茄子漬の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

茄子漬の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

茄子漬を作る目的としては、夏場の水分と塩分補給が第一となります。茄子は夏野菜の代表であり、漢方の五性の分類では涼性となるために、体の熱を冷やすために欠かせないのです。昔の人は、夏場にはキュウリと茄子を食べて涼しさ体感していました。現代のように冷房がない時代であっても、工夫次第によっては涼しく過ごすことができました。秋茄子は嫁に食わすなと言われることがありますが、実際にはお腹を温めて欲しいという思いやりでもあります。第二番目の目的として考えられるのは、縁起がよい茄子を食べて運気を高めることです。初夢で見ると縁起がよいものには、富士山や鷹が有名ですが、3番目になるのが茄子です。紫色は高貴な色であり、美しい卵形となっていることも魅力です。実際に栄養がありますが、縁起も良いということになれば、茄子漬にしても食べたくなるものです。茄子の旬は夏から秋にかけてですが、漬物にして保存すればお正月に食べることも可能です。そのために、茄子漬を夏や秋に作ることは、お正月に向けた準備にもなります。浅漬けであれば長持ちしませんが、味噌漬けなどにすれば十分に保存できます。金山寺味噌に入れて発酵させたり、糠漬けにすることでも長期の保存ができます。

茄子漬を作ることの楽しさ

茄子漬を食べることで、紫色の色素成分によって抗酸化作用を得ることができます。茄子の紫色はアントシアニンの一種ですから、赤紫蘇やブルーベリーと共通します。夏場に不足しやすい水分と塩分に加えて、抗酸化成分までも摂取できるのは大きな魅力です。ポリフェノールが含まれていることは、昔の人にとっては未知の事実でしたが、経験的に健康に良いことは分かっていたはずです。茄子漬は江戸時代にも頻繁に作られ、人々の健康を下支えする保存食となりました。糠漬けに入れる野菜の代表であり、漬け込みの技術も洗練されてきました。糠床には鉄クギを入れることで、鮮やかな色素が際立つことも有名です。ミョウバンを入れて作ることや、辛子で漬ける知恵も生み出されています。茄子というと水っぽい野菜のイメージがありますが、茄子漬にすると旨味と栄養が凝縮します。乳酸発酵のおかげで、本来の旨味が極限まで引き出されるわけです。これも昔の人が考えた生活の知恵ですが、現代においても役立てられています。身近な調味料で漬けるだけでも、十分な旨味が生まれることは発酵の神秘と言えます。麹や味噌などを入れて漬けると、甘さも増して子供でも食べやすい風味になることもメリットです。

茄子漬を作るのに用意する物

茄子を使って作る茄子漬にもいろいろ種類がありますが、漬け方によっても準備するものは違います。よく見かけるのはぬか漬けですが、これの場合には糠床を作るためにぬかなどを準備します。からし漬けを作りたい場合にはからしがメインの材料となります。味噌漬けを作りたいのであれば、味噌を用意して作っていきます。もちろん茄子も必要になりますので、出来れば旬の美味しいものをたっぷりと用意して漬ければ、心ゆくまで美味しい茄子漬が食べられます。 基本的には手作り方法も簡単なものばかりなので、自分の食べたい味の茄子漬をまず探してみましょう。思い立った時に食べたくなるような浅漬けなども茄子で作る事が出来ますから、常備菜としていろんな種類の茄子漬を覚えておくととても便利です。調味料は塩や醤油、みりんなどが使われますし、だし用の昆布などもあるとさらに漬物そのものの味わいを深めてくれます。 漬物ですから、気構えずに気楽に作っていきましょう。自分で調味料を合わせて作ることも出来ますし、たまには市販の素などを使ってみてもいいでしょう。茄子自体も手に入りやすい野菜ですから、日々のご飯のお供やおかずの箸休めなどに上手に使っていきましょう。

