果実酒ブルーベリーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

果実酒ブルーベリーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

果実酒を作り始めると、色々な物を作りたくなるものです。一般的な梅酒や、びわ酒、カリン酒などといった物も作っていて楽しい物です。果実酒は色も綺麗で飲みやすく、健康的に効能があると言われる物も多く存在します。自宅で果実酒を作るのは、ご存じの通りとても簡単です。基本さえしっかり押さえれば、砂糖や果物の量が多少増減しても余程でない限りは失敗することはありません。砂糖を減らすことで、甘いお酒が苦手な男性にも美味しく飲む事ができますし、ベースにするお酒の組み合わせ次第では風味も変わりバラエティーに富んだ味が楽しめる訳です。果実酒は購入すると、どうしても手間が掛かる分お高くなってしまいますが自作すれば材料費だけで済みますので経済的です。また、果物も食べる訳ではありませんから見切り品の棚に有る物を購入してくるという手もあります。今回ご紹介しますのは、ブルーベリーで作る果実酒です。夏になったら、ブルーベリー狩りに行くという方も最近では多くなって来ました。ジャムを作るのも1つの手ですが、今年はそのブルーベリーでお酒を造ってみてはいかがでしょうか。ブルーベリーの紫が溶け出し、目にも鮮やかでちょっと変わったお酒が出来上がります。

果実酒ブルーベリーを作ることの楽しさ

ブルーベリーは1つ1つがとても小さい為、ジャムにするときもなかなか潰れません。しかも、皮の部分が多い為。口に皮の部分が残ったりと作ろうとするとなかなか上手く行かないという経験もお有りかも知れません。その点、果実酒にする場合。ブルーベリーは綺麗に洗って、水分を拭き取るだけです。梅の実の様に、ヘタを取る必要もありませんし、串で穴を開ける必要も無いのもお手軽な理由の1つです。また、このブルーベリーは皆さんご存じの通り目に良い成分を多く含む果物です。また、滋養強壮にも効果が有ると言われています。目を使いすぎる傾向にある現代人にぴったりの果実酒と言える訳です。また、一般的には甲類焼酎(ホワイトリカー)を使います。しかし、ベースをホワイトラムに変更してみたり。ウォッカにしてみたりすることで、また違った味を楽しむ事も可能です。これが手作り果実酒の良い所です。ブルーベリーの場合、とても綺麗な紫のお酒に仕上がります。もしベースのお酒を変更するのでしたら、折角ですから綺麗な色を楽しむ為に、無色透明のお酒を使う事をお勧めします。最近では、日本酒メーカーが日本酒ベースの梅酒などを出していますが。一般家庭で仕込む時は、蒸留酒でという鉄則だけは守った方が失敗が少ないはずです。

果実酒ブルーベリーを作るのに用意する物

ブルーベリーを使う場合、生のブルーベリーと冷凍のものと両方使えます。生のものを使う場合は、果実をそのまま洗って使用しますから、農薬基準が厳しい国産のものを使用します。傷がついていないもの、腐敗していないもの、実が崩れていないものを選びます。傷んでいるものを漬けこんでしまうと、果実酒に雑菌が繁殖する原因になってしまいますので十分に注意しましょう。作りやすい量は、ブルーベリー600~800グラムと、ブルーベリーの半分の量の氷砂糖です。手作り方法ならではで、氷砂糖の量は加減できますが、慣れるまではブルーベリーの半量で仕込みましょう。初心者にも失敗がなく漬けられるよう、ホワイトリカーを使います。果実酒を作る時に使われる焼酎として一般的です。これは果実酒づくりに向いている焼酎で、専用のお酒といってもよいでしょう。紙パックで売られていることが多いですが、使用するのは1.8リットルです。漬けるのは、果実と氷砂糖、ホワイトリカーがすべて入るだけの密閉できる蓋付きのガラス瓶です。漬ける前に煮沸消毒をしますので、煮沸に耐えられる厚手のガラス瓶が適しています。100ショップでも販売されているタイプで問題ありません。

