デミグラスソースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

デミグラスソースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

デミグラスソースは洋食の基本とも言える代表的なソースで、これがなくては味が完成しないほど大切な役割を果たします。煮込みハンバーグやシチュー、オムライス、ハヤシライス、カレーなどを手作りするときはデミグラスソースの有無で全く仕上がりが違います。缶詰に入ったものやキューブ状の既製品が販売されていますが、せっかく手の込んだ洋食を作るなら、デミグラスソースも手作りしたほうがより一層おいしくなります。大きな鍋で作れば一度にたくさんできるので、自分で作ったものをストックしておけば市販品を買わなくてもいつでも料理に使うことができます。子供も大人も大好きな味で、そのままお肉料理のソースとして使ったり、ワイン煮込みやトマト煮込み、シチューやカレーにコクと風味をつけるために使ったり、グリーンピースやスイートコーンなどを混ぜるなどたくさんのレシピに応用できてとても便利です。手作りならデミグラスソースの基本となる肉と野菜のフォンを作るために高級なお肉を使ってみたり、有機野菜を選んだり、好きな銘柄のワインを使ったりして自分だけの特別なレシピを試してみることもできて、おいしさだけでなく食の安全面から見ても有意義です。

デミグラスソースを作ることの楽しさ

デミグラスソースを作る楽しさは、たくさんの材料を長時間煮込んでじっくりとコクのある仕上がりにする行程にあります。本格的なフォンの手作り方法も時間さえかければ簡単なので、できればコンソメキューブなどを使わずに全て手作りするのが一番です。普段は使わないような量のお肉の塊や、丸ごとの野菜を大鍋で煮込んでいるとプロの料理人になったような気分が味わえます。トマトやスパイス、ワインなどを加えていくうちにどんどん香りが濃厚になってきて、キッチンがレストランの厨房のように思えてきます。仕上げにとろみをつけて完成したときの喜びも大きく、市販のデミグラスソースは全く味と香りが違うことに驚きます。人気の洋食メニューに何でも使えるので特に子供が喜ぶ煮込みハンバーグやオムライスを作るときに重宝し、大好きな洋食を食べる機会が増えれば食卓が明るくなります。大人用にはサワークリームを加えてみたり、ワインの量を増やして味を調えるなどのアレンジも自由自在です。急いで作りたいときはケチャップやウスターソースなどを使って手早く簡単に仕上げることもできますが、それでも既製品よりずっとおいしくできるので作り方を覚えて手作りするようにしましょう。

デミグラスソースを作るのに用意する物

洋食を作る時にはいろんなソースを使っていきますが、デミグラスソースはその中でもとても基本のソースの一つとなります。イメージが湧きにくい人でも、あのブラウンの褐色のソースと言われれば何となく思い浮かぶかもしれません。このソースを使って作る料理も豊富にあります。ハヤシライスやハッシュドビーフ、ビーフシチューなどは定番ですし、ハンバーグやオムライスのソースとしても使われます。よくよく思い出してみれば、いろんなシーンでデミグラスソースが使われている事が分かるでしょう。 主な材料は、小麦粉にバター、コンソメスープに赤ワイン、ナツメグにシナモンパウダーです。塩コショウや砂糖も使いますが、これは適宜用意して下さい。缶詰などでも販売されていたりするぐらい、デミグラスソースは本当によく使います。けれども手作り方法をしっかりと確認して作れば、意外に簡単に作ることが出来ます。何より手作りすれば、普段の料理にでも惜しみなく使うことが出来ますし、味そのものがとても深みがあって美味しいのです。時間を作ってゆっくりと料理を楽しむ時には、こうしたデミグラスソース作りに精を出していくというのもいいでしょう。たくさん作って保存しておくと、いつでも使えて便利です。

