びわジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

びわジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

びわは初夏の風物詩でもあり、美味ですが、収穫後に追熟することがなく、すぐに変色して悪くなってしまいます。そこでびわを砂糖漬けにすることで、腐敗の原因のひとつである水分を減少させ、長期保存できるようにします。さらに酸を加えて加熱すると、果物に含まれるペクチンがゲル化し、ゼリー状になります。ゲル化したペクチンはびわのなかの水分を砂糖に吸収させ、さらに腐りにくくなります。こうして保存のためにびわジャムにする工程で、同時に、砂糖と酸によっておいしく味をつけることにもなります。果物本来の甘さに砂糖やはちみつによる甘さを足すことで、より食べやすく、食べなれた味に調整できます。こうして作ったびわジャムは、トーストや焼き菓子、ヨーグルトやアイスクリームなどに乗せて食べます。びわをジャムに加工することは、生のびわの状態よりも使用用途を増やすことにつながります。ジャムにするには少量の果実しかなくても可能です。味の悪いびわをジャムにしたり、これ以上日持ちしそうにない余ったびわを収穫すれば、ジャムに加工して保存することができます。びわをよりおいしく食べ、長く楽しむことができるよう、びわジャムの手作り方法を覚えてしまいましょう。

びわジャムを作ることの楽しさ

びわを頂いたり自分の家で収穫したときに、生で食べる以外の選択肢が頭にない場合は、早く食べなくてはと焦ってしまいます。しかしジャムに加工することが念頭にあれば、手元のびわのうちいくつを何日までに食べ、その他はジャムにしようと考える余裕ができ、楽しみが増えることになります。 自分でジャムを作るメリットは、市販のジャムに入っている保存料や染料などが入っていないものを食べられることです。また、味の調節を自分で行えるので、酸味を強くしたり、はちみつを多くしたりして、簡単に好きな味のびわジャムにすることができます。粘度や果実の形の残り方も思うがままです。 びわには皮や種がありますが、ジャムにする前に取り除くので、びわジャムでは果実のおいしさがたっぷり味わえます。びわ好きの方はもちろん、皮や種を取るのがむずかしい方にもびわを楽しんでいただけます。忙しい朝食や、ゆっくりしたいティータイムにも、びわジャムを活用することができるようになります。 ジャムは煮詰める工程があるので、煮詰める間にいい香りがして、とてもリラックスできます。とろける砂糖の甘い香りとともに、ジャム瓶の中にびわの香りを閉じ込めるのです。一度びわジャムの手作り方法を知ると、びわの収穫時期が毎年の楽しみになることでしょう。

びわジャムを作るのに用意する物

びわジャムに使う材料はとてもシンプルで、フレッシュなびわを適量と甘みをつけるための砂糖、大きな鍋、かき混ぜるための木べらや木製の大きなスプーン、完成したびわジャムを入れるための保存容器があれば誰でも簡単に手作りができます。旬のびわは糖度が高く、特に自宅に木があって完熟した果物を収穫できる場合はびわ本体が甘いので砂糖は控えめでも美味しく作ることができます。基本は種を取って皮をむいたびわの重さの30パーセント程度の量の砂糖を使用します。すぐに食べきってしまう場合は砂糖を控えめにしてさっぱりと仕上げても構いませんが、長期間保存したいときは保存料として砂糖を多めにします。びわは水気が多いので水分を加える必要はありません。切り口の酸化を防いで仕上がりの色をよくするためにレモン汁を少々入れると風味がよくなります。皮をむいたあとで塩水に漬けておくことでも変色を防げるので、鮮やかなきれいな色のびわジャムにしたいときは大きなボウルに薄い食塩水を作って用意しておきましょう。少量だけ作りたい場合は鍋ではなく電子レンジで簡単にできる方法もあります。その場合はレンジにかけられる深めのガラス製耐熱容器を準備しましょう。



