甘酢あんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

甘酢あんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

家庭料理において避けたいのはマンネリというものですが、どうしてもそれぞれの好き嫌い、調達できる食材、調理法を考えていくとワンパターンになってしまう場合が多くなります。そもそも一般的な調理法として、焼く、煮る、蒸す、揚げるといったものが基本となって、メインの食材も肉と魚が中心になることが多いです。それゆえどうしてもパターン化してしまい、なんとかしたいと悩んでいる人も多いはずです。そんな時に摂り入れて欲しいのが甘酢あんになります。これは合わせ調味料の一種で、酢に砂糖や塩を混合したもので、砂糖ではなくみりんを使用することもあります。三杯酢よりは甘めに作られていて、子どもから大人まで食べやすいものとなっています。恐らく食べたり作ったりしたことがある人は多いでしょうが、これを日常の食に取り入れると、バリエーションが広がるのです。普通に焼く、蒸す、煮る、揚げるといった方法で調理した食材に、甘酢あんをかけるだけで見栄えがよくなり、ゴージャスな印象となるのです。しかも中身を変えれば風味や味わいが変わってきますので、マンネリ脱出の糸口になってくれるのです。しかも作り方が簡単で、材料も冷蔵庫の中にあるもので構わなく、手軽なのがポイントです。

甘酢あんを作ることの楽しさ

しかも甘酢あんのメリットはそれだけではなく、野菜を数多く使えば栄養バランスも豊富に摂取できるようになるのです。人が1日で摂取しなければいけない野菜の量は多く、しかしサラダなどの生野菜ではなかなか必要量を食べることができないのが現状です。それゆえ煮るというのは嵩が減って量をとれるのですが、スープばかり、温野菜ばかりでも飽きてしまうので、そういう時にこそ甘酢あんを作ると良いのです。野菜を多く入れればそれだけ味に深みが出ますし、皿にメイン料理を盛った場合、付け合せを作らなくとも十分に見た目に満足できる華やかさが演出されるのです。 また甘酢あんはその名の通り酢を使っていますので、栄養的にも優れていて、消化吸収を良くしますし、ビタミンCの安定吸収効果やカルシウムの溶解作用があって容易に摂取することが出来るのです。それゆえ料理を食べる時に付け加えると吸収効果があがってくれるのです。体に必要なミネラルは多くありますが、それ単品ではなかなか体に吸収がしにくいので、サポートしてくれる食材と一緒に食べるのがよく、そういった意味でも酢というのは優秀なもので、甘酢あんにすることで美味しく効率よく食べられるのです。

甘酢あんを作るのに用意する物

甘酢あんはお子様からお年寄りまで大好きな味で、いろんな料理に活用することができます。甘酢あんはとろみがついているので、料理が冷めにくく、温かい料理をゆっくり楽しむことができます。甘酢あんは自宅でも簡単に作ることができます。甘酢あんを作る際に用意するものは、鶏がらスープの素と砂糖、酢、ケチャップ、片栗粉だけです。甘酢あんは作り置きすることができるので、煮沸消毒ができるガラス瓶に入れて蓋をして密閉しておき、冷蔵庫に保存しておくと、酢が入っているのでしばらくの間保存が可能です。忙しいときに作り置きしておいた甘酢あんを使えば、効率的に料理を作ることができます。甘酢あんは、肉料理や魚料理に合うだけでなく、卵料理にもあう万能の調味料です。野菜を炒めて甘酢あんを絡めて、焼きそばの麺にかけるだけであんかけやきそばを作ることができますし、白いご飯に卵を乗せてその上に甘酢あんを薄めてかければ天津飯が簡単に作ることができます。自家製の甘酢あんを作るときは、酢が苦手な時は控えめにしたり、ケチャップを醤油に置き換えて和風っぽくするなどのアレンジが可能です。ピリッと辛めの甘酢あんが食べたいときは、チリソースを少量加えると味がひきしまっておいしくなります。

