にんたまジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

にんたまジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

にんたまジャムは簡単に手作りする方法があります。作る理由や目的は、保存することができるので、すぐに料理の材料として使うことができて便利だからです。また、健康にもよく、冷え性などを改善することができるようになる、というのも作る理由です。
手作り方法も簡単で、誰にでもすぐに作ることができるのも作る人が多い理由だといえます。保存食のひとつとして、人気がとてもあるので、その効果が作る理由や目的になっているのです。ダイエットや美肌にも効果が期待することができるというので、美容効果やダイエット効果を目的として作る人もいるといいます。にんたまジャムには、においが殆どないので、料理で臭いの強いものが気になる、という人でも安心して利用することができます。料理のコクを出すこともできますし、減塩にもなります。なので、塩分を控えたいという人にもいい、というのが目的で作っている人もいます。手作りなので、余計なものが入っていない、入れていないというのも作る理由です。自分で作っているぶん、何が入っているのかがわかるので、安心して使うことができるのも作る理由になりますし、おいしい料理をもっとおいしくすることができる、というのも目的のひとつです。

にんたまジャムを作ることの楽しさ

にんにくも玉ねぎも、それぞれに健康や美肌に効果があるといわれています。その2つが合わさるので、相乗効果が期待できるといいます。美肌効果やダイエット効果、免疫力向上といいことずくめなのは作るメリットとしてあります。 にんにくには、ノルアドレナリン、アリインという成分が含まれているのですが、新陳代謝を高める力があるので、体内の余分なエネルギーを燃焼しやすくしてくれるのです。なので、痩せることができるというメリットになります。また、もうひとつの成分のアイリンが分解されると、アリシンになり、これは強力な免疫力向上があって、自然治癒力を高めてくれるようになるといいます。作る楽しさや得られるメリットは健康と美容にいい効果ばかりです。 自分で作ったものに、美容効果や健康効果がある、それは自分で元気になる理由を作っていることになります。なので、作っていても楽しいのです。免疫力アップと冷え性など女性には作る楽しさを得ることができる効果がたくさん、このにんたまジャムにはあります。 メリットが高く、また作る楽しさも感じることができるのが人気なのです。 自分で健康にいいものを作って、料理に使って、それがおいしいといわれるのが嬉しい、というのも作る楽しさです。料理の隠し味にもなるのもメリットです。

にんたまジャムを作るのに用意する物

にんたまジャムを作るときに必要なものは、たまねぎ大2個、にんにく1個、レモンの絞り汁を大さじ2杯、砂糖を60グラム、水100ミリリットルです。それから、出来上がったジャムは保存容器に入れて保存しておくようにします。 にんたまジャムを元にしたドレッシングや料理などもあります。基本的なにんたまジャムを作っておくだけではなく、それをアレンジして料理に使うことができるというので人気があります。そもそもにんたまジャムというのはなんなのかというと、人参とたまねぎで作ったジャムのことで、免疫力がアップして疲れにくくなったり、風邪をひきにくくなったり、冷え性などの改善にも効果的だといいます。 これを使った飲み物や料理を食べると、体が温かくなったり、少しずつ体調がよくなっていくということです。 健康を気にしている人にはとても効果があるジャムです。 もともといろいろな料理に使うことが多い、人参とたまねぎを使ったジャムなので、たくさんのにんたまジャムを使った料理を作ることができます。健康にもよく、簡単にアレンジして飲み物、食べ物などに使うことができるので、年齢に関係なく、冷え性や免疫力が気になる人はこのジャムを使ってみるといいです。

にんたまジャムの作り方の手順

にんたまジャムの作り方ですが、まずはニンニクと玉ねぎの皮を剥きます。そして、耐熱ボウルに、にんにくと4等分にした玉ねぎを入れて、そのなかにお水を注いだら、ラップをして電子レンジで600ワットで14分加熱していきます。タマネギが柔らかくなったらミキサーに入れて、砂糖とレモン汁を加えてなめらかになるまで撹拌します。なめらかになったところで、もう一度、耐熱ボウルに移してラップをしないままで電子レンジで600ワットで8分加熱すると、完成です。これが熱いうちに耐熱ガラス瓶などの密閉できる容器に入れていき、保存しておきます。常温なら3、4日、冷蔵なら1か月ほど保存することが可能です。もし長期保存するときは、加熱殺菌処理すれば半年間ほど保存することができます。 このにんたまジャムを使った料理の作り方ですが、まずとても簡単なものは、にんたまジャムのサラダドレッシングです。にんたまジャムを大さじ4杯、出汁100ミリリットル、オリーブ油を大さじ1杯、塩は小さじ2分の1杯、こしょう少々と酢大さじ1杯を混ぜるだけ、というものです。 にんたまジャムの手作り方法はシンプルですぐに誰にでも作ることができます。健康が気になる人や風邪を引きやすい時期になどにはとてもいいということです。

