プランターの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

プランターの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ガーデニングブームや、子供への食育のためなど様々な理由で、家庭菜園に興味を持つ人が増えてきています。一戸建てで広い庭のある人は、自宅の庭に畑を作って家庭菜園を楽しむことができます。しかし誰もが自由に使える土地を持っているわけではありません。アパートやマンションなどに住んでいる場合は、畑を作るスペースがありません。有料で畑の貸し出しをしているところもありますが、その畑が都合よく自宅から近いとは限りません。美味しい野菜を育てるには、水やりなど日々の管理が大切です。自宅と畑が離れていると、毎日通うのも大変ですし、道具を運んだり何かと不便なこともたくさんあります。そのような場合にオススメなのが、野菜のプランター栽培なのです。プランター栽培のいいところは、庭やベランダ・部屋の中など、置く場所を選ばないところです。軽くて移動も楽にできるため、日当たりや風などの天候や、自分の都合によって簡単に移動することができます。台風が来た時などは、野菜の株が倒れたり折れたりする心配もありますが、臨時的に室内に移動しておけば、そのような心配もありません。また旅行や出張などで長期に家を空ける場合に、プランターごと友人や家族に預けておけば、水やりができずに枯らしてしまうのを防ぐこともできます。

プランターを作ることの楽しさ

トマト・ナス・ゴーヤ・いんげん・枝豆・ラディッシュ・かぼちゃなど、野菜にはいろいろな種類があります。プランターでは大抵の野菜を育てることが可能です。ルッコラやバジル・レタスなどの葉野菜はもちろん、根っこが育ってできるサツマイモや、蔓がどんどん伸びていくきゅうりなどの野菜も育てることができます。誰でも気軽にできるプランター栽培は、使用する土の量も少なくて済みます。そのため初期費用を抑えることもできます。野菜を育てることには、他にも様々なメリットがあります。まず日々の成長を観察するのが楽しいということ。毎日欠かさず様子を見ながら、水をあげたり肥料をやったり、枯れた葉っぱを取り除いたり、病気の原因となる虫を駆除したりと、野菜の世話は手間がかかります。毎日世話をしていると、わが子のように思えてくるほど、それくらい愛着も湧いてきます。大きく育って収穫できた時の感動は格別です。自分で作った野菜というのは、より一層美味しく感じるものです。そのため野菜が嫌いな子供への食育の一環としても育てられます。またプランターでの家庭菜園は、無農薬で作ることができるというメリットもあります。外の畑の場合、葉物野菜を育てるとモンシロチョウが卵を産みに来て、大きく成長した青虫に葉っぱを食べられてしまうということもあります。しかし室内でのプランター栽培の場合は、虫が付くのを防ぐこともできるのです。

プランターを作るのに用意する物

プランター栽培を行うときに用意するもので、まず欠かせないのがプランターです。一口にプランターと言っても最近では本当にいろいろな種類があります。ホームセンターへ行ってみると、大小様々なプランターが、ずらっと並べられています。プランターは育てたい野菜の特徴に合わせて選びます。あまり小さいものでは根っこが張るものは育てることができません。また土の養分をたくさん必要とする野菜にも向いていません。野菜の中には、連作障害を起こしてしまうものがあります。そのため同じプランターで次の年も同じ野菜を育てられるとは限りません。次に植える野菜が決まっていない場合は、少し大きくて深めのプランターを選ぶのがいいでしょう。次に用意するものは土です。土も多くの種類がありますが、趣味で育てる程度なら、初めから肥料などもバランスよく配合されている、野菜の土を買うのが簡単でいいでしょう。土の他に底に敷く石も必要です。最近では軽いものも販売されています。次に苗です。苗を選ぶ際は、茎が太くて葉が綺麗な緑色をしているものを選びます。上手に育てれば種から育てた方がたくさん収穫できますが、初心者の場合は苗から育てるのが簡単です。その他には家庭菜園の基本となる、スコップ・はさみ・軍手・ジョウロなどが必要です。

