減塩梅干しの漬け方の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

減塩梅干しの漬け方の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅はバラ科サクラ属の落葉高木で、その果実は強い酸味を持っているのが特徴で薬用や食用として古くより使用されてきた歴史を持っています。その中で最も一般的な利用法として知られているのが、果実を塩漬けした後に日干しにした漬物の一種である梅干しです。おにぎりの具や弁当にも使用されるほど多くの人に親しまれています。ただし、塩分を大量に含有しているという問題もあり、血圧が高い人には注意が必要となります。これは、塩分を過剰摂取すると血液の浸透圧を一定にキープするために血液中の水分が増加することにより、体内を循環する血液量が増えてしまうので、末梢血管にかかる抵抗が高くなることによるものです。また、塩分の多い食生活を繰り返しているとナトリウムの排出が十分に出来なくなるので、血液の量が増加してしまい血圧が上昇することになります。このような人でも安心して食べられるのが、塩分の含有量を少なめにした減塩梅干しです。ややマイルドな味わいになるのも魅力で、酸っぱいのが苦手な人でも食べることが可能となります。つまり、健康に良いだけではなく食べやすくなるということです。この減塩梅干しの漬け方は非常に簡単であり、難しい技術などは必要がありません。

減塩梅干しの漬け方を作ることの楽しさ

梅干しはミネラルを豊富に含んでいる強アルカリ食品であり、強い殺菌・抗菌作用を持つ有機酸も含有しています。このために、胃腸や肝臓の機能の活性化や新陳代謝の促進、血液循環の良化や疲労回復などの様々な健康への効果を期待することが出来ます。 ただし、梅干しが優れているのは含有成分による健康効果だけではありません。保存性が非常に優秀ということも特徴であり、昔ながらの製法で作られたものは100年以上経過している場合でも問題なく食べることが出来ます。これは、香料や保存料などの添加物を一切加えていないということも関係しており、手作り方法による減塩梅干しにもこれに近い保存性を実現することは可能です。つまり、減塩梅干しの漬け方次第では、いつまでも食べられる長持ちするものも作ることが出来るということです。 このように、健康と利便性の両方においてメリットを得られるのが減塩梅干しを自分で作ることによる楽しさにもつながっています。添加物を加えない作り方が可能であり、身体へのマイナスの影響を心配する必要もありません。特別な知識や専門の調味料などを用意する必要がないので、簡単に作れるということも減塩梅干しのメリットと言えます。

減塩梅干しの漬け方の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピを作るのに用意する物

梅干しは、古くは漢方薬としても利用されたほど健康を維持する為に有効な効果を期待できるのですが、塩分をかなり含有しているという問題があります。特に、中年以降の人の場合は塩分の過剰摂取は高血圧につながってしまいます。このために、梅干しを食べたいという場合は、市販のものではなく自分で作るのが適当となります。つまり、減塩梅干しを自分で漬けるということです。 減塩梅干しを作るのは簡単であり、それほど難しいというわけではありません。作る際に用意するものは、梅、塩、保存容器、ビニール袋だけです。注意しなくてはならないのは、塩の量と保存容器の清潔さ、それにビーニーる袋の丈夫さです。 ただし、これらは特別に用意しなければならないというわけではありません。塩はスーパーで売っているもので十分であり、保存容器もホームセンターなどで入手できるもので対応できます。ビニール袋も同様で、耐久性に不安がある場合は2枚重ねにすれば良いだけです。 これらに注意が必要なのは、雑菌を侵入させないためです。梅干し作りで失敗するのは、菌が侵入してカビが生えてしまうというのがほとんどであり、これさえ防ぐことが出来れば成功する確率は極めて高くなります。



減塩梅干しの漬け方の作り方の手順

減塩梅干しの漬け方および手作り方法は、非常に簡単で誰でもできる内容です。まずは梅を丁寧に水で洗い、水気をしっかりと拭き取ることからスタートします。次に、殺菌した清潔な保存容器に、梅と塩を交互に入れていきます。通常の梅干しであれば、梅1キログラムに対して塩の量は180~200グラム程度が適量ですが、減塩梅干しの漬け方の場合は、塩の量は梅の重さの10パーセント程度が適当となります。つまり、梅1キログラムであれば、100グラム程度を入れるということです。 梅と塩とを交互に入れるのは、塩の全体量の3分の2までです。残りの3分の1は、最後に入口を塞ぐ形でいれます。そして、ビニール袋を保存容器の中に広げて蓋にします。細菌が侵入しない様に、上に重しを乗せれば第一段階は終了です。 このまま1カ月程度放置すると、次はいよいよ天日干しとなります。天気と風通しの良い日を選んで、一粒ずつ並べていきます。頃合いを見てひっくり返し、梅全体に日光が当たる様にします。3日間で、完成となります。以上が、減塩梅干しの漬け方です。 なお、もしも途中でカビが生えてしまったら表面のカビを取り払い、5パーセントほど焼酎を加えて殺菌するという作業が必要となります。

