ネギ塩ダレの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ネギ塩ダレの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

最近静かなブームになっている、ネギ塩ダレ。簡単に手作りできるのをご存じでしょうか。焼肉を食べに出かけて、ネギ塩ダレを使ってみて家庭で試しに作ってみたという方も多いのでは無いでしょうか。作ってみたけれど、何となく水っぽい、それらしい味になったけれどいまいちだったという話しも良く聞きます。そんなネギ塩ダレの手作り方法を後で、ご紹介して行きたいと思います。まずは、ネギ塩ダレの色々な活用法について書いてみましょう。ネギ塩ダレといえば、焼肉の付けダレにというのが一番ベーシックでしょう。また、ネギ塩ダレを使い塩焼きそばを味付けする。チャーハンを作る際、ベースとして入れると隠し味に使用する等々。使い道は様々です。また、家のみのおつまみとして、ざく切りにしたキャベツにネギ塩ダレを混ぜるだけの簡単レシピもあります。これも、美味しいと定評が有るおつまみレシピの1つです。こうやって見ていきますと、ネギ塩ダレは色々な物に使え工夫次第でお料理を美味しく仕上げる隠し味としても使える万能タレです。沢山作って瓶に入れて冷蔵庫で保存して置けるますので、忙しい主婦の味方になること間違い無しです。是非、挑戦されてみてはいかがでしょうか。

ネギ塩ダレを作ることの楽しさ

なぜここまで、塩ダレブームになっているのかと思われる方も多いのでは無いでしょうか。近年、メタボリックシンドローム症候群問題が良く取りあげられる様になりました。昔から愛用されていた、焼肉のたれなどは甘みも強くカロリーも高くメタボを気にする世代の方には避けたい物になりつつあります。また夏場などサッパリとした物を食べたい時、塩味というのは大変食べやすく夏バテ防止にも一役買ってくれる物です。ただ、あっさりし過ぎると男性には嫌煙されがちです。しかし、ネギ塩ダレに関しては適度なコクもありますので、若い男性でも美味しく食べられます。また、あっさりが良い女性にも美味しく食べられるタレなのです。そういう意味では、使い勝手と同様に万能とな調味料でありタレであるという訳です。そんな理由から、多くの家庭で愛され始めたのでしょう。また、自宅で作る事で好みに合わせて材料の差し引きが出来るのも魅力です。営業職やサービス業の方で、夕食で食べた物の匂いが翌日に残る事を嫌う方にも安心です。ネギ塩ダレの基本レシピには、にんにくが入りますが、それを抜いて同量の生姜に変更することで物足りなさをカバーできます。では、作り方をご紹介します。

ネギ塩ダレを作るのに用意する物

牛肉や豚肉の味付けに役立ったり、チャーハンに入れても美味しいといった特徴があるネギ塩ダレは、食材さえ揃えれば自宅で簡単に作ることが可能です。 手作りでネギ塩ダレを作る際にまず用意すべき食材としては、長ネギとにんにくであると言えます。長ネギは一本もあれば相当な量のネギ塩ダレが作れるため一本で十分だと捉えておいてください。にんにくはチューブのものでも構いませんが、食感を良くしたいのであればチューブ商品などペースト状のものではなく生のにんにくを用意するといいでしょう。 ネギ塩ダレに味を付けるための調味料としては、塩、こしょう、ごま油、お酢またはレモン汁を用意しておいてください。ベースとなる調味料は塩なのですが、ごま油も味付けの際に重要な役割を担うため、サラダ油などでの代用は難しいと考えておいてください。 ネギ塩ダレは加熱調理をしないことからフライパンや厚底鍋などを揃える必要はありませんが、調理器具としてはネギを細かく刻むための包丁かネギカッターなどと、食材と調味料をあえるためのお皿やボウル、調理用スプーンなどが必要となります。塩やごま油を正確な量だけ入れるための計量スプーンも用意しておくといいでしょう。

