ぬか床の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ぬか床の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

いつでも簡単に乳酸発酵食品を食べるために、ぬか床を各家庭で作る目的があります。ぬか床が活躍する季節は、夏から秋にかけてが代表的となります。夏の時期には不足しやすいビタミンやミネラルの供給源となり、体を冷やす作用があるキュウリやナスを使うことが多くなります。キュウリの独特な青臭みを取り除くために、ぬか床を利用する目的もあります。塩だけで漬ける場合には青臭みが残りやすいですが、ぬか床で乳酸発酵させれば短時間で醸された味になります。忙しくて本格的な漬物を作れない場合であっても、ぬか漬けにするだけで本格的な味が楽しめるのですから、現代人にとっても作りたくなるものです。夏の蒸し暑い時期になると、自然と酸味のある漬物が食べたくなるものです。梅干しが代表的ですが、ぬか漬けも爽やかな酸味が特徴の料理です。食欲がないときにはぬか漬けを食べることを目的として、料理の献立を考えることもあります。ぬか漬けがあれば、脂っこい料理が食べやすくなり、歯ごたえのアクセントも加えることができます。夏には本格的に使えるようにしたいですから、春にはぬか床を作るようになります。あるいは、冬から冷凍庫で保存しておいたぬか味噌を復活させて使うこともあります。

ぬか床を作ることの楽しさ

ぬか床作りは本当に楽しいもので、手作り方法も簡単です。材料となる米ぬかは、精米所で無料でもらえることもあります。とても安い出費で作ることができますが、美味しさは本格的です。スプーン1杯ほどのぬか味噌の中には、途方も無いほどに多い乳酸菌が含まれています。この乳酸菌が野菜の青臭みを消して、旨味と栄養を凝縮してくれます。家庭ごとにぬか漬けの味が違うのは、温度や塩分などの環境によって乳酸菌の種類も変わるからです。塩分が低くなければ生息できない乳酸菌があれば、塩分が高い環境を好む乳酸菌もあります。乳酸菌を大量に含むぬか床を利用していれば、美容にとっても良いメリットを得られます。ぬか床は毎日のようにかき混ぜることで、手に潤いを与えることができます。ぬか漬けを食べれば、豊富な食物繊維やビタミン類を摂取できます。ぬか漬けを食べると整腸作用が促進して、便秘の予防効果も出てきます。ぬか漬けの他には、味噌汁とご飯に加えて、主菜の焼き魚があれば伝統的な和食になります。ぬか漬けが含まれる和食は、昔から日本人の健康を下支えしてきたものです。余計な添加物を使わないために安全性も高く、子供からお年寄りまで多くの世代が楽しめる料理となります。

ぬか床を作るのに用意する物

先人の知恵から生まれた発酵食品は、世界中にあります。キムチやザワークラウト、ヨーグルト、チーズなど様々なものがあります。日本で代表的な発酵食品といえば、納豆や味噌、醤油などの大豆加工品が浮かびますが、伝統食品である、ぬか漬けも発酵食品のひとつなのです。玄米を精米する際に出る「ぬか」を、発酵させてつくるのが「ぬか床」です。この「ぬか床」には、私たちの健康を維持するための、様々な栄養素が含まれています。まずぬか漬けのあの酸っぱさから、「乳酸菌」があげられます。乳酸菌の体への影響は、健康で元気に、女性にとっては美しくあるためにはかかせないものです。この「ぬか床」に含まれる乳酸菌は、ヨーグルトにも含まれているものですが、ヨーグルトの乳酸菌が動物性なのに対して、「ぬか床」の乳酸菌は植物性です。このため、乳酸菌の善玉菌は、生きたまま腸まで届いてくれるのです。腸が健康になれば、免疫力アップ、整腸作用によるダイエット効果や美肌効果が期待できます。また「ぬか床」に含まれる、ビタミンB1やビタミンB2の働きもあなどれません。胃腸が丈夫になることで疲れにくくなり、血液の流れが良くなることでデトックス効果があります。家庭の味がだせるぬか漬けを作るための、簡単な「ぬか床」の手作り方法があります。

