茄子漬の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

茄子漬の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

茄子漬を作る目的としては、夏場の水分と塩分補給が第一となります。茄子は夏野菜の代表であり、漢方の五性の分類では涼性となるために、体の熱を冷やすために欠かせないのです。昔の人は、夏場にはキュウリと茄子を食べて涼しさ体感していました。現代のように冷房がない時代であっても、工夫次第によっては涼しく過ごすことができました。秋茄子は嫁に食わすなと言われることがありますが、実際にはお腹を温めて欲しいという思いやりでもあります。第二番目の目的として考えられるのは、縁起がよい茄子を食べて運気を高めることです。初夢で見ると縁起がよいものには、富士山や鷹が有名ですが、3番目になるのが茄子です。紫色は高貴な色であり、美しい卵形となっていることも魅力です。実際に栄養がありますが、縁起も良いということになれば、茄子漬にしても食べたくなるものです。茄子の旬は夏から秋にかけてですが、漬物にして保存すればお正月に食べることも可能です。そのために、茄子漬を夏や秋に作ることは、お正月に向けた準備にもなります。浅漬けであれば長持ちしませんが、味噌漬けなどにすれば十分に保存できます。金山寺味噌に入れて発酵させたり、糠漬けにすることでも長期の保存ができます。

茄子漬を作ることの楽しさ

茄子漬を食べることで、紫色の色素成分によって抗酸化作用を得ることができます。茄子の紫色はアントシアニンの一種ですから、赤紫蘇やブルーベリーと共通します。夏場に不足しやすい水分と塩分に加えて、抗酸化成分までも摂取できるのは大きな魅力です。ポリフェノールが含まれていることは、昔の人にとっては未知の事実でしたが、経験的に健康に良いことは分かっていたはずです。茄子漬は江戸時代にも頻繁に作られ、人々の健康を下支えする保存食となりました。糠漬けに入れる野菜の代表であり、漬け込みの技術も洗練されてきました。糠床には鉄クギを入れることで、鮮やかな色素が際立つことも有名です。ミョウバンを入れて作ることや、辛子で漬ける知恵も生み出されています。茄子というと水っぽい野菜のイメージがありますが、茄子漬にすると旨味と栄養が凝縮します。乳酸発酵のおかげで、本来の旨味が極限まで引き出されるわけです。これも昔の人が考えた生活の知恵ですが、現代においても役立てられています。身近な調味料で漬けるだけでも、十分な旨味が生まれることは発酵の神秘と言えます。麹や味噌などを入れて漬けると、甘さも増して子供でも食べやすい風味になることもメリットです。

茄子漬を作るのに用意する物

茄子を使って作る茄子漬にもいろいろ種類がありますが、漬け方によっても準備するものは違います。よく見かけるのはぬか漬けですが、これの場合には糠床を作るためにぬかなどを準備します。からし漬けを作りたい場合にはからしがメインの材料となります。味噌漬けを作りたいのであれば、味噌を用意して作っていきます。もちろん茄子も必要になりますので、出来れば旬の美味しいものをたっぷりと用意して漬ければ、心ゆくまで美味しい茄子漬が食べられます。 基本的には手作り方法も簡単なものばかりなので、自分の食べたい味の茄子漬をまず探してみましょう。思い立った時に食べたくなるような浅漬けなども茄子で作る事が出来ますから、常備菜としていろんな種類の茄子漬を覚えておくととても便利です。調味料は塩や醤油、みりんなどが使われますし、だし用の昆布などもあるとさらに漬物そのものの味わいを深めてくれます。 漬物ですから、気構えずに気楽に作っていきましょう。自分で調味料を合わせて作ることも出来ますし、たまには市販の素などを使ってみてもいいでしょう。茄子自体も手に入りやすい野菜ですから、日々のご飯のお供やおかずの箸休めなどに上手に使っていきましょう。



