乾電池の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

乾電池の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

乾電池を作ると乾電池の仕組みといったものがわかりますし、電気といったものがどういったものかがわかるようになります。今では電気というのは暮らしに欠かせないものになっているのですが、残念なことに電気は目で見ることができないものですから、乾電池を作ることによって、電気というものがどういったものなのかをイメージすることができるようになっていきます。簡単に乾電池というものは手作りすることができるものなので、その手作り方法さえわかればだれでも簡単に作れます。乾電池が作れるようになると、いろいろなものを作れるようになるので、もの造りがどんどんと楽しいものになっていきます。電球とつないで明かりをつけたり、モーターにつないで動力源にしたりと出来ることが無限に広がっていくのがこの乾電池の面白いところです。電気についての理解も深まるので、応用範囲といったものも広がっていくことになります。また、乾電池が作れるようになると、非常時などでもいろいろと応用がきくようになるので安心といったこともあります。停電がおきた時でも、この知識があれば、助かることもあるでしょう。乾電池造りは趣味としても楽しめますが実用性もあります。

乾電池を作ることの楽しさ

乾電池づくりは作る楽しさがあるということは言うまでもありません。これが作れると電気で動くものは、基本的には動かせることになりますし、電球などを光らせるといったことも可能となります。そして、趣味だけではなく実用性といったこともあるのが、この乾電池造りのすごいところです。 今の世の中のものはほとんど電気で動いているといたていいでしょうから、これが作れるということは、概念的にはほとんどのものを動かしたり、光らせたりするといったことが可能となるわけです。ですから、非常時などで電気が届かなくなってしまったようなときでも、この知識を生かして身の回りのもので急造の電池をつくり、それで明かりをともしたり、ラジオなどを聞くようにしたり、と出来ることは様々なことが可能となります。 電気というのは目に見えないので、なかなかイメージするといったことが難しいもではあるのですが、こういった乾電池を手作りするといったことをすれば、電気というものか理解しやすくなります。そうなれば、電気の扱い方といったものも詳しくなっていきますので、その知識や経験といったものは実生活でも役に立つことが多いものとなるでしょう。単なる知識ではなく使える知識です。

乾電池を作るのに用意する物

乾電池は便利なもので日常的に毎日使用しています。しかし乾電池は電気を作り出す不思議なものでもあります。当然ながらどのようにして電気が発生するのかは気になるのは当然です。しかし普通の乾電池を分解することは難しいのもありますが、物質的に考えると安全でもありません。しかしそのものの仕組みを理解するためには乾電池を作ることが乾電池に対してとても理解が深まると同時に電気について様々なことを知ることができるとても楽しいことです。また手作り方法は簡単なものが多く材料も難しくないため気軽に始めることができます。本物の乾電池のように大きな電圧は発生しませんし電池の大きさも大きくなるほか、通常のものほど寿命はありません。あくまで実験として学び楽しむことができるのが手作りの醍醐味です。様々な種類がありますが、大切なのは金属です。金属が電池づくりにはとても大切になってきます。ですから亜鉛の板などを使うのが一般的です。しかし、金属の板は安くはなかったり入手が難しかったりするため手軽ではありません。そんなときに簡単なのが活性炭とアルミホイルを使う方法です。この二つは簡単に百円ショップなどでも購入ができ、既存で持っている場合もあることでしょう。

乾電池の作り方の手順

乾電池をつくるときには木炭とアルミホイルのほかにもいくつかの材料が必要になってきます。まず乾電池には塩も大切です。それに加えキッチンペーパーや導線、水も必要になってきます。まずキッチンペーパーを塩と水を含んだものにして巻きつけます。輪ゴムなどを用いるとよいでしょう。また木炭の端にはキッチンペーパーを巻かないでアルミホイルを巻いておきます。キッチンペーパーを巻いた上にアルミホイルを巻きましょう。同様にして輪ゴムで使います。それにて完成です。とても簡単にできるのです。アルミホイルが電極となるので手で持っても良いですがあればワニ口クリップなどがついた導線を使うと便利です。電圧はとても低いので、LEDなどは光りませんしモーターは回らないものが多いでしょう。仕組みとしては手作りに限らず電池全般的にイオンがかかわってきます。キッチンペーパーに食塩水をしみ込ませたように食塩水は電解質ですので電気を通す水になります。イオンを使ったことが簡単にできる電池の実験ですが、場合によってはすぐにつかなくなってしまいます。電気が発生しているのか確かめたい時にはテスターなどを使って計測してみるとわかりやすいでしょう。