プランターの作り方の手順

プランター栽培での手作り方法は、とても単純で簡単です。まずプランターに鉢底石を敷きつめます。これはプランター内の水はけを良くする効果があります。次に野菜の土を入れます。中央に苗が植えられる程度の穴を掘ります。そこに苗を植え付けます。プランターが大きい場合は二株以上植えることも可能です。しかしサイズに見合わないほど密集させて植えてしまうと、栄養が足らなくて大きく育たなかったり、なかなか実ができないなどの失敗の原因となるので気を付けましょう。植え付けが完了したら、ジョウロで水をたっぷり与えます。ホースで水やりをする場合は、水圧が強すぎると苗が倒れてしまうので、水圧の設定には十分に気を付けましょう。野菜は太陽の光をいっぱい浴びて、光合成をして成長します。野菜を育てるには、栄養のある土と、太陽の光、たっぷりの水が大切なのです。これらを十分に与えられた野菜は、ぐんぐん成長します。土の中の栄養分はだんだん減ってきてしまうので、2週間に1回くらいのペースで、追肥も行いましょう。大きく育った株には、倒れないように支柱を立てます。また雑草の処理や、葉っぱを食べてしまう害虫などにも注意しましょう。毎日しっかり観察することが大切です。野菜が実ったら、収穫時を逃して巨大化しすぎないようにしましょう。

プランターの作り方のまとめ

プランターでの野菜の手作り方法は以下の通りです。まず育てたい野菜に合わせて、プランターを選びます。トマト・なす・インゲンなどを育てる場合は、深さが30cmくらいのものを選ぶといいでしょう。横長のプランターの場合は2株、あまり大きくないものの場合は1株だけ植えます。サツマイモなど根っこが成長して実ができる野菜を育てる場合は、根っこが肥大できるスペースが必要になるので、深めのプランターを選ぶようにしましょう。プランターが決まったら、まず底に石を敷きつめます。これは水はけを良くするためです。ホームセンターで鉢底石などが販売されているので、それを使いましょう。最近は軽いものや、使用後は土に混ぜて再利用できるものなども販売されているので、好みに合わせて選びましょう。石を敷いたら土を入れます。野菜専用の土が売っているので、初心者はそれを使うのが便利でしょう。土の準備ができたらいよいよ植えつけです。土に穴を開け、苗を植えます。植えつけ後はたっぷりと水をあげましょう。背が高くなる野菜には、倒れないように支柱を立てます。プランター栽培では、野菜に合ったサイズをしっかり選んで、水やりなどの基本的な世話を怠らなければ、簡単に美味しい野菜ができます。

y001-0344

物置小屋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

一戸建て住宅にお住まいの方の場合では、庭などの敷地を持っていることも多く、各種道具類の収納用として物置小屋を敷地内に設置...

y001-1313

クッションの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

クッションはリビングのソファに並べたり、椅子に敷いたり、フローリングで座布団代わりにしたりと色々な用途に使うことができる...

y001-0800

夏祭り飾り手作りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅雨が明けて夏が来ると、保育園や幼稚園では「夏祭り」が始まります。保育園などの夏祭りは、その年の保護者会役員さん達が企画...

y001-1126

なすの煮びたしの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

なす料理はほかの野菜に比べるとそれほどレパートリーがないかもしれませんが、なすの煮びたしは定番中の定番で、とてもおいしい...

y001-0549

畝の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

畝を作るために必要な要素として、肥沃な土壌があります。適度に水はけが良くて、土壌の養分も豊富な土があることが理想です。表...

y001-1158

テッシュカバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

テッシュカバーを作ってティッシュ箱や袋に被せると、見栄えが良くなり、使うのが楽しくなります。ティッシュ箱に被せれば部屋の...

y001-1200

たけのこゆで方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

たけのこの旬は3月から4月頃と言われていますが、この時期になると八百屋さんの店頭や食品を取り扱うお店の店頭に登場します。...

y001-1149

ドールハウス手作りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供の教育に非常に悩む母親は多い傾向にあります。英才教育と称して塾や英会話などに三歳ぐらいから通わせる母親も多くなってい...

y001-0787

花束の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

花束というのは、女性にプレゼントすれば必ずや喜ばれるものとしても安心感があるものです。お店によって色々な花束を提供してい...

かぶら漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

かぶら漬物を作る理由や目的ですが、それは、好きなものやおいしいものを自分で作ってみたい、という好奇心です。普段、口にして...

y001-1438

エクセル領収書の簡単...

領収書はお金のやりとりを行う場合に必要になる機会が多い書...

y001-0620

手作り楽器の簡単な手...

身の回りにあるものや不用品を利用したりといった風に、環境...

y001-0152

天然石ビーズリングの...

天然石の魅力は色や素材感にあります。天然石にはさまざまな...

酢玉ねぎの簡単な手作...

酢玉ねぎを作る理由は、ダイエットや健康のためです。血液が...