茄子漬の作り方の手順

茄子でぬか漬けを食べたいなら、まずはぬか床から作ります。出来上がったら茄子の準備をしますが、新鮮なものをヘタを取らずに半分に割り、なす全体に塩を塗りこみます。それからぬか床に茄子を入れて1日から2、3日経った頃が食べごろです。ぬか床から出した茄子はどんどん参加しますので、なるべく食べたい日程に合わせて漬けるといいでしょう。 ぴりっと辛い爽やかなからし漬けですが、茄子が手に入ったらピーラーなどを使ってさっと皮を2cm間隔位でむきます。全部むく必要はありません。これを輪切りにしてから塩を振って重しをのせて半日ほど下漬けします。取り出してしっかりと絞ってから、からしにはちみつを加えてよく混ぜてから茄子に絡めて冷蔵庫で冷やせばからしを使った茄子漬の完成です。さっぱりとした味わいで、ご飯もどんどん進みます。 作りやすい茄子漬といえば浅漬けですが、いろんなタイプがあります。塩を主に使って漬け込むタイプなどもあれば、だしに砂糖や醤油を加えた中に漬け込んで2、3時間置くだけで出来上がりというのもあります。淡白な茄子ですが、その分いろんな漬物に大活躍してくれます。バリエーション豊かな茄子漬を覚えて、たくさん食べましょう。

茄子漬の作り方のまとめ

茄子漬を上手に作るためには、好みの品種を選ぶことから始めます。軟らかい食感を楽しむためには、生でも食べられる水茄子が最適です。そのほか、長茄子や丸茄子などを好みで使うことができます。手作り方法は簡単ですが、紫色の色素をしっかりと出すためにはコツが必要です。そのままでは酸化が進むために、途中で茶色に変色してしまうことが普通です。漬物屋の茄子漬のように作るためには、ミョウバンを使うことが欠かせません。浅漬けで作る場合には、塩水にミョウバンを溶かしてから茄子を加えます。こうすることで、紫色が鮮やかとなり、途中で変色することがなくなります。塩入りのミョウバン水で漬ける場合には、夏であれば朝に漬けて夕方には食べることができます。旨味を増やすために、昆布を入れることも作り方のコツです。米糠で茄子漬を作るときにも、最初に塩とミョウバンで表面を揉み込むことが大切です。塩だけで揉むよりも、ミョウバンを加えたほうが効果的です。糠床が十分に乳酸発酵していれば、茄子を一晩だけ漬けても本格的な味に仕上がります。もっと簡単に作るためには、市販の漬物の素を使うこともおすすめです。茄子を縦に細く切ってから、液体の漬物の素に漬けるだけで、美味しい茄子漬が完成します。



y001-1009

ピザ釜の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

世界との食の文化交流において日本に最もなじんだ食文化と言えるのが、西洋の芸術の都と言われるイタリアの料理です。そのイタリ...

y001-1242

シンデレラドレスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

継母とその連れ子の姉たちによっていじめられるというつらい毎日を過ごしていながらも、王子様に見初められて妃になるというディ...

y001-0898

メンマの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ラーメンの具材には欠かせないメンマは、たけのこが食材になっている料理で、独特の食感が人気です。たけのこが在れば、炒めてあ...

y001-0666

紙粘土工作の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

身近な材料を使って造形を楽しむということを趣味にする人は非常に多くいます。本格的な材料を使用して、大作を製作するというの...

y001-0772

巻き寿司巻き方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本人には古くから親しまれている寿司ですが、今や世界中で認識されている、日本を代表する食べ物です。寿司というと、俵型の酢...

マキシスカートの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏のおしゃれに欠かせないスカートですが、今はマキシスカートの人気が高いです。足首まで届く長いスカートを合わせることで、ト...

ニンニクの醤油漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ニンニクの醤油漬けは優れた保存食品である上、あればとても便利な調味料でもあります。ニンニクは気温が高ければすぐに発芽して...

y001-0848

レジン球体の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

レジン球体とはレジン液を球体型に硬化させたものです。このレジン球体を作る理由は様々ですが、これを作ることによって、作るこ...

y001-1411

おしゃれな庭の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

庭作りをしていると、庭に植えた花や緑の植物を愛情を込めて世話したり、すくすくと育っていく様子を眺めていく作業を通して、い...

y001-0564

吹き矢の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

吹き矢は簡単に作れて面白いおもちゃの1つです。年齢や経験に関係無く楽しめるスポーツとしての一面もありますから、子供と遊ぶ...

y001-0119

洗面ボウルの簡単な手...

お洒落なカフェや、レストランなどに行くと、素敵なトイレの...

y001-1129

クイズの問題集の簡単...

クイズの問題集を作る理由や目的は様々です。クイズの問題集...

y001-0167

彼岸団子の簡単な手作...

彼岸団子を作る理由としてもっとも大きいのが、ご先祖さまの...

y001-0457

賃借対照表の簡単な手...

企業が営業活動を行った結果、財務状況がどのように変動した...