ヘアアレンジボブの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ヘアアレンジボブの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ボブは近年、幅広い世代の様々な方から人気のある、定番の髪型となっています。ボブにもショートボブ、ミディアムボブとあり、ロングヘアのことは通常ボブとは呼ばれません。スタイルとしては、あまり段が入らず、丸みのある形が特徴です。ショートボブにおいては、動きを出しやすくするために表面だけレイヤーを入れるショートボブも人気が高くなっています。その様なボブスタイルですが、マンネリ化しやすかったり、重たいこのスタイルだと、動きが出しづらかったりとしてしまいがちです。しかし、そんなボブヘアのアレンジ方法が出来るようになるだけで、長さを変えることなく様々なイメージのヘアスタイルを楽しむことが可能です。
またどうしてもレイヤーの入っていないミディアムボブは重たくなりがちですが、ヘアアレンジによって可愛らしく、涼しげに演出することが出来ます。暑い季節などはアップスタイルのアレンジ法を覚えておくと、重宝します。ボブスタイルはレイヤーがあまり入っていない分、髪の毛全体の長さにばらつきが少ないです。なのでアレンジにおいて、短い毛などが出にくいのでアップにしやすく、あまりヘアアレンジに慣れていない人にもオススメです。

ヘアアレンジボブを作ることの楽しさ

ボブスタイルをアレンジすると、印象をがらりと変化させることが出来ます。 特にショートスタイルの方が、アップにしたようなアレンジを加えると、普段とはまた違う印象を与えることが可能です。 またボブスタイルは髪の毛を伸ばし途中の方も良く選ばれる髪型です。 髪の毛の長さのばらつきが、全体になくなっていくので非常に伸ばしていきやすいからです。 その様な方で、丁度肩に着くぐらいの長さは少しはねやすく、気になる長さでもあります。 そんな時、ヘアアレンジを行うことにより、はねやまとまりの悪さをおしゃれに解決することが出来ます。 ショートの場合、結婚式やドレスアップしてお出かけするときなど、中々 髪型を華やかにするには長さが足りず、難しいものです。 しかしヘアアレンジを出来るようになれば、自宅で簡単にパーティーヘアを作ることが出来るようになります。 またこの場合、ゴムやピン、ヘアバンドなどの小物をプラスすることで、更に華やかさをアップすることが可能です。 襟アップにすることが出来なくても、ヘアアイロンなどで髪の毛を巻き、カチューシャや華やかなピンなどを付けるだけで、誰でも簡単にイメージチェンジすることが出来るようになります。

ヘアアレンジボブを作るのに用意する物

夏には涼しげで、お手入れも簡単なボブヘアーが今とても流行っていますが、みんな同じ様な髪型に見えてしまう、なんてお悩みはありませんか? 可愛いアレンジで他の人との差をつけたいと思いませんか? また、アレンジが難しく、結局いつもダウンスタイルになってしまいがちではありませんか? 今回はカジュアルな服装から、デート、パーティードレスにも合う、少しのアレンジで簡単に可愛くなれちゃうハーフアップのヘアアレンジをご紹介します。 まず作る際に用意するものは、ヘアゴム3本、20センチ程度の長さのリボン、コテ、ヘアワックスです。 ヘアゴムはラバータイプのゴムがいいです。リボンは何色でも構いません。PTOに合わせて自分の好きな色にカスタマイズして下さい。プレゼントのラッピングに付いているリボンを取っておくと、節約にもなります。コテは何ミリでも構いません。 コテを使う際のマメ知識ですが、髪が完全に乾いた状態で使用するようにしましょう。 髪が濡れている状態で高温のコテを使用しますと、髪に必要な水分も一気に蒸発し、枝毛や切れ毛などの痛みの原因になってしまいますので要注意です。 以上の事に注意をして、マンネリしがちなボブヘアーを素敵にヘアアレンジしましょう。



