポンジの半分の量を容器の底に敷き詰めて、コーヒーの半分の量を全体に振りかけて染み込ませます。卵は卵黄と卵白に分け、卵白をグラニュー糖50gと一緒に固いメレンゲに泡立てておきます。生クリームも8分立てに泡立てます。卵黄と残りのグラニュー糖をすり混ぜて、マスカルポーネチーズを加えてよく混ぜ合わせます。そこに生クリームとメレンゲを全て加えて全体が均一に混ざるようにさっくりと混ぜます。出来上がったクリームの半分を敷き詰めた土台の上に流して表面を整えます。残りの土台をコーヒーに浸して、クリームの上に均一に並べます。その上に残りのクリームを流してゴムベラなどで表面を平らにして、冷蔵庫で最低2時間くらい寝かせておきます。食べる前に表面に茶漉しでココアをたっぷりふりかければ出来上がりです。おもてなしのデザートとして作る場合は、まずティラミスを仕込んでからほかの作業をすれば段取りよく準備ができます。よく冷やしたほうが美味しいので手作り方法を覚えて簡単に本格的な味を楽しみましょう。

ティラミスの作り方のまとめ

ティラミスは数多くのレシピが存在しますが、基本的で作りやすいクリームチーズを使用したレシピは以下になります。 1、クリームチーズ1箱は室温に戻しておきます。柔らかくなったらホイッパーでしっかりと混ぜます。 2、そこに砂糖40gと卵黄2個を入れ、よく混ぜます。このとき卵黄は、1個ずつ入れてなじませていきます。 3、生クリーム200mlに砂糖40gを加え、8分立てにしていきます。 この後2と合わせる際に混ぜるので、泡立て過ぎないことがポイントです。 4、2にホイップした生クリームを少しなじませ、全部合わせてよく混ぜます。 1度に加えるとよく混ざらず、分離しやすいので2回に分けて混ぜます。 5、コーヒー大さじ3杯を、倍量のお湯で溶かし、砂糖を大さじ1/2程加えてエスプレッソシロップを作っておきます。 6、ビスケット(市販でも手作りでも構いません)を型に敷き詰め、エスプレッソシロップを半分全体にかけます。層を増やす場合は、その分だけ分けてかけていきます。 7、あとはクリームを重ね、同じ工程をもう1度繰り返していきます。 8、冷蔵庫でよく冷やしてから、ココアパウダーを振りかけて完成です。 ココアパウダーは食べる直前に振りかけた方が、見た目にもきれいでお勧めです。

y001-0793

果実酒ブルーベリーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

果実酒を作り始めると、色々な物を作りたくなるものです。一般的な梅酒や、びわ酒、カリン酒などといった物も作っていて楽しい物...

y001-1388

お茶漬けレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お茶漬けは手作り方法がとても簡単で料理を普段しない人でも5分程度あれば、すぐにできます。また、使用する食材もご飯と冷蔵庫...

巾着の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

巾着袋は袋の入れ口をひもでぎゅっと絞って閉じる構造のバッグです。バッグの中で行方不明になってしまう小さな物、とりあえずど...

y001-0150

プリザーブドフラワーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

プリザーブドフラワーはプレゼントに喜ばれる「Preserved(ブリザード)=保存」できる花のことです。プリザーブドフラ...

y001-1031

パワーポイントの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

パソコンで使用するソフトには色々な種類がありますが、オフィスで使用するソフトとなると限られてくるでしょう。文書を作成する...

y001-0953

ペットボトルじょうろの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

ペットボトルじょうろの手作り方法は、簡単でいつでも身近にあるペットボトルで出来るので便利に活用できます。こうしてペットボ...

y001-0889

もんじゃの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もんじゃ焼きはよく大阪のお好み焼きと比較対照となる、東京下町の味です。もんじゃ焼きの歴史は古く、江戸時代末期から明治にか...

y001-1196

たこ焼き粉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

市販されているたこ焼き粉が在ると、たこ焼きも簡単に作れるのでお勧めです。そもそもたこ焼き粉と言うのは手作り方法で行うのが...

y001-1390

お団子ヘアの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

髪の毛を色々アレンジできることは、女性ならではの特権といえます。ショートカットやソバージュなど色々なヘアスタイルが有る中...

y001-0066

木の物置の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

荷物というものは時間が経つと部屋の中に増えていきます。これは生活をしていく中で仕方がないことであり、そのような方の中でそ...

y001-1089

ニンニクの漬物の簡単...

ニンニクは、ユリ科ネギ属の植物で香味野菜の代表的な存在で...

y001-1461

イチゴの苗の簡単な手...

イチゴの苗を作る理由は、やはりなんと言ってもイチゴの収穫...

y001-0542

生ごみ堆肥の簡単な手...

食べ物などから出る生ごみをそのままごみに出してしまうのは...

y001-1083

作れるお菓子の簡単な...

現代は昔と比べてスーパーやコンビニエンスストアの普及によ...