ネギ塩ダレの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ネギ塩ダレの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

最近静かなブームになっている、ネギ塩ダレ。簡単に手作りできるのをご存じでしょうか。焼肉を食べに出かけて、ネギ塩ダレを使ってみて家庭で試しに作ってみたという方も多いのでは無いでしょうか。作ってみたけれど、何となく水っぽい、それらしい味になったけれどいまいちだったという話しも良く聞きます。そんなネギ塩ダレの手作り方法を後で、ご紹介して行きたいと思います。まずは、ネギ塩ダレの色々な活用法について書いてみましょう。ネギ塩ダレといえば、焼肉の付けダレにというのが一番ベーシックでしょう。また、ネギ塩ダレを使い塩焼きそばを味付けする。チャーハンを作る際、ベースとして入れると隠し味に使用する等々。使い道は様々です。また、家のみのおつまみとして、ざく切りにしたキャベツにネギ塩ダレを混ぜるだけの簡単レシピもあります。これも、美味しいと定評が有るおつまみレシピの1つです。こうやって見ていきますと、ネギ塩ダレは色々な物に使え工夫次第でお料理を美味しく仕上げる隠し味としても使える万能タレです。沢山作って瓶に入れて冷蔵庫で保存して置けるますので、忙しい主婦の味方になること間違い無しです。是非、挑戦されてみてはいかがでしょうか。

ネギ塩ダレを作ることの楽しさ

なぜここまで、塩ダレブームになっているのかと思われる方も多いのでは無いでしょうか。近年、メタボリックシンドローム症候群問題が良く取りあげられる様になりました。昔から愛用されていた、焼肉のたれなどは甘みも強くカロリーも高くメタボを気にする世代の方には避けたい物になりつつあります。また夏場などサッパリとした物を食べたい時、塩味というのは大変食べやすく夏バテ防止にも一役買ってくれる物です。ただ、あっさりし過ぎると男性には嫌煙されがちです。しかし、ネギ塩ダレに関しては適度なコクもありますので、若い男性でも美味しく食べられます。また、あっさりが良い女性にも美味しく食べられるタレなのです。そういう意味では、使い勝手と同様に万能とな調味料でありタレであるという訳です。そんな理由から、多くの家庭で愛され始めたのでしょう。また、自宅で作る事で好みに合わせて材料の差し引きが出来るのも魅力です。営業職やサービス業の方で、夕食で食べた物の匂いが翌日に残る事を嫌う方にも安心です。ネギ塩ダレの基本レシピには、にんにくが入りますが、それを抜いて同量の生姜に変更することで物足りなさをカバーできます。では、作り方をご紹介します。

ネギ塩ダレを作るのに用意する物

牛肉や豚肉の味付けに役立ったり、チャーハンに入れても美味しいといった特徴があるネギ塩ダレは、食材さえ揃えれば自宅で簡単に作ることが可能です。 手作りでネギ塩ダレを作る際にまず用意すべき食材としては、長ネギとにんにくであると言えます。長ネギは一本もあれば相当な量のネギ塩ダレが作れるため一本で十分だと捉えておいてください。にんにくはチューブのものでも構いませんが、食感を良くしたいのであればチューブ商品などペースト状のものではなく生のにんにくを用意するといいでしょう。 ネギ塩ダレに味を付けるための調味料としては、塩、こしょう、ごま油、お酢またはレモン汁を用意しておいてください。ベースとなる調味料は塩なのですが、ごま油も味付けの際に重要な役割を担うため、サラダ油などでの代用は難しいと考えておいてください。 ネギ塩ダレは加熱調理をしないことからフライパンや厚底鍋などを揃える必要はありませんが、調理器具としてはネギを細かく刻むための包丁かネギカッターなどと、食材と調味料をあえるためのお皿やボウル、調理用スプーンなどが必要となります。塩やごま油を正確な量だけ入れるための計量スプーンも用意しておくといいでしょう。



