茄子漬の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

茄子漬の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

茄子漬を作る目的としては、夏場の水分と塩分補給が第一となります。茄子は夏野菜の代表であり、漢方の五性の分類では涼性となるために、体の熱を冷やすために欠かせないのです。昔の人は、夏場にはキュウリと茄子を食べて涼しさ体感していました。現代のように冷房がない時代であっても、工夫次第によっては涼しく過ごすことができました。秋茄子は嫁に食わすなと言われることがありますが、実際にはお腹を温めて欲しいという思いやりでもあります。第二番目の目的として考えられるのは、縁起がよい茄子を食べて運気を高めることです。初夢で見ると縁起がよいものには、富士山や鷹が有名ですが、3番目になるのが茄子です。紫色は高貴な色であり、美しい卵形となっていることも魅力です。実際に栄養がありますが、縁起も良いということになれば、茄子漬にしても食べたくなるものです。茄子の旬は夏から秋にかけてですが、漬物にして保存すればお正月に食べることも可能です。そのために、茄子漬を夏や秋に作ることは、お正月に向けた準備にもなります。浅漬けであれば長持ちしませんが、味噌漬けなどにすれば十分に保存できます。金山寺味噌に入れて発酵させたり、糠漬けにすることでも長期の保存ができます。

茄子漬を作ることの楽しさ

茄子漬を食べることで、紫色の色素成分によって抗酸化作用を得ることができます。茄子の紫色はアントシアニンの一種ですから、赤紫蘇やブルーベリーと共通します。夏場に不足しやすい水分と塩分に加えて、抗酸化成分までも摂取できるのは大きな魅力です。ポリフェノールが含まれていることは、昔の人にとっては未知の事実でしたが、経験的に健康に良いことは分かっていたはずです。茄子漬は江戸時代にも頻繁に作られ、人々の健康を下支えする保存食となりました。糠漬けに入れる野菜の代表であり、漬け込みの技術も洗練されてきました。糠床には鉄クギを入れることで、鮮やかな色素が際立つことも有名です。ミョウバンを入れて作ることや、辛子で漬ける知恵も生み出されています。茄子というと水っぽい野菜のイメージがありますが、茄子漬にすると旨味と栄養が凝縮します。乳酸発酵のおかげで、本来の旨味が極限まで引き出されるわけです。これも昔の人が考えた生活の知恵ですが、現代においても役立てられています。身近な調味料で漬けるだけでも、十分な旨味が生まれることは発酵の神秘と言えます。麹や味噌などを入れて漬けると、甘さも増して子供でも食べやすい風味になることもメリットです。

茄子漬を作るのに用意する物

茄子を使って作る茄子漬にもいろいろ種類がありますが、漬け方によっても準備するものは違います。よく見かけるのはぬか漬けですが、これの場合には糠床を作るためにぬかなどを準備します。からし漬けを作りたい場合にはからしがメインの材料となります。味噌漬けを作りたいのであれば、味噌を用意して作っていきます。もちろん茄子も必要になりますので、出来れば旬の美味しいものをたっぷりと用意して漬ければ、心ゆくまで美味しい茄子漬が食べられます。 基本的には手作り方法も簡単なものばかりなので、自分の食べたい味の茄子漬をまず探してみましょう。思い立った時に食べたくなるような浅漬けなども茄子で作る事が出来ますから、常備菜としていろんな種類の茄子漬を覚えておくととても便利です。調味料は塩や醤油、みりんなどが使われますし、だし用の昆布などもあるとさらに漬物そのものの味わいを深めてくれます。 漬物ですから、気構えずに気楽に作っていきましょう。自分で調味料を合わせて作ることも出来ますし、たまには市販の素などを使ってみてもいいでしょう。茄子自体も手に入りやすい野菜ですから、日々のご飯のお供やおかずの箸休めなどに上手に使っていきましょう。