甘酢あんの作り方の手順

甘酢あんの手作り方法は、材料を混ぜるだけなのでとても簡単です。鍋に100ccの鶏ガラスープを溶かしただしを入れ、そこにいずれも大匙1杯の砂糖と酢、ケチャップを入れて火にかけます。1人前の甘酢あんを作るときは、だし100ccに対して、砂糖と酢、ケチャップの全てが大匙1杯と決まっていますので、大人数分を作るときにも計算が簡単です。鍋をゆっくりかき混ぜながら煮立ったら火を止めて、水で溶いた片栗粉を回し入れてトロミがつくように均等に混ぜたら出来上がりです。火にかけながら水溶き片栗粉を流しいれれば、ダマになってしまうことがありますから、火を止めてから焦らずにゆっくり流し入れると均等にトロミがついておいしくなります。甘酢あんはトロミで熱を逃さないでの熱々の料理を楽しめるだけでなく、冷めてもしっかり味がついているので、お弁当のおかずに甘酢あんをからめたおかずを入れるのもおすすめです。酢が入っているので、食材が傷みにくいですし、さっぱりした後味はお弁当のおかずに最適です。酢は疲労回復効果があるだけでなく、エネルギー代謝を促進するクエン酸が含まれていますから、甘酢を使った料理はおいしだけでなく、健康にも良いでしょう。

甘酢あんの作り方のまとめ

では甘酢あんの手作り方法ですが、まずは何もいれないベーシックなものを基本として覚えておくといいです。4人分の材料は、水1カップ、中華だしのもと小さじ1/2、砂糖大さじ6、酢大さじ4、薄口しょうゆ大さじ4、片栗粉大さじ2となっています。 すべての材料を小鍋に入れて混ぜ合わせてください。しっかりと混ざったら、中火で沸騰しないようにかき混ぜながら煮ていきます。とろみが出て、表面が少しポコポコと泡立ってきたら完成です。 これが基本の甘酢あんとなりますので、メインの食材に合わせていろいろと付け加えてバリエーションを広げていくと良いです。相性がいいのがモヤシ、ピーマン、ニンジン、キノコ類で、フライパンでさっと炒めて甘酢あんに加えると、味わいが複雑になり見た目も華やかになります。 またケチャップを加えるのも良く、好みに応じて他にもオイスターソースなども独特の味わいや風味となって、美味しさの幅が広がります。メインとなる食材も肉から魚、野菜までなんでもあいますし、どんな調理法ともマッチしますので、いろいろな料理に試してみるのがよいです。特に決まりごとはなく、自由な発想で作っていくことが大切になってくるのです。

y001-0627

手作りバックの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

バッグはさまざまなものを持ち運ぶために必要な道具です。小さいバッグや大きいバッグ、入れる中身によって交換したり、外出する...

y001-0374

美味しいゆで卵の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

美味しいゆで卵を作っておけば、忙しい朝に主食のプラス一品することが出来ます。卵はたんぱく質が豊富で、健康・美容効果があり...

y001-0401

梅酒ゼリーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅酒ゼリーは梅酒をもとに作られたゼリーの事です。梅酒が原液となっているのでアルコールが入っています。作る目的としては暑い...

y001-0473

段ボール自動販売機の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

小学生などのお子さんを対象としている工作物の中には、段ボール自動販売機というものが提案されています。段ボール自動販売機は...

y001-0396

梅味噌の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昔から、各地域では特産品などを利用して、その土地ならではの料理や保存食を作ってきました。最近では、調味料や保存食を手作り...

y001-0762

旗の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

旗にも様々な種類がありますが、自分で作る機会があるとすればそれはのぼりであることが多いと言えるでしょう。のぼりはお店など...

y001-0291

羊毛フェルト犬の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

羊毛フェルト犬が人気になっています。ぬいぐるみとは全くことなる手法で作られている犬の置物は、その質感が温かみを感じさせて...

y001-0123

こんにゃくの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

生のこんにゃく芋が手に入った場合に作るのが理由の1つであるものの、近年では手作りの良さが改めて注目されており、身体に優し...

y001-1172

チョコバナナの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チョコバナナは、バナナにチョコや様々なトッピングを施したお菓子のことです。お祭りなどの屋台や出店で販売されることが多く、...

y001-0226

道中着の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

古い着物や要らなくなった晴れ着などをリサイクルものとして再生利用するためにも、これらを道中着に仕立てたりする事はとても有...

イカダの簡単な手作り...

イカダを手作り方法を利用して作りたい、イカダを作ってみん...

y001-1203

たけのこあく抜きの簡...

美しい四季のある日本では、昔から旬の野菜や魚などを食べる...

y001-0649

七夕折り紙の簡単な手...

七夕をするときに必要になるものといえば、笹でありこの笹に...

y001-0050

伊達巻の簡単な手作り...

伊達巻はお正月のお節料理には縁起物の料理として、欠かせな...