乾電池の作り方のまとめ

手作り乾電池の作り方は簡単で、種類の違う金属と食塩水とティッシュペーパーでも作ることができます。食塩水で湿らせたティッシュペーパーの上に違う種類の二つのコインを置くだけでも、簡単な電池ができてしまいます。その証拠にテスターの二つの電極を二つのコインの上にあてると電圧に差が生じているのがわかります。この電圧の差というのは金属が変わってくると変わっていきますので、いろいろな金属を置いて試してみるといいでしょう。どういったものがより高い電圧となるのかといったことがことによってわかります。 また、身近にある水溶液といったものも乾電池になる可能性のあるものです。電気を流したときに電気の流れるものを電解質といいますが、どんな水溶液がどれぐらいの電気を流すのかといったことを試してみるのも面白いことです。酸性の食酢といったものはかなりの電気を流します。強酸性ものにはもっと電気を流しやすいものものあるのですが、そうなってくると、水溶液が皮膚にふりたり、目に水が入ってくると大変なことになる可能性もありますので、取扱時には注意が人用です。 乾電池を作るのはとても楽しいものですが、それを使うときや作成時には注意が必要です。

y001-1481

アップヘアスタイルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アップヘアスタイルを作る目的は、髪をスッキリさせることと、暑い日には涼しいためです。髪の毛が長いのは良いもの、蒸し暑い時...

y001-0395

白梅干しの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

白梅干しを作るための第一の目的は、夏場のスタミナ源を確保するためです。赤紫蘇を入れないで漬ける白梅干しのほうが歴史が古い...

花の折り紙の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

何気なく散歩をしていると、土手や道の脇に、綺麗な花が咲き乱れている場面に遭遇することがあります。とても美しい光景で、花に...

y001-0003

つまみ細工の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

つまみ細工は、江戸時代から作られている伝統的な髪飾りで、その作り方は、花などをモチーフとしてさまざまな形の「つまみ」を組...

y001-1218

すもも漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

すももは五果の一つに分類される果物で、古来から食卓で親しまれています。バラ科サクラ属の桃よりも酸味が強いですが、すもも漬...

y001-1088

ニンニクの味噌漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ニンニクを使った料理は実に多いですが、栄養を豊富に含んでいるニンニクを食べることで様々な効果が得られます。ニンニクは体に...

y001-1234

スタンド手作りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自宅で使用する照明器具はオシャレな物がいいですね。天井に設置するならシャンデリアやシーリングファン等がありますが、部屋全...

y001-1077

ぬか漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ぬか漬けを長年、守って来ているという人もおり、それぞれの家庭の味を継承し続けています。このぬか漬けを作るという理由は、塩...

y001-0256

裂き織りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

裂き織りは、さかのぼること江戸時代、贅沢が禁止された頃、新しい布地を買えない人々が古い布や着なくなった服を裂いて糸として...

y001-0685

刺し子図案の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

刺し子というのは、日本の伝統的な民芸の一つであり、女性が編み出した刺繍になります。縫い方は単純で、並縫いをしながら進めて...

単管パイプ物置の簡単...

物置を作る方法はいくつかあり、多くの場合にはプレハブ工法...

y001-1443

エクセル家計簿の簡単...

パソコンを購入する時に、よくオフィスソフトがバンドルされ...

y001-0055

梅酒の簡単な手作り方...

時期になると青梅がスーパーや八百屋といったお店の店頭に並...

y001-0510

折り紙箸置きの簡単な...

折り紙封筒の箸置きは、見栄えが良くて意外と使いやすく、家...