減塩梅干しの漬け方の作り方のまとめ

減塩梅干しの漬け方は、まずは黄色く熟した梅を用意することからスタートします。まだ青い状態の場合は、常温のまま放置して黄色くなるのを待たなければなりません。そして、これらの一粒一粒のヘタの部分は竹串などにより取り除きます。 そして、次は梅を良く洗い、たっぷりの水に7時間から8時間浸けてあくを抜きます。その後、ざるに上げて清潔な布巾などにより水気を取り除きます。これは、水分が残っていたり雑菌が付いてしまうとカビが発生する原因となってしまうからです。 そして、清潔な状態にした梅に焼酎をかけます。さらに、容器にも焼酎をかけて殺菌し、梅と塩の順番に重ねて入れていきます。下の方にどうしても塩は溜まりやすいので、上の方にも多めに塩をまぶします。そして、最後にまた焼酎をかけて蓋をします。 その後は、1日に1から2回容器を振り、数日間冷暗所で保管します。この間に赤紫蘇の葉を摘み、塩を適量入れて揉んで絞ります。これに梅から出たあくと砂糖を加えて揉み、冷暗所で保管します。そして、天気の良い日を選んで梅と赤紫蘇を3から4日風通しの良いところで干します。 良く乾燥させたら梅と赤紫蘇を交互に入れて、再び保管します。約3カ月が経過したら食べることが出来るようになります。



y001-0844

ロゴデザインの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

企業や学校などでイベントやキャンペーンを行う時に、ロゴを作っておきますと、様々な場面で宣伝ができ、色々な使い方が出来ます...

y001-1087

にんにく酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

にんにくは、ユリ科ネギ属の香味野菜で、日本には2000年ほど前に中国から伝えられたといわれています。疲労回復などの薬用の...

y001-0153

自家製焼肉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

焼肉のたれは購入することが多いですが、焼肉以外で使うことがほとんどなく、消費期限が過ぎて結局捨ててしまうことがあります。...

y001-0631

手作りコサージュの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

コサージュは女性が服やドレスなどにつける花飾りの事を言います。コサージュには生花、リボン、布、造花など様々な素材のものが...

アームカバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アームカバーは日焼け止めや掃除の時に長袖が汚れないようにするために使うものですが、手作りすることもできます。手作りしてア...

y001-1010

ピザの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ピザはイタリアを中心に今では世界中で親しまれている人気の食べ物です。冷凍や宅配、チェーン店のピザなどは手軽ですぐに食べら...

y001-1468

イカのさばき方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イカのレシピを作る時、加工済みのイカを使うと言う人は多くいます。ゲソが付いているそのままのイカは、さばかなければ使うこと...

y001-0382

飛び出す絵本の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

書籍類として古くから販売されてきたものの中には、子供用の絵本などがあり、中には時代を超えて高い人気を誇っている作品も存在...

y001-0248

筍の茹で方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

筍は鮮度が大切です。近所のスーパーに行けば、筍の水煮が手に入るかもしれません。しかし、採れたての筍のおいしさには到底かな...

y001-0992

フェルトマスコットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

誰でも一度は体験したことのあるフェルトを使ってのマスコットづくり、楽しかった思い出がある人は良く、手先が不器用な場合はち...

y001-0057

テトラポーチの簡単な...

テトラポーチを作る理由は、作成方法が簡単だということが挙...

y001-0885

やまもも酒の簡単な手...

やまももは、中国大陸や日本を原産としているヤマモモ目ヤマ...

y001-0043

シュシュの簡単な手作...

シュシュは買う物と思っていたのですが、案外簡単に手作り出...

y001-0035

ハンドメイドアクセサ...

キラキラしていてきれいなアクセサリーは、女子ならだれでも...