海苔の佃煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

海苔の佃煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

美味しいご飯が食べられるのが、日本のよさですが、毎日白米ばかり食べていても、そのうちに飽きてしまいます。また、ご飯は炊く手間がかかりますので、忙しい朝食時には、調理が殆ど不要な食パンで済ませてしまう日本人が増えています。しかし、食パンでは塩分が多く、腹持ちもあまりしません。朝から健康的に、エネルギッシュに活動をするのであれば、ご飯を積極的に食べるべきといえるでしょう。そうはいわれても、まだ目覚めて間もない時間帯にご飯をたくさん食べるのは、かなりきついものがあることも事実です。ご飯をたくさん食べるのなら、お醤油や塩分の効いたおかずや付け合わせがあると、箸が進みます。ご飯のお供として最適な食べ物は日本にはたくさんありますが、海苔の佃煮を手作りしておくと便利です。海苔の佃煮は作る時に多少の手間がかかるくらいで、実際に食べる時には箸やスプーンで取りだすだけとあり、手軽にご飯と一緒に食べられる魅力を持っています。甘辛い味ですから、日本人の舌によく合います。材料は海苔と、家庭で常備している調味料があるだけで簡単に作れてしまいます。朝食のご飯を手軽に美味しく食べたいのなら、海苔の佃煮の手作り方法を覚えておくと、損はしません。

海苔の佃煮を作ることの楽しさ

海苔は決して安い食材ではありませんから、いくら常備している調味料があれば手作りできるといっても、コストが高くつくのではないかという疑問がわくところでしょう。 確かにこだわって高級な海苔を使えばコストもそれなりにかかりますが、実は海苔の佃煮を作る際には、湿気て味や食感が悪くなった海苔を使っても、問題なく作れるというメリットがあります。 海苔を常備していたり、他人からもらった時に、あまり使わない状態が続くと、海苔が空気中の水分を吸って、湿気てしまうことはよくあるものです。特に梅雨の季節のある日本においては、初夏から残暑にかけて、海苔の保管が非常に難しいという問題を抱えています。 どれほど高級な海苔が手元にあったとしても、湿気てしまえば、美味しく食べることができません。そのような使い道がなくなった海苔であっても、佃煮の材料として使えば、無駄なく消費することが可能です。その上、ご飯のお供として美味しく食べられるのですから、手作りする意味が高く、楽しく調理することができるでしょう。 市販品の海苔の佃煮とはまた違った、手作りならではの味を堪能できるのも魅力の一つです。場合によっては、市販品よりも安くて美味しい、海苔の佃煮を作ることが可能です。

海苔の佃煮を作るのに用意する物

ご飯を食べる時にはおかずを作りますが、ふりかけや佃煮などのちょっとしたご飯のお供もあればさらに言うことはありません。市販されている佃煮類も多いですが、これも手作り方法があるので自分で作れば好きなように味付けが出来ます。それに、余った海苔や味付け海苔でも開封したまま忘れてしまっていて、湿気てしまったという時でも海苔の佃煮にしてしまえば美味しく食べる事ができますので、再利用も兼ねて作ってみるといいでしょう。 基本的な材料としては、海苔です。板海苔を購入してきてもいいですし、家庭で残っている味付け海苔などを使っても構いません。調味料はだしや醤油、酒にみりん、砂糖を加えます。ちょっと一工夫したい時にはごまなどを加えてみても美味しい海苔の佃煮が出来ます。 手作りですから安心して食べられますし、砂糖などの甘みも自分で調整ができます。砂糖も上白糖やグラニュー等などいろいろありますので、使い分けてみるといいでしょう。たっぷりと作っておけば心行くまで美味しい佃煮が楽しめます。ご飯のお供はもちろんですが、他の料理などにも加えれば磯の香りが漂って料理の雰囲気もがらりと変わります。簡単に作れますので、海苔が余った時にでも作ってみて下さい。