果実酒ブルーベリーの作り方の手順

果実酒はすべての果物を簡単に漬けこめます。初心者にもすぐに楽しめますので、手順と使用するガラス瓶の消毒をしっかりすることを心がけましょう。ブルーベリーは大きめのボウルに入れ、流水でよく洗います。完熟している実は崩れやすいので、両手でボウルの底から持ち上げるようにしてブルーベリーを洗います。ザルにあげて水をよく切っておきます。ガラス瓶は、大きめの鍋に水と瓶を入れて沸騰させ、1~2分煮沸します。この時、鍋にタオルを入れてその上の瓶を乗せると、瓶が割れる心配がありません。鍋に瓶が入らない場合は、80℃程度のお湯を瓶に入れ、まんべんなく煮沸します。2~3分を目安にしてください。くれぐれも、熱湯を扱っていますのでやけどには注意しましょう。瓶がよく冷めたら、瓶の底に水分がないことを確認して、氷砂糖を少量敷きます。ブルーベリーを入れ、氷砂糖、ブルーベリーと層にしていきます。3~4段作ったら、最後に氷砂糖で蓋をしてホワイトリカーを注ぎます。翌日から少しずつ果汁と氷砂糖が混ざってきますので、その鮮やかな色合いを楽しみましょう。時々、瓶を軽くゆすってください。氷砂糖が溶けたら飲めますが、2~3ヶ月は漬けておく方が風味が豊かです。冷凍のベリーを使うなら、室温解凍してから同様に仕込みます。ブルーベリーは引き上げて、タルトやパウンドケーキの生地に入れても美味しいです。

果実酒ブルーベリーの作り方のまとめ

では、ブルーベリーの果実酒の手作り方法の説明に入っていきましょう。まず、用意するのは次ぎの通りです。ブルーベリー600g、ホワイトリカー1、8L になります。これに、どれだけ氷砂糖を入れるのかはお好みになります。250g程度ですと、甘さ控え目。400gほど入れた場合、一般的な甘さになってきます。果実酒を作る場合、果物の上に氷砂糖を入れて行きます。その上に、ホワイトリカーを注いでいく訳です。そうすることで、果物が浮いてくるのを押さえる事ができるからです。しかしブルーベリーの場合、粒が小さく浮きやすい性質があります。またブルーベリーの皮が破れてしまうと種が出てしまったり、果実酒が濁る原因にもなってきます。ですから、最初に砂糖を入れます。そして、その上にブルーベリーを載せる形の方が無難になってきます。ブルーベリーは浮いてしまいますが、その形でも十分成分は抽出されますので心配は要りません。事前にブルーベリーを綺麗に洗い、水気を拭いておき、皮が破れた物は使用しない方が無難です。また使用する瓶は、事前に綺麗に洗浄して良く乾かしておきましょう。アルコール分が高いですから、アルコールそのものが殺菌になりますので、熱湯消毒までする必要はありません。作成後は直射日光の当たらない場所に保管し、3ヶ月程度で完成です。完成したら、実は取り出し保存する様にしましょう。

y001-0581

色々なミサンガの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ミサンガはブラジル発祥のお守りで、ブラジル出身のJリーガーが身につけたことで日本で話題になります。最近ではお守りという意...

y001-0366

美味しい味噌汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本人の気持ちよい朝のスタートに、美味しい味噌汁は欠かせない食べ物と言えるでしょう。もちろん昼でも夜でも和食には何でも合...

ハッカ油虫除けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ハッカ油を使って簡単に作れる虫除けは、エコなうえに節約になります。天然のものですから体に優しいですし、安全です。手作り方...

y001-1426

おいしいおからの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おからと言うのは卯の花や雪花菜とも言われている食材なのですが、おからは豆腐を製造する時に出来る絞り込んだカスです。豆腐の...

y001-0029

ハムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

市販のハムの原材料をご覧になったことがおありでしょうか。原材料の欄には、たいていびっしりと、様々なものが書かれています。...

y001-0106

お金を分ける貯金箱の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

毎月の収入に合わせてお金の収支を明確にする事は家計に大きな影響を与えます。子供のお小遣いを計画に貯める事が出来るので大変...

y001-0486

大きな塩の結晶の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供の夏休みの自由研究のテーマであったり、大人も楽しめる理科実験の一種として試しに作られることが多いのが大きな塩の結晶で...

y001-0679

子供キュロットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供キュロットというのは、一見スカートのように広く生地をとってあるように見えるボトムでありながら、実はショートパンツなど...

y001-0734

結婚式ガーランドの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

結婚式に欠かせないものと言えば装飾になります。花を沢山セットするのもいいのですがかなりお金がかかってしまいます。しかし装...

y001-0945

ホウ酸団子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ホウ酸団子を作る目的はゴキブリの駆除です。ゴキブリを駆除するときに悩むのは、どのような方法で駆除するかということです。ゴ...

栗あんの簡単な手作り...

小さな子供からお年寄りまでスイーツなど甘い物が好きな人は...

y001-1290

こどもワンピースの簡...

こどもワンピースを作る理由は、まずは自分の好きなデザイン...

y001-0229

袈裟の簡単な手作り方...

袈裟とは仏教に携わっている僧侶が着用する布を指しています...

ヘアスタイルの簡単な...

ヘアスタイルのアレンジは簡単にできればおしゃれですね。朝...