ネギ塩ダレの作り方の手順

ネギ塩ダレ手作り方法の手順は、まず長ネギとにんにくを小さく刻んでいきます。あまり大きな形でカットするとタレの主張より野菜の主張が勝ってしまうことがあるので、とても細かく刻むように心掛けてください。長ネギは青い部分も白い部分も一緒に使うため、ネギの箇所によって切り捨てなければならないなどといったことはありません。にんにくは皮をむいて身の部分だけを刻むようにしてください。 その後刻んだネギやにんにくをお皿やボウルなどに入れて調味料と混ぜ合わせていきます。ネギやにんにくの量にもよりますが、塩は小さじ2分の1から3分の1、ごま油は大さじ2から3程度だと認識しておいていいでしょう。こしょうは塩よりも少な目の適量を、お酢またはレモン汁はごま油よりも少な目の適量をそれぞれ味見をしながら少しずつ入れていってください。 調理用スプーンを使い食材と調味料が全体的に交ざれば完成です。火を使わないことも手伝い夏場などでも体力を消耗することなく簡単に作れますし、意外に日持ちするため一度に大量に作ってしまっても構いません。 完成したネギ塩ダレは色々な料理の味付けとして活用することが可能です。簡単に作れる上に汎用性が高いため何度でも作ってみてください。

ネギ塩ダレの作り方のまとめ

用意するのは、次ぎの材料です。長ネギ1本、にんにく1かけ(生姜に代用可)、ごま油大さじ1、塩小さじ1/2、レモン汁大さじ1(苦手な方は入れなくても可)、粗挽き黒胡椒 少々。以上になります。作り方はとても簡単です、長ネギ、にんにく(生姜)は全てみじん切りにしておきます。そこに、ごま油、塩、レモン、粗挽き黒胡椒を入れ混ぜて置くだけという簡単な物です。少量作る時は、調味料が綺麗に混ざりにくいので前もってボールで混ぜ合わせてから、ネギやにんにくを入れていく方が失敗は少ないでしょう。このネギ塩ダレ、熱を加える物には直ぐに使って戴いて問題はありません。ただ、つけダレとして使用する場合は夏場などはネギが辛くなっている場合があります。その場合は、1日寝かせるなどして味を馴染ませると角が無くまろやかになって使いやすくなります。その場合は、必ず冷蔵庫保存にしましょう。また、にんにくを生姜に変更してもまだネギの匂いが気になる方に裏技です。レンジで使用できる容器にタレを移し、軽くレンジで加熱することでネギの辛みと匂いが軽減されます。その場合は、レモン汁は加熱する前に入れないようにします。あら熱を冷ました状態で、最後に混ぜる形にしてください。以上、ネギ塩ダレのレシピでした。



y001-0025

すごろくの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

すごろくはとても簡単に作ることができるおもちゃです。皆で集まったときには、わいわいと楽しみながら手作りで作ることにも意味...

y001-1292

コットンパールの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

コットンパールとは、綿を圧縮して作られた綿球体にパール加工が施された模造真珠のことを言い、「アンティークな色合い」や「セ...

y001-1357

かまぼこ飾り切りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

かまぼこは一個当たりの単価が100円~250円くらいと比較的安価な食材のため、お弁当や普段の食事でも気軽に使われる食材で...

y001-0189

お手玉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

最近の子供達の遊びというと、スマホなどでのインターネットを利用したネットゲームや、高価な価格のゲーム機などで、それらがな...

y001-1029

パンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

パンには天然酵母を使ったものと、イーストを使ったものとがあります。どちらも酵母菌ですが、天然酵母は果実や穀物などをもとに...

y001-1404

オムライスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本で誕生したお米を使った料理のオムライスは、みんなが大好きな洋食メニューの鉄板でもあります。甘さと酸味のきいたケチャッ...

y001-1405

おむつケーキの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おむつケーキとは、おむつを使ってケーキのようにし、装飾などを行いかわいらしくしたものです。最近人気が出てきて利用する人も...

y001-0321

麻雀点数計算の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本式麻雀は戦前期から発展してきており、現在では日本だけではなく韓国や元々の麻雀発祥の地である中国にまで知名度は広がって...

フライドポテトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

フライドポテトはファーストフード店やファミレスなどのサイドメニューとして定着していて、子供も大人も大好きなメニューです。...

カーテンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

カーテンというのは室内の印象を大きく変えるアイテムで、インテリアコーディネートにこだわっている人にとっては重要で、そうで...

y001-1479

あみだくじの簡単な手...

あみだくじを作る目的は様々にありますが、中でも何かを決め...

y001-0953

ペットボトルじょうろ...

ペットボトルじょうろの手作り方法は、簡単でいつでも身近に...

y001-0416

俳句の簡単な手作り方...

街を散歩している時、ふと目に映りこんだ風景や、偶然手にし...

y001-0396

梅味噌の簡単な手作り...

昔から、各地域では特産品などを利用して、その土地ならでは...