海苔の佃煮の作り方の手順

海苔の佃煮に使う調味料をまず用意しておきます。鍋などに醤油と水を合わせてから、そこに海苔をちぎりながら入れていきます。海苔は手でなるべく細かくすると、その分口当たりも滑らかになります。ここでそのまま煮込むのではなくて、まずはそのまま浸けておきます。約四時間ほど経ったら残りの調味料である鰹節やみりん、砂糖を入れてよく混ぜ合わせます。この時点ではまだ火は入っていません。 しっかりとよく混ぜられたと思ったら、ここで加熱します。最初は強火で鍋全体に火が通るようにしていきますが、火をできる限り弱火に近づけます。最低でも30分ほどかけてじっくりと煮込んでいきます。調味料が海苔に煮含められて、水分がほぼなくなったら完成です。出来上がったら密閉できる保存容器に詰めて、冷ましてからきちんと蓋を閉めてしまいましょう。手作りなので、市販品と同じような感覚で長く食べようとすると傷んでしまう場合もありますので気をつけて下さい。 パスタなどのソースにも使えますし、卵焼きに混ぜたりあんかけのあんに加えてみても味わい深いものになります。手作りであればどんどん料理に使ってみようと思えますから、好きなだけ手作りして海苔を食べましょう。

海苔の佃煮の作り方のまとめ

海苔の佃煮の手作り方法ですが、たったの10分程度の所要時間ですので、材料があるなら早速作ってみましょう。 100gの海苔の佃煮を作るとして、材料には全形の海苔を5枚、醤油が100ml、砂糖とみりんがそれぞれ大さじ1の分量になります。海苔は新しいものを使う必要はなく、湿気てしまった不要な海苔であっても、全く構いません。 まず、バットにペーパータオルで包んだ海苔を敷きます。その上からたくさんの水を注ぎます。湿気た海苔でも構わない理由がここにあります。 海苔に水分が行きわたったら、水分を絞って、ペーパータオルから丁寧に海苔と引きはがします。鍋に海苔を入れてほぐしたら、醤油、砂糖、みりんを鍋に注ぎ、中火にかけます。木べらなどのかき混ぜやすい調理器具を使って、焦げ付かないように混ぜ合わせ、沸騰してきたら弱火に調整します。 そのままかき混ぜ続けると、次第に水分が蒸発して、とろみのある状態に変化します。この状態になったら鍋から取り出して完成です。 味の調整は砂糖の分量を加減してください。甘めなら砂糖を多めに、辛めの佃煮にしたいなら、砂糖を少なめにします。佃煮は密閉瓶などに入れて冷蔵庫で保存できますが、2週間たったら再び火にかけ、保存をすれば引き続き食べられます。

フローチャートの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自分以外の人に手順や作業を教えるときに一番簡単な方法は手取り足取り教えることです。でもそれでは100人いたら100回教え...

y001-0897

もちもちポテトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もちもちポテトは、じゃがいもと片栗粉を混ぜて揚げることで、サクサクした食感と内側のもちもちした食感を同時に楽しむことがで...

y001-0515

折り紙手裏剣の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

折り紙封筒というのは折り紙で作った封筒であり、さまざまなデザインのものがあります。たとえば封筒に手裏剣が付いたデザインの...

電磁石の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お子さんから大人まで幅広い場面で活用することのできる工作の中には、電磁石を活用する方法が用意されています。お子さんの場合...

y001-0921

マンゴー切り方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

南国の果物の中でも特に人気のある果物であるマンゴーは、ねっとりした濃厚な甘みとコクのある香りで果物の女王と呼ばれています...

リバティバッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

その年によって流行となっている物は違います。今注目を集めているのがリバティ柄です。簡単に言えば小花柄と言う事になります。...

y001-0598

小豆の煮方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

小豆は和菓子の材料や赤飯、お汁粉など日本人の食生活に欠かせない食材です。たんぱく質、ビタミンB1、ビタミンB2、食物繊維...

ドクダミ化粧水の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

特に女性はいつまでも若く見られたいと願っています。肌は、人が見た目で年齢を判断する上で一番参考にする要素かもしれません。...

y001-0872

らっきょう漬け方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

らっきょうを作るのは、日本人が長年四季と共に生活をしてきた証の一つともいえます。らっきょうは6~7月が旬といわれています...

y001-1419

おいしいハンバーグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おいしいハンバーグは人気レシピの定番です。ボリューム満点のおかずにもなり、子どもも大人も大喜びです。夏にスタミナをつけた...

y001-0064

フリースネックウォー...

フリースネックウォーマーは冬には大活躍のアイテムです。暖...

y001-0283

卵の天ぷらの簡単な手...

さぬきうどんのお店の天ぷらのメニューの中に半熟卵の天ぷら...

y001-0312

面白い心理テストの簡...

面白い心理テストを作って公開すれば、多くの方に楽しんでも...

y001-0126

栗ごはんの簡単な手作...

主に食欲の秋に嬉しいひと品として、栗ごはんを挙げる事がで...