びわジャムの作り方の手順

びわジャムの手作り方法は、まずびわの皮を丁寧に剥きます。変色しやすい果物なので、剥いたらすぐに塩水かレモン水に漬けたりレモン汁をふりかけるなどの工夫をしましょう。色を気にしないなら味に変わりはないのでそのままでも構いません。種と種の周りの繊維質もしっかり取り除いておきます。剥き終わったら全ての重さを量り鍋に入れて、びわの30パーセント程度の量の砂糖を上からふりかけます。軽く混ぜ合わせて少し時間を置いて、水分が出てくるのを待ちます。急いでいる場合はそのまま火にかけても大丈夫です。鍋を火にかけて、沸騰してきたら火力を弱めて木ベラでかき混ぜながら水分を飛ばして煮詰めていき、好みの固さになったらできあがりです。かき混ぜていると自然にびわが潰れてジャム状になりますが、しっかりと潰したいときはフォークなどで押さえてピューレ状にします。塊を残したいときは焦げ付かないようにそっと混ぜるようにしましょう。少量を電子レンジで作るときは、びわをあらかじめ小さめに切ってから砂糖をかけてレモン汁を少々加えてから、ラップをしないで600W程度で3分間加熱すればできあがりです。作り方を覚えて旬のびわジャムを楽しみましょう。

びわジャムの作り方のまとめ

びわジャムの作り方はお菓子作りよりは簡単です。 びわと、砂糖、レモン汁、ジャム用の瓶を用意します。砂糖はびわの60パーセント以上なければゲル化しません。びわの重量の60~70パーセントの砂糖が必要です。(びわ1キロなら600~700グラム)。砂糖だけでなくはちみつなどの糖質でも同様にゲル化しますので、好みで加えてください。精製されたグラニュー糖がもっとも果実の香りとさわやかな味を際立たせますが、一般に砂糖と呼ばれている上白糖でもジャムにならないわけではありません。レモン汁は小さじ2杯から適宜味をみながら足していきます。 ジャム用の瓶は煮沸消毒して、カビが発生しないように乾燥させておきます。 まず虫の穴があったり色が悪くなりすぎたびわは除きます。びわの皮と種、内側の薄皮を取り除きながら、指で割り、適度な大きさにします。変色しないように、少量ごとに剥いたらすぐに砂糖をまぶしておきます。 砂糖がこびりついても掃除のしやすいホウロウ鍋に、砂糖をまぶしたびわと残りの砂糖を入れ、中火で煮詰めていきます。アクが出れば取り除き、焦げ付かないようにへらで混ぜ返します。果実が大きくないジャムが好きな方は、このときに潰しながら混ぜます。 とろみが出てきたら弱火にし、レモン汁を小さじで少しずつ入れて、かき混ぜます。冷めるとさらに固くなるので、好みのとろみより少し早い程度になったら火をとめ、瓶に入れて冷まします。



y001-0026

トートバッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

トートバッグは、バッグの中でも基本簡単に作れます。ですので、手作り初心者にとってはとても挑戦しやすいです。トートバッグを...

y001-1252

しゃぶしゃぶの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

家族みんなで取り囲んで、楽しくわいわいご馳走を食べたいと願う時に、最適な料理として、鍋があります。バーベキューや焼き肉な...

お守りフェルト手作りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

これだけデジタルな物に囲まれて生活している現代人にも、お守りというのは未だに幅広い世代で特別な物だと認められています。大...

y001-1054

パジャマの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

パジャマというのは、小さな子供からお年寄りまでが必要とするものと言えます。もちろん、浴衣を着て休む方やネグリジェなど、人...

y001-1036

パペットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

『パペット』は、人形劇などで使用される操り人形のことで、人形の操り方との組み合わせで使われることが多いです。同じ人形と呼...

y001-0097

蛇腹カードケースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

蛇腹カードケースを作る理由としては、収納面で優れていることが挙げられます。現代社会において、カードを使う機会は昔に比べて...

y001-1204

たくあん漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ちょっとしたご飯のおかずにいいのが「漬物」といった副菜です。お茶漬けやおにぎりのお供など欠かせないといったひとも多いです...

y001-0976

プランターの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ガーデニングブームや、子供への食育のためなど様々な理由で、家庭菜園に興味を持つ人が増えてきています。一戸建てで広い庭のあ...

y001-0894

ものさし入れの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ものさし入れは学校などでも使うことがあるので、必要になって作る、という理由があります。また、裁縫が苦手な人にお願いされて...

y001-1152

楽しいゲームの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りできる楽しいゲームを作ることで、ゲームを違った形で楽しむことができて面白味が出るものです。と言うのも、世の中にゲー...

y001-1138

ドライフラワーの簡単...

人生の節目に大切な人からもらった花束、自分で育てた庭の花...

モバイルハウスの簡単...

人生を生きるためには、様々なしがらみの中で生きていかなけ...

y001-0431

鍋でご飯を炊くの簡単...

炊きたてのご飯というのは、日本人にとっては格別のものであ...

y001-0770

干し大根の簡単な手作...

大根は、アブラナ科大根属の越年草で、春の七草のひとつであ...