茄子漬の作り方の手順

茄子でぬか漬けを食べたいなら、まずはぬか床から作ります。出来上がったら茄子の準備をしますが、新鮮なものをヘタを取らずに半分に割り、なす全体に塩を塗りこみます。それからぬか床に茄子を入れて1日から2、3日経った頃が食べごろです。ぬか床から出した茄子はどんどん参加しますので、なるべく食べたい日程に合わせて漬けるといいでしょう。 ぴりっと辛い爽やかなからし漬けですが、茄子が手に入ったらピーラーなどを使ってさっと皮を2cm間隔位でむきます。全部むく必要はありません。これを輪切りにしてから塩を振って重しをのせて半日ほど下漬けします。取り出してしっかりと絞ってから、からしにはちみつを加えてよく混ぜてから茄子に絡めて冷蔵庫で冷やせばからしを使った茄子漬の完成です。さっぱりとした味わいで、ご飯もどんどん進みます。 作りやすい茄子漬といえば浅漬けですが、いろんなタイプがあります。塩を主に使って漬け込むタイプなどもあれば、だしに砂糖や醤油を加えた中に漬け込んで2、3時間置くだけで出来上がりというのもあります。淡白な茄子ですが、その分いろんな漬物に大活躍してくれます。バリエーション豊かな茄子漬を覚えて、たくさん食べましょう。

茄子漬の作り方のまとめ

茄子漬を上手に作るためには、好みの品種を選ぶことから始めます。軟らかい食感を楽しむためには、生でも食べられる水茄子が最適です。そのほか、長茄子や丸茄子などを好みで使うことができます。手作り方法は簡単ですが、紫色の色素をしっかりと出すためにはコツが必要です。そのままでは酸化が進むために、途中で茶色に変色してしまうことが普通です。漬物屋の茄子漬のように作るためには、ミョウバンを使うことが欠かせません。浅漬けで作る場合には、塩水にミョウバンを溶かしてから茄子を加えます。こうすることで、紫色が鮮やかとなり、途中で変色することがなくなります。塩入りのミョウバン水で漬ける場合には、夏であれば朝に漬けて夕方には食べることができます。旨味を増やすために、昆布を入れることも作り方のコツです。米糠で茄子漬を作るときにも、最初に塩とミョウバンで表面を揉み込むことが大切です。塩だけで揉むよりも、ミョウバンを加えたほうが効果的です。糠床が十分に乳酸発酵していれば、茄子を一晩だけ漬けても本格的な味に仕上がります。もっと簡単に作るためには、市販の漬物の素を使うこともおすすめです。茄子を縦に細く切ってから、液体の漬物の素に漬けるだけで、美味しい茄子漬が完成します。

y001-0834

鮎の塩焼きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鮎はアユ科アユ属の川の魚、別名「香魚」や「年魚」とも呼ばれており、川と海を回遊すると言った特徴を持ちます。また、川と海を...

y001-0227

日本伝統組木工法の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ここでいう「日本伝統組木工法」とは、昭和初期に到来した在来軸組工法が普及する前から我が国日本に千年以上も前から今日まで受...

鱧しゃぶの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鱧には二度の旬があり1度目が産卵を控え6月から7月になっています。それを過ぎた8月には産卵が始まってしまい、子持ちでなく...

花びらお弁当袋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

花びらお弁当袋を作る理由は、とても簡単で、時間も手間も、かからずランチョンマットもかねて弁当袋を手に入れることができるか...

y001-1402

おもしろ科学実験の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おもしろ科学実験は、その名前が示す通り科学の実験でありながら、面白い内容のものとなっています。この面白い、という部分が実...

y001-1324

きゅうりの支柱の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

きゅうりは家庭菜園でも作られる、代表的な夏野菜です。比較的簡単に育てることができるため、人気も高いです。きゅうりは蔓が伸...

y001-0209

レザーコインケースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

レザーのコインケースを作る理由はいろいろなものがあると思います。既製品の販売されているものでは満足できない方や、手作りの...

y001-0750

鏡の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

本人の顔を見る場面などで必須アイテムになるものには鏡があります。鏡は自由に本人の姿を映し出すことができるものとして利用さ...

アームカバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アームカバーは日焼け止めや掃除の時に長袖が汚れないようにするために使うものですが、手作りすることもできます。手作りしてア...

y001-0881

ゆで豚の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

豚肉は、非常に栄養価が高いことが特徴で、部位により味の違いもありません。動物性の食品であるにもかかわらずたんぱく質の他に...

y001-0070

町内会アンケートの簡...

町内会でアンケートを作ったことが過去何度かあります。私の...

y001-1398

お化け屋敷の簡単な手...

お化け屋敷を作る機会は、学園祭の出し物や、地域の催し事と...

黒酢ニンニクの簡単な...

黒酢ニンニクを自家製で作る理由として挙げられる事柄には、...

y001-0166

ファンルームの簡単な...

ファンルームは小さなゴムを組み合わせて作る物です。小さな...