鯵のさばき方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鯵のさばき方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

新鮮な鯵を手に入れたら、様々な料理にして楽しんでみてはいかがでしょうか。鯵は刺し身やマリネ、フライ、つみれなどで楽しむことが出来ます。最近では、スーパーなどでも依頼すればさばいてくれることもありますが、どうせであれば、自分で鯵をさばいてみてはいかがでしょうか。魚を捌くのは難しいというイメージがありますが、実際にやってみるとそれほど難しくはありません。鯵をさばくことが出来れば、その他の魚も同じ要領で簡単にさばくことが出来ます。魚をさばくことが出来れば、料理の幅がグッと広がります。鯵のさばき方は比較的簡単ですので、初めての人でも行いやすいかもしれません。スーパーなどで売っている鯵を使用する際はもちろんのこと、釣りを趣味としているという場合、漁師さんから直接購入するという場合にも覚えておくと良い方法です。
なお、鯵のさばき方はさばいた後の料理法により異なりますので、どのようにして調理するのかを考えながら料理に適したさばきかたを選択するようにしましょう。一匹目よりも二匹目、二匹目よりも三匹目、四匹目、回数を重ねるごとに手際よく行うことが出来るようになります。初めてさばくのであれば、ある程度の大きさのものを用意しましょう。

鯵のさばき方を作ることの楽しさ

魚をさばくということに関して、嫌悪感を抱くという人もいるのではないでしょうか。その理由は様々ありますが、台所が汚れることやゴミが出ることなどが多いようです。確かに、スーパーや魚屋さんで魚を購入し、購入時にさばいてもらった場合には、すぐに調理をすることが出来る状態になっていますので、手間も時間も節約することが出来ます。 ただし、自分でさばくからこそ味わうことが出来る料理を楽しむことが出来ない可能性があります。それが、鯵をさばいた際に捨ててしまう部分で作られるあら汁です。一般的には捨てられる頭や中骨を使用したあら汁は、魚の旨味が凝縮されており、家庭でも本格的な味を楽しむことが出来ます。捨てる部分を最大限活用することが出来るので、まさに一石二鳥と言えます。 鯵のさばき方が上手くなく、失敗してしまったという場合でも、ミンチにしてつみれとしてあら汁の具にしてしまえば、立派な一品となります。 台所が汚れるのが嫌だと感じている場合でも、さばき方を工夫することにより、血や内臓でまな板などを汚すこと無く鯵をさばくことが出来るようになります。 魚料理の基本として、魚のさばき方はマスターしておきたいものです。挑戦してみてはいかがでしょうか。

鯵のさばき方を作るのに用意する物

美味しく魚を食べようと思ったら、購入してきてさばく必要があります。切り身で購入してもいいのですが、やはり一尾を丁寧にさばいていく方が美味しさもよりアップするように感じられるものです。手に入りやすい鯵はさばく機会も増えますので、一度手作り方法の一つとして鯵のさばき方も覚えておくといいでしょう。慣れるまでは大変な部分もありますが、出来るようになればいろんな鯵の料理を作ることも自分で簡単に出来るようになります。 必要な材料に関しては、当然ながら鯵が必要になります。さばいた後のことを考えて、なるべく新鮮なものを用意して下さい。そして包丁とまな板も必要になります。他にも準備しておくと便利なものとしては、新聞紙やキッチンペーパーなども用意しておくことです。途中で鯵を洗ったりするのにボウルがあれば作業もスムーズになります。鯵に限らず魚はさばき始めると手が大変汚れます。いちいち洗いながらあれこれ準備しながらやるというのはそれだけ時間もかかりますし、魚の鮮度も落ちていきますから、必要なものは全て用意してから作業をしていくようにしましょう。鯵のさばき方を覚えたら、他の魚も同じようにさばけるようになりますので頑張りましょう。