ヘアアレンジボブの作り方の手順

簡単ボブヘアアレンジ手作り方法 1、完全に乾いた髪を全体的にコテで巻いていきます。何ミリのコテでも構いませんが、ふわっとした仕上がりにしたい場合は大きめのコテで巻くといいです。 2、巻いた髪全体に、軽くワックスをつけます。この時、あまりベタベタ付けない様に注意をして下さい。 3、前髪を残し、トップの髪を3分の1ほど取ります。 4、取った髪を更に、左右に半分に分け、ヘアゴムで仮結びします。 5、仮結びしたどちらか一方をほどき、後ろへ向けて三つ編みをしていき結びます。 6、反対も同じ様に三つ編みした後に結びます。 7、左右の三つ編みを、後ろでひとつにまとめて、ヘアゴムで結びます。 8、ルーズ感を出したいので、三つ編み部分をほんの少し引っ張り、ルーズ感を出します。 9、最後に、お好きなリボンをヘアゴムの部分を隠す様にリボン結びをして完成です。 前髪が眉毛くらいの長さの方は、前髪をふわっと内巻きにしても可愛く仕上がります。 前髪が長い方は三つ編みに一緒に編み込んでもいいですし、横に流しても可愛く仕上がります。 どうでしたか?とても簡単な方法で、ふんわり可愛いハーフアップボブに変身出来ます。 是非、挑戦してみてはいかがでしょうか?

ヘアアレンジボブの作り方のまとめ

ボブスタイルのヘアアレンジは様々な方法がありますが、ここではショートでも簡単に可愛らしくイメージチェンジすることの出来るスタイルの手作り方法を記します。 ベースとなる髪型ですが、襟足が短めのショートボブで軽くパーマがかかっていると更に簡単に作ることが出来ます。パーマをかけていない場合でも、ヘアアイロンで軽く巻いておくと良いです。 1、まず襟足をすっきりさせるため、ねじり上げピンで留めます。何か飾りの付いたピンを使用すると、後ろ姿も可愛く作ることが出来ます。 2、サイドの髪の毛をざっくりと上中下で3つに分け、上の部分を内側にねじりピンで留めます。 3、分けた髪の毛の真ん中も引っ張りながらねじり留めます。上の部分とのバランスを見ながら、ピンが見えない様に留めていきます。 4、分けた髪の毛の下の部分は、後ろに引っ張りながら耳の上を通り留めます。 すっきりと耳を見せるようにします。 5、前髪は内側にねじり、飾りピンで留めます。片編みこみをして留めるとさらにガーリーな印象になります。 6、全体のバランスを見ながらカールをほぐしたり、毛束を引っ張り出したりしながら空気感を出します。 サイドのねじったところに、バレッタなどの飾りをつけたら完成です。



y001-1035

ハムエッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

いつもの朝食が物足りないというのなら、ハムエッグを作ってみてもよいでしょう。ハムエッグとは、ハムを加えて目玉焼きを作った...

y001-0517

折り紙ぽち袋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お正月に子供が待ち望んでいるものといえば、お年玉です。豪華な料理や、正月ならではの遊びを楽しみにしている子供もいるでしょ...

y001-1294

コサージュ手作りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

コサージュは誰でも簡単に手作りできる可愛いアイテムです。色や素材、パーツの組み合わせによって個性を出す事が出来ます。手持...

y001-1269

シーサーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

シーサーと聞けばすぐに沖縄が思い浮かぶでしょう。シーサーとは獅子を沖縄の言葉で表現した呼び方で、見た目からも獅子の形をし...

y001-0830

杏ジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

杏は中国が原産で、ヨーロッパでも古代から栽培され万能に効く薬として重宝されてきた果物です。生の果実やドライフルーツも有名...

y001-0875

らっきょうワイン漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

らっきょうには、さまざまな効能があります。疲労回復、夏バテ防止の他に、らっきょうに含まれている硫化アリルが血液をサラサラ...

y001-1020

ビーズネックレスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ビーズネックレスは、ここ数年でまた新たにブームになっているおしゃれアイテムとして知られているものです。キラキラ系のビーズ...

y001-0040

グリーティングカードの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

誕生日や記念日など大切な人に「おめでとう」や「ありがとう」を伝えるイベント時に、欠かすことのできないグリーティングカード...

y001-1239

スープカレーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

一般的なカレーはご飯の上にカレーをかけて食べますが、スープカレーはサラサラとしたスープ状のカレーにご飯を少しずつ付けて食...

y001-1436

エコバッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

エコバッグの手作り方法は、レジ袋を有料化してから色々な媒体で掲載されるようになり、作り方を参考にしている方もたくさんいま...

ミニアルバムの簡単な...

近年、カメラはすべて携帯電話で撮るという人も多いのではな...

y001-1124

なす料理の簡単な手作...

夏が旬の野菜は多いです。トマト、きゅうり、レタス、ゴーヤ...

y001-1221

スモークサーモンの簡...

スモークサーモンは、サーモンをより一層美味しく食べる方法...

y001-0759

牛乳でバターの簡単な...

少し前からバター不足が続いていて困っている方も多いかと思...