茄子漬の作り方の手順

茄子でぬか漬けを食べたいなら、まずはぬか床から作ります。出来上がったら茄子の準備をしますが、新鮮なものをヘタを取らずに半分に割り、なす全体に塩を塗りこみます。それからぬか床に茄子を入れて1日から2、3日経った頃が食べごろです。ぬか床から出した茄子はどんどん参加しますので、なるべく食べたい日程に合わせて漬けるといいでしょう。 ぴりっと辛い爽やかなからし漬けですが、茄子が手に入ったらピーラーなどを使ってさっと皮を2cm間隔位でむきます。全部むく必要はありません。これを輪切りにしてから塩を振って重しをのせて半日ほど下漬けします。取り出してしっかりと絞ってから、からしにはちみつを加えてよく混ぜてから茄子に絡めて冷蔵庫で冷やせばからしを使った茄子漬の完成です。さっぱりとした味わいで、ご飯もどんどん進みます。 作りやすい茄子漬といえば浅漬けですが、いろんなタイプがあります。塩を主に使って漬け込むタイプなどもあれば、だしに砂糖や醤油を加えた中に漬け込んで2、3時間置くだけで出来上がりというのもあります。淡白な茄子ですが、その分いろんな漬物に大活躍してくれます。バリエーション豊かな茄子漬を覚えて、たくさん食べましょう。

茄子漬の作り方のまとめ

茄子漬を上手に作るためには、好みの品種を選ぶことから始めます。軟らかい食感を楽しむためには、生でも食べられる水茄子が最適です。そのほか、長茄子や丸茄子などを好みで使うことができます。手作り方法は簡単ですが、紫色の色素をしっかりと出すためにはコツが必要です。そのままでは酸化が進むために、途中で茶色に変色してしまうことが普通です。漬物屋の茄子漬のように作るためには、ミョウバンを使うことが欠かせません。浅漬けで作る場合には、塩水にミョウバンを溶かしてから茄子を加えます。こうすることで、紫色が鮮やかとなり、途中で変色することがなくなります。塩入りのミョウバン水で漬ける場合には、夏であれば朝に漬けて夕方には食べることができます。旨味を増やすために、昆布を入れることも作り方のコツです。米糠で茄子漬を作るときにも、最初に塩とミョウバンで表面を揉み込むことが大切です。塩だけで揉むよりも、ミョウバンを加えたほうが効果的です。糠床が十分に乳酸発酵していれば、茄子を一晩だけ漬けても本格的な味に仕上がります。もっと簡単に作るためには、市販の漬物の素を使うこともおすすめです。茄子を縦に細く切ってから、液体の漬物の素に漬けるだけで、美味しい茄子漬が完成します。

y001-0292

洋服ワンピースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代の日本はデフレ経済からなかなか脱却できずにいます。国の政策も焼け石に水であり、サラリーマン世帯などは非常に厳しい生活...

y001-1428

エルサドレスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ディズニー映画で人気となったアナと雪の女王のヒロインのエルサは、小さな女の子から大人まで人気のキャラクターでもあり、エル...

y001-0469

竹細工の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

国内では古くから伝統的に製造されているアイテムとして、竹細工の技法を利用したものが発表されています。有名なものとしては籠...

y001-0654

自由研究中学生の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

中学生といえば、学校から宿題を与えられることがよくあるでしょうが、普段の宿題よりも、長期の休みになった時に、多くの宿題が...

y001-1139

ドライハーブの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

毎日が忙しい、精神的に疲れている、リラックスできない、これらは現代社会に生きている人なら誰でも感じている悩みです。特に最...

y001-1364

カバンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

目的の場所へ向かう時に、手ぶらで向かう人というのはまずいません。男性であれば、ポケットに財布やハンカチを入れるだけで済み...

y001-0305

木製網戸の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

室内に設置されている窓ガラスに関しては温暖な地域の場合では網戸が設置されていることが多い傾向にあります。夏季の暑い時期に...

y001-0548

星座早見盤の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

天体観測などを行うことに興味を持っている方も数多く存在していますが、望遠鏡などを使って星空を眺めることを趣味としている方...

y001-0107

ベッドカバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

寝室のイメージチェンジをしたいけれど、家具の入れ替えは大変だし、お金もかかってしまいます。イメージチェンジしたいとは思い...

y001-0853

レシピキャベツの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

キャベツのレシピは、日常的な食事にも登場しやすいメニューです。毎日の食事のおかずのひと品として、食材に加えることもありま...

y001-0576

新聞紙で作るエコバッ...

新聞紙は一回読むと資源ごみとして出してしまう事が多い紙で...

y001-0723

工作手作りの簡単な手...

簡単な手作り工作を作る目的は、モノづくりの楽しさを知るこ...

創作人形ドールアイの...

小さい頃、人形で遊んでいたという方もたくさんいらっしゃる...

y001-0541

生ゴミ堆肥の簡単な手...

生ゴミ堆肥を作る目的の第一は、副産物として利用することで...