鯵のさばき方の作り方の手順

必要なものを用意したら、実際にさばく作業に移ります。鯵をさばこうと思ったら、まずはぜいごと呼ばれるこの魚ならではの固いうろこを取り除いていきます。先にまな板の上に新聞紙を敷いておくと、汚れも最小限に出来ます。 ぜいご以外にもうろこがついていないかどうかをよく確認して、尾から頭に向かって動かしていきましょう。それから尾の付け根から包丁を入れて、ぜいごをすき取るように包丁を前後に動かして取ります。身の真ん中ほどまできたら大きなぜいごはなくなりますが、最後までしっかり取りましょう。片面を取ったらもう片方も同じようにして取ります。今度は頭を落として内臓を取り出し、洗ってふき取ります。洗うときにボウルがそばにあればすぐに使えますので用意しておきましょう。腹の中や血合などもしっかり取っておくように作業してみて下さい。 鯵の三枚おろしを次は行います。腹から背、背から腹という流れで行います。親指で少し腹を開いて包丁を入れやすくしてから、腹側から中央にある太い中の骨まで包丁を入れます。包丁に骨が当たるようにすると、無駄なく身もおろしていけます。今度は背の方から同じようにして包丁を入れましょう。これが出来たらもう片面も同じように包丁を入れれば、鯵のさばき方も無事に終了です。

鯵のさばき方の作り方のまとめ

これから記述するのは、鯵のあら汁の手作り方法についてです。 用意するものは、水・昆布・鯵のあら・塩・醤油・避け・しょうが汁です。まず、」用意したあらは適度な大きさにカットします。この時、包丁ではなくキッチンバサミを利用して切ると、時間短縮にもつながります。あらはカットしたら、塩を両面に振り、しばらくそのままにし、あらの表面に水分が出てきたら、熱湯をかけ、軽く洗いをします。これにより、魚独特の臭みを消すことが出来ます。ここまで出来たら、9割は出来ていると言っても過言ではありません。 鍋に昆布とあら、酒を入れ、弱火で煮ていきます。昆布は沸騰する直前に取り出します。また、浮いてきたアクは、丁寧に取ることにより、魚臭さを感じにくくなります。そのまま3分ほど煮て、醤油や塩で好みの味付けにします。 最後にネギやショウガの絞り汁を入れれば、完成です。なお、あらの量の目安としては、鯵の大きさにもよりますが、一人あたり一匹が目安となります。頭の部分が大きい場合には、そのままではなく二等分にしてにていくようにしましょう。 とにかくしっかりとアクを取り除くことが魚臭さを抑え、風味を良くするためのポイントとなります。

y001-0473

段ボール自動販売機の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

小学生などのお子さんを対象としている工作物の中には、段ボール自動販売機というものが提案されています。段ボール自動販売機は...

黒にんにく炊飯器の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

黒にんにくは発酵食品です。近年では発酵食品の優れた効果が見直されていて、摂取した事で生じる免疫力の向上、滋養強壮と疲労回...

y001-1177

ちまきの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「ちまき」は、うるち米やもち米、米粉などを用いて作った餅やお米そのものを笹などで三角形に包み、イグサなどで縛り、そのまま...

y001-0598

小豆の煮方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

小豆は和菓子の材料や赤飯、お汁粉など日本人の食生活に欠かせない食材です。たんぱく質、ビタミンB1、ビタミンB2、食物繊維...

y001-1054

パジャマの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

パジャマというのは、小さな子供からお年寄りまでが必要とするものと言えます。もちろん、浴衣を着て休む方やネグリジェなど、人...

y001-1425

おいしいカルボナーラの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

カルボナーラというのは、もともとイタリアン料理のスパゲッティの一つであり、日本でもトマトソースやミートソースに並ぶくらい...

y001-0645

射的的の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

射的の的を作るのは簡単なもので作れます。いってみれば射的をする人が興味を持つもの、喜んでくれそうなものを作ればいいわけで...

y001-0798

家計簿エクセルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

今年こそ家計簿をつけようと年の初めに思う人は少なくありません。それなのに途中で挫折してしまうことも少なくないといわれてい...

y001-0676

子供ワンピース型紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

大切なお子さんの洋服を作ってみたい、と考えたとき、作り方は人それぞれだと思います。実に様々な方法があります。代表的には、...

y001-0521

折り紙の箱の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

折り紙封筒の箱を作るのは、趣味と実用を兼ねた面白さがあります。折り紙を使う事から、選べる素材と色の幅はとても広く、制作上...

y001-0274

立体お面の簡単な手作...

DIYなどとして手作り品を製作して趣味や実用品などを楽し...

y001-0795

果実酒の簡単な手作り...

果実酒というのは一般的に、果汁から作られた醸造酒であり、...

記念誌の簡単な手作り...

記念誌にもいろいろありますが、これはどうしても自分にとっ...

y001-0919

ミサンガの簡単な手作...

オシャレで手首に巻いておいても邪魔にならないことで知られ...