ぬか床の作り方の手順

「ぬか床」の手作り方法 まず準備するもの ・生ぬか 1kg ・塩 75g ・水 1L ・蓋つきホーロー容器 容量3~4L(深さが10cm以上あると、混ぜ易いです。) ・捨て漬け用のくず野菜 100g程度 ・お好みで出汁になる材料をいくつか(これを加えることで、ぬか床の味に深みが増します。) 例えば、・昆布 5cm程を刻んで ・かつおぶし 50g ・干ししいたけ 30g ・唐辛子 2~3本(防腐作用)など。 他にも、ゆずやすだち、しょうがなどお好みで。 「ぬか床」作り方 ①鍋に水、昆布、干ししいたけを入れて沸かし、火を止めてそのまま冷ます。大きいボールにぬか、かつおぶし、刻んだ赤唐辛子、沸かした後の昆布と干ししいたけも刻んで入れます。 ②①のボールに冷ました出汁を少しづつ加えて混ぜ、練っていきます。練り上がりは、手で握ったときに団子状に固まる程度にします。 ③準備したホーローの容器にぬかを入れ、捨て漬け用のくず野菜を埋めていきます。野菜はキャベツの芯や、大根の皮、葉、何でもいいです。ですが最初は、大事な「ぬか床」の肥料になるものですから、へたりにくいものが良いでしょう。 ④ぬか床の表面を手の平で押して、中の空気を抜きながらならします。容器の側面についたぬかは、布巾などできれいにふき取っておきます。(雑菌の繁殖を防ぐため。) あとは直射日光の当たらない涼しい場所に置いて、1週間ほど発酵を待ちます。毎日かきまぜて、菌のバランスを整えましょう。1週間の間に、2回位捨て漬け野菜を取り替えます。

ぬか床の作り方のまとめ

ぬか床の手作り方法は家庭ごとに違いますが、基本を守れば誰でも上手に作れます。主原料の米ぬかは、新鮮なものを選んで最初に鉄鍋で乾煎りします。半分だけを乾煎りして、残りの半分の米ぬかと合わせるとちょうどいい風味になります。ぬか漬け専用の米ぬかには、過剰な酸味を抑えるために卵の殻の粉が入っていることがあります。手作りする場合にも、卵の殻を細かくして加えることがおすすめです。米ぬかには水と塩を混ぜますが、塩分の割合は10パーセント以上が理想です。夏場に常温で作る場合には、12パーセントはあったほうが安心です。ぬか漬けにはカリウムが多く含まれていますから、過度に塩分を少なくしなくても大丈夫です。最初に加える水は、ぬか床がゆるくならない程度で調整します。風味を良くするために、昆布やタカノツメ、ニンニク、ショウガなども最初に加えます。下漬けの段階では、残り野菜の使わない部分を利用します。捨て漬けとも呼ばれる工程ですから、最初から本漬けはしないことになります。捨て漬けを続けていけば乳酸菌が増えて、醸された風味が生まれてきます。この段階で本漬けを開始できますから、キュウリやナスなどを漬けていきます。ぬか床の余計な水分を取り除くために、スポンジを沈めておくと便利です。

y001-1275

さつまいもの苗の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

さつまいもは熱帯アメリカが原産であり、日本に伝わったのは1597年と言われているので、418年もの歴史が在る事になります...

y001-0020

おにぎらずの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

毎日が忙しくても、簡単に作る事の出来るお弁当の定番メニューとして、おにぎらずというのがあるのをご存知ですか。おにぎらずと...

y001-0954

ベストの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ベストというと、インナーの上に着用できる袖がない形の衣服になるのですが、着ることによって体の中心部を温かく保つことができ...

かっこいいジーンズの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

レディースファッションもメンズファッションにもおしゃれに共通するアイテムがあり、それはレディースそしてメンズのかっこいい...

y001-1087

にんにく酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

にんにくは、ユリ科ネギ属の香味野菜で、日本には2000年ほど前に中国から伝えられたといわれています。疲労回復などの薬用の...

ファンルーム動画の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏休みなどの長期休暇を利用して物作りを行う方や、普段の生活上としても趣味の一つとして何かを作ることを行っている方の中には...

y001-1149

ドールハウス手作りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供の教育に非常に悩む母親は多い傾向にあります。英才教育と称して塾や英会話などに三歳ぐらいから通わせる母親も多くなってい...

y001-0870

ランチョンマットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自宅の中である意味でもっとも活躍している場所は食卓で、だいたいは朝食と夕食は自宅で手料理を、場合によってはテイクアウトし...

y001-1479

あみだくじの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

あみだくじを作る目的は様々にありますが、中でも何かを決められない時にそれを使って決める場合が多いです。例えばある学校の修...

手作りアルバムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りアルバムを作るには、いろいろな目的があることでしょう。人によって違うものですが、彼氏や彼女の誕生日や記念日、友人の...

y001-0901

メンズミサンガの簡単...

日本でのミサンガは1993年にJリーグが開幕した際に、選...

y001-0289

浴衣ドレスの簡単な手...

夏祭りなどで子どもに浴衣を着せたい場合、通常の浴衣ですと...

アクリルたわしの簡単...

アクリルたわしを作る理由は、アクリル毛糸を使って簡単に編...

y001-0219

玄関ドアの簡単な手作...

玄関ドアを作る理由としては、まず不審者の侵入を許さないと...