ネギ塩ダレの作り方の手順

ネギ塩ダレ手作り方法の手順は、まず長ネギとにんにくを小さく刻んでいきます。あまり大きな形でカットするとタレの主張より野菜の主張が勝ってしまうことがあるので、とても細かく刻むように心掛けてください。長ネギは青い部分も白い部分も一緒に使うため、ネギの箇所によって切り捨てなければならないなどといったことはありません。にんにくは皮をむいて身の部分だけを刻むようにしてください。 その後刻んだネギやにんにくをお皿やボウルなどに入れて調味料と混ぜ合わせていきます。ネギやにんにくの量にもよりますが、塩は小さじ2分の1から3分の1、ごま油は大さじ2から3程度だと認識しておいていいでしょう。こしょうは塩よりも少な目の適量を、お酢またはレモン汁はごま油よりも少な目の適量をそれぞれ味見をしながら少しずつ入れていってください。 調理用スプーンを使い食材と調味料が全体的に交ざれば完成です。火を使わないことも手伝い夏場などでも体力を消耗することなく簡単に作れますし、意外に日持ちするため一度に大量に作ってしまっても構いません。 完成したネギ塩ダレは色々な料理の味付けとして活用することが可能です。簡単に作れる上に汎用性が高いため何度でも作ってみてください。

ネギ塩ダレの作り方のまとめ

用意するのは、次ぎの材料です。長ネギ1本、にんにく1かけ(生姜に代用可)、ごま油大さじ1、塩小さじ1/2、レモン汁大さじ1(苦手な方は入れなくても可)、粗挽き黒胡椒 少々。以上になります。作り方はとても簡単です、長ネギ、にんにく(生姜)は全てみじん切りにしておきます。そこに、ごま油、塩、レモン、粗挽き黒胡椒を入れ混ぜて置くだけという簡単な物です。少量作る時は、調味料が綺麗に混ざりにくいので前もってボールで混ぜ合わせてから、ネギやにんにくを入れていく方が失敗は少ないでしょう。このネギ塩ダレ、熱を加える物には直ぐに使って戴いて問題はありません。ただ、つけダレとして使用する場合は夏場などはネギが辛くなっている場合があります。その場合は、1日寝かせるなどして味を馴染ませると角が無くまろやかになって使いやすくなります。その場合は、必ず冷蔵庫保存にしましょう。また、にんにくを生姜に変更してもまだネギの匂いが気になる方に裏技です。レンジで使用できる容器にタレを移し、軽くレンジで加熱することでネギの辛みと匂いが軽減されます。その場合は、レモン汁は加熱する前に入れないようにします。あら熱を冷ました状態で、最後に混ぜる形にしてください。以上、ネギ塩ダレのレシピでした。

y001-0236

お雑煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本人にはお正月になるとお雑煮を食べる風習があります。お雑煮には新たな年に向けて、豊作を祈る気持ちや家内安全を願う気持が...

y001-0120

アクリル樹脂 作り方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

UVレジンというアクリル樹脂を使ってつくる手作りの「UVレジンアクセサリー」が女性に人気です。UVレジンとは、紫外線にあ...

y001-0691

雑木の庭を作る理由

家を新築したり、庭のある家を入手できたりしたら自分の希望する庭をほしくなるでしょう。庭がよくできれば家と溶け合い、家をさ...

y001-0771

巻物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ハレの日のご馳走に、運動会やピクニックのおべんとうに欠かせないのが巻物です。巻物というと具材を芯にしてご飯で包んで海苔で...

y001-1241

じんべいの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本は四季が豊かであることでよく知られていますが、1年のうちに様々な変化のある風景などを楽しむにはよいものの、ずっと暮ら...

y001-1260

しそ味噌の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

しそと味噌は、健康食材です。しそは天然の殺菌作用があり、食中毒予防にも使えます。これは、しそが持つ香り成分「ペリルアルデ...

y001-1131

アイスクリームの簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アイスクリームと言えば夏の暑い時期の食べ物だと思われがちですが、実は寒い季節に暖房の効いた部屋で食べるアイスクリームは格...

y001-0615

手作り石鹸の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作り石鹸を作る理由や目的には、市販の石鹸と手作り石鹸の違いが大きく関係しています。市販の石鹸の場合には、洗浄力が高過ぎ...

y001-0642

車の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

模型製作などを趣味として行っている方が存在しており、主にプラスチック製の模型がメインとして販売されているものを利用するこ...

ミニチュア陶器の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ミニチュアの世界に魅了された人は多いことでしょう。それぞれは小さくても、本物のように存在感もあり、自分好みの作品に仕上げ...

y001-0119

洗面ボウルの簡単な手...

お洒落なカフェや、レストランなどに行くと、素敵なトイレの...

y001-0032

木のおもちゃの簡単な...

木のおもちゃはとても温かみがあって、手作りするのにも丁度...

あんずジャムの簡単な...

あんずは中央アジアやヒマラヤ西北部が原産地と言われていて...

y001-1083

作れるお菓子の簡単な...

現代は昔と比べてスーパーやコンビニエンスストアの普及によ...