デミグラスソースの作り方の手順

材料を揃えたら、いざデミグラスソース作りに取り掛かりましょう。フライパンを弱火で熱して、まずはバターを溶かします。そこにふるった小麦粉を入れて、木べらを使ってかき混ぜていきます。じっくり焦がすのが重要なポイントになりますので、慌てず様子を見ながらチョコレートののような色になるまで混ぜ続けて下さい。 色が変わったら、温めたコンソメスープを少しずつ小麦粉に加えて伸ばしていきます。早く作りたいからといって、いきなり全部注ぐというような事は失敗の元になりますので、必ず少しずつ加えるようにして下さい。この時点で小麦粉もかなり高熱になっていますから、飛び散らないように気をつけながら作業を続けてみましょう。最後に赤ワインを加えたら、塩コショウや砂糖を使って味を調えてとろみがつくまで煮込んでいきます。 そのまま料理に使うのもいいですし、粗熱が取れたところで保存容器に移し替えて冷蔵保存、たっぷり作った場合にはチャックつきの袋を利用して冷凍しても構いません。さらにこだわる場合には、コンソメスープを鶏がらでとったりすることもありますし、プロの域を目指すならフォンを手作りしてデミグラスソースを作ることもありますので、上達してきたらチャレンジしてみて下さい。

デミグラスソースの作り方のまとめ

デミグラスソースの手作り方法は本格的にフォンから作るレシピと、手早くコンソメ、ケチャップ、ウスターソースなどを混ぜて作る方法があります。本格的な作り方だと時間はかかりますが出来上がりのコクと風味が違い、高級レストランのような味を自宅で再現できます。手軽な方法を選んでも小麦粉とバターを炒める作業をしっかり行い、ローリエやクローブなどのスパイスをきちんと揃えればおいしく仕上げることができます。小麦粉は焦がし過ぎると苦みが出てしまい、逆に焦がし方が足りないとデミグラスソース独特の深い色にならないので加減に注意して木ベラを上手に動かして作業をしましょう。とろみをつけるときは水分を少しずつ小麦粉に加えなければ塊ができて口当たりが悪くなるので注意してください。ブラウンシュガーやはちみつ、マスタード、バルサミコ酢などを隠し味に入れると風味がよくなり味が引き締まります。作ったデミグラスソースは冷凍保存が可能で、製氷皿に流して固形にして冷凍しておけば、使いたいときにキューブ状で出せるので煮込み料理の隠し味やお肉料理、オムライスのソース、ドリアやグラタン、ラザニアなどのオーブン料理などに素早く利用できてとても便利です。

和室シリーズ

座布団カバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

座布団カバーの手作り方法は、意外にも簡単な作り方があるので、作ってみましょう。市販の座布団カバーは、結構、値段が張るもの...

y001-0280

卵焼き基本の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お弁当のおとも、数ある日本のおかずの中でポピュラーなものといえば卵焼きです。フライパン一つでできるので手順が簡単で料理を...

手作りアクセサリーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アクセサリーは男性でも女性でも自分を引き立ててくれ、そしてその日のコーディネートに合わせたりしておしゃれを楽しみ、付ける...

y001-0639

手芸ふくろうの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

簡単に作ることが出来る手芸ふくろうを作る理由や目的はいくつかあります。まず、わずかな布があれば手芸ふくろうが出来るので、...

y001-1018

ビーズブレスレットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アクセサリーもファッションの一種です。服がシンプルなものであってもアクセサリーをアクセントにすれば華やかな印象になります...

y001-0625

手作りバッグ型紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りバッグといっても、いろいろな種類のものがあります。子供向けの習い事のバッグであったり、大人向けのエコバッグのような...

y001-1328

キャラ弁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代の日本人の食生活は非常に深刻な状態にあるといえます。それは栄養バランスの取れた食事が規則正しく摂取できていないところ...

y001-0913

ミックスチャンネルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

10秒という短い動画を投稿出来るミックスチャンネルは、10代の女性を中心に人気がある動画投稿サービスです。スマートフォン...

y001-0285

浴衣着付けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

浴衣の楽しみ方とマナー 夏のイベントに花火やお祭りなどの行事が頭に浮かびます。これらのイベントには普段は和服とは縁のな...

y001-0943

ホールトマトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏は殺菌作用が強く浴び続けると有毒性が強くなる紫外線が最も多い時期のため、その紫外線で受けたダメージを回復させる食材であ...

y001-0585

蒸しまんじゅうの簡単...

蒸しまんじゅうを手作りするのは、まず安心できるおやつにな...

y001-1430

エプロンドレスの簡単...

料理を作ったり、ガーデニングの作業を行う際には、身体の前...

y001-1331

キャップ帽子の簡単な...

素敵なデザインの帽子はたくさん市販品でも売られていますが...

y001-0719

紅ショウガの簡単な手...

紅ショウガを自分で作る理由や目的は、人それぞれで違います...