にんたまジャムの作り方のまとめ

にんたまジャムというのは、人参とたまねぎを使ったジャムのことです。 材料は、たまねぎ大2個、にんにく1個、レモンの絞り汁を大さじ2杯、お砂糖を60グラム、水100ミリリットルです。これらを使ってにんたまジャムを作っていきます。まずは、にんにくと玉ねぎの皮を剥いておきます。それを耐熱ボウルににんにくと、4等分にした玉ねぎを入れます。水をいれたらラップをして、電子レンジを使って600ワットで約14分加熱します。たまねぎが柔らかくなったら、ミキサーに移して砂糖とレモン汁を加えます。それがなめらかになるまで撹拌して、もう一度耐熱ボウルに移して、ラップをせずに電子レンジで600ワットで8分加熱すれば出来上がりです。熱いうちに耐熱ガラスの容器など密閉容器に入れて保存して完成です。にんたまジャムは糖度が低くなっているので、常温で長期保存するときは、加熱殺菌処理しておけば半年間は保存することができるので便利です。常温で3、4日ほど、冷蔵での保存なら1か月は保存しておくことができます。 これを使ってにんたまジャムの麻婆豆腐も作ることができます。その作り方は、普通の麻婆豆腐を作る過程でにんたまジャムを入れるだけなので、簡単です。

y001-0817

運動会弁当の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

運動会シーズンになると、だんだんと気が重くなって気分も滅入ってしまうというお母さん方もいるそうですが、その理由は何かとい...

y001-0654

自由研究中学生の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

中学生といえば、学校から宿題を与えられることがよくあるでしょうが、普段の宿題よりも、長期の休みになった時に、多くの宿題が...

y001-1143

トマトソース生トマトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

近年、家庭料理が西洋化してきて、中でもトマトソースが頻繁に使われるようになってきています。その理由として、西洋料理の中で...

y001-0545

清水寺歴史の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

清水寺歴史年表を作る理由は様々ありますが、その多くは趣味で作る場合が殆どです。清水寺の歴史は相当古く創建の起源については...

y001-0875

らっきょうワイン漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

らっきょうには、さまざまな効能があります。疲労回復、夏バテ防止の他に、らっきょうに含まれている硫化アリルが血液をサラサラ...

y001-0924

マッチ棒パズルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

マッチ棒パズルはどちらかというと、自分で作るというよりも本やテレビなどで誰かの作った既存の問題を解くということの方が多い...

y001-0173

藤棚の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ガーデニングでは、庭の平面を飾るということから入りますが、そのうちに庭の空間も使いたくなります。また日当たりが良すぎる場...

y001-0118

チョウトウコウ酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チョウトウコウ酒を作る最大の理由としては、薬用酒として有効成分を摂取するためです。チョウトウコウはカギカズラと呼ばれる植...

y001-0447

土嚢の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

国内では台風によって毎年多くの被害が出てしまっていることが特徴になり、近年では特にゲリラ豪雨と呼ばれている雨も降る地域が...

y001-0851

レシピ麻婆豆腐の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

中華料理が好きだという人は多く、特にピリッと辛い麻婆豆腐は食べに行けば必ず頼むといった人が多いかと思います。ひき肉と豆腐...

ミニチュア陶器の簡単...

ミニチュアの世界に魅了された人は多いことでしょう。それぞ...

リボンレイの簡単な手...

レイと言えば、ハワイでおなじみの首にかける生花を使った花...

y001-0478

大福の簡単な手作り方...

和菓子の中でも人気があるのが、あんこの入った大福です。和...

y001-0815

影絵の簡単な手作り方...

影絵は、木や紙などで作られた人